Home > REPORTS > VTJ > 扇久保博正、フライ級トーナメント決勝進出。石原夜叉坊がメイン白星:6.28 大阪

扇久保博正、フライ級トーナメント決勝進出。石原夜叉坊がメイン白星:6.28 大阪

  • VTJ
  • 更新・2014-06-28 (Sat)18:31
VTJ 5th in OSAKA
2014年6月28日(土) 大阪・BODYMAKERコロシアム第2競技場
 UFCとの協力が決まり注目度の高まる中、2月の大田区大会で開幕したフライ級トーナメントは準決勝へ。扇久保博正はカナ・ハイアットから速攻のチョークでタップを奪いわずか80秒で勝利。マモルと神酒龍一に完勝したシーザー・スクラヴォスとの決勝に駒を進めた。
  レポート&写真:井原芳徳


第6試合 メインイベント 135ポンド(61.2kg)契約 5分3R
○石原夜叉坊(修斗GYMS直心会/修斗フェザー級(60kg)環太平洋8位/61.1kg)
×ジョ・ジュンファン(韓国/ジュンシムジム/61.2kg)
2R 3'24" KO (スタンドパンチ連打)

 初の大阪でのVTJのメインを務めるのは、地元大阪出身の石原。相手のジュンファンはMMA 8勝2敗、キック12勝2敗の34歳で、柔術茶帯を持つ。
 1R、石原はサウスポーに構え、ジュンファンはオーソドックスに構え、打撃の攻防。石原は左足首にテーピングをしており、ステップがややぎこちない。左ハイの動きを読まれ、タックルで倒されるが、すぐスタンドに戻す。すると左ミドル、首相撲からの肘、膝をうまく当て、じわじわと優勢に。このラウンドのポイントを取る。
 2R、石原は序盤は慎重だったが、中盤から随所で左ミドル、左フックを効かせ優勢に。首相撲からの右膝の連打を効かせ、ケージ際まで後退させるとパンチの連打。相手が棒立ちになったところで芹沢レフェリーが試合を止めた。
 試合後のマイクで石原は、VTJとUFCの提携に言及し、「盛り上げるんなら僕がいるでしょ?チャンス欲しいですね」とアピール。その後の閉会式では、メインイベンターの重圧から解放され安心したか?ずっと涙を流し続けていた。


第5試合 VTJフライ級(125ポンド/56.7kg)トーナメント準決勝 5分3R
×神酒龍一(CAVE/修斗バンタム級(56kg)世界王者/56.2kg)
○シーザー・スクラヴォス [Czar Sklavos](米国/チーム・スクラヴォス/56.7kg)
判定0-3 (吉田27-30/中井27-30/礒野27-30)

 2月のVTJ 4thで開幕したフライ級トーナメントの準決勝。神酒は一回戦で前田吉朗を判定3-0で破り、スクラヴォスはマモルをわずか88秒、チョークスリーパーで仕留めた。
 1R、スクラヴォスがプレッシャーをかけ続け、蹴りの後にタックルを仕掛け素早くバックに回る。マモル戦と同じパターンになるが、神酒は対応して脱出してスタンドに戻す。だがスタンドの展開で、スクラヴォスが手数は多くないものの随所でパンチをうまく当てて優勢。神酒は後手に回り続ける。ポイントはスクラヴォスが取る。
 2Rに入ると神酒はスクラヴォスのパンチの連打をもらう場面も。タックルからテイクダウンを狙うが斬られ続ける。そして中盤、ようやくタックルでテイクダウンを決めたかに見えたが、スクラヴォスはギロチンで捕まえチャンス。神酒は脱出したが、その後もスクラヴォスは休まず動きてチョークを狙う等、神酒を追い詰める。スタンドに戻ると、スクラヴォスがパンチを当て、タックルでテイクダウンを奪い、素早く動き続けてサイド、バックを狙う。このラウンドもスクラヴォスがポイントを取る。
 3R、後の無い神酒は積極的にパンチを振るって逆転を狙うが、スクラヴォスはなかなか崩れずパンチを返し続ける。中盤、タックルでテイクダウンを奪うが、スクラヴォスはその先の攻めを許さずスタンドに戻る。神酒は声を上げながらパンチとタックルで攻め、残り1分にバックを奪いかけるが、スクラヴォスに反応され下になってしまい、最後は逆にバックを取られチョークを狙われ試合終了。結局最終ラウンドもポイントを許し、準決勝敗退となってしまった。


第4試合 VTJフライ級(125ポンド/56.7kg)トーナメント準決勝 5分3R
○扇久保博正(パラエストラ松戸/元修斗フェザー級(60kg)世界王者/56.7kg)
×カナ・ハイアット [Kana Hyatt](米国/チーム・ボディショップ/Pandemoniumフライ級王者/56.7kg)
1R 1'20" 一本 (チョークスリーパー)

 扇久保は一回戦で、DEEPとHEATで実績を積み10連勝の新鋭・春日井健士に判定2-0で辛勝。階級を下げての初戦をなんとかクリアした。ハイアットはフレディ・アルティーガを左フックで苦しめ判定勝ちした。
 1R、スタンドで扇久保が右ローを的確に当て続けた後、ケージに押し込んでから豪快に抱え上げてテイクダウンを奪取。するとすぐさまバックに回りこみ、チョークを極めタップアウト。見事な秒殺勝利で、扇久保はケージによじ登って両手を上げて大喜びした。
 なお、スクラヴォスが勝利後には再びケージに入りマイクを受け取り、「また首絞めて勝ちます」と宣言。10月4日の大田区総合体育館の決勝は好勝負が期待できそうだ。さらに扇久保はMVP賞の100万円を獲得した。(※写真は2月のVTJ 4thの前日計量時の扇久保)


第3試合 155ポンド(70.3kg)契約 5分3R
―佐々木信治(総合格闘技道場BURST/元修斗ウェルター級(70kg)環太平洋王者/ 70.3kg)
―岸本泰昭(総合格闘技道場コブラ会/70.3kg)
中止

 両者とも前日計量をクリアしたが、佐々木が体調不良で病院に運ばれ、急性腸炎、急性腹膜炎と診断され試合中止に。ケージに入った岸本は「試合がしたかったんですけど残念です。これにも意味があると思って次頑張りたいです。佐々木選手お大事になさってください。元気になったらまた試合がしたいです」と話し、佐々木を気遣った。


第2試合 145ポンド(65.8kg)契約 5分3R
○タクミ(パラエストラ大阪/フェザー級キング・オブ・パンクラシスト/65.7kg)
×美木 航(NATURAL9/修斗ライト級(65kg)世界2位/65.7kg)
2R 2'28" 一本 (チョークスリーパー)

 2004年に米国のKOTCで王座奪取の実績もあり、昨年はグアムのPXCにも参戦したタクミが40歳にしてVTJに初参戦。1R、中盤にケージ際で差し合いの攻防が続くが、スタンドでお見合いが長く続き、芹沢レフェリーが両者に注意する。その後は両者手数が上がるが、均衡状態は崩れない。ポイントは10-10か。
 2Rもスタンドで静かな攻防が続くが、中盤にタクミがケージに押し込んでからテイクダウンに成功。すると素早い動きでバックに回り、チョークを極めタップを奪取。得意の寝技に入るとようやく持ち味を発揮し、地元大阪の観客の喝采を浴びた。


第1試合 135ポンド(61.2kg)契約 5分3R
×山本賢治(修斗GYM東京/修斗フェザー級(60kg)環太平洋6位/ 61.1kg)
○中村優作(総合格闘技スタジオSTYLE/60.7kg)
判定1-2 (29-28/29-28/29-28)

 1R、スタンドでのパンチの攻防が続くが、中盤に中村の左ハイをつかんで山本がテイクダウンに成功。だが中村は金網を背中にしながら立ち上がると、低いガードから一気に距離を詰めての左右のフックを的確に当て続け主導権を握る。
 2Rも山本ペースだが、中村もスタミナを切らさず前に出続け、カウンターや相手の打ち終わりにパンチを返し続ける。そして終盤、山本が一瞬の隙をついてタックルでテイクダウンを奪取。だがこれも中村がケージを背中にして立ち上がり、強烈な右アッパーを叩き込む。このラウンドもポイントは中村か。
 だが3Rに入ると、中村は少し疲れて来た様子を見せ、中盤に山本にテイクダウンを許すと、トップキープされパウンドをもらう。中村は立つが、山本はしつこく押し込んで、テイクダウンを狙い続ける。何度か倒してもすぐ立たれ、最後はスタンドに戻るが、山本がパンチを当て挽回し試合終了。山本がポイントを取り返す。
 ジャッジのうち1人は山本の2Rまでのテイクダウンを評価し、採点は割れたが、中村が2票を獲得し判定勝ちした。


オープニングファイト第3試合 125ポンド(56.7kg)契約 3分3R
○KODO(シューティングジム神戸)
×伊是名秀宣(チーム・ソフトコンタクト/ROFCフライ級王者)
3R 2'25" 一本 (フロントチョークスリーパー)

オープニングファイト第2試合 145ポンド(65.8kg)契約 3分3R
○ジャックナイフツネオ(シューティングジム大阪)
×摩嶋一整(毛利道場)
判定2-1 (28-29/29-28/29-28)

オープニングファイト第1試合 145ポンド(65.8kg)契約 3分3R
○高野 明(MMA修斗ジムBLOWS)
×鷹亜希(修斗GYMS直心会)
2R 0'01" TKO (レフリーストップ)

Home > REPORTS > VTJ > 扇久保博正、フライ級トーナメント決勝進出。石原夜叉坊がメイン白星:6.28 大阪

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について