Home > REPORTS > WBCムエタイ > アトム山田、北京でジョムトーンに判定負け

アトム山田、北京でジョムトーンに判定負け

英雄伝説新春武術チャリティナイト
2009年1月18日(日) 中国・北京オリンピック体育センター体育館
WBCムエタイルール 5分3R
○ジョムトーン・チューワッタナ(タイ/WBCムエタイ世界フェザー級王者)
×アトム山田(武勇会/元WMAF世界スーパーフェザー級王者)
判定3-0

 アトムはラジャダムナンスタジアムの2008年最優秀選手に選出された19歳の若獅子ジョムトーン・チューワッタナと対戦。初回からジョムトーンの左ミドルに翻弄され、2R、さらにジョムトーンの膝がアトムのアバラを直撃。この時点でアトムは、アバラを痛めるが、3R以後、ジョムトーンの波状攻撃にも簡単には屈せず突進。パンチ、ローと手を出していくアトム。不屈の闘志を見せる。
 4R終了のゴング直後に出したジョムトーンの左肘をアトムの顔面をかすめると、アトムはダウンするが、これはゴングの後の攻撃だったのでカウントはされなかった。最終回、最後まで諦めずに果敢に攻めるアトムに対し、右ジャブと左ストレート、さらに前けりで突き放すジョムトーン。しかし、ジョムトーンのパンチの連打でアトムが膝をつくとレフリーはカウントし始める。カウント8で立ち上がるアトム。その後も攻め続けるアトムだが、終了のゴングが鳴る。
 大差の判定でアトムは敗れはしたものの、ジョムトーンの攻撃に耐えながらも果敢に攻めていったアトムにも観客からも惜しみない拍手が飛んだ。また、関係者からもその驚異のタフネスぶりを評価する声が多く聞こえた。ジョムトーンも「ヤマダは、本当にタフな選手だった。普通のタイの選手だったらとっくに倒れていたと思う」と絶賛した。

 その他、WBCムエタイ・ミドル級世界チャンピオンのラムソンクラーム・チューワッタナがアボスニー・パベル(ベラルーシ)を相手に3R KO勝ち。WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーライト級決定戦では、康恩(中国)がケビン・ロス(米)を判定で破り、インターナショナル王者に就いた。

Home > REPORTS > WBCムエタイ > アトム山田、北京でジョムトーンに判定負け

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について