Home > REPORTS > X-TRA! > 駿太、ラジャダムナン王者とドロー

駿太、ラジャダムナン王者とドロー

CROSSPOINT presents X-TRA!
2008年9月15日(月) ディファ有明
 駿太はWBCムエタイルールでラジャダムナン現役王者のトーン・ルークマカームワーンとドロー。駿太の自己評価は低かったが、テクニックの高さを示す内容だった。

第2部 WBCムエタイルール



第4試合 メインイベント フェザー級 3分5R
△トーン・ルークマカームワーン(タイ/ラジャダムナン・スーパーバンタム級王者、WBCムエタイ同級3位)
△駿太(谷山ジム/WMAFフェザー級王者)
判定0-1 (大澤48-48/ロバート47-49/櫻井49-49)

 駿太は1Rから右ローを何発もヒットし、手数で先手。1Rは様子見の雰囲気だったトーンだが、「KOを狙っていた」という左の肘打ちで2Rから前へ。駿太をぐらつかせる場面も。右ローや右ボディストレートも使い、3Rまで優勢に試合を運ぶ。
 だが駿太もトーンの肘のタイミングを次第に読むようになり、膝と両手で距離を作り防御。逆に肘で応戦してみせるように。ローも当てつづけると、終盤はトーンがバテてくる。5Rには駿太が右ストレートやアッパーもヒットさせ優勢。ポイントを取り返し、ラジャダムナンの一階級下の現役王者から殊勲のドローをもぎ取った。

◆駿太「1Rは相手が出てこなくてポイントを取ったと思うけど、2〜5Rはずっと微妙に押されていた。負けたような感じ。ローキックはパチーンといい音は鳴るけど、何気にカットされているので効いていないんじゃないか。相手はラジャダムナンのチャンピオンだけど、こっちのルールは初めてで慣れていない。自分の見解では(WBCムエタイルールは)キックルールと変わらない。いつも課題に感じるのは自分の体力の無さ。スタミナを超えたところで攻撃を出せるようにならないと」

◆トーン「終わったときは自分が勝ったと思った。全ラウンドのポイントを取ったと思う。(駿太の攻撃で効いたのは?)ローが痛かった(※インタビュースペースに移動するときも足を引きずっていた)(駿太の印象)タイ人とリズムとタイミングが違うのでやり辛かった。攻撃しようと思うとすぐに逃げてしまう。タイでもある程度通用するだろうが、タイのルールならまだトップレベルの選手に太刀打ちできない。(インターバルがタイの2分と違い1分しか無かったことは?)凄く疲れた」


第3試合 セミファイナル バンタム級 3分5R
○炎出丸(クロスポイント吉祥寺)
×ディンプーン・チューワッタナ(タイ)
判定3-0 (櫻井49-48/小川49-48/ロバート50-48)

 2Rこそディンプーンの首相撲からの膝につかまった炎出丸だったが、1Rから当てつづけた右ローで、3R以降は主導権を維持し完勝した。


第2試合 スーパーライト級 3分5R
○菅原勇介(TARGET)
×ウメ・KRSジム(JMC横浜ジム)
3R 2'30" TKO (レフェリーストップ:右ストレートでダウン後)

 タイでしか試合経験が無いウメは。ムエタイのリズムで序盤はゆっくりと始動。だが菅原のローキックの餌食に。3Rに菅原が右ローの連打でダウンを奪い、最後は右ストレートでダウンしたところでレフェリーがストップした。


第1試合 (株)JMC提供試合 女子ミニフライ級(肘無し) 2分5R
×ジェット・イズミ(フリー)
○岡田敦子(RAPTURE KING)
判定1-2 (斎藤48-50/小川50-48/梅沢48-49)

 過去2度戦っている両者は、しばらく慎重な攻めを続けたが、3Rに入ると岡田の右前蹴り、左ジャブのヒットが増えるように。4R以降はジェットも膝蹴りで反撃するが、5Rには岡田が左ストレートで数度ジェットをのけぞらせる。互いに相手を圧倒するラウンドは無く、膝とパンチの手数の評価でジャッジが割れたが、岡田に軍配。ジェットとの対戦成績を2勝1分とした。


エキシビジョンタッグマッチ 2分2R
-HAYATO、スネーク加藤、増田博正
-伊藤 隆、山口元気、ランバー・ソムデート・M16
勝敗無し
※レフェリー:植松直哉


第1部 R.I.S.E.ルール



第7試合 メインイベント 70kg契約 3分3R(延長1R)
○池井佑丞(クロスポイント吉祥寺/R.I.S.E. DOA TOURNAMENT '07 準優勝)
×ヤン・カシューバ(カナダ/Unit-K/2005年 ワールド士道館空手ミドル級王者)
判定3-0 (29-27/29-27/29-27)
※3R左ストレートでカシューバに1ダウン

 1R序盤こそ、池井がサウスポーの構えから左ボディストレートと膝蹴りを当てるが、距離感をつかんだカシューバが、前に詰めてパンチを当てるように。次第に疲れの色が濃くなってきた池井だったが、3Rの組み付き際に左ストレートをうまく合わせダウンを奪取。結局これが決め手となり、池井がジムの主催興行の第一部を白星で締めくくった。


第6試合 セミファイナル 70kg契約 3分3R(延長1R)
○古川照明(インスパイヤードモーション/NJKFウェルター級1位)
×磨裟留(フリー/R.I.S.E. DOA TOURNAMENT '03 優勝)
判定3-0 (30-28/30-27/30-27)

 古川が右のアッパーや左右のテンカオを何発も当てつづけ完勝。磨裟留は最後まで耐えるのがやっとだった。


第5試合 70kg契約 3分3R
×岩崎元樹(インスパイヤード・モーション/NJKFウェルター級7位)
○武田一也(JMC横浜ジム)
3R 2'01" KO (3ダウン:左前蹴り)
※3Rローブローの連続により武田にレッドカード


第4試合 バンタム級 3分3R
○タイガー石井(クロスポイント吉祥寺)
×EIGHT(クロスポイントチーム池井)
3R 1'23" TKO (タオル投入)

第3試合 60kg契約 3分3R
×ハチマキ(PHOENIX)
○宮部達也(RIKIX)
判定0-3 (26-28/26-28/27-28)

第2試合 55kg契約 3分3R
○GAKU(クロスポイント吉祥寺)
×辰尾隆一(JTクラブ)
3R 3'00" KO

第1試合 70kg契約 3分3R
○今野秀人(クロスポイント吉祥寺)
×北見朋久(JMC横浜)
判定3-0 (29-26/29-26/29-26)

[アマチュア]

第2試合 2分2R
×菊川菜々子(クロスポイント吉祥寺)
○陣内まどか(フリー)
判定0-3

第1試合 2分2R
×後藤絵美(クロスポイント吉祥寺)
○田辺 綾(インスパイヤードモーション)
判定0-3

  • 現在表示の記事: 駿太、ラジャダムナン王者とドロー

Home > REPORTS > X-TRA! > 駿太、ラジャダムナン王者とドロー

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について