Home > TOPICS > セミナー > 平直行 やわらぎサムライメソッドセミナー レポート:2.26 福岡

平直行 やわらぎサムライメソッドセミナー レポート:2.26 福岡

 格闘技界にて伝説的な実績を残し、現在はレフェリーとして各団体で活動して、尚且つ武術家として高名な平直行氏による「SAMURAI METHOD やわらぎ サムライメソッド やわらぎ福岡セミナー」が2月26日(日) 福岡・レンタルスペース ヨカラボで行われた。(記事提供:FIGHTERS SPIRITS Magazine)

 今回の開催は九州で4回目となり、参加者も過去にセミナーを受けている者、医療関係者、武道家、体の不調を改善したい者から、平氏に直接会ってみたいという格闘技ファンなど、多くの参加者が集った。
 第一部では骨絡調整術が行われた。これは便利になった現代において本来動かす物を動かさないことによる体の不調を、骨を動かすことにより奥の筋肉を使うことで、普段は使っていない角度から筋肉を使わせることで体の機能を改善する内容。その中で格闘技のアームロックを使った骨を動かすなど、通常では発想が得られない内容に参加者から感嘆の声が漏れた。
 施術を行う場合でも、術者の体が緊張し固いと、施術を受ける側も気持ちよくない。術者も動きをゆっくりと行うことで、術者自身の体も良くなるなど、まさに合気道に通じるものである。骨を取ることが出来ることは、相手を倒すことも、治すことも出来る表裏一体であると平氏は説いた。
 一番強い動きは柔らかい体が出すことが出来る。脱力が重要であり、武道における形とは、当てるための物でなく、一番強く力を出せる動きを学ぶためであり、ストレッチなどでも捻じる動きを取り入れることで、効果が出る。それらは昔の人たちが使っていた奥の動き。骨はあるものだから、捉えることが出来る。それらを動かすことにより、体の悪いところが出てくる。ある流派の奥義であり、それを後から知った平氏は、みんな行きつく先は同じである。と説いた。
 第一部終了後の休憩では、平氏の書籍を購入が出来、多くの参加者が購入し、平氏がサインをし、記念撮影などファンサービスを行う場面も見られた。



 第二部からはトレーニングとして行う骨の動きであったが、護身術とは、あらゆるポジションから逃げるためにあるものであり、骨を回転させて、繋げることでパワーが出る螺旋の動きのテーマであった。上下、左右で柔と剛の対極の体の使い方を行うことで、姿勢が良くなり、それは現代のトレーニング理論では想像がつかない、出来ない物であるが、ムエタイなどでも同じ動きがある。しかし、その動きを理解していないと時間の無駄。護身術の形とは体の動きを覚える為にあると平氏は説いた。
 その中で力を抜く、抜きが重要であり、柔らかいと筋の繊維の流れが分かる手が出来る。心の落ち着きが無いと、それらが出来ない。オリンピックレベルのレスリング選手など、一流のアスリートなどでも、同じ動きが出来る者がおり、これらの動きは活法、殺法でも同じ、まさに表裏一体であると説いた。
 最後に、これは第1回目から平氏が言われた事であるが、一日では全てを教えることが出来ない。最低5回は必要。今回で4回目、ぜひ5回目となる九州の開催を期待したい。

Home > TOPICS > セミナー > 平直行 やわらぎサムライメソッドセミナー レポート:2.26 福岡

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JTクラブジム
JR東海道本線「沼津」徒歩5分
入会時「バウレビ見た」で特典付!キックボクシング8冠王・土屋ジョーが直接指導!老若男女国籍、全て不問!

さらに詳しく

習志野ジム・スポーツクラブ
京成線「八千代台」徒歩2分
キックボクシング、総合格闘技(修斗)を指導。女性フィットネスクラス、小学生クラスも設置。「運動なんてここ数年したことがない」という初心者も大歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ