Home > REPORTS > UFC > 中村K太郎、ノークに得意のチョークで2R一本勝ち:7.13 サウスダコタ

中村K太郎、ノークに得意のチョークで2R一本勝ち:7.13 サウスダコタ

  • UFC
  • 更新・2016-07-14 (Thu)20:51
UFC Fight Night 91 : McDonald vs. Lineker
2016年7月13日(水/現地時間) 米国サウスダコタ州スーフォールズ:ダニー・スタンフォード・プレミアセンター
  レポート:井原芳徳   Photos : (C) Zuffa, LLC
  (中継:ニコニコ生放送


第12試合 メインイベント バンタム級 5分5R
×マイケル・マクドナルド(5位)
○ジョン・リネカー(8位)
1R 2'43" KO (左フック→グラウンドパンチ)

 マクドナルドは1月に金原正徳に一本勝ちして以来の試合。1R、スタンドでお互い出方をうかがう状態が続くが、1分過ぎに背の低いリネカーが左ボディをクリーンヒットし、その後も右ボディも当てて、じわじわとプレッシャーを強める。そしてカウンターの右フックをクリーンヒットしてマクドナルドをダウンさせると、その後も立ち上がったマクドナルドにパンチを正確に当て続ける。マクドナルドも必死でパンチを返すが空振りを続け、最後はリネカーが右ボディと左フックの連打を決めて再びマクドナルドをダウンさせてから、パウンドをまとめてKO勝ちした。
 リネカーはこれで5連勝で、フライ級からバンタム級に戻してからも3連勝。勝利者インタビューでは「ドミニク・クルーズ!お前のところに行くからな!」と王座挑戦を熱望した。


第11試合 ライト級 5分3R
○トニー・ファーガソン(3位)
×ランドン・バンナータ
2R 2'22" ダースチョーク

 バンナータは13年12月にパンクラスに1度だけ参戦し中井光義を下している選手でUFC初参戦。1R、サイドキックを多用する変則のステップとノーガードでファーガソンをかく乱し、バックハンドブローや右ストレートをクリーンヒットする場面も。ファーガソンのパンチを細かくもらい続けるとふらつき始めるが、ファーガソンの蹴り足をすくってバランスを崩させてから右ハイをクリーンヒット。ファーガソンはフラフラと倒れピンチとなるが、上になったバンナータの足をつかんでヒールホールドを狙い、外れれば腕十字を狙い、バンナータの追撃を封じる。
 2R、ファーガソンはダメージから回復し、左ジャブ、左ミドル、右フックを当て続けて挽回。バンナータはノーガードを貫き観客を楽しませるが、動きがどんどん遅くなり、ファーガソンが1Rにも何度か使っていた得意技のダースチョークをスタンドのまま仕掛け、そのままグラウンドに引きずり込んで搾り上げてタップを奪取。苦しみながらも連勝を8に伸ばした。この試合がファイトオブザナイトを獲得している。


第10試合 ミドル級 5分3R
○ティム・ボーシュ
×ジョシュ・サマン
2R 3'49" TKO

第9試合 ヘビー級 5分3R
×アレクセイ・オレイニク
○ダニエル・オミランチェク [Daniel Omielańczuk]
判定1-2 (28-29/29-28/28-29)


第8試合 ウェルター級 5分3R
×カイル・ノーク
○中村K太郎(K太郎道場)
2R 4'59" チョークスリーパー

 中村は昨年9月の埼玉での7年ぶりのUFC復帰戦でリー・ジンリャンに逆転TKO勝ちしたが、2月のロンドンでのトム・ブリーズ戦では判定負けを喫した。ノークは2010年からUFCに上がり、UFC戦績は10戦6勝(3KO/2一本)4敗。前回1月のアレックス・モロノ戦では判定2-1で惜敗しており、2連敗を避けたい状況は中村と同じだ。

 1R、サウスポーの中村と、オーソドックスのノークのスタンドの攻防が続き、両者パンチと蹴りを当てるが、均衡状態が続く。中央で圧力をかけ続けるのは中村だが、前蹴りやローを強打して印象が少し上なのはノークで、採点の難しい内容に。

 2R、序盤から中村がタックルを仕掛けるが、ノークは軽く切ってみせる。1Rと同じような静かな打撃戦が続くが、3分過ぎにようやく中村が左ストレートを当ててノークをぐらつかせる。しかしノークは金網を背にしつつ、タックルで中村を抱えてテイクダウンに成功。中村に立たれた後もしがみつき、突き放して左ストレートを返す。



 これで印象が五分に戻ってしまったが、終盤の集中力が落ちてくるところで、中村がパンチを連打すると、これが効き目を発揮し、ノークは後退。中村がノークの首を抱えて左膝蹴りを顔面に当てるとノークはダウンする。中村がパウンドの連打で一気に攻め、最後は背中を向けさせて得意のチョークを極め、ブザーのなる直前にタップを奪った。

 勝利者インタビューで中村は「もう、うれしくてしょうがないです」と話し、会場ビジョンのフィニッシュの映像を見ながら試合を振り返る状況になると「視界が殴られて悪いんで。でもいつも通り僕のサブミッションは素晴らしい」と、中村らしい独特の言い回しで自画自賛した。
 



第7試合 フライ級 5分3R
○ルイス・スモルカ(12位)
×ベン・グエン [Ben Nguyen]
2R 4'41" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

第6試合 女子バンタム級 5分3R
×ローレン・マーフィー(13位)
○ケイトリン・チョケイジア [Katlyn Chookagian]
判定0-3 (28-29/28-29/28-29)

第5試合 ミドル級 5分3R
×エリック・スパイスリー [Eric Spicely]
○サム・アルビー
1R 2'43" フロントチョークスリーパー

第4試合 女子ストロー級 5分3R
○コートニー・ケイシー
×クリスティーナ・スタンチュ
1R 2'36" TKO

第3試合 ライト級 5分3R
○スコット・ホルツマン
×コーディ・フィスター [Cody Pfister]
判定3-0 (30-27/30-27/29-28)

第2試合 バンタム級 5分3R
○ハニ・ヤヒーラ
×マシュー・ロペス
3R 4'19" 肩固め

第1試合 ライトヘビー級 5分3R
×デビン・クラーク
○アレックス・ニコルソン
1R 4'57" KO

Home > REPORTS > UFC > 中村K太郎、ノークに得意のチョークで2R一本勝ち:7.13 サウスダコタ

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について