Home > REPORTS > UFC > 田中路教、ブラジルの新人に判定負けし2連敗:2.4 ヒューストン

田中路教、ブラジルの新人に判定負けし2連敗:2.4 ヒューストン

  • UFC
  • 更新・2017-02-05 (Sun)22:35
UFC Fight Night 104: Bermudez vs. Korean Zombie
2017年2月4日(土/現地時間) 米国テキサス州ヒューストン・トヨタセンター

  レポート:井原芳徳 (Photo courtesy of Zuffa LLC / Getty Images)

(中継:~プレリム AbemaTV、メインカード~ DAZN


第4試合 バンタム級 5分3R
○ヒカルド・ラモス [Ricardo Ramos](ブラジル)
×田中路教(チーム・アルファメール・ジャパン)
判定3-0 (29-28/30-27/29-28)

 田中は9月にハニ・ヤヒーラに判定負けして以来の試合で、現在UFC 2勝2敗。今回はカリフォルニアのアルファメールで調整した。対するラモスは、UFCのデイナ・ホワイト代表が選手を発掘する旅を追う米国のリアリティ番組「Lookin' for a Fight」に出演したばかりの21歳で、今回がUFCデビュー戦。戦績9勝(2KO/6一本)1敗と、極めの強い選手だ。シャードッグのデータはこちら。

 1R、10センチ背が高いラモスが圧力をかけ、伸びのあるバックスピンキックを空振りさせ田中を威嚇。ラモスはパンチを振って組み付いて来るが、柔道経験のある田中が内股で倒す。すぐ金網際での脇の差し合いとなり、中盤から再び離れての打撃戦に。田中はパンチを振り回して前に出るが、ラモスが軽々とかわし、田中は前のめりでスリップしてしまう。立ち上がった田中が再び突進すると、ラモスは右ストレートを合わせて田中をダウンさせ、パウンドと肘のラッシュでレフェリーストップ寸前まで追い込む。残り1分で田中は立ち上がるが、回って距離を取ってダメージを回復させるので手一杯だ。

 2R、金網際の展開となり、田中が足をかけて倒そうとするが、力が入りきらず、ラモスが潰して上に。マウントを奪うと、田中の動きに合わせて下になって腕十字を狙う。だが田中は落ち着いて外して上になり、マウントを狙う等して反撃。残り1分、ラモスは脱出しスタンドに戻ると、息の上がって来た来たラモスに対し、田中が右ローを的確にヒット。田中の支配時間は長いが、腕十字でインパクトを作ったラモスがポイントを取り、2点差をつける。

 3R、ラモスは少し回復し圧力をかけるが、田中は回ってかわしながらローや右ボディをコツコツとヒットし、チャンスをうかがう。だが手数が乏しく、中盤過ぎにディーン・レフェリーが田中に注意する。行くしか無い状況の田中だが、3分を過ぎても飛び込めず、観客からのブーイングも増す。残り40秒、ようやく田中がタックルを仕掛けて倒すが、ラモスが首を抱えてギロチンを狙いながら防御。最後20秒にようやく外して田中がパウンドを連打するが、フィニッシュに持ち込むには程遠い状態のまま終了。田中はジャッジ2者から1ポイントを取り返すにとどまり判定負けし、2連敗となってしまった。




第12試合 メインイベント フェザー級 5分5R
×デニス・バミューデス(9位)
○ジョン・チャンソン
1R 2'29" KO (右アッパー)

 “ザ・コリアン・ゾンビ”の名でUFCで公式表記されているチャンソン。13年8月に当時フェザー級王者だったジョゼ・アルドに挑戦し敗れた後、兵役を務め、今回が復帰戦。復帰戦の相手となるバミューデスは昨年、川尻達也とホニー・ジェイソンを下し2連勝中と好調だ。
 1R開始15秒過ぎ、バミューデスが右フックを先にヒット。その後も左右のフックを当て先手を取る。以前よりも反応が落ちたように見えたチャンソンだが、打たれ強さは健在。少しずつパンチを返すようになると、圧力をかけるようになり、バミューデスが左ジャブを放った直後に右アッパーをバミューデスのアゴにクリーンヒット。腰から崩れ落ちたバミューデスに追い打ちのパウンドを数発当てたところでレフェリーがストップ。チャンソンはケージによじ登って観客を指さして大喜びした。


第11試合 女子ストロー級 5分3R
×アレクサ・グラッソ(12位)
○フェリス・ヘリッグ
判定0-3 (28-29/28-29/27-30)

第10試合 ライト級 5分3R
×アベル・トルヒーヨ
○ジェームス・ビック
3R 0'49" ダースチョーク

第9試合 ライトヘビー級 5分3R
×オヴィンス・サン・プルー(6位)
○ヴォルカン・オーズデミア [Volkan Oezdemir]
判定1-2 (28-29/29-28/28-29)

第8試合 ヘビー級 5分3R
×アンソニー・ハミルトン
○マルセル・フォルトゥナ [Marcel Fortuna]
1R 3'10" KO

第7試合 女子ストロー級 5分3R
○ジェシカ・アンドラージ(5位)
×アンジェラ・ヒル
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

第6試合 ヘビー級 5分3R
×アダム・ミルステッド [Adam Milstead]
◯カーティス・ブレイズ [Curtis Blaydes]
2R 0'59" TKO (膝の負傷)

第5試合 フェザー級 5分3R
○チャス・スケリー
×クリス・グレッツェマーカー [Chris Gruetzemacher]
2R 2'01" チョークスリーパー

第3試合 女子ストロー級(117.5ポンド契約) 5分3R
○ティーシャ・トーレス [Tecia Torres](6位)
×ベック・ローリングス
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)
※ローリングスが1.5ポンドオーバー

第2試合 ウェルター級 5分3R
×アレックス・モロノ
○ニコ・プライス [Niko Price]
2R 5'00" KO

第1試合 ライトヘビー級 5分3R
×ダニエル・ジョリー
○カリル・ラウントリー [Khalil Rountree]
1R 0'52" KO

Home > REPORTS > UFC > 田中路教、ブラジルの新人に判定負けし2連敗:2.4 ヒューストン

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について