Home > REPORTS > UFC > 扇久保博正、フライ級王座挑戦まであと1勝。TUF決勝進出

扇久保博正、フライ級王座挑戦まであと1勝。TUF決勝進出

  • UFC
  • 更新・2016-11-22 (Tue)11:52
 UFCとの契約を目指して争うリアリティショー「ジ・アルティメット・ファイター(TUF)」シーズン24に参戦中の扇久保博正(パラエストラ松戸/修斗バンタム級(56.7kg)世界王者)が、フライ級16人トーナメントで3勝し決勝に進出した。決勝でティム・エリオットに勝てば、 ラスベガスで12月3日(現地時間)に行われるフィナーレ大会で、同級王者・デメトリアス・ジョンソンに挑戦する。
 4月の修斗でバンタム級(-56.7kg)王座を獲得し、フェザー級(-61.2kg)との修斗二冠を達成した扇久保(写真)。本場アメリカのTUFに日本人が参戦したのは扇久保が初となる。シーズン24は8度フライ級王座を防衛した絶対王者・ジョンソンへの挑戦権を賭け、世界中のプロモーションからフライ級の王者やトップクラスの選手16人を集めた大掛かりなトーナメントとなり、8月31日(米国時間)からFOX Sports 1で放送スタート。9月7日に放送された一回戦で扇久保はンカジムロ・ズルに2Rチョークで一本勝ちした。








 11月9日に放送された二回戦ではアダム・アントリン [Adam Antolin] をグラウンドで2Rとも圧倒し判定勝ち。23日放送(DAZNでは既に配信)の準決勝ではアレッシャンドリ・パントージャ [Alexandre Pantoja] と対戦。1R、2度のテイクダウンとグラウンドコントロールで圧倒。2Rはパントージャの打撃をもらう場面はあったが、扇久保は左ジャブ、右アッパー、右ロー、左ミドル、左ハイを休まず打ち続けて渡り合い、中盤以降は2分近くトップキープしサイドを奪う場面も。終盤のブレイク後も反撃を封じ、判定勝ちで激戦を制した。

 両者はジョセフ・ベナビデスのチームで共に練習していたため、扇久保は「決まった時は複雑でしたが、準決勝で当たれたのは幸せでした」と試合後コメント。決勝に向け「最後あと1試合なんで、どんなことがあっても優勝します」と話している。
 米国での合宿生活が続き、パントージャ戦直前には「家族に『優勝したよ』と伝えることを想像しながら毎日を過ごしています」とも話していた扇久保。30日放送の決勝ではUFC 2勝4敗でUFC再契約を目指すティム・エリオット [Tim Elliott] と対戦する。準決勝の映像も近くYoutubeにアップされる模様で、これまでのエピソードはDAZNに有料登録すれば視聴できる。

Home > REPORTS > UFC > 扇久保博正、フライ級王座挑戦まであと1勝。TUF決勝進出

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について