Home > REPORTS > UFC > ミオシッチ、巨人ガヌー封じヘビー級王座3度目の防衛:1.20 ボストン

ミオシッチ、巨人ガヌー封じヘビー級王座3度目の防衛:1.20 ボストン

  • UFC
  • 更新・2018-01-21 (Sun)16:14
UFC 220: Miocic vs. Ngannou
2018年1月20日(土) 米国マサチューセッツ州ボストン・TDガーデン
  レポート:井原芳徳  情報協力:UFC日本広報
  Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images
  中継:DAZNUFCファイトパスFOXスポーツ&エンターテイメント 1/27(土)22時~



第11試合 メインイベント UFCヘビー級タイトルマッチ 5分5R
○スティペ・ミオシッチ(王者)
×フランシス・ガヌー(1位)
判定3-0 (50-44/50-44/50-44)
※ミオシッチが3度目の防衛

 ミオシッチは昨年5月にジュニオール・ドス・サントスを下し、5連続KO勝ち、4試合連続1R KO勝ちと絶好調。ガヌーは12月2日のUFC 218でアリスター・オーフレイムを左フック一撃で1R KOし、UFC 6戦全て一本/KOち、ミオシッチ同じく4試合連続1R KO勝ちとし、念願の王座挑戦に辿り着いた。ガヌーはアフリカのカメルーンからヒッチハイクでフランスに辿り着き、パリの路上で暮らしていた過去もフューチャーされ、UFCの2018年最初のビッグマッチとして注目が集まった。

 1R、サウスポーのガヌーが開始すぐから左ハイをミオシッチの肩口に当てるが、ミオシッチはそこから組み付いて金網に押し込む。離れるとガヌーはパンチを振り回してくるが、ステップして頭を振ってかわす。時折もらうがクリーンヒットを免れ、かわしながらタックルで押し込む。
 中盤過ぎ、ミオシッチが右フックを当てると、片足タックルでテイクダウンに成功。サイドに回るとマット・ヒューズ・ポジションにも時折なりながらパウンドを落とす。残り1分、スタンドに戻ると、お互いパンチを当てるが、ミオシッチは終盤にもタックルでテイクダウンを奪い。差を印象付ける。場内は巨象をうまく料理しようとするミオシッチの戦いぶりに大歓声が起こる。
 2R、インターバル開けながら、ガヌーは息が荒く、ステップもフックも動きが緩慢になる。ミオシッチが左インローを当てていると、ガヌーはバランスが悪くなる。ミオシッチは右フック、左ジャブもヒット。中盤、ガヌーがパンチを狙って出て来ると、ミオシッチは金網の片方側から反対側まで押し込んでテイクダウンに成功。金網際で上を制し、時折パウンドを当てダメージを与える。ガヌーは防戦一方で、ブザーが鳴った後にコーナーに戻る足取りも重い。



 結局、以降のラウンドも、ミオシッチがフラフラのガヌーをかわしつづけ、自分の打撃を当て、倒してパウンドを落とす展開を繰り返し試合終了。ミオシッチの完勝に終わり、UFCヘビー級史上初となる3度目の防衛を果たした。

◆ミオシッチ
「第1ラウンドでつかまった。自分自身のミスだったけど、コントロールできたと思う。あいつは危ない。あのでかさを見てみろ。タフだしな。何度か強烈なパンチを食らった。当然、いい気分なんてしないけど、でも全然大丈夫。計画を練り直してもっとうまくやれるようにするよ。父親になるんだ。俺にとってはそれがすべて。子供が生まれる」


第10試合 UFCライトヘビー級タイトルマッチ 5分5R
○ダニエル・コーミエ(王者)
×ヴォルカン・オーズデミア(2位)
2R 2'00" TKO
※コーミエが3度目の防衛戦

 コーミエは昨年7月のジョン・ジョーンズとの防衛戦でKO負けしたが、ジョーンズは禁止薬物使用が発覚し、無効試合に変更となり、王座がコーミエに戻っていた。
 対するオーズデミアはスイス出身の28歳。昨年2月からUFCに上がって3連勝し、最近2試合ではミーシャ・サークノフ、ジミ・マヌワを1分以内にKOしている。
 1R、開始すぐからオーズデミアが左右のパンチを積極的に振るって前に出る。守勢の続いたコーミエは、少しずつ右フックを返すように。3分半過ぎには左フックを効かせる。その後も右フックを当てて少しずつ下がらせ、終盤には片足タックルから倒し、バックに回ってチョークを仕掛けたところでブザーが鳴る。
 2R、序盤からコーミエが片足タックルでテイクダウンに成功。マット・ヒューズ・ポジションで制しながらパウンドを落とし続けると、レフェリーがストップ。最初は少し危なかったが、終わってみればコーミエが格の差を見せつける試合だった
 勝ったコーミエはベルトを巻くと、勝利者インタビューでひざまずき、「この勝利で本当のチャンピオンになれた」と、安堵の表情を浮かべて語った。




第9試合 フェザー級 5分3R
○カルヴィン・ケーター [Calvin Kattar]
×シェーン・ブルゴス [Shane Burgos]
3R 0'32" TKO

第8試合 ライトヘビー級 5分3R
○ジアン・ヴィランテ(15位)
×フランシマー・バローゾ
判定2-1 (30-27/28-29/30-27)

第7試合 バンタム級 5分3R
×トーマス・アルメイダ(10位)
○ロブ・フォント(14位)
2R 2'24" TKO

第6試合 フェザー級 5分3R
○カイル・ボフニャク [Kyle Bochniak]
×ブランドン・デイビス
判定3-0 (29-28/29-28/30-27)

第5試合 ウェルター級 5分3R
×サバ・ホマシ [Sabah Homasi]
○アブドゥル・ラザク・アルハサン [Abdul Razak Alhassan]
1R 3'47" KO

第4試合 フライ級 5分3R
○ダスティン・オルティス
×アレクサンドル・パントーハ [Alexandre Pantoja]
判定3-0 (29-28/29-28/29-28)

第3試合 フェザー級 5分3R
×ダン・イゲ [Dan Ige]
○フリオ・アルセ [Julio Arce]
判定0-3 (27-30/27-30/28-29)

第2試合 フェザー級 5分3R
×マット・ベセット [Matt Bessette]
○エンリケ・バルソラ [Enrique Barzola]
判定0-3 (27-30/28-29/28-29)

第1試合 ライト級 5分3R
○イスラム・マカチェフ [Islam Makhachev]
×グレイゾン・チバウ
1R 0'57" KO

Home > REPORTS > UFC > ミオシッチ、巨人ガヌー封じヘビー級王座3度目の防衛:1.20 ボストン

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について