BoutReview
BoutReview Readers Opinion

[スレッド一覧] [ウォッチリスト] [BoutReviewトップページに戻る]

このスレッドをウォッチリストに追加 (ウォッチリストから削除)
196件 ( 61 〜 80 )  |  1/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. /10 [ ▼降順 | ▲昇順 ]

メッセージ 削除/引用
No.14-156 - 2004/09/20 (月) 21:04:40 - K2C
>格闘技>スポーツ

あくまでもスポーツと格闘技は別の物という考えなんですね(苦笑)
まあ、それは個人的な考え方という事で、それに関しては俺は何も言う事はありやせんです。

俺は、格闘技はスポーツの中の、一番好きな種目として楽しんでいます。

>皆様

ところで、俺のこの件に対する発言は、実さん個人に対してではありませんでした。

最近、格闘技に興味を持って、このサイトを訪れた「ちょっと格闘技をやってみようかな。」と思ってる格闘気未経験の人達が、実さんの発言を読んで、「やっぱり格闘技は簡単に始めちゃイケナイのか・・・」と断念したりしないように・・・俺のように、スポーツとしてやってる人もいるんだと言う事を伝えたかったのです。

大きなお世話かも知れませんが、皆さん格闘技やってみて下さい。
凄い面白いですから。
怪我の痛みも、「俺って格闘技やってるんだなぁ」って感じで、誇らしく思えるから不思議です。

また、ジムの会長さんや、レベルの高い方々にも、趣味で気軽にやる人達を大きな気持ちで温かく迎えて頂けたらと思います。

情けは人の為ならず。Goes around,comes aroundの精神でお願い致します。m(__)m

怪我。 削除/引用
No.14-154 - 2004/09/20 (月) 18:36:23 - 実
なんか皆さんのご意見を読んでると格闘技と同じようにスポーツだって怪我をするんだよ。・・と言われているように印象を受けます。そりゃ自分も野球やったってサッカー、テニスやったって怪我をするのはわかりますよ。仕事やったって怪我しますし、自分は「怪我もしないスポーツ」なんて言ってません。だからアレが一番怪我するとかしないとかそう言い合いは置いときましょう。まぁすべては私の固定概念から生まれましたが・・
格闘技=強い、カッコイイ、最後は根性(ハート)、修業、精進の場、一生をかけて己を高め合うモノ、趣味、尊敬、憧れ、真剣な遊び・・こんなのが私が格闘技に対するイメージに対し
スポーツ=一般的、さわやか、楽しい、みたいな感じですかね?
私は決してスポーツを舐めてませんよ!ただ格闘技>スポーツってかんじですよね。格闘技ファンは少なくともこのバウレビのサイトに集まってくる人なんかみんなこんな感じじゃありません? スポーツと格闘技はジャンルは違えどレベルや凄さを競い合うモンではないですかんね。

やはり、ちょっと偏見があるような・・・ 削除/引用
No.14-152 - 2004/09/19 (日) 19:35:13 - K2C
>K2Cさんの書き込みはなるほど納得といった感じでしたね。

アリガトウございます。

何故か自分の書き込みは、皆さんから無視されてる感じがするので嬉しいです。そんなに変な意見は書いてないと思うんですけどね(笑)

ただ、実さんの返事(?)に、まだ偏見があるように感じましたので、自分の考えを書きたいと思います。

>しかし道場、ジムと入門してもみんな一般的に長続きしませんよね。

自分も高校生の時にボクシングジムに入りましたが、3日で辞めました。

しかし、それは痛いとか怖いからではなくて、スパーやミット打ちもさせてもらえないし、誰も話しかけて来ない(話すキッカケもない)からつまらなかった。というのが理由でした。

あと、気のせいかも知れませんが、プロ選手の「邪魔なんだよ」的な視線も嫌でした。

つまりサービスが悪いのです。

金をもらっている以上、生徒が続けたくなるような環境を提供するのは当然の事です。なのに、多分、そのジムは格闘技はスポーツとは違うと言う価値観を持っていたのではないでしょうか。

だったら、プロ選手志望以外は最初から加入させなければ良いのです。

もしかしたら、そのジムも以前は皆に一生懸命教えてたけど、アッサリ辞められてショックを受け、そういう態度になったのかも知れませんが、そんなのは他のサービス業でも当たり前に起こる事です。
精神力弱すぎです。

また、生徒に辞められた時に、「生徒に根性がなかっただけ」と片付けるのは武道家、格闘家として向上心がないのではないでしょうか。自分の教え方が悪かったんじゃないかとか、どうすれば一般の人達が、格闘技を続けらるようにするかを考えるべきではないでしょうか。

格闘家や武道家の最終ゴールは、人に格闘技を教え、広め、社会に貢献する事の筈だ。

と、辞めた時に偉そうに思ったりしました。(笑)

>一般にスポーツは体を鍛えさわやかな汗を流しますが、格闘技は体よ
>りも『心技体』で一番に「心」がきますからね。ある種精神修業の
>『場』ですよね。

いや〜、自分の場合は精神修行という感じは全くないです。さわやかに人を殴って蹴ってストレス発散し、体を鍛えてます。(笑)
もちろん自分も殴られるし蹴られるけど、その分、社会的には出してはいけない、自分の中の攻撃性を存分に発揮できるから、それも爽快です。

それに、ジムの人達は当然格闘技好きな人達だから、年齢や業種や人種(バックボーンという意味での)が全く違くても、仲良くなり易いです。特に自分の場合は、一度、喧嘩をしないと仲良くなりづらいという困った傾向があるのですが、実際にスパーで殴りあうから、喧嘩をする必要もないし、非常に良いです。

何が言いたいのかと言うと、つまり、実さんの格闘技に対する接し方とは全く違う価値観があるのです。土手で野球やサッカーをやるのと全く代わらぬ気持ちで格闘技を楽しむ人達もいるのです。

しかし、解ってもらいたいのは、いい加減にやってる訳ではないという事です。

映画「Shall We dance?」の登場人物みたいに、会社から帰ってきてから、一人でトレーニングしたり、色々と研究したり、自分なりに一生懸命の目標に向かって頑張ってます。
怪我をしても、会社を休む訳にもいかないので、頑張って行きます。

と、長くなりましたが、そんな訳で今からジムに行って来ます。

実践主義をいうなら 削除/引用
No.14-150 - 2004/09/19 (日) 14:46:44 - 船越
実さんも一度、実さんが「レベルが低い」「一緒にしてほしくない」と侮蔑している野球なりサッカーなりポイント制の寸止め空手なりをやってみられてはいかがでしょうか。自分の身を使って経験するとまた違った考え方、気持ちになるかもしれません。

(無題) 削除/引用
No.14-149 - 2004/09/19 (日) 14:08:08 - 実
うぅ〜ん!?コブラさんの隕石だか惑星の例え話的なのは私にはちょと分かりずらかったですね。例え話ではなくストレートに現実味を帯びて話してほしかったのですが。K2Cさんの書き込みはなるほど納得といった感じでしたね。まぁ確かに自分的なガンコな職人気質的な考えから抜け出せない人が多いからこそ格闘技=「マイナー」的なイメージを払拭できないんでしょうね。格闘技は治安の悪い国こそ護身の発展で盛んだとききます。格闘技でブラジル、ロシアが強いのは納得です。格闘技も競技人口が増えれば増えるほどプロの待遇は今よりもずっとよくなるはずです。しかし道場、ジムと入門してもみんな一般的に長続きしませんよね。格闘技も昔よりはスポーツ感覚で手軽にできますがキツイ、痛い、怖いは突き詰めていけば否めないですからね。そういった感情の入れ方もスポーツとは違うと思います。格闘技、武道というのは修業ですからね。一般にスポーツは体を鍛えさわやかな汗を流しますが、格闘技は体よりも『心技体』で一番に「心」がきますからね。ある種精神修業の『場』ですよね。
自分は前から思ってましたがこのバウレビの掲示板に書き込んでる人は一体どれくらいが格闘技経験者、もしくは経験者だったのかなという感じですね?また少なからず格闘技を噛った人だと、やった人と、やった事のない人だと意見や考え方は全く違いますからね。K-1やプライドのスレでもブラウン管を通じてしか全く格闘技を見たことのない頭でっかちの格闘技オタッキーが書き込むのと仕事のあとにジムに行く、相手に殴られたり、蹴られたり、試合に望む前の緊張、怖さ、体調の節制などの難しさ〜結局ウンチク並べたって経験した人にしかわかりませんからね。誤解しないで欲しいのは私は格闘技やってるヤツ以外は書き込むなと言ってるわけではありません。とりあえずは道場なりジムなりの門を叩いて自分の身を使って経験するとまた違った考え方、気持ちになるということです。

(無題) 削除/引用
No.14-148 - 2004/09/19 (日) 13:53:44 - 船越
>[Re:143] 実さんは書きました :
> 私が思うに格闘技とスポーツの違いにスポーツは野球にしろサッカーにしろ日曜日に荒川の土手である程度気軽にスポーツ感覚で参加できますよね。自分はこういう意味でも「庶民的」と思ってます。しかし一方格闘技は日曜日に週一回やろうと思ってもなかなかできるもんではないと思います。すぐに怪我でもしてしまうと思います。

つまり、スポーツと格闘技の違いは苛酷さであり、より苛酷な方がレベルが高い、ということでしょうか? だとしたら、以下のふたつの点で反対です。

1)格闘技以外のスポーツにも苛酷なものはある。
2)苛酷なものの方がそうでないものよりレベルが高い、優れているとする理由がない。

まず1)についてですが、スポーツを「日曜日に荒川の土手である程度気軽にスポーツ感覚で参加」できるものとするのは、あきらかにスポーツという言葉の矮小化です。(余談1:下記参照)
格闘技以外の競技でも、重傷や後にひくような怪我を負うことはありますし、トップレベルの選手は、かなり苛酷な練習をしている筈です。

次に2)について。格闘技であれ、それ以外のスポーツであれ、その存在意義は、なんらかの恩恵をプレイヤーや観客にもたらしてくれることにあります。この恩恵とは、肉体と精神の錬磨、楽しさ、充実感、感動などです。競技の苛酷さがそれらの恩恵をもたらしてくれる面もあるのはたしかですが、苛酷さそのものに価値があるわけではありません。単に苛酷さを競うのは、ツッパリ少年の根性焼きと同じで、不毛です(余談2:下記参照)。また、苛酷な方がレベルが高いというなら、格闘技の選手よりも、ヒンドゥー教の修行者(ときに死に至るような苛酷な苦行をするらしい)や、ハードSMの実践者(ときに死に至るような苛酷なプレイを……)の方が「レベルが高い」ということになりかねません(余談3:下記参照)。
自分はむしろ、苛酷でないもの(「気軽にスポーツ感覚で参加」できるもの)をも含むところが、スポーツの懐の深さだと思います。もちろん、懐の深い野球やサッカーなどの方がレベルが高く、誰にでもできるわけではない格闘技やアメフトの方がレベルが低い、ということもありません。要するに、目的も質も異なるもの同士を比較して、レベルの高低を論じるのは無意味だということです。

> 確かに最終的には個々の意識だと思いますけどね。リングの上で相手を倒してやろう、プロになるんだ、等と思ってる人は格闘技かもしれないですし。格闘技を「スポーツ感覚」でやってたらそれはスポーツかもしれない。

結局、実さんがよしとする価値観を満たすものが格闘技であり、そうではないスポーツは劣っていると決めつけているだけではありませんか? もちろん、そういう実さんの個人的な価値観は否定しませんが、それらは単に好悪の問題(好きか嫌いか)であって、どちらがレベルが高いとか低いといった問題ではありません。

> 格闘技をやる人は自分も含め日常生活から団体行動の苦手な人が多くないですか?

たしかに実さんは団体行動が苦手そうですね。他の「格闘技をやる人」はどうか知りませんが。


以下は余談。

1)そもそも、スポーツを表すのに「スポーツ感覚」という言葉を用いるのは、循環理論というか堂々巡りだと思いますが、本筋から逸れるので深入りはしません。
2)そういう意味では、黒崎先生の線香エピソードや、それを真に受けて真似してしまう小比類巻もどうかと思います。まあコヒの場合、そういうイジりがいのある天然ぶりが彼の魅力ではあると思うのですが。
3)もちろん、レベルの高低などと言わず、単に好き・嫌いの問題でいえば、「格闘技よりもヒンドゥーの苦行(ハードSM)の方が好き」「格闘技の選手よりもヒンドゥーの修行者(ハードSMの実践者)の方を尊敬する」という価値観も「アリ」だと思います。この掲示板の読者には少ないでしょうが。

格闘技の発展を妨げる考え方 削除/引用
No.14-147 - 2004/09/19 (日) 00:35:00 - K2C
「格闘技は気軽に出来ない。」とか、「気軽にやる物じゃない。」というような考え方は、格闘技業界全体の発展に必死に取り組んでいる人達に、非常に迷惑が掛かるという事は知っておいてもらいたいです。

プロ競技を健康的に発展させる一番の道は競技人口を増やす事です。
自分がやっている競技を見に行くのは自然な流れだからです。

しかし、格闘技には、実さんのような考え方をする人達が実際に多く存在する為、排他的な匂いが漂い、なかなか競技人口は増えません。

その結果、格闘技はマイナーな競技に留まってしまい、プロ選手は、その努力に全く見合わない金銭しか受け取れない為、別の仕事と両立させなければならず、結果的に練習時間が取れない為、その競技に専念できるメジャー競技の選手に比べて、レベルを高くする事は非常に困難になってしまいます。

それに一万人の頂点と、百人の頂点ではレベルの違いが出てしまうのは自明の理です。

また、このサイトでよく非難されるメジャーな格闘技興行の問題点の多くは、競技人口を増やせないまま、見る側だけを増やさなければならない事が大きな要因になっていると思います。

その競技では素人同然の“他競技で名を挙げた選手”を招聘したり、ルックスの良い選手を優遇したり、とにかく話題性を重視しなければならなくなるのです。八百長や咬ませ犬との試合を組んだりするのも、こういった問題の延長線上にあるのです。

もし、格闘技が野球やサッカーのように気軽に出来る環境が整えられれば、こういった事はしなくて済むのです。
だから、最近、総合格闘技やムエタイをオリンピック競技にしようという動きがあるのです。

>しかし一方格闘技は日曜日に週一回やろうと思ってもなかなかできる
>もんではないと思います。すぐに怪我でもしてしまうと思います。

自分は今、社会人ですが、打撃系格闘技を土日にやっています。週一でやっている人も沢山います。
確かに怪我をして仕事に行くのは大変ですが、それでも続けています。

ちなみに、学生時代はサッカーをやってましたが、結構怪我はしましたよ。
それに父はテニスを土日にやってますが、半月板を損傷してビッコひきながら、仕事にもテニスにも欠かさず行ってます。

女子格闘技も最近、盛んになって来ました。

こういった格闘技を気軽に楽しむ環境がもっともっと整えばいいなと思います。

実さんへ 削除/引用
No.14-145 - 2004/09/18 (土) 05:35:38 - jwave
あまりにも熱いので思わず入ってしまいました。

> やってるというガンコなまでの思いとプライドがあるのかもしれません。
> だから格闘技とスポーツを一緒にされた時に「それは違うだろうと思ったコトでしょう。」

ご自分でもおっしゃるとおり、痛みを覚えながら真剣にやってるという
プライドが偏見的な意見をうみだしているとしかいいようがないです。

思うに、スポーツと格闘技は同じではないが交わる部分が多々あるということではないでしょうか?
もっと簡単に言えば、
 スポーツ=体を動かすゲーム/運動
 格闘技=相手に痛みをあたえる・相手からの攻撃を防御する技術
でしかないと思われます。

実さんが、格闘技をスポーツといわれてプライドがあるからこそ腹がたつ
という気持ちは十二分にわかりますが、スポーツを明らかに馬鹿にする言動には正直あきれます。
スポーツは片手間でもできるものが多いだけで、真剣に命をけずって競技に励む人達もいますし、
その人たちの努力は生半可なものではないですし、とても庶民的とはいえません。
あなたが格闘技を知らない人が格闘技をスポーツと呼ぶことに対して苛立ちを覚えるように
スポーツを一くくりに切ってしまうあなたの言葉もあさはかなものです。

私も格闘技を真剣にやっていた時期がありますから
格闘技をスポーツと一言でいわれると違和感を感じますが、
所詮、格闘技は技・技術、
問題はそれが武道であるかどうかであると悟りました。
競うという点で格闘技も競技的=スポーティ、しかし格闘とは
直接的な命のやりとりでもあり人の痛みを知らない者でもできるものではない。
こんな感じでよいのではないですか?

スポーツと格闘技の違い!? 削除/引用
No.14-143 - 2004/09/18 (土) 02:17:15 - 実
私が種を蒔いたネタがかなり飛躍し久々に熱く議題になってますね。私が思うに格闘技とスポーツの違いにスポーツは野球にしろサッカーにしろ日曜日に荒川の土手である程度気軽にスポーツ感覚で参加できますよね。自分はこういう意味でも「庶民的」と思ってます。しかし一方格闘技は日曜日に週一回やろうと思ってもなかなかできるもんではないと思います。すぐに怪我でもしてしまうと思います。自分は極真空手を得て現在はキック、柔術などを別々の場所でやってますがどちらも仕事の合間をぬい週2ぐらい行かないと体がついていきませんからね。なかなか思い立っていってそうそうできるモンでもありません!そこに自分の自分は格闘技をやってる、スポーツではなく紛れもない格闘技をやってるというガンコなまでの思いとプライドがあるのかもしれません。だから格闘技とスポーツを一緒にされた時に「それは違うだろうと思ったコトでしょう。」
確かに最終的には個々の意識だと思いますけどね。リングの上で相手を倒してやろう、プロになるんだ、等と思ってる人は格闘技かもしれないですし。格闘技を「スポーツ感覚」でやってたらそれはスポーツかもしれない。
格闘技をやる人は自分も含め日常生活から団体行動の苦手な人が多くないですか?一匹狼というか、まぁでも格闘技も切磋琢磨し先生や同輩、練習相手など叱咤激励を受けないと強くなれないんですけどね。昔のコヒではないですが。格闘技におけるチームはまた野球やサッカーとは違うモンですね。

下の意見 削除/引用
No.14-142 - 2004/09/18 (土) 00:55:41 - エリック・プランクトン
は私の勝手な考えです。
気分を害される方がいらっしゃいましたら、申し訳ありません。

格闘技とスポーツ 削除/引用
No.14-141 - 2004/09/18 (土) 00:49:57 - エリック・プランクトン
私はスポーツという言葉はかなり守備範囲がひろいので、格闘技もそこに含まれると思います。
空手、柔道、レスリング、ボクシング、・・・は格闘技と呼ぶことができると思います。
これらを、強さを求め、他を打ち倒すために極めようとする人もいれば、健康づくりやストレス解消、果てはダイエット目的などの目的で取り組んでいる人もいます。
後者の人にとっては、恐らく「スポーツ」でしょう。
「スポーツ」ととらえて取り組む人もたくさんいると思うのです。
飛んでしまいますが、私はこれは最大公約数と同じだと思います。
「スポーツ」という大きな括りの中に「格闘技」もあるのではないでしょうか。

(無題) 削除/引用
No.14-140 - 2004/09/17 (金) 23:31:38 - 船越
実さんの投稿を読んでいると、実さんの格闘技に対する熱い思いだけはひしひしと伝わってきます。でも、
「なぜ格闘技とスポーツは別物なのか」(格闘技とスポーツはどこが違うのか)
「なぜ格闘技はスポーツよりレベルが高いのか」
についての具体的な説明がないんですよね。残念ながら、これでは他の方の賛同を得ることは難しいと思います。よろしければ、この二点について、具体的に説明していただければ幸いです。

なお、自分の意見も述べておくと、格闘技はスポーツだし、そうであるべきだと考えています。なぜなら、格闘技を社会の中に位置づけていくためには、スポーツという形をとらざるをえないからです。個々の選手やファンが、格闘技に対して「スポーツ以上のもの」という思い入れを抱くのは構わないのですが、直接社会と対峙する責任ある立場の人たち(指導者、大会主催者、マスコミ関係者等)は、「格闘技=スポーツ」という枠組みから逸脱すべきではないと思います。

……なんて、理屈っぽく説明しても、納得してくださらない方もいらっしゃるかと思います。「それでも、格闘技はスポーツじゃないんだ!」という方(特にやる側の人)には、「非スポーツ」(スポーツにあらざるもの)ではなく、「超スポーツ」(スポーツとしての必要条件をすべて満たしつつ、それ以上のもの)を目指してほしいというのが、自分の願いです。

>格闘技とスポーツは全く別モンですよ。 削除/引用
No.14-139 - 2004/09/17 (金) 21:12:45 - テン
>つまりサッカーファンでも野球ファンでもない、まさしく格闘技ファンこそ、格闘技の良さを、他の競技を「レベル低い」などといって表現されても不愉快なだけなのです。

10代の頃って私もそういう考えでした。
キックとか己の命をかける位の覚悟がいる高尚なもの、比べてテニスやスキーサークルの連中とかチャラチャラしているなぁってね。

若い内はその情熱を練習に向けるといいと思う。その方が強くなるだろうね。
しかしそういうタイプってネットで己の価値観を出さずに(反論でモチベーション下がるから)、ひたすら練習に明け暮れて試合等で燃えた方が良い結果に結びつくと思う。

まぁその内、視野が広がり他のスポーツの良い所が見えるようになると思いますがね。

・・・ 削除/引用
No.14-138 - 2004/09/17 (金) 19:02:58 - ojiro
別に実さんが格闘技をスポーツとして捉えてない、ボクシングはスポーツじゃない、というのはどうでもいいんです。

ルールがある競技とはいえ、格闘技にはスポーツという言葉では表現できない魅力がありますから。

それで格闘技をスポーツと一緒にされるのが嫌だというのも(個人的な意見として)別にどうでもいいです。
問題は野球やサッカーなどを「レベルの低い庶民のスポーツだ」としたこと。分かります?

どこぞの掲示板のように「サッカーのほうが野球より高尚だ」やら「野球のほうが競技としてレベルが高い」というような下らなく不毛な価値観を、このバウレビのBBSで格闘技ファンが同じように「格闘技は最高、サッカーなどはレベル低い」と発言するのは本当にガッカリ。

自分の好きなものを表現するのに周りを貶めて持ち上げるのは、持ち上げられてるほうも不愉快でしょ。
つまりサッカーファンでも野球ファンでもない、まさしく格闘技ファンこそ、格闘技の良さを、他の競技を「レベル低い」などといって表現されても不愉快なだけなのです。

格闘技とスポーツは全く別モンですよ。 削除/引用
No.14-137 - 2004/09/17 (金) 17:25:44 - 実
格闘技はスポーツではありません!格闘技とスポーツは明らかに違います!ある種格闘技がスポーツ化したらおしまいです。そこらの寸止めポイント空手と一緒ですからね。スポーツと武道も違いますがまだ格闘技と武道は共通する部分は大きいですね。自分、格闘技がスポーツと言われるのは野球やサッカーと一緒にされているようで嫌ですね。腐っても格闘技は格闘技ですからね。ボクシングだってスポーツじゃなく格闘技だし・己の五体を極限まで鍛え一撃必殺の凶器を纏った格闘家はやっぱ強くて魅力ありカッコイイですからね。

ですよね。 削除/引用
No.14-136 - 2004/09/17 (金) 13:18:01 - ojiro
>[Re:134] リーさんは書きました :
> 格闘技最高と思うのは勝手だけど、(私も最高と思います。)
> 他のスポーツの差別発言はまずいでしょ。
> スポーツそれぞれに良いところはいっぱいあるんだから、
> 好き嫌いはあっても、レベル云々なんてないよ。
> 全てのスポーツを認めていきましょう。
> 後は人それぞれの好みの問題。
>
ですよね。

私も格闘技が一番好きなスポーツ。でも他のスポーツだってすばらしいもの。

実さんの言っている「競技のレベル」ってのが何のことなのか全く分からないし。で、そのよく分からない価値観でレベル低いものが「庶民のスポーツ」なのかしら。じゃあ、格闘技好きは庶民じゃないのか・・・。

まあ、とにもかくにもこのサイトにおいてもコブラさん、リーさんのように格闘技が一番好きでも他のスポーツを卑下するようなことのない人が格闘技ファンとして多数派の意見のようでよかった。

このサイトでもまずいでしょ 削除/引用
No.14-134 - 2004/09/17 (金) 09:00:23 - リー
>[Re:133] 実さんは書きました :
> 私が言ってる庶民的と言うのは道具だ、場所、金とかそんなことを言ってるのではありません。しいて言えば競技のレベルを言っています。格闘技最高と思ってる自分なんかからしたら野球やサッカーなんてレベルの低い庶民のスポーツだと言うことです。野球、サッカーの愛好者からしたら批判を喰らいますが・・このサイトに限っては格闘技こそ一番です。

格闘技最高と思うのは勝手だけど、(私も最高と思います。)
他のスポーツの差別発言はまずいでしょ。
スポーツそれぞれに良いところはいっぱいあるんだから、
好き嫌いはあっても、レベル云々なんてないよ。
全てのスポーツを認めていきましょう。
後は人それぞれの好みの問題。

意味が違います。 削除/引用
No.14-133 - 2004/09/17 (金) 08:12:33 - 実
私が言ってる庶民的と言うのは道具だ、場所、金とかそんなことを言ってるのではありません。しいて言えば競技のレベルを言っています。格闘技最高と思ってる自分なんかからしたら野球やサッカーなんてレベルの低い庶民のスポーツだと言うことです。野球、サッカーの愛好者からしたら批判を喰らいますが・・このサイトに限っては格闘技こそ一番です。

はてな 削除/引用
No.14-132 - 2004/09/16 (木) 13:56:56 - ojiro
>[Re:131] 実さんは書きました :
> 当たり前だけど野球、サッカー等の庶民のスポーツにないイイとこがたくさんありますからね。

格闘技こそ庶民のスポーツでは?
身ひとつでできますし。

野球は道具はもちろん場所代もいるし、けっこう金かかります。サッカーも。庶民が趣味でやるには格闘技より難しい。

まあ、乗馬やらゴルフよりは庶民的ですけど。

やっぱ格闘技って最高なんですよね。 削除/引用
No.14-131 - 2004/09/14 (火) 05:17:15 - 実
光浦が高阪のところで練習してるんですか?それは全く存じ上げてませんでしたね。自分は『笑ってイイとも』に田口浩正がゲストで出たときに彼自身が語ってる時に初めて知り、金子賢は雑誌『クール』で載ってましたね。金子賢なんかはジャンクの司会も出てるし、ウォーターボーイだから柔術もそこそこやりそうな感じしますね。やっぱ格闘技は最高ですね。当たり前だけど野球、サッカー等の庶民のスポーツにないイイとこがたくさんありますからね。
196件 ( 61 〜 80 )  |  1/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. /10 [ ▼降順 | ▲昇順 ]



パスワード

※プロクシサーバー等経由での投稿はできません。


キーワード  曖昧検索