BoutReview
BoutReview Readers Opinion

[スレッド一覧] [ウォッチリスト] [BoutReviewトップページに戻る]

このスレッドをウォッチリストに追加 (ウォッチリストから削除)
2332件 ( 61 〜 80 )  |  1/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. /117 [ ▼降順 | ▲昇順 ]

(無題) 削除/引用
No.11-2588 - 2004/04/17 (土) 01:47:06 - ν
>[Re:2587] 館林見晴さんは書きました :
> 勝たせたい選手に有利に働くようですね(いまさら言うことでもないか?)。

実際、もうK-1で試合したくないと思う選手は、いると思いますよ。

> 個人的には格闘ゲームのハメ技宜しくクリンチ&膝ばっかりになったらK−1は存在意義を失うと思うんですよね。
> まずお互いに打ち合うことを前提とした競技ルールにするべきだと思います。
> 膝がないと突き詰めていけば試合はパンチ中心に進むと思うんですね。
> 膝があればそれを警戒して迂闊に入り込めないから、
> ちょっと遠めの間合いになってキックが必要になると思うんですがどうでしょう?

自分の場合は皆さんと逆で、肘無しのキックボクシングで良いと思います。この間のHAYATOvsザンビディスですが、ザンビディスのパンチを左のミドルと組んで膝で対抗してました。自分的には、あれは有りです。むしろパンチで行ったところをクロスで貰ったわけですから、逆に「パンチなんか出すなよ!」と思いました。パンチが得意な選手もいれば、蹴りが得意な選手もいるわけですから、首相撲と膝はどんどん練習して使って欲しいところです。先日のコヒよりも、豪快に膝で倒す選手が出て欲しいです。ブアカオに期待です。

> あとは暗黙のルールで最終Rは首相撲無しでガチンコの打ち合いにするとか。
> 首相撲からの膝はダメージを与えることのみが目的で攻勢点に入れないとかあると思うんですが、、、
> あくまでK−1の枠組みでのルールですがね。

首相撲は、どうしても仕方がない物だと思います。余程相手と手が合わない限り、中間距離での打ち合いなんてできません。前に行く気持ちの強い選手ほど、組み付いてしまうものです。先日のナラントンガラグですが、前に行く気持ちが有り、大振りのフック系の選手でした。クラウスは、両手で頭を覆うガードなので、ナラントンガラグがクラウスの頭を抱える形になり、クリンチになるんだと思います。たまにボクシングも見に行くのですが、こういった形でバッティングが発生して、腫れたりカットするシーンを、よく見ますね。ナラントンガラグがストレートと前蹴りを上手く使えたら、もっと組まなかったかもしれません。K-1を見てると逆に、「もっと首相撲の練習すれば良いのに。」と思います。つまらない試合の流れになってきたら、選手も試合中に空気を感じてると思いますよ。クラウスも「KOしないと。」と焦ってたと思います。

(無題) 削除/引用
No.11-2587 - 2004/04/17 (土) 01:22:39 - 館林見晴
>[Re:2586] νさんは書きました :
> 2月24日の大会も会場に足を運んだのですが、リザーブファイトのTOMOvs松本で、松本が首相撲に対して掴みの注意を受けてから、調子を崩して負けました。注意を受けるまで、パンチと首相撲からの膝で押してました。
> その後の試合では、コヒが首相撲からの膝で優勢に試合を進めて行きました。レフリーによってルールの認識が違うので、選手としては納得行かないのではないかと思いました。K-1は、全ての選手に対して公平ではないですね。

勝たせたい選手に有利に働くようですね(いまさら言うことでもないか?)。
個人的には格闘ゲームのハメ技宜しくクリンチ&膝ばっかりになったらK−1は存在意義を失うと思うんですよね。
まずお互いに打ち合うことを前提とした競技ルールにするべきだと思います。
膝がないと突き詰めていけば試合はパンチ中心に進むと思うんですね。
膝があればそれを警戒して迂闊に入り込めないから、
ちょっと遠めの間合いになってキックが必要になると思うんですがどうでしょう?

あとは暗黙のルールで最終Rは首相撲無しでガチンコの打ち合いにするとか。
首相撲からの膝はダメージを与えることのみが目的で攻勢点に入れないとかあると思うんですが、、、
あくまでK−1の枠組みでのルールですがね。

(無題) 削除/引用
No.11-2586 - 2004/04/17 (土) 01:07:33 - ν
>[Re:2580] 孔明さんは書きました :
> ただ、今のどっちつかずのMAXに問題があることは事実です。
> ルールがはっきりしていない、ルールに沿っていない競技では見ている方も、選手も何を基準に観たり、戦えば良いのでしょう?
> それを明確にK−1サイドが打ち出してくれさえすれば納得がいくのです。

2月24日の大会も会場に足を運んだのですが、リザーブファイトのTOMOvs松本で、松本が首相撲に対して掴みの注意を受けてから、調子を崩して負けました。注意を受けるまで、パンチと首相撲からの膝で押してました。
その後の試合では、コヒが首相撲からの膝で優勢に試合を進めて行きました。レフリーによってルールの認識が違うので、選手としては納得行かないのではないかと思いました。K-1は、全ての選手に対して公平ではないですね。

>こんな曖昧な形でメジャー化?しようとしているので結局会場に観に来ているのは、女・子供だ。結局判定に対するブーイングも無く、全く別世界。けして女・子供が悪いと言っているのではありませんが、個人的な理想はスーツ姿のサラリーマンだらけの黒っぽい会場です。(笑)

他の団体でもレフリーによって首相撲の長さが変わったり、曖昧な部分は有りますよね。でも、K-1が民放で放送されるほどのメジャーな物になっているから問題なのかもしれません。
自分は、K-1のレフリーやジャッジを含めて、主催者側が競技を理解してないと思います。レフリーやジャッジを務める人は、レフリーの認定試験を設けてクリアした人間を採用したら良いと思います。本当は、各ジムのコーチにも、コーチ認定試験を課した方が良いと思いますが。自分の見たところ、和田良覚とUFCのビッグ・ジョン・マッカーシーが、良いレフェリングをしてると思います。武蔵や中迫が引退してレフリーをする時代が来たら、競技として成熟するのではないかとも思います。その時に、角田等の圧力がかからなければ良いですが。
先日のクラウスの試合で、会場の1階席の大勢のファンが、クラウスの勝利を喜んでました。あれは、悲しかったですね。自分も先日のクラウスの試合に対して、会場でブーイングを飛ばせる大人のファンが増えて欲しいと思います。

(無題) 削除/引用
No.11-2585 - 2004/04/17 (土) 01:07:11 - 館林見晴
>[Re:2571] コブラさんは書きました :
> 「首相撲を認めれば、必然的にKO決着は激減する。KOを見せる
> MAXに首相撲はいらないのだ」こんな記事を書いている茂田浩司
> って人は、何年格闘技を観戦してきたのでしょうか?

まあ、たしかに首相撲&膝の技術のない選手同士がやりあえば単なるクリンチ膠着だな。
首相撲&膝がないから緊張感のないクリンチによる逃げが横行するわけだ。
発端はフランス大会での成功とイグVSフィリョだったか、、、?
アレは確かにイグが組みつきすぎだった。
そこを完全(ほとんどか?)禁止にしたのが間違い。
膠着しすぎな試合にはレフェリーがブレイクなり警告なりして選手を打ち合わせるべき。
サッカーでも試合が荒れればカードのでる基準は厳しくなるもの。
いい意味で審判は試合をコントロールする義務があるはずだが、、、
実際は悪い方にコントロールしていますね。

あとK−1ルール=スタンダードはFUCKな傾向だと思う。
キックの選手がK−1に上がれば上がるほどK−1が主流になるのはねぇ、、、
武田にしろ結果的にはK−1優位を示す噛ませ犬にしかなってないし。

野良犬 削除/引用
No.11-2584 - 2004/04/17 (土) 00:39:18 - ID
ヴァシコバにダウン取られた後、猛攻を見せ何発もパンチ当てたのに倒せなかった。それが悲しかった。2年半ぐらい前はあれでスカボロスキーもテーパリットも倒れてたのに・・・
あと特別ルール。ヒジはともかくヒザは解禁した方がいいのでは。
白鳥−山本戦見てそう思った。

野良犬 削除/引用
No.11-2583 - 2004/04/17 (土) 00:01:40 - I
僕は野良犬の腫れ上がった顔に悲しさを感じました・・・

野良犬 削除/引用
No.11-2582 - 2004/04/16 (金) 23:05:24 - も
今日、後楽園から帰ろうとしたら、野良犬の父が
一人寂しく出口の階段に座っていた。悲しい、、、

(無題) 削除/引用
No.11-2581 - 2004/04/16 (金) 22:46:01 - 船越
自分は気にしていないので、孔明さんもあまりお気になさらず。

>[Re:2579] ノブ ノブタさんは書きました :
> どうでもいいけど、スポナビにある西山VS吉本の試合。
> 勝ち方の欄にある“ムーンサルトプレス→片エビ固め”・・・ってなんじゃそりゃ?

下記のページを見ればわかりますが、先日行われた全日本プロレスにおける小島vs荒谷の試合結果と同じです(試合時間まで)。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/200404/13/index.html

たぶん、速報記事作成の際、チャンピオン・カーニバルの速報から試合結果一覧をコピペしてきて、西山vs吉本戦の試合結果だけ正しく書き換えるのを忘れたのでしょう。コンピュータで文書を作成していると、ありがちなミスです。

みなさんのご意見から 削除/引用
No.11-2580 - 2004/04/16 (金) 21:51:44 - 孔明
思わぬ方向に向いてしまって。。
船越さん、コブラさん、すいません。
ただ、今のどっちつかずのMAXに問題があることは事実です。
ルールがはっきりしていない、ルールに沿っていない競技では見ている方も、選手も何を基準に観たり、戦えば良いのでしょう?
それを明確にK−1サイドが打ち出してくれさえすれば納得がいくのです。
それがルールです。こんな曖昧な形でメジャー化?しようとしているので結局会場に観に来ているのは、女・子供だ。結局判定に対するブーイングも無く、全く別世界。けして女・子供が悪いと言っているのではありませんが、個人的な理想はスーツ姿のサラリーマンだらけの黒っぽい会場です。(笑)

小林が 削除/引用
No.11-2579 - 2004/04/16 (金) 21:44:45 - ノブ ノブタ
マタ、負ケタ・・・。準決で大月に負けるんならまだしも、サトルに。
今度こそ本当にヤバイんじゃないか。

どうでもいいけど、スポナビにある西山VS吉本の試合。
勝ち方の欄にある“ムーンサルトプレス→片エビ固め”・・・ってなんじゃそりゃ?

首相撲からの膝蹴りについて 削除/引用
No.11-2578 - 2004/04/16 (金) 20:13:58 - 船越
まず誤解しないでいただきたいのですが、「膝蹴りの威力なんて大したことない」とか「MAXの方がキックより上」なんて無茶なことは思っていません。
また、これはたしかに誤解されても仕方がない書き方でしたが、実は、「MAXは首相撲に対する制限を厳しくすべき」とも思っていません。
茂田氏の主張の「(K-1ルールでは)首相撲を制限した方がKO率が上がる」という部分に対して、「その可能性が高いのでは」と同意しただけで、「だからKO率を上げるために首相撲を制限すべき」かどうかは、また別の話だと思っています。

>[Re:2575] コブラさんは書きました :
> 小比類巻が膝の連打でダウンを奪ったシーンをもうお忘れですか?

ヨーロッパでは、ムエタイや日本のキックのようなスタイルの経験が浅く、いわゆるK-1スタイルのみに適応した、パンチは強いけれど首相撲に対する適応力はあまりない選手もいますよね(もちろん、それらに適応した強い選手もいますが)。小比類巻と対戦したバリッシャは、首相撲の苦手なタイプに見えました。
現在は過渡期なので、バリッシャのようなスタイルの選手からは膝蹴りでダウンを奪えても、いずれ「K-1でも首相撲の技術が必要」という認識が浸透すると、首相撲からの膝に対する防御技術が向上し、KOが減るのではないかと思ったのです。
コブラさんもおっしゃるように、かつてヘビー級のK-1でも、アーツが首相撲からの膝でKOの山を築きましたが、研究されてからはすっかりKOが減り、むしろ首相撲から膠着する展開が増えたので。
(肘打ちが禁止されていなければ、そうならないのでしょうが)

> 一度、新日本キックのアマチュアの大会を観に来て下さい。無料で観れます。ルールは割とK−1に近く、肘は禁止で・首相撲は有り(顔面への膝は無し)です。
> このルールにも関わらず、一番ダウンやKOに繋がるのは、首相撲からの膝蹴りなんですよ。自分が主張したいのは「無くすよりも逆にもっとK−1の選手達に首相撲を練習させるべき」って事です。
> 例えば、クラウスやザンビはパンチで攻めますが、ハードパンチャーにはホールディングする選手は多いです。その対策としてパンチが得意な選手達は、間合いが詰まったらすぐに膝を出すべきです。
> 膠着を無くしたいのなら、「全ての選手に公平に」ホールディングを
厳しくとればいいだけだと思いませんか?全ての選手に公平に。

なるほど、一理ありますね。たしかにおっしゃるとおりかもしれません。新日本キックのアマチュア大会についてもご教示ありがとうございます。いずれ機会があれば観戦してみたいと思います。

> ああ、知らないのですね。「知らぬが仏」という言葉もあることですしK−1が大好きな船越さんは、知らない方がいいと思います。今は。

どうもファーストコンタクトの印象が最悪だったせいで誤解されているようですが(あの投稿はたしかに自分の方に非があったと反省しています……)、別に自分は「K-1大好き・K-1に対する批判は許さない」人間ではありません。たぶんコブラさんはごらんになっていないでしょうが、K-1ヘビー級のスレッドでは、K-1に対して批判的な投稿もしています(というか、最近は批判的な投稿しかしていません。哀しいことですが)。
ちなみに、キックも嫌いではありません。といっても、TVでしか観たことはありませんし、K-1や総合に比べると疎いのはたしかですが。
そんなわけで、どうかレッテルを貼らずに発言の内容を吟味していただくようお願いします。

> それとも、ここに不愉快になる「真実」を書いた方がいいですか?

それが「真実」であるならば、自分は別に不愉快になることもありませんし、他の読者の方にとっても興味深い話でしょうから、ぜひ教えてください。
(ただ、明確な裏付けのある話でなければ、管理者である井原さんに「誹謗中傷」とみなされ、投稿が削除される可能性はありますが)

> 別のスレッドかメールにしますか?

公の場にメールアドレスを公開する度胸はないし、他のスレッドでいきなりこの話題を出されても、こちらのスレッドをごらんになっていない読者が迷惑するかもしれないので、できればこちらのスレッドでお願いします。

首相撲もル−ル 削除/引用
No.11-2577 - 2004/04/16 (金) 18:21:41 - na
首相撲もル−ルの中の一部、シュ−ト見たいに投げられると意味がないですね
ル−ルの中で勝ってこそ意味がある 魔娑斗はムエタイル−ルでも敵なしです センス 研究 努力 全て違います

魔娑斗にKO負けした現役ムエタイ王者がスロ−モ-ションに見えましたね 魔娑斗自身も現役ムエタイ王者の遅さに驚いていましたから

  

まったくですね。 削除/引用
No.11-2576 - 2004/04/16 (金) 16:56:10 - ある元選手
おっしゃられる通りだと私も思います。首相撲からの膝、出入り際のテンカオなどはともて強力な攻撃です。パンチに膝をあわせるのは基本的技術のひとつですし、組み付かれてパンチが出せないのは首相撲に対応できる技術が無いからだと思われます。首相撲が苦手ならそういった作戦で戦えばよいわけで、得意な人はそれにあったスタイルや作戦で戦うと思います。KO率が低かったからその原因を首相撲をくっつけて考えるのはそもそもナンセンスだと私は思います。MAXがパンチやアグレッシブポイントを重視してジャッジをしていると思われますが(それ以外の不明瞭な要素がK−1では見え隠れするように私には見えまが・・・)
、そもそもKOは様々な攻防の結果のひとつとしておこることで、それだけで試合、または興行の評価を下すことは如何なものかと思います。もちろんお客様が見ていて満足できることがとても重要です。しかし昨今の観客は目も肥えていますので選手の真剣なファイトと客観的に公平なジャッジを求める方も徐々に多くなっているのではと感じます。エンターテイメントとしての興行を成功させることは重要だと思いますが、トーナメントの途中でルールを改訂しては公平とは言えません。そのようなことをすると特定の選手を有利にする為のえこひいきだと思われかねません。K−1は解説者やアナウンサーを変えたほうが良いのではと思ってしまうことも良くあります。様々なジャンルの選手が実力をはっきして戦えるようなルールとジャッジであればと願います。よくわからない文章ですみません。あくまで私の主観ですのでどうかご容赦ください。

バトル三昧の記事 削除/引用
No.11-2574 - 2004/04/16 (金) 14:44:07 - 井原@BoutReview編集部
>[Re:2569] とらとらさんは書きました :
> ここでスポナビの記事を取り上げるのは心苦しいところですが、先日の
> MAXで一番の問題であったジャッジのことについて書いてます。
> http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/column/200404/at00000204.html

厳密に言うと、iモードの「バトル三昧」からスポナビが買って転載している記事ですね。

> バウレビさんでも批判するためではないが関心の高いことについてこういう
> 記事を書いてくれるといいなぁと思ってます。忙しくて無理かな。

魔裟斗戦とクラウス戦の各ラウンドの点数は翌朝の速報版で載せました。おそらくそれを載せたのは本誌が一番最初で、他媒体はその後も載せてないと思います。今度載るとすれば格通ぐらいでしょう。
今回のMAXについては細かくツッコむ時間が無かったのですが、ジャッジで議論を呼んだ試合については、こういう切り口の記事を書いたり、各ラウンドの点数を載せたりしています。
ざっと思い付くところでは、去年のMAX世界大会の魔裟斗×ザンビディスもそうですし、去年8月のPRIDEのノゲイラ×リコとか、最近ではパンクラスの佐藤光留×中西裕一でやりました。

はっきりとアピールしてませんが、本誌では読者からの投稿コラムもひそかに募集しています。報酬は出せませんが、ジャッジに関して面白い投稿があればちゃんとした形で載せたいです。

(無題) 削除/引用
No.11-2573 - 2004/04/16 (金) 13:32:53 - 船越
>[Re:2571] コブラさんは書きました :
> 「首相撲を認めれば、必然的にKO決着は激減する。KOを見せるMAXに首相撲はいらないのだ」こんな記事を書いている茂田浩司って人は、何年格闘技を観戦してきたのでしょうか?
> 首相撲からの膝蹴りが、どれほど凄まじい殺傷力を持っているのかまるでわかっていないみたいです。

MAXで首相撲に対する制限を緩めると、KO率が下がること自体はおそらく本当ではないでしょうか。
キックボクシングでは、首相撲の際に肘打ちと膝蹴りの両方に対処しなければならないが、肘打ちが禁止のK-1ルールでは、膝蹴りに対する防御のみに集中できる(体をぴったりと密着させれば膝蹴りの威力を殺すことができる)ので、首相撲は膠着につながりやすい、という説を雑誌で読んだ記憶があります。

> そういえば茂田浩司はゴン格で「キック界もK−1ルールでやるべきだ」なんて書いてました。首相撲を排除するよりも、こういう電波マスコミを排除するべきです。

「キック界もK-1ルールでやるべき」はたしかに暴言ですね。
肘打ちや首相撲を含めた技術の攻防が見られるキックと、それらが
制限されている代わりにKO率の高いMAXは、どちらが上ということもなく別物ですから。

> ただMAXは「現段階では」選手は真剣なので格闘技に入りますが…。
> このような書込みは、本来ヘビー級のスレッドに書くべきなのでしょうが
> あれには全く興味が無いので、こちらに書かせて頂きました(失礼)。

全く興味が無いものに対して、どうやって「選手が真剣ではない」と判断されたのでしょうか? 最近のK-1ヘビー級には、運営が杜撰だったり不正を疑いたくなるような試合が少なからず含まれるのは本当ですが、選手が真剣にやっているという点では変わりはないと思いますよ。
かりに不正があるとしても、すべての試合が不正試合というわけではないでしょうしね。

コブラ様 削除/引用
No.11-2572 - 2004/04/16 (金) 11:14:58 - 孔明
プロレスとも違うと言うご意見、同感です。

私も、茂田氏の発言には以前とはいえ格闘技を扱っていたものとして
非常に恥ずかしい。昔佐山聡氏が「擬似真剣勝負」の話をして下さいましたが、今のMAXの関係者はこの感覚です。
今の選手は本当に真剣です。いい選手も多くいます。
ファンが望んでいる(少なくともここにスレする方はそうだと思いますが。)
ことは誰が勝つかでは無く、どんな戦いが見れるか!なのだと思います。

こんな状態が続くのでは、選手も去ってゆくでしょう。
賞金だけ貰って楽しめる割り切った頭のいい奴だけが残るでしょう。(これも考え方ですから悪いとは思いませんが)

確かに安全面は大切ですね 削除/引用
No.11-2570 - 2004/04/16 (金) 08:55:25 - 孔明
確かに、安全面を考慮すると明らかにレフリーの判断だけでは不十分で
そのためのドクターチェックがあったりするのですが。スポナビは拝見した上で今回のコメントを載せました。
しかし、あの場面を再確認する限りバンナVSホースト戦の状態とは程遠いと感じます。あくまで個人的見解ですが。。
不正と判断しているというよりか、今までの観戦経験からこのような一貫性の無いジャッジは思いあたらないので。
仮にレフリーの勘違いだとしてもあの場で確認はすぐに出来ますし、それをしなかったということにあの大会での権限の問題があるのではないでしょうか。
この試合のポイントは1・2Rまでのポイント差(結果は三者コヒですが。)にあり、明らかにポイントで負けていたコヒを勝たせるためにはKOしかなかった。その結果KO勝ちを誘発するような判断をしてしまったのではないでしょうか。
逆にコヒとバリッシャが逆であった場合まず起こりえないジャッジでしょう。
根本に‘コヒを勝たせる’という考えがあったために起こったしまった不可解なジャッジだと私は考えます。

つまり 削除/引用
No.11-2569 - 2004/04/16 (金) 00:50:41 - とらとら
>リング上にレフリーの権限は全く無く、‘明らかに場外からの指示’‘イヤホン’でレフリングをしていることは明確であります。
これが
>まだ、MAXはこれからなのにすでにk-1ヘビーと変わらぬ見世物になってしまったことが本当に残念でならない。
こうは繋がるとは限らないということですよね。私もそう思います。
ここでスポナビの記事を取り上げるのは心苦しいところですが、先日の
MAXで一番の問題であったジャッジのことについて書いてます。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/column/200404/at00000204.html
後編で何について書くのかわかりませんが(30-27かな?)、興味深いです。
バウレビさんでも批判するためではないが関心の高いことについてこういう
記事を書いてくれるといいなぁと思ってます。忙しくて無理かな。

長々と書くと誰かさんに文句言われるのでこの辺で。

(無題) 削除/引用
No.11-2568 - 2004/04/15 (木) 23:19:10 - 船越
>[Re:2564] 孔明さんは書きました :
> レフリーは一旦試合を始めようとしていた直後ゴングが鳴り本来ならば判定へと移行するはずが、ノックアウトとの場外コールを聞き慌てて、コヒの手を上げたのです。しかし更にその後3R終了のゴングとの説明があり判定となった。
> つまり、リング上にレフリーの権限は全く無く、‘明らかに場外からの指示’‘イヤホン’でレフリングをしていることは明確であります。
(中略)
> すでにプロレスと何ら変わりありません。
> スレを分けるとの話がありますが、このHP自体で扱ってはいけないと思います。

リングドクターの中山医師の著書によると、バンナvsホースト戦(バンナのパンチでダウンを喫したホーストが、危険な状態にあるにもかかわらず、レフェリーが試合を続行してしまった)をきっかけに、レフェリーを経由せずに、ドクターストップのゴングを要請する権利が与えられているそうです。
また、セコンドがタオルを投入した場合も、レフェリーがそのことを確認する前に、ゴングが鳴らされていたのではないかと記憶しています。
レフェリーの判断力が絶対正しいとは限らない以上、これらは、選手の安全を守るという意味で妥当な措置だと思います。

あの試合も、3ラウンド終了のゴングを、ドクターストップかタオル投入によるゴングと勘違いしただけなのではないでしょうか。そうだとしたら、「レフェリーの判断ミス」であって(それも批判さるべきことではありますが)、おっしゃるような不正ではなかったことになります。
お気持ちは痛いほどわかるのですが、不正が行われたという確実な証拠がない限り、そのような批判を行うことは穏当ではないと思います。

レフェリー 削除/引用
No.11-2567 - 2004/04/15 (木) 22:39:36 - マイペンライ
確かに選手のレベルは格段に上がっているのにそれを裁くレフェリーのレベルは上がらないですね。
レフェリーがどれだけのギャランティーを貰っているのか知りませんがギャラが上がったら少しはレベル上がりますかね?
国際式の外国人レフェリーなどは弁護士だったり税理士だったりと社会的地位の高い人が多いと聞きます。それで世界戦のギャラとかも交通費と食事代程度だと聞いた覚えがあります。(サッカーのコッリーナ審判も税理士だったと思います)
選手だったらファイトマネーが上がれば良い選手も出てくるでしょうがレフェリーは同じようにはいかないでしょうね。
現状でまともだと思えるレフェリーが居ないのでやはり育成機関も設けられないでしょう。う〜ん、難しい問題ですね。
2332件 ( 61 〜 80 )  |  1/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. /117 [ ▼降順 | ▲昇順 ]



パスワード

※プロクシサーバー等経由での投稿はできません。


キーワード  曖昧検索