Home > REPORTS > UFC > 新鋭ブライアン・オルテガ、カブ・スワンソンを撃破:12.9 カリフォルニア

新鋭ブライアン・オルテガ、カブ・スワンソンを撃破:12.9 カリフォルニア

  • UFC
  • 更新・2017-12-11 (Mon)22:51
UFC Fight Night 123 : Swanson vs. Ortega
2017年12月9日(土/現地時間)米国カリフォルニア州フレズノ:セーブマートセンター

  レポート提供:UFC日本広報   Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images


第13試合 メインイベント フェザー級 5分5R
×カブ・スワンソン(4位)
〇ブライアン・オルテガ(6位)
2R 3'22" フロントチョークスリーパー

 フェザー級ランキング4位のカブ・スワンソン(アメリカ 25勝7敗)と同6位のブライアン・オルテガ(アメリカ 12勝0敗1ノーコンテスト)が対戦したメインイベントはカリフォルニア出身ファイター同士の対決とあって会場に詰めかけたファンのボルテージは最高潮となり、トップコンテンダーの好バトルに酔いしれました。

 相手の出方をうかがいつつ、ローキックを撃ち合って始まった試合はオルテガの打撃をフットワークでかわしたスワンソンがボディショットを当ててプレッシャーをかけ、オルテガもジャブを放っていきましたが、コンビネーションを決めたスワンソンが足元から削りながら有効打を稼ぎます。ラウンド終盤にはオルテガがスワンソンの首を取ってチョークを仕掛け、あと一歩のところで決まりかけたものの、ホーンが鳴って時間切れ。柔術を得意とするオルテガの攻撃を警戒するスワンソンはフックやジャブをヒットさせながらボディにも打ち込んでダメージを与えていきましたが、オルテガにケージに押し込まれると、一瞬のスキをつかれて再び首を取られてしまいます。ボディをロックして締め付けるオルテガのチョークから逃れようと必死にもがいたスワンソンですが、たまらずタップしてオルテガの一本勝ちが決まりました。

 ギロチンチョークでベテランのスワンソンを下し、無傷の13勝目を達成したオルテガは試合を終えて「ものすごく大きな勝利だけど、今はとにかく終わってうれしい。今回は特に初めてのメインイベントだったし、試合となるとかなりのプレッシャーがある。終わってよかったし、うまくできた。家に帰ってリラックスできると思うとそれだけで最高だ」とコメントし、さらにこう続けています。

「(第1ラウンドの関節技は)もうちょっとだった。あと10秒あれば決められていたはず。チョークから抜け出そうとする彼のうなり声が聞こえていた。でも、試合の後半もまたこういうチャンスがあると思っていたし、第2ラウンドで実際にきた。ゲームプランはいつも仕留めること。カブ(スワンソン)は素晴らしいファイターだし、心から尊敬している。倒そうとしてきたし、何度かいいパンチも食らった。とにかく冷静にいって全力を出しすぎないようにと思っていたんだ。第3ラウンドになったらもう少しペースアップするつもりでいたけど、そこまで行かなくて良かった。
 苦しんでいたり、大変な時間を過ごしていたりする子供たちを助けたい。彼らにとってポジティブな光になりたいんだ。この場所を利用して、自分勝手にならずに人々を助けられるように、この光を生かしたいと思っている。今はひたすら旅に出かけてたくさんの人たちを助けたい」


第12試合 フェザー級 5分3R
×ジェイソン・ナイト
〇ガブリエル・ベニテス [Gabriel Benítez]
判定0-3(26-30/27-29/26-30)

第11試合 バンタム級 5分3R
〇マルロン・モラエス
×アルジャメイン・スターリング
1R 1'07" KO

第10試合 ライト級 5分3R
〇スコット・ホルツマン
×ダレル・ホーチャー [Darrell Horcher
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

第9試合 ミドル級 5分3R
〇エリク・アンダース [Eryk Anders]
×マルクス・ペレス [Markus Perez]
判定3-0 (30-25/30-26/29-28)

第8試合 バンタム級 5分3R
×アルバート・モラレス
〇ベニート・ロペス [Benito Lopez]
判定0-3 (28-29/28-29/27-30)

第7試合 女子バンタム級 5分3R
〇アレクシス・デイビス
×リズ・カムーシュ [Liz Carmouche]
判定2-1 (29-28/28-29/29-28)

第6試合 バンタム級 5分3R
×ルーク・サンダース
〇アンドレ・スーカムタス [Andre Soukhamthath]
2R 1'06" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

第5試合 フライ級 5分3R
×カールス・ジョン・デ・トーマス
〇アレックス・ペレス
2R 1'54" アナコンダチョーク

第4試合 バンタム級 5分3R
〇フランキー・サエンツ
×メラブ・ドバリシビリ [Merab Dvalishvili]
判定2-1 (29-28/28-29/29-28)

第3試合 バンタム級 5分3R
〇アレハンドロ・ペレス
×ユーリ・アルカンタラ
判定3-0 (30-27/29-28/29-28)

第2試合 ライト級 5分3R
×クリス・グレッツェマーカー [Chris Gruetzemacher]
〇ダヴィ・ラモス [Davi Ramos]
3R 0'50" チョークスリーパー

第1試合 ミドル級 5分3R
×アントニオ・ブラガ・ネト
〇トレヴィン・ジャイルズ [Trevin Giles]
3R 2'27" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

Home > REPORTS > UFC > 新鋭ブライアン・オルテガ、カブ・スワンソンを撃破:12.9 カリフォルニア

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
5月は入会金無料!フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニン...

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について