Home > REPORTS > UFC > タイロン・ウッドリー、ローラーを1R KOしウェルター級王者に:7.30 アトランタ

タイロン・ウッドリー、ローラーを1R KOしウェルター級王者に:7.30 アトランタ

  • UFC
  • 更新・2016-07-31 (Sun)19:11
UFC 201: Lawler vs. Woodley
2016年7月30日(土/現地時間) 米国ジョージア州アトランタ:フィリップス・アリーナ

  レポート:井原芳徳  選手コメント&写真提供:UFC日本広報 (C) Zuffa, LLC
  (中継:FOXスポーツ&エンターテインメント 8月6日(土)22時~)


第試合 メインイベント UFCウェルター級チャンピオンシップ 5分5R
×ロビー・ローラー(王者)
○タイロン・ウッドリー(4位)
1R 2'12" KO (右フック)
※ウッドリーが新王者に

 ローラーは1月にカーロス・コンディットに判定2-1で勝利して以来3度目の防衛戦。ウッドリーとはアメリカン・トップチームの同門だ。ウッドリーはストライクフォースを経て13年からUFCに参戦し、UFC 5勝2敗。1月のケルヴィン・ガステラム戦で判定勝ちして以来の試合で、現在2連勝中だ。
 1R、ローラーはサウスポー、ウッドリーはオーソドックスに構え、スタンドで静かな展開が続いていたが、中盤過ぎにウッドリーが左ジャブを振ってローラーを下がらせてから右フックをクリーンヒット。ダウンしたローラーにウッドリーがパウンドを連打したところでレフェリーがストップし、ウッドリーが王座獲得に成功した。



 ウェルター級チャンピオンシップ史上最短時間で決着をつけたウッドリーは「バックステージでは凄くリラックスしていたんだ。リラックスしすぎていて心配だったくらい。ただ、今回が一番やりたい試合だったわけじゃない。彼はオレの友人でもあるからな。でも、ずっとこのベルトが自分の腰に巻かれることを思い浮かべてきた。オクタゴンで戦い始めて以来、これはオレの使命だったから。驚くような気分だよ」とコメント。敗れたローラーは、「見ての通りさ。フェイントでガードを下げられて貰ってしまった。予想していたケースの一つだったが彼にそこをうまく突かれてしまった」と敗因を語った。



第10試合 女子ストロー級 5分3R
×ローズ・ナマユナス [Rose Namajunas](3位)
○カロリーナ・コバルケビッチ [Karolina Kowalkiewicz](5位)
判定1-2 (29-28/28-29/28-29)

 1R、中盤までナマユナスがパンチをうまく当てていたが、コバルケビッチも首相撲からの膝を連続で当て挽回。終盤、テイクダウンの攻防で最終的にナマユナスが上に。この最後の展開でナマユナスが好印象を残す。
 だが2R、コバルケビッチは1Rで手応えを得た様子で、首相撲でナマユナスを捕まえ続け、膝、肘をうまくヒット。ナマユナスも前蹴りでコバルケビッチを吹き飛ばしたり、右フックを当てて挽回するが、膝をボディに効かされた影響で消耗が激しく、終盤はコバルケビッチがステップでナマユナスをかわして翻弄する。
 3Rもコバルケビッチが左ミドルを当て、中盤には蹴り足をすくって崩してから、首相撲で膝を連打してから倒し上に。ナマユナスも下から必死に三角絞め等を狙うが、コバルケビッチはしのいでパウンドを当て続け終了。ジャッジ1者がナマユナスに付けてしまったが、2者は順当にコバルケビッチにつけ判定勝ちした。



 コバルケビッチは14年11月にインヴィクタFCで魅津希に判定2-1で勝利したことがあり、これでMMA 10戦全勝、UFC 3連勝に。勝利者インタビューでは同じポーランド人のストロー級王者・ヨアンナ・イェンジェイチックに言及。「夢が実現するわ。ヨアンナに『準備はできている?』と聞かれた時はできていなかった。でも今はできている。ヨアンナのことは尊敬している。彼女は最強よ。でも私は最強の相手に勝利するのよ」と話した。


第9試合 ウェルター級 5分3R
×マット・ブラウン(9位)
○ジェイク・エレンバーガー
1R 1'46" TKO (レフェリーストップ:左ミドル→グラウンドパンチ)

 1R開始すぐエレンバーガーが右ストレートと当ててブラウンをダウンさせ、パウンドラッシュで追い詰めるが、ブラウンは脱出。スタンドに戻るとブラウンはガードを下げて前に出て、脅威の回復力を見せるが、エレンバーガーが左ミドルをクリーンヒットすると、ブラウンは悶絶して倒れ、エレンバーガーがパウンドラッシュで試合を終わらせた。


第8試合 バンタム級 5分3R
×フランシスコ・リベラ
○エリック・ペレス
判定0-3 (26-30/26-30/28-29)

第7試合 フライ級 5分3R
○ライアン・ベノワ [Ryan Benoit]
×フレディ・セラーノ
判定2-1 (28-29/29-28/29-28)


第6試合 ライトヘビー級 5分3R
○ニキータ・クリロフ [Nikita Krylov](11位)
×エド・ハーマン
2R 0'40" KO

第5試合 ウェルター級 5分3R
×ロス・ピアソン
○ホルヘ・マスヴィダル
判定0-3 (28-29/28-29/27-30)

第4試合 ヘビー級 5分3R
◯アンソニー・ハミルトン
×ダミアン・グラボウスキー [Damian Grabowski]
1R 0'14" KO

第3試合 フライ級 5分3R
○ウィルソン・ヘイス(7位)
×ヘクター・サンドバル
1R 1'49" チョークスリーパー

第2試合 ウェルター級 5分3R
△マイケル・グレイブス [Michael Graves]
△ボヤン・ベリチコビッチ [Bojan Veličković]
判定1-0(28-28/28-28/30-27)

第1試合 ライト級 5分3R
×セザール・アルザメンディア [César Arzamendia]
○ダミアン・ブラウン
1R 2'27" KO

Home > REPORTS > UFC > タイロン・ウッドリー、ローラーを1R KOしウェルター級王者に:7.30 アトランタ

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について