BoutReview Logo menu shop   Fighting Forum
Total Fight News

11.18 shooto 「ウェルター&フェザー級タイトルマッチ調印式」
11.18 rings 「オーストラリア大会で上山が勝利」
11.17 pride 「谷津、グッドリッジに真っ向リベンジ宣言」
11.15 etc 「猪木大みそかイベント詳細決定」
11.14 ufc 「ティト×近藤決定。ヤマケン、ミレティッチに一本勝ち宣言」
11.14 pancrase 「武道館で高橋vs菊田、特別ルールで激突」
11.11 pancrase 「1月8日、名古屋でDEEP2001開催」
11.10 nhb 「ヤマケン登場・渋谷クラブファイトに5名を無料招待」
11.8 pride 「桜庭 vs ハイアン正式決定」
11.3 etc 「21日大阪で夢枕獏氏らが格闘技イベント」
他ジャンルの
ニュース
grappling Kick / K-1
 
バックナンバー
10月(前半後半)・9月(前半後半)・8月7月6月
さらに古い記事

news

shooto 11月18日 記者会見

「ウェルター&フェザー級タイトルマッチ調印式」

▼プロフェッショナル修斗12.17東京ベイNKホール大会で行われるウェルター級とフェザー級チャンピオンシップの調印式が12日、東京・水道橋の後楽園飯店で行われた。
 一年半前の王者決定戦の再戦となるウェルター級チャンピオンシップに挑む佐藤ルミナは「前回の反省をいかして万全で挑みたい。そうすれば結果がついてくると思うので。今回あんまり大きなことは言いません」と慎重姿勢。受ける側の王者・宇野薫も「勝敗にこだわらずいい試合をしたい」といつも通りの謙虚さだ。コンテンダーズ(25日・ディファ有明)の三宅靖志も控えており、それからタイトル戦まで三週間しか無いことについても「それを知った上で受けた。逆に三週間も余裕があると考えて調整したい」と問題なさそうだ。会見に同席し、NK大会に出場が決定した桜井“マッハ”速人はこの決戦を「動きが止まらない試合になると思うが、練習の成果を出したほうが勝つと思う。だから、どっちが勝つかわからない」と予想した。
 また初代フェザー級王座決定戦に挑むマモルは「最高の状態でリングに立って、ベルトを持ち帰りたい」とコメント。対する秋本じんも「僕の試合の順番がセミファイナルになってメインのルミナと連続すれば、何年か前に屋台村で(その順番で闘ったことが)一回あるんで(笑)、今度は大きいNKホールで再現できればうれしい」と話した。


■ 12月17日(日)千葉/東京ベイNKホール
主催/サステイン(Tel. 03-5725-7338)

【決定カード】
ウェルター級チャンピオンシップ 5分3R
宇野 薫(和術慧舟會:王者)
佐藤ルミナ(SHOOTO GYM K'z FACTORY:挑戦者/1位)

フェザー級チャンピオン決定戦 5分3R
マモル(STG横浜:1位)
秋本じん(SHOOTO GYM K'z FACTORY:2位)

ミドル級 5分3R
レイ・クーパー(米国/ジーザス・イズ・ロード:1位)
アレックス・クック(オーストラリア/AUS修斗スパルタン・ジム:4位)

ライト級 5分3R [New!]
アレクサンドレ・フランサ・ノゲーラ(ブラジル/ワールドファイトセンター:王者)
ステファン・パーリング(米国/ジーザス・イズ・ロード:6位)

【出場決定選手】
桜井“マッハ”速人(ガッツマン・修斗道場:ミドル級チャンピオン)
マーシオ・クロマド(ブラジル/ウゴ・デュアルチ&ペレイラ:ウェルター級2位)
三島☆ド根性ノ助(格闘サークル・コブラ会:ウェルター級7位)

<関連ニュース>「宇野×ルミナ再戦決定!」(10/30掲載)

Back to Headlines

news

rings 11月18日 公式情報

「リングスオーストラリア大会で上山が勝利」

FREE FIGHT BATTLE - NR5
2000年11月12日
ALEXANDRA HILLS HOTEL

<リングスオーストラリアルール 1R 10分 延長R 5分>

第1試合
○グレン・バーネット(Glen Barnett)
×ハイドン・ポラード(Haydn Pollard)
2分48秒 三角絞め

第2試合
○ダリル・ノーマン(Daryl Naumann)
×ワーウィック・ドウズ(Warwick Dawes)
10分00秒 エスケープ(この試合はアマチュアのため)

第3試合
×ジョー・ペリー(Joe Perry)
○マサシ・スガノ(Masashi Sugano)
6分18秒 三角絞め

第4試合
○サム・ネスト(Sam Nest)
×ショーン・ケリー(Sean Kelly)
4分15秒 アームロック

第5試合
○シャウン・プライス(Shaun Price)
×チャド・ジャッピー(Chad Jappe)
2分9秒 T.K.O.(ドクターストップ)

第6試合
×スティーブン・ギリンダー(Steven Gillinder)
○ツヨシ・モリカゲ (Tsuyoshi Morikage)
10分00秒 チョーク

第7試合
○ケリー・ジャコブス(Kelly Jacobs)
×ニック・トルスキー(Nick Tolewski)
2分15秒 腕ひしぎ逆十字固め

第8試合
×ティム・トーマス(Tim Thomas)
○上山 龍紀
9分11秒 足首固め

第9試合
×メイナウド・マーカム(Maynard Marcum)
○マット・ヒューズ
6分29秒 アームロック

第10試合
○クリストファー・ヘイズマン
×ジョー・スリック
10分00秒 判定

Back to Headlines

news

pride 11月17日 記者会見

「谷津、グッドリッジに真っ向リベンジ宣言」

PRIDE.11(10月31日・大阪城ホール)でゲーリー・グッドリッジのフックを何発も浴びながらも最後までダウンしなかった谷津嘉章が16日・新宿の京王プラザホテルで記者会見を開いた。谷津はグッドリッジ戦後入院していたが、この度退院。左手をギプスで固めた姿で登場した。怪我は3カ所。「殴られたせいで目が二重で見える状態が治っていない。左手の薬指がチョークを割ったようにパックリ割れている。足も肉離れしている」といい、全治1カ月、リハビリには1カ月かかるという。それでも「プロレスのリングでこのギブスで裏拳ができる」と笑顔。「『なんでこんなこと44歳になってやってるんだろう?』とだんだん悔しくなってきたけど、『ああ俺って格闘技が好きなんだな』と思った」と試合をしみじみと振り返った。
 同席した森下直人DSE社長も「今後もPRIDEに上がっていただきたい」と評価しており、谷津自身も次々回以降のPRIDEでのグッドリッジへのリベンジを希望。「対策は今は言うわけにはいかない」としながらも、「前回は準備期間が2カ月しかなくボクシング対策ぐらいしかできなかったが、打撃を受けても倒れないということがわかった。お客さんが楽しめないようなセコい格闘技はしたくない。レスリングは切り札として使いたい」と話し、次回もグッドリッジに真っ向勝負を挑む構えだ。

 また会見後森下社長は記者団に囲まれ、新日本プロレスを解雇されたばかりのプロレスラー・橋本真也のPRIDE参戦について、「要望があれば受け入れたいが、まだコンタクトは取っていない。呼び掛けるかはわからないが一度お会いしたい」と語った。

(井原芳徳)

Back to Headlines

news

etc 11月15日 <ドリームステージエンターテイメント>公式情報

「猪木大みそかイベント詳細決定」

▼PRIDE.11でアントニオ猪木氏より発表のあった「世紀末イベント」の詳細が下記のとおり決定した。

アントニオ猪木総合プロデュース
ミレニアムファイティングアーツ 猪木ボンバイエ

日時:2000年12月31日(日) 開場17:00 開始19:00
会場:大阪ドーム
主催:毎日放送、大阪ドーム、株式会社ステージア
後援:SKY PerfecTV!、FM802
総合プロデュース:アントニオ猪木
実施運営:株式会社ドリームステージエンターテイメント

概要:アントニオ猪木氏プロデュースによるプロレスルールのドリームマッチを8〜10試合予定
出場候補選手:PRIDE、UFO主要選手、その他国内外の有名レスラーおよび格闘家

入場料金:全席指定・消費税込
VIP 50,000円/RRS 20,000円/スタンドS 12,000円/スタンドA 6,000円
券売スケジュール:
平成12年12月3日(日)一斉発売
チケット発売所:
チケットぴあ、ローソンチケット、e+(イープラス)

お問い合わせ
株式会社ステージア Tel.06-6344-4441
株式会社ドリームステージエンターテイメント Tel.03-5775-5700

Back to Headlines

news

ufc 11月14日 記者会見

「ティト×近藤決定。ヤマケン、ミレティッチに一本勝ち宣言」

▼12月16日(土)東京・ディファ有明で開催されるUFCの記者会見が14日・東京の都ホテル東京で行われた。今大会は米国で毎年年末に開催されているその年最大の大会「ULTIMATE ULTIMATE」(究極の究極)として行われることも受け、2大タイトルマッチを含めた豪華カードが揃った。

 まず9月のUFC27で実現しなかったUFCミドル級タイトルマッチ、ティト・オーティス×近藤有己がついに決定。会見に出席した近藤は「ティトは膠着をうまく利用する選手だけど、もっとポテンシャルがあると思うので、それを引きだして勝ちたい。風車の理論です(笑)。あんまり柔術とか打撃にこだわらず、流れる水のように戦いたい」と貫録あるコメント。1カ月後に迫った大一番に向け、これから調整とトレーニングをすすめていくという。

 またパット・ミレティッチの持つUFCライト級タイトルに、初代UFCジャパンチャンピオン山本喧一が挑む。懸念されるのはライト級の制約体重が77kg未満であること。ヤマケンは既に20キロ減量したというが、まだあと5キロ落とさないといけないという。9月には斬新なルールで話題を呼んだタイタンファイトを成功させ、日曜のクラブファイトでの約1年ぶりの試合は白星を飾ったばかり。さらに12月3日には名古屋でのクラブファイトも控えており、連戦となりながらもそれでも大一番に挑む理由について、ヤマケンは「試合をしないと、大きいことを言ってるだけで実力が無いんじゃないかと思われてしまうのが歯痒いから」と語り、「今度チャンピオンになったら、有言実行の男という証明できるから、もう何も言わないようにします」とまで言い切った。
 相手となるミレティッチについては、名前は知っていたが試合は見たことが無いという。8月のリングス大阪大会で、かつてのライバル・田村潔司が対戦しているが「判定勝ちだったのは知ってます。一本決めればいいでしょ?。もちろんそれを目指します」と宣言した。さらには「やれと言われればミドルも目指しますよ」とUFC三冠制覇の目標もほのめかした。

 さらにUFC-Jの常連・安生洋二がシドニー五輪グレコローマン76.0kg級銀メダリストのマット・リンドランドと対戦することも発表された。リンドランドは米国出身で1970年5月17日生まれの30歳。94年の全米選手権ではフリースタイル74kg級優勝、95年にはグレコローマンに転向し世界選手権74.0kg級準優勝、翌年には優勝を遂げている。以降も好成績を残し、先だってのオリンピック出場については直前まで揉めたものの(※詳細記事)、見事銀メダルを獲得した。総合格闘技の心得がどの程度あるのか不明だが、現役バリバリのレスラーは安生にとっては手ごわい相手となるだろう。

ULTIMATE FIGHTING CHAMPIONSHIP
"ULTIMATE ULTIMATE"

12月16日(土) 東京:ディファ有明
(ゆりかもめ国際展示場駅または有明駅下車)
開場16:00 試合開始17:00
主催:テレビ東京、UFC-J事務局

▼UFCミドル級タイトルマッチ 5分5ラウンド
ティト・オーティス(王者)
 対 近藤有己(挑戦者:パンクラス東京)
▼UFCライト級タイトルマッチ 5分5ラウンド
パット・ミレティッチ(王者:ミレティッチ・マーシャルアーツ・センター)
 対 山本喧一(挑戦者:パワー・オブ・ドリーム)
▼ミドル級スーパーファイト 5分3ラウンド
安生洋二
 対 マット・リンドランド(アメリカ:シドニー五輪グレコ76.0kg級銀メダル)

他3〜4試合

「UFCゲームついに日本上陸」

▼なお会見では大会協賛の(株)カプコンが発売するドリームキャスト&プレイステーション用ゲームソフト、「アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ」のデモンストレーションが行われた。ランデルマン、ティト、高阪、コールマン、メッツァー等、20人近くのファイターが登録されており、アメリカのTV放映さながらの演出、臨場感を再現している。既に米国ではドリキャス版は30万本以上、プレステ版は10万本以上出荷されている人気ソフトで、日本語化にともない、モーションやバランスが見直されている。さっそく会見に出席したヤマケンと安生が体験し、そのリアルな動きに興奮していた。発売は2001年1月25日(木)予定、価格は5,800円(税別)。詳しいお問い合わせは(株)カプコン・マーケティング部・宣伝チーム(TEL.03-3340-0750 / FAX: 03-3340-0721)まで。

(C) 2001 Crave. Under license from SEG sports Corp.
Published and distributed by Capcom under license from Crave.
(画面はドリームキャスト版で開発中のものです)

「Jスカイスポーツで放送決定」

▼CS放送のJスカイスポーツが、近藤有己UFC2連戦を放送する。9月からスタートし毎月2番組を放送している格闘技番組「ワールドファイティング」(スカイパーフェクTV Ch.308 Jスカイスポーツ3)の枠内で、近藤がUFCデビューしたUFC27は全試合をスペシャル拡大版で放送、12月のUFC-Jは全試合をノーカット放送する。他にも2月には「エクストリーム・チャレンジ27」(ミレティッチ対ショーニー・カーター等)を放送予定している。

2000年12月3日(日)24:30-27:30 UFC27 9.22 ニューオリンズ大会
2000年1月7日 (日)23:00-26:00 UFC-J 12.16 ディファ有明大会

(井原芳徳)

Back to Headlines

news

pancrase 11月14日 公式情報

「武道館で高橋vs菊田、特別ルールで激突」

▼12/4のパンクラス武道館大会で高橋義生菊田早苗の初対決が実現する。この一戦はパンクラスルールではなく、「目をえぐる及びそれに類する行為、頭突き、金的への攻撃」のみを反則行為とし、それ以外の全ての攻撃を認める特別ルールによって行われる。

 菊田は先日の後楽園大会で、ムリーロ・ブスタマンチを相手にパンクラス入団後初の敗北を喫したが、日本人選手には4戦4勝と負けなし。高橋が生え抜きのパンクラシストとして菊田を止めることができるか注目される。

PANCRASE 2000 TRANS TOUR
2000年12月4日(月) 日本武道館
開場17時30分/試合開始19時00分

試合順未定・スペシャルマッチ15分一本勝負
無差別級4位
高橋義生(パンクラス東京)
vs
無差別級5位
菊田早苗(パンクラスGRABAKA)

(慈村弓太)

Back to Headlines

news

panc 11月11日 <パンクラス&DEEP21事務局>公式情報

「1月8日、名古屋でDEEP2001開催」

▼パンクラスが協力する総合格闘技大会「DEEP2001」が来年1月8日愛知県体育館で開催される。主催はDEEP2001事務局で、パンクラスも協力団体に名を連ねている。「質・量共に最も充実した選手層(主催者)」である中軽量級選手を中心とし、パンクラス対ブラジリアン柔術の対抗戦を始め、全8〜9試合を予定。「あらゆる階級のトップクラスのファイター達が団体の垣根を超えて集う公平なリング」を目指すという。重量級からも既に謙吾が参戦を表明しており、他団体とも交渉中で、パンクラスの武道館大会と青森大会の中間にあたる12月7日に全カードを出す予定だという。10日には大会開催記者会見が開かれ、パンクラス・尾崎社長は「主力選手を出していきたい」としており、DEEP2001事務局・佐伯繁代表は「『グレイシー』と名のつく人と交渉をしている」ことを明かし、「参加してくれる選手がいたら、うちはいつでも歓迎いたします」と呼び掛けた。佐伯代表は「年に2、3回はやりたい」とも話しており、各団体との選手争奪戦がより激しくなりそうだ。

【関連ページ】パンクラス公式ウェブサイト内に設けられたdeep2001ページ

DEEP2001
2001年1月8日(祝・月)開場:15:00 開始:16:00
愛知県体育館:愛知県名古屋市中区二の丸1-1
052-971-2516
 地下鉄名城線「市役所前」駅徒歩6分
 JR名古屋駅から車で約15分
■ 入場料金
 VIP 50,000円
 (1列目のみパンフレットと試合後のパーティー付き)
 アリーナS 20,000円
 アリーナA 14,000円
 アリーナB 10,000円
 スタンドS 9,000円
 2階 8,000円
 3階 5,000円
 ※当日は全て1,000円増しになります。
■ 主催
 DEEP2001事務局
 愛知県名古屋市中区松原1丁目2-23第3栄ビル2F
 052-339-0303
■ 協力
 パンクラス
 レインボープロモーション
 IVY BOOKS
■ 出場予定選手
 パンクラス所属日本人選手
 ブラジリアン柔術選手
 他団体日本人選手
 強豪外国人選手他
■ お問い合わせ
 DEEP2001事務局 052-339-0303
 Mステージ四日市 0539-57-2152
 パンクラス 03-5792-0815
■ チケット発売日
先行発売11月23日(祝・木)
 DEEP2001事務局 052-339-0303 お電話のみの先行予約
 HYBRID SPORTS PLAZA 052-241-4224
 IVY BOOKS 0568-31-0727
 両店店頭にて先行発売
一般販売:11月25日(土)

(井原芳徳)

Back to Headlines

news

nhb 11月10日 <バーサスエンターテイメント>公式情報

「ヤマケン登場・渋谷クラブファイトに5名を無料招待」

▼BoutReview XX最新号でロングインタビューに登場したUFC-Jチャンピオン・山本喧一が、11/12(日)夜9時より東京・渋谷のクラブ・WOMB(ウーム)にて「クラブファイト」というイベントを開催する。会場がクラブということもありダンスやライブ、DJプレイと融合した演出となっており、試合開始も23:00から、20歳未満入場禁止という大人向けの内容となっている。

 9月に開催された話題を呼んだタイタンファイトでは山本はあくまでプロデューサー的立場だったが、クラブファイトではプロ・アマ問わず挑戦者を募集し、今回はその挑戦者と対戦する。「無名な格闘家の方がいいんですよ。いい試合をしてもらって、俺を負かしてくれるのが理想なんで」「純粋な格闘技ファン以外のファンにも訴えかけるためのイベント。“今回は格闘家が面白かった”“今回はヒップホップが一番だ”ってなってくれるのが狙いだから」とヤマケンが語るこのイベント、いったいどういった内容になるのか非常に興味深いところだ。

CLUB FIGHT Round 1
東京・渋谷WOMB地図
2000/11/12(SUN) OPEN 21:00 FIGHT GONG 23:00

SPECIAL LIVE : SUIKEN, F.O.H
OPENING DANCE : STRUT/ DJ.KOYA

※BoutReviewではこのクラブファイトに読者5名を無料招待します。ご希望の方は氏名と「クラブファイトチケット希望」と明記の上、編集部:井原(yihara@mud.biglobe.ne.jp)までメールをお送りください。当選者にはパスワード(合言葉)をメールでご連絡します。当日券売り場でパスワードを言えば無料で入場できます。なお、ハズレた方にも全員に前売り料金の3,500円(当日4,000円)で入場できるパスワードをご連絡しますので、応募後はメールのチェックをお忘れなく。
 締切は11/12(日)10時到着分までどちらのパスワードが当たりかは、会場の窓口に行くまでわかりません。皆様の多数の応募を心よりお待ちしております。(なお当日券の振り当てになりますので、お早めにご来場をお薦めします。ご了承ください)

(井原芳徳)

Back to Headlines

news

pride 11月8日 会見発表

「桜庭 vs ハイアン正式決定」

▼PRIDE.12(12月23日・さいたまスーパーアリーナ)の記者会見が8日(水)新宿・京王プラザホテルで開かれ、桜庭和志 vs. ハイアン・グレイシーが正式に発表された。会見に出席した桜庭は、これまでホイラー、ホイス、ヘンゾとグレイシー一族を次々撃破してきたが、今世紀最後のPRIDEでもグレイシー狩りに挑むこととなる。桜庭は8月のPRIDE.10でヘンゾ、ハイアンの控室に挨拶に行ったというが、ハイアンについては「普通の人で凶暴なイメージがない」という。だが、ハイアンが復讐心を燃やしその凶暴性がリング上で爆発すれば、これまでとは一味違ったグレイシー戦となることだろう。

 さらにもう1試合、イゴール・ボブチャンチン vs. マ−ク・ケアーの再戦も発表された。両者は99年9月12日のPRIDE.7横浜アリーナ大会で対戦しているが、2Rにボブチャンチンが四つんばいのケァーに反則の膝蹴りを連打しKO、当初はボブチャンチンの勝利が発表されたが、全試合終了後に主催者から、この試合がノーコンテスト(無効試合)になったことが発表された。だが試合内容はボブチャンチンが打撃で圧倒しガードも固く、ケァーの不調ぶりを印象づけるものだった。その後はボブチャンチンはPRIDEグランプリでは準優勝、その後もエンセン井上、高田延彦らに勝利し快進撃を続けるが、対照的にケァーはエンセン戦でも不完全燃焼、藤田和之戦ではバーリ・トゥード初の敗北を喫するなど、「霊長類最強」というレッテルが忘れ去られそうなほどの失墜ぶりを見せている。前回の試合から15カ月、全く立場の逆転した両者が再度対戦するが、ボブチャンチンとしては次回グランプリ優勝へきっちり照準を絞るためにも、一方のケァーとしては復活をアピールするためにも、完全決着を付けたいという思いは一致しているところだろう。

▼フジテレビで5日夕方4:00-5:25に放送された「PRIDE.11」が平均視聴率12.6%を記録した。この数字は今年のフジテレビの同時間枠で放送された番組の中で、「臨時発売!さんまのまんま大全集」(1月16日)の15.9%に続き第2位。瞬間最高視聴率も5:02の18.7%と非常に高く、番組を担当したフジテレビ・スポーツ部の清原邦夫プロデューサーは「来年以降はPRIDEシリーズをゴールデンタイムのソフトとして育てていければと思います」と話している。豪華メンバーの揃うこことなりそうなPRIDE.12も高視聴率が期待できそうだ。

PRIDE.12
会場/さいたまスーパーアリーナ
(JR京浜東北線、高崎・宇都宮線「さいたま新都心」下車徒歩すぐ)
開催日/2000年12月23日(土・祝) 開場/14:00 開始/16:00
※チケットは11月12日(日)一斉発売

・決定カード
桜庭和志 vs. ハイアン・グレイシ−
イゴール・ボブチャンチン vs. マ−ク・ケアー
※全7、8試合を予定

・その他出場予定選手
藤田和之、エンセン井上、佐竹雅昭、アレクサンダー大塚、小路晃、ヘンゾ・グレイシ−、マ−ク・コ−ルマン、ケン・シャムロック、ギルバート・アイブル、ゲーリー・グッドリッジ、リコ・ロドリゲス

(井原芳徳)

Back to Headlines

news

etc 11月3日 <大阪21世紀協会> 公式情報

「大阪で夢枕獏氏らのトークイベント」

▼作家の夢枕獏氏らが格闘技の魅力に迫るトークイベントが11月21日(火)に大阪で開催される。主催者の大阪21世紀協会は、これまでにも異文化交流を目的とした民族スポーツフェスティバルを開催してきたが、4回目となる今年は近年若者を中心に人気を集める「格闘技」にスポットを当て、実技、映像を交えつつ、その成り立ち、歴史、魅力に迫る。
 総合司会は作家の夢枕獏氏、パネリストは漫画家で「グラップラー刃牙」の作者・板垣恵介氏、空手家の角田信朗氏(正道会館)、柔術家の中井祐樹氏(パレストラ)、東大助教授で大道塾3段でもある松原隆一郎氏といった格闘技に造詣の深い面々なので、深く濃い議論が期待できそうだ。
 またフォーラムのほか空手家による型・約束組手のデモンストレーション、組技系格闘技(特に柔術)・打撃系格闘技(特にK−1)の技術の実演、戦後から最近にかけての格闘技を振り返る映像上映もあり盛りだくさんの内容となっている。

孤高の魂 〜格闘技の全てを語る〜
大阪秋のまつり 民族スポーツフェスティバル

主催:財団法人 大阪21世紀協会
後援:大阪府、大阪市、大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、
   (財)大阪オリンピック招致委員会、NHK大阪放送局

■日 時:平成12年11月21日(火) 午後6時30分〜8時30分(開場6時)
■会 場:大阪厚生年金会館「芸術ホール」大阪市西区新町1-14-15
     (地下鉄四ツ橋線「四ツ橋駅」2番出口より徒歩スグ)
■入場料:前売券1200円、当日券1500円(小学生未満は無料)
■チケット発売:チケットぴあ、ローソンチケット、CNプレイガイド等で販売。

※BoutReviewでもお申し込みを受け付けます。当日会場の受付で名前を言っていただければ前売り料金で入場できるように手配致します。希望枚数とお名前を明記の上、編集部・井原までメールをお送りください(yihara@mud.biglobe.ne.jp)。20日(月)午後4時まで受け付けます。

■問い合わせ先:
〒540-0032 大阪市中央区天満橋京町1-1 大阪キャッスルホテル4階
財団法人 大阪21世紀協会 スポーツ部
TEL: 06-6942-2008 FAX: 06-6942-5945

Back to Headlines


 このページに掲載した情報を他媒体に引用されることは基本的に自由とします。ただし、その場合、<情報源・Bout Review>と明記し、メールでの一報をお願いします。また、継続的なニュース引用については、<ida@boutreview.com>まで、メールで御相談ください。それ以外の場合の無断引用を一切お断りします。

このコーナーヘの情報掲載を希望される団体・関係者の方は、

E-MAIL<ida@boutreview.com>

FAX:06-6356-7202(Muscle Brain's)

まで情報をお寄せください。

 

TOP | REPORT | CALENDAR | REVIEW | BACKNUMBER | STAFF | SHOP | FORUM