Home > REPORTS > TENKAICHI > 廣虎、WPMF日本2階級制覇。砂辺光久、曹竜也に辛勝:12.14 沖縄

廣虎、WPMF日本2階級制覇。砂辺光久、曹竜也に辛勝:12.14 沖縄

TENKAICHI 74
2014年12月14日(日)沖縄・コザ・ミュージックタウン音市場

  記事提供:株式会社TENKAICHIプロモーション
  ※TV放映:2015年2月1日(日) 12:30~13:55 沖縄テレビ(OTV)



第15試合(キックボクシング) メインイベント2 WPMF日本ミドル級王座決定戦 3分5回戦 WPMF日本ルール
○廣虎(ワイルドシーサー沖縄/JAPAN KICKBOXING INNOVATION/WPMF日本スーパーウェルター級王者)
×加藤 智亮(バンゲリングベイ・スピリット/WPMF日本ミドル級4位)
KO 5R 1分45秒 左フック 廣虎が同タイトルを獲得し2階級制覇達成

 沖縄最大の格闘技イベントとして成長を続けるTENKAICHIの看板エース、“オキナワンタイガー”廣虎がWPMF日本タイトル同時2階級制覇をかけて決定戦に臨んだ。対する加藤は、今年の6月まで2年半、アフリカのタンザニアで空手を現地人に指導していたという変わり種。中島弘貴やレオナ・ペタスなどと共に研鑽してきただけに実力は確かだが、日本のリングを離れて久しい中、WPMF日本ランキング上位陣の引退などで棚ぼた的にこのチャンスを手にしたラッキーマン。

 そんな加藤が果たして鋭い動きで現地の英雄に肉薄し、中盤以降、圧倒してみせた。三日月蹴りも織り交ぜたミドルキックや膝蹴り、更にはパンチでもリード。廣虎は「パンチの直撃で右目が見えなくなりました」との言葉通り、右目が開けられなくなり、これまで田中秀弥や武田一也、清水武、アーサー雅仁、DJ.taikiなど名立たるファイターに打ち勝ち倒してきたプロボクシング出身ならではのハードブロウも鳴りを潜める。
 そして、最終ラウンド、後のない廣虎は突如として狙いすました左フックを顎に直撃させ痛烈なダウンを奪う。ダメージが明らかな加藤はそれでも一度は引き寄せた勝利に向かって前進を止めなかったが、右ストレートで頭を弾かれ、ロープまで吹っ飛ぶと、廣虎はそこに打点の高い強烈な右飛び膝蹴りをクリーンヒットさせ、続いて左フックの決定打を打ち込み加藤が失神。絵に描いたような逆転KO勝利に1000名以上集まった超満員の観客が総立ちとなる凄まじいラストシーンで充実の興行の大円満で締めくくった。



 この勝利を祝福するWPMF日本支局長、ウィラサクレック・ウォンパサーは、来年3月1日、同所で開催される「TENKAICHI 75」における前哨戦で結果を出せば、続く5月31日、沖縄最大の室内会場、沖縄コンベンションセンターで開催が電撃決定したスーパーイベントでWPMF世界タイトルマッチを約束。琉球の虎が世界への切符を手に入れた劇的勝利が冬の沖縄で夏の熱さを蒸し返していた。




第14試合(MMA) メインイベント2 スーパーフライ級 5分3回戦 パンクラスルール
○砂辺 光久(CROSS×LINE/フライ級キング・オブ・パンクラシスト)
×曹 竜也(FIGHT STYLE TOUSHIN/パンクラス・スーパーフライ級8位)
判定2-1 29-28、28-29、29-28

 沖縄で活躍する軽量級パンクラスの頂点対決。テレビCM出演(「スッパイマン」エナジードリンク)などで県内対一の知名度を誇る島の英雄が階級上とはいえ共に切磋琢磨してきた仲間でもあったライバルと満を持しての激突。パンクラス王者として堂々たる威風を吹かせる砂辺に対し、曹は派手な入場パフォーマンスで盛り上げつつ、かなりの意気込みを感じさせる。
 初回から共にパンチのハードヒットを交換し一進一退。立ち技も寝技の攻防も綺麗に入れ替わり、抑え込むポジションも目まぐるしく入れ替わる。マットを背にしてもKOしかねない強烈な蹴り上げなど技に幅のある砂辺がリードの印象。だが、アグレッシブに攻め続ける曹は最終回に猛攻を繰り返し、致命打こそもらわないものの砂辺の防戦場面が多くなったところでゴング。
 ほぼ互角の印象の中、スプリットデシジョンをものにしたのは砂辺。マイクを握った砂辺は曹に再戦を促し、それを受けて曹は「俺は負けていましたか?」と判定への不満を観客に問い因縁を深めた。これをガッチリなれど涼しく受け止めた砂辺はリマッチを約束しつつ、今秋、ガンで急逝した弟子、MEGUを追悼するテンカウントゴングを要請し、かなりの負傷も構わずに故人の気持ちを背負ってリングに赴いたことを明かした。


第13試合(MMA) セミファイナル ヘビー級 3分2回戦 TENKAICHI(MMA)ルール
△デリック・ソリート(Military Alliance/TENKAICHI MMA ミドル級王者)
△HIROYA(ワイルドシーサー・コザ/TENKAICHI KICK ヘビー級3位)
判定1-0

第12試合(MMA) 60kg契約 3分2回戦 TENKAICHI(MMA)ルール
×仲宗根 武蔵(Theパラエストラ沖縄/TENKAICHI MMA バンタム王者)
○大場 翔(天道會/元粋喧バンタム級王者、DEEPフューチャーキングトーナメント準優勝)
KO 1R 0分51秒 右フックから右顔面ヒザ蹴り

第11試合(キックボクシング) TENKAICHI KICK フェザー級王座決定戦 3分3回戦(延長1R) TENKAICHI(KICK)ルール
×田中 将士(上州松井ジム/TENKAICHI KICK フェザー級1位)
○松山 力也(赤雲會/TENKAICHI KICK フェザー級3位)
判定1-1→延長判定0-3 1R、両者にパンチでダウンあり、左フックで田中にダウンあり 松山がフェザー級王座獲得

第10試合(MMA) TENKAICHI MMA ライト級王座決定戦 5分2回戦(延長1R) TENKAICHI(MMA)ルール
×トリストン(Military Alliance/TENKAICHI MMA ライト級3位)
○神谷 勲(Theパラエストラ沖縄/TENKAICHI MMA ライト級4位)
判定0-3 神谷がライト級王座獲得

第9試合(MMA) 57kg契約 3分2回戦 TENKAICHI(MMA)ルール
○山城 雄太(CROSS×LINE/TENKAICHI MMA バンタム級1位)
×大場 竜(天道會/粋喧フライ級暫定王者)
TKO 2R 1分52秒 三角締め

第8試合(キックボクシング) 58kg契約 3分2回戦 TENKAICHI(KICK)ルール
○玉城 蓮(WARRIOR GYM/TENKAICHI KICK フェザー級4位)
×鉄弥(シャイン沖縄/TENKAICHI KICK フェザー級6位)
KO 1R 2分54秒 右フック

第7試合(MMA) ウェルター級 3分2回戦 TENKAICHI(MMA)ルール
×与那城JAPAN(若柔術/TENKAICHI MMA ミドル級3位)
○仲西 琉一(CROSS×LINE/TENKAICHI MMA ウェルター級4位)
判定0-3

第6試合(キックボクシング) 70kg契約 3分2回戦 TENKAICHI(KICK)ルール
△リュウ(神風塾/ウェルター級4位)
△tomo(天下一道場沖縄)
判定0-1

第5試合(キックボクシング) フライ級 3分2回戦 TENKAICHI(KICK)ルール
○玄卓(WARRIOR GYM/TENKAICHI KICK フライ級4位)
×アレス龍威(ワイルドシーサー・コザ)
判定3-0

第4試合(MMA) バンタム級 3分2回戦 TENKAICHI(MMA)ルール
×KENJI(BRAVERY/TENKAICHI MMA フライ級4位)
○山城 翔(Theパラエストラ沖縄)
判定0-3

第3試合(キックボクシング) スーパーライト級 3分2回戦 TENKAICHI(KICK)ルール
○KAITO(天下一道場/TENKAICHI KICK ライト級9位)
×真栄田(尚真ジム)
TKO 2R 1分25秒 パンチ連打

第2試合(キックボクシング) 79kg契約 3分2回戦  TENKAICHI(KICK)ルール
△SAKAE(シャイン沖縄/TENKAICHI KICK ミドル級10位)
△盛志郎(ワイルドシーサー・コザ)
判定1-1

第1試合(キックボクシング) 70kg契約 3分2回戦 TENKAICHI(KICK)ルール
○ジェームス♡光(アスキジム)
×ドゥーバー・アルティドゥア(Military Alliance)
KO 1R 1分58秒 パンチ連打で3ダウン

オープニングファイト第3試合 65kg契約 3分2回戦 TENKAICHI(KICK)ルール
○與[アタエ](ワイルドシーサー・コザ)
×ドゥリュー・ザ・クレイジー・ギャング(Military Alliance)
判定3-0

オープニングファイト第2試合 スーパーライト級 3分2回戦 TENKAICHI(KICK)ルール
△石崎 皓大(シャイン沖縄)
△ピーエル・アレクサンダー(Military Alliance)
判定0-0

オープニングファイト第1試合 フェザー級 3分2回戦 TENKAICHI(KICK)ルール
○真夜(BRAVERY)
×仲村渠 裕二(謝苅ジム)
判定3-0

Home > REPORTS > TENKAICHI > 廣虎、WPMF日本2階級制覇。砂辺光久、曹竜也に辛勝:12.14 沖縄

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニング大歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について