Home > REPORTS > ZST > 伊藤盛一郎、逆転勝ちでフライ級王座初防衛。柏崎剛は一本勝ち:8.23 有明

伊藤盛一郎、逆転勝ちでフライ級王座初防衛。柏崎剛は一本勝ち:8.23 有明

  • ZST
  • 更新・2015-08-23 (Sun)22:50
ZST.47
2015年8月23日(日) ディファ有明
  レポート&写真:井原芳徳


第11試合 メインイベント ZSTフライ級タイトルマッチ 5分3R
○伊藤盛一郎(リバーサルジム横浜グランドスラム/王者)※初の防衛戦
×矢島雄一郎(禅道会新宿道場/挑戦者)
3R 3'51" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)
※伊藤が初防衛

 2月に八田亮を破り王者となった伊藤が初防衛戦。1R、スタンドの攻防で、伊藤が押し込んだ状態で放った膝がローブローになり、一時中断。その後もスタンドの打撃戦が続き、終盤に差し掛かったところで矢島のジャブ気味の左ストレートで伊藤がダウンする。伊藤のダメージは小さく、すぐスタンドに戻るが、蹴りの応酬で伊藤の左の前蹴りが矢島の股間に直撃。矢島のダメージは大きかったが、5分近くのインターバルが設けられ、矢島は回復し、残り40秒のため軽い打撃戦のままラウンドを終える。ダウン分で矢島がポイント先取か。
 2R、伊藤がパンチを放ちながら組み付いてテイクダウンを先取しパウンドを落とすが、矢島はすぐ脱出するとテイクダウンを奪い返し反撃する。だが中盤過ぎにも伊藤がテイクダウンを奪い、今度はしばらくトップをキープ。主導権を握る時間の長い伊藤がポイントを取り返す内容に。
 だが3R、序盤から矢島が左ジャブを当て、伊藤に倒された後も下からアームロックを仕掛けて立ち上がり反撃。その後も左ジャブを当て、伊藤を苦しめる。だが後の無くなった伊藤は、打ち合いに応じると、矢島をコーナーに詰めて右フックをクリーンヒットしダウンさせることに成功。見事逆転すると、タックルに来た矢島を潰してパウンドを一気に畳みかけ、矢島の動きが止まったところでレフェリーストップがかかった。



 苦しみながらも初防衛に成功した伊藤は「インタビューではちょっと生意気なこと言いましたけど、ZSTフライ級を長年支えてくれた大先輩の矢島選手に勝ててうれしいです。これからは僕がZSTフライ級しっかり引っ張って、日本の一番の団体と言われるようZST盛り上げるんで安心してください」と矢島に敬意を表し、「ZSTフライ級のベルトを狙っている選手が何人かいると思うんですけど、判定勝ちしているようじゃまだまだなので、もっと経験積んで上がってほしいです。あんま舐めないでほしいです。やるからには徹底的に叩き潰します」と、坂巻魁斗ら他のフライ級勢を挑発した。


第10試合 セミファイナル バンタム級 5分3R
○柏崎 剛(K-PLACE埼玉格闘技道場/ZSTバンタム級王者)
×ティレル・ホーガン [Tyrell Hogan](オーストラリア)
2R 3'05" チョークスリーパー

 5月大会で藤原敬典を破りタイトルを獲得した19歳の新鋭・柏崎が初の国際戦。ZSTの前身のリングスで活躍したクリストファー・ヘイズマンの推薦するオーストラリア人と対戦した。1R、柏崎はホーガンのローキックをつかんで組み付いて倒すと、上からパウンドを落とす。リーチの勝るホーガンの顔にパンチが届きにくく、逆にホーガンのパンチをもらう場面もあった柏崎だが、しぶとく落とし続けるとホーガンの動きが落ち、終盤にはサイドポジションを取る場面も。
 2R、最初のホーガンの右アッパーはもらってしまった柏崎だが、再び右アッパーが飛んでくると、タイミングを合わせてタックルを仕掛けテイクダウンに成功。コーナー付近で相手を潰してパウンドを落とし、ハーフからマウントへ移行。パウンドラッシュで弱らせると、最後はバックからチョークを極めた。
 柏崎はマイクを持つと「チャンピオンとして強さを見せる試合ができたと思います。本戦に出てる選手に一言。格闘技、遊びじゃないんで、もうちょっと本気になってください。てっぺんで待ってます」と、公開練習の時同様に、他の選手たちの奮起を促した。なお、昨年5月に柏崎と対戦し時間切れ引き分けに終わっている上田貴央(パラエストラTB/GSA)は、第5試合で一本勝した後、柏崎の王座挑戦を希望するマイクアピールを繰り広げている


第9試合 フライ級 5分2R
○坂巻魁斗(BRAVE GYM)
×木内崇雅(和術慧舟會GODS)
判定3-0 (20-18/20-18/20-18)

 木内は下になって腕十字やアームロックを狙い、坂巻が上からパウンドを落とす展開が繰り返される。1R中盤、木内はアームロックを仕掛けながらリバースに成功するが、なぜかすぐ立ってしまいチャンスを逃す。その後も坂巻がパウンドを落とし、2Rにはアキレス腱固めも狙い、主導権をキープして完勝。試合後のマイクでは自分のことを語らず、大ファンであるAKB48の島崎遥香さんのTwitterと11月公開の主演映画のアピールを繰り広げた。


第8試合 フェザー級 5分2R
×内田龍介(グランドスラムKREW)
○ティム・ゾシュ [Tim Zosh](オーストラリア)
1R 3'33" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

 スタンドの展開で、内田がゾシュに右ストレートを当て、パンチと膝のラッシュでゾシュを追い詰める。ゾシュは鼻血を出しながらも耐え続けると、内田は攻め疲れを見せ始める。すると動きは荒いもののパワーで勝るゾシュが、打ち合いで右ストレートをクリーンヒット。ダウンした内田にパウンドを連打して逆転勝ちに成功した。


第7試合 GTルール(グラップリング) バンタム級 5分2R
○牧野仁史(リバーサルジム東京スタンドアウト)
×ホブソン・タカノ [Robson Takano](ブラジル/DAMM FIGHT JAPAN)
2R 2'56" ヒールホールド

 1R、互いにグラウンドに引き込んでからの主導権争いの後にスタンドに戻る展開が続くが、終盤に牧野が引き込んでからヒールホールドを極める。タカノは体を回転させてロープ際まで逃げて防御したが、これで手応えを得た様子の牧野は、2R中盤にも同じパターンをさらにスピードを上げて成功させ、速攻でタップを奪取。試合後のマイクでは10月のZST主催の全日本グラップリング選手権での必勝を誓った。


第6試合 ライト級 5分2R
○藤巻 優(パラエストラ小岩)
×伊澤寿人(和神会)
1R 3'27" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)
※伊澤が計量900gオーバーでイエローカード2枚

第5試合 バンタム級 5分2R
○上田貴央(パラエストラTB/GSA)
×久保慎太郎(グラアカMMA)
1R 4'34" アームロック

第4試合 フライ級 5分2R
○田村 淳(拳心會)
×二之宮徳昭(X-ONE GYM 湘南)
1R 2'17" KO (スタンドパンチ連打)

第3試合 バンタム級 5分2R
×鈴木廣二(MSD護心道)
○平田純一(STL-OFC)
1R 3'59" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

第2試合 フェザー級 5分2R
○太田洋平(Brightness)
×川村 謙(リバーサルジム東京スタンドアウト)
2R 2'10" 腕ひしぎ十字固め

第1試合 バンタム級 5分2R
○野沢零羽(和神会)
×貫井義規(総合格闘技武門會)
2R 1'20" チョークスリーパー


ZST CHALLENGE


第10試合 バンタム級 5分2R
◯坂野周平(マルワジム横浜)
×高橋拓也(ストライプル取手)
2R 2'56" アームロック

第9試合 フェザー級 5分2R
◯真鍋朝行(Nexusense)
×手島和彦(総合格闘技GROW)
1R 2'15" 三角絞め

第8試合 フライ級 5分2R
△朝日向大貴(ストライプル取手)
△佐々木洋(マルワジム横浜)
時間切れ

第7試合 バンタム級 3分2R
△谷川 啓(骨法烏合会矢野卓見道場)
△鷲山 亨(禅道会横浜総本部)
時間切れ

第6試合 フライ級 3分2R
◯飯盛将大(トイカツ道場
×鈴木崇人(総合格闘技GROW)
2R 0'26" ストレートレッグホールド

第5試合 グラップリング ライト級 5分2R
△篠宮敏久(綱島柔術)
△佐藤公紀(OFC)
時間切れ

第4試合 グラップリング フライ級 3分2R
△長谷部悠(リバーサルジム新宿 Me,We)
△宮國 要(アラバンカ柔術アカデミー)
時間切れ

第3試合 グラップリング ウェルター級 3分2R
△後藤拓麿(草柔会仙台)
△小島祥雄(マスタージャパン)
時間切れ

第2試合 グラップリング ライト級 3分2R
◯中根 高歩(和術慧舟會GODS)
×井河 寿雄(ドラゴンテイルジム)
1R 0'50" アンクルホールド

第1試合 グラップリング バンタム級 3分2R
◯鶴巻陽司(AXIS柔術アカデミー)
×小岩丈人(ストライプル取手)
1R 0'22" 膝十字固め

Home > REPORTS > ZST > 伊藤盛一郎、逆転勝ちでフライ級王座初防衛。柏崎剛は一本勝ち:8.23 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について