Home > REPORTS > UFC > 中村K太郎、ブラジル人選手に判定負けし連勝ならず:10.1 オレゴン

中村K太郎、ブラジル人選手に判定負けし連勝ならず:10.1 オレゴン

  • UFC
  • 更新・2016-10-03 (Mon)11:31
UFC Fight Night 96 : Lineker vs. Dodson
2016年10月1日(土/現地時間)米国オレゴン州ポートランド:モダ・センター
  レポート:井原芳徳  写真提供:UFC日本広報  中継:UFCファイトパスDAZN


第5試合 ウェルター級 5分3R
×中村K太郎(K太郎道場)
○エリゼウ・“カポエィラ”・ザレスキー・ドス・サントス [Elizeu Zaleski dos Santos]
判定0-3 (28-29/28-29/28-29)



 1R、K太郎がテイクダウンを奪い、マウント、バックでチャンスを作りポイントを先取。2Rも背後からチョークを狙う場面があったが、後半のスタンドの打撃戦で若干印象を悪くする。3RもK太郎が果敢にテイクダウンを奪い続けるが、その都度脱出を許し、ジャーマンスープレックスで投げられ、肩固めを狙われ、背後からパウンドを浴びて反撃を許し、逆転の判定負け。これで昨年9月に7年ぶりにUFCに復帰してからの成績が2勝2敗の五分に戻ってしまった。
 UFC日本広報を通じ中村は「思っていたよりも相手が強かったです。相手を背後から攻めきることができませんでした。相手のスープレックスは予想していなかったので、驚かされました」とコメントしている。




第12試合 メインイベント バンタム級(136.5ポンドキャッチウェイト) 5分5R
○ジョン・リネカー(3位)
×ジョン・ドッドソン(10位)
判定2-1 (47-48/48-47/48-47)
※リネカーが体重0.5ポンドオーバー

第11試合 ライト級(161.5ポンドキャッチウェイト) 5分3R
×ウィル・ブルックス(11位)
○アレックス・オリベイラ
3R 3'30" TKO
※オリベイラが体重0.5ポンドオーバー

第10試合 ウェルター級 5分3R
×ジョシュ・バークマン
○ザック・オットー
判定1-2 (28-29/29-28/28-29)

第9試合 フライ級 5分3R
×ルイス・スモルカ(9位)
○ブランドン・モレノ
1R 2'23" フロントチョークスリーパー

第8試合 ライトヘビー級 5分3R
○ルイス・エンリケ・ダ・シウバ
×ジョアキム・クリステンセン [Joachim Christensen]
2R 4'43" 腕ひしぎ十字固め

第7試合 フェザー級(148.5ポンドキャッチウェイト) 5分3R
×ハクラン・ディアス(12位)
○アンドレ・フィリ
判定0-3 (28-29/28-29/28-29)
※ディアスが計量2.5ポンド―オーバー

第6試合 ヘビー級 5分3R
○シャミル・アブドゥラヒモフ [Shamil Abdurakhimov]
×ウォルト・ハリス
判定2-1 (29-28/28-29/29-28)


第4試合 ミドル級 5分3R
○ネイト・マーコート
×タムダン・マックローリー
2R 4'44" KO

第3試合 ライトヘビー級 5分3R
×ジョナサン・ウィルソン
○イオン・クテラバ [Ion Cutelaba]
判定0-3 (27-30/27-30/27-30)

第2試合 ヘビー級 5分3R
×コーディ・イースト
○カーティス・ブレイズ [Curtis Blaydes]
2R 2'02" TKO

第1試合 女子バンタム級 5分3R
×ケリー・ファッツホルズ [Kelly Faszholz]
○ケトレン・ヴィエラ [Ketlen Vieira]
判定1-2 (29-28/28-29/28-29)

Home > REPORTS > UFC > 中村K太郎、ブラジル人選手に判定負けし連勝ならず:10.1 オレゴン

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について