Home > REPORTS > UFC > 堀口恭司、判定勝ちで3連勝。石原“夜叉坊”暉仁は判定負け:11.19 北アイルランド

堀口恭司、判定勝ちで3連勝。石原“夜叉坊”暉仁は判定負け:11.19 北アイルランド

  • UFC
  • 更新・2016-11-20 (Sun)22:45
UFC Fight Night 99: Mousasi vs. Hall 2
2016年11月19日(土/現地時間) 北アイルランド・ベルファスト・SSEアリーナ
 フライ級王座再挑戦を目指す4位の堀口恭司は、8位のロシア人・アリ・バガウティノフと対戦。堀口はアメリカン・トップチームで磨いたレスリングスキルを存分に発揮し、3Rともポイントを取り完勝し、連勝を3に伸ばした。同じく2連勝中だった石原“夜叉坊”暉仁だが、アイルランドの選手のパンチに苦しみ判定負け。完全アウェーの洗礼を浴びた。
  レポート:井原芳徳  写真提供:UFC日本広報(Brandon Magnus/Zuffa LLC)


第8試合 フライ級 5分3R
○堀口恭司(アメリカン・トップチーム/4位)
×アリ・バガウティノフ(8位)
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

 10月15日 フィリピン大会の中止で延期となっていた一戦。堀口は昨年4月にデメトリアス・ジョンソンの持つフライ級王座に挑戦し敗れた後、9月の埼玉大会でチコ・ケイムスに、今年5月のオランダ大会でニール・シーリーに判定勝ちし2連勝中。今はアメリカン・トップチームを練習拠点にし、ジョンソンへのリベンジに向けて鍛錬している。セコンドにはマイク・ブラウンらATT勢がつく。
 バガウティノフも堀口よりも1年前にジョンソンの王座に挑戦し判定負けしたロシア人選手。その試合で赤血球の産生を促進する禁止薬物のエリスロポエチンが検出され1年の出場停止処分が下された。昨年10月の復帰戦で当時1位のジョセフ・ベナビデスに判定負けしたが、6月のカナダ大会のジアン・エレーラ戦では判定勝ちしている。

 1R、堀口が中央付近に立ちプレッシャーをかけ、バガウティノフがサウスポーで距離を取る状態が続く。1分半、堀口が右の飛び膝を放つが、バガウティノフが足をつかんでそのまま倒す。だが30秒ほどで堀口は金網を背にして立ち、逆にバガウティノフを押し込む。3分過ぎには崩して背後につき、片足を相手の足に絡めがならパウンドを当てて主導権を維持する。4分過ぎ、バガウティノフが反転して押し込み、抱え上げてテイクダウンを奪うが、堀口はすぐスタンドに戻す。レスリング力の向上を印象付け、ポイントを先取する。

 2R、30秒ほどで差し合いとなり、堀口が差し返して押し込もうとするが、バガウティノフは突き放す。1分半過ぎ、堀口の左ショートフックが炸裂。ぐらついたバガウティノフを押し込んで脇を差して崩す。すぐスタンドに戻るが、3分半過ぎにまたも堀口が組み付いて倒すと、1R同様、背後につきパウンド。最後は立たれるが、このラウンドも堀口がポイントを取ることに。

 3R、パンチの打ち合いとなるが、堀口はよく見てかわす。バガウティノフがタックルに来るが、堀口は切って差し返して突き放す。しばらくお見合いが続き、3分頃にまたもバガウティノフがタックルを仕掛けるが、これも堀口が突き放す。その後のタックルも突き放し、堀口は右膝蹴りをヒット。終盤、バガウティノフが疲れてきたところで、堀口は押し込んでテイクダウンを奪取。最後に堀口が逆転に成功し、このラウンドもポイントを取る。

 判定はジャッジ3者とも30-27とつける堀口の完勝。笑顔で大喜びした堀口は「I want KO」と英語で話した後、アナウンサーから「ATTで寝技が向上したか?」と聞かれると「めちゃくちゃ向上したと思います。もっと向上して、チャンピオンシップ目指して頑張ります」とアピールした。


第10試合 フェザー級 5分3R
○アルテム・ロボフ [Artem Lobov]
×石原“夜叉坊”暉仁(チーム・アルファメール・ジャパン)
判定3-0 (30-27/30-27/29-28)

 石原はRoad to UFC JapanでUFCとの契約を勝ち取り、UFCで2連勝。ロボフはロシア出身でアイルランドのコナー・マクレガーのジムに在籍し、UFC戦績は1勝2敗の選手。場内はロボフへの大歓声に包まれ、石原にとっては完全にアウェイの状況だ。

 1R開始すぐ、石原は左の蹴りを空振りすると、自らバランスを崩し、ロボフに詰められる。すぐ立て直すが、これだけでもロボフに大歓声。石原は会場の雰囲気にも呑まれているようにも見える。
 その後はロボフが中央に立ち右フックを狙い、サウスポーの石原が回って距離を取り、時折左の蹴りを放つ状況が続く。終盤、石原の左ミドルのタイミングでロボフが右フックを当てて、石原がぐらついてしまう。ロボフがポイントを先取する。

 2R、ロボフはサウスポーにスイッチ。変わらずプレッシャーをかけ続け、右のパンチを当て、左の蹴りも駆使し、中盤にはバックスピンキックもヒットする。距離が詰まると石原の右ジャブも当たるが、ヒット数では大きな差がある。ロボフは左ボディフックも当てて石原を削り、終盤には左フックをきっかけとした連打で石原を追い詰める。

 3Rも同様な構図で、石原はタックルから打開を図ろうとするも簡単に切られるが、2分頃、ロボフが右ローを放ったタイミングで石原が左ストレートを当てると、ロボフは尻餅。石原は上になり挽回する。だがロボフのダメージは小さく、1分ほどでスタンドに戻る。
 3分半過ぎ、ロボフが右ミドルを当てると、少し効いた様子の石原はタックルを仕掛けるが、簡単に切られる。スタンドに戻るが、石原はガードが下がり、攻撃に力が入らない。終盤、ロボフが組み付いて振り回しながら倒してサイドを奪い、最後はマウントからのパンチラッシュで試合終了。3Rにワンチャンスがあったものの、そこから逆転につなげられず石原は完敗に。場内の観衆は総立ちでロボフに大歓声を送り、マクレガーがケージに入りロボフと抱き合うと、ひと際大きな歓声に包まれた。




第13試合 メインイベント ミドル級 5分5R
○ゲガール・ムサシ(5位)
×ユライア・ホール(10位)
1R 4'37" TKO

 ムサシが昨年9月の埼玉大会でまさかのバックスピンキックからの逆転TKO負けを喫した相手であるホールと再戦。
 1R、ホールは構えをスイッチしつつ、時折半身にスッと動いてバックスピンのフェイントを見せ挑発。1分ほどするとホールはバックスピンを1回空振りさせる。両者ローとジャブの応酬を繰り広げていたが、ムサシのプレッシャーが少しずつ強まると、1分半過ぎに左ジャブがヒットし、ホールはのけぞる。するとホールのバックスピンもムサシのアゴの付近に当たるが、ムサシは反応して動いてポイントをズラすことに成功する。対策は十分といった様子だ。
 その後もムサシがプレッシャーをかけ続け、4分過ぎにタックルへ。そのまま押し込んで左脇を差して倒すと、ハーフガードとバックの中間の状態でホールを金網に押し付けながら右のパウンドを連打する。すると少しずつ効き目を発揮し、ホールが亀になったところでレフェリーストップ。ムサシがワンチャンスをものにし、見事リベンジに成功した。



第12試合 ライト級 5分3R
×ロス・ピアソン
○スティービー・レイ
判定1-2 (27-30/30-27/27-30)

第11試合 ヘビー級 5分3R
×ティモシー・ジョンソン(14位)
○アレクサンドル・ボルコフ [Alexander Volkov]
判定1-2(28-29/27-30/29-28)


第9試合 ミドル級 5分3R
×マグナス・セデンブラッド [Magnus Cedenblad]
○ジャック・マーシュマン [Jack Marshman]
2R 3'32" TKO

第7試合 ライト級 5分3R
○ケビン・リー
×マゴメド・ムスタファエフ [Magomed Mustafaev]
2R 4'31" チョークスリーパー

第6試合 女子バンタム級 5分3R
×アンナ・エルモス [Anna Elmose]
○アマンダ・クーパー
判定0-3 (27-30/28-29/28-29)

第5試合 ヘビー級 5分3R
○ジャスティン・レデット [Justin Ledet]
×マーク・ゴッドビアー
1R 2'16" チョークスリーパー

第4試合 172.8ポンド契約 5分3R
○ザック・カミングス
×アレクサンダー・ヤコブレフ [Alexander Yakovlev]
2R 4'02" アームロック
※カミングスがウェルター級リミットを1.8ポンド(約800g)オーバー

第3試合 女子バンタム級 5分3R
○マリオン・レノー [Marion Reneau](15位)
×ミラナ・ドゥディエバ [Milana Dudieva]
3R 3'03" TKO

第2試合 バンタム級 5分3R
○ブレット・ジョーンズ
×クァク・グァンホ [Kwan Ho Kwak]
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

第1試合 ウェルター級 5分3R
×チャーリー・ウォード [Charlie Ward]
○アブドゥル・ラザク・アルハサン [Abdul Razak Alhassan]
1R 0'53" TKO

Home > REPORTS > UFC > 堀口恭司、判定勝ちで3連勝。石原“夜叉坊”暉仁は判定負け:11.19 北アイルランド

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について