Home > REPORTS > UFC > ヨアンナ、3度目の防衛。ウィル・ブルックス、UFC初戦は辛勝:7.8 ラスベガス

ヨアンナ、3度目の防衛。ウィル・ブルックス、UFC初戦は辛勝:7.8 ラスベガス

  • UFC
  • 更新・2016-07-09 (Sat)23:01
The Ultimate Fighter 23 Finale
2016年7月8日(金/現地時間) 米国ネバダ州ラスベガス:MGMグランドガーデンアリーナ
  レポート:井原芳徳  Photos : (C) Zuffa, LLC


第12試合 メインイベント UFC女子ストロー級チャンピオンシップ 5分5R
○ヨアンナ・イェンジェイチック [Joanna Jędrzejczyk](王者)
×クラウディア・ガデーリャ(1位)
判定3-0 (48-46/48-45/48-46)
※イェンジェイチックが3度目の防衛

 ヨアンナ・イェンジェイチックは昨年11月のオーストラリア大会でヴァレリー・レターノーに判定勝ちして以来の防衛戦。今回の挑戦者のガデーリャとはUFC 2戦目の14年12月に対戦し、イェンジェイチックが勝ったものの判定2-1の接戦だった。ガデーリャはプロ13戦目のその試合で初黒星を喫したが、その次の昨年8月の母国ブラジル大会で元WSOF王者のジェシカ・アギラーに判定勝ちし、王座挑戦権を獲得していた。

 1R開始すぐ、ガデーリャの左ジャブでイェンジェイチックが一瞬尻餅をつき、ガデーリャがすぐ押し込んでテイクダウンを奪取。すぐスタンドレスリングの状態になり、しばらく膠着するが、中盤過ぎに再びガデーリャが上に。ハーフからパウンドを落とすが、イェンジェイチックはスタンドに戻す。終盤90秒は離れての打撃戦となり、イェンジェイチックは左右の前蹴りをうまくボディに当てるが、インパクトは薄く、ガデーリャがポイントを先取する。
 2Rもガデーリャがイェンジェイチックを押し込んテイクダウンを先取。ハーフからパウンドを当てる。イェンジェイチックが立った後も押し込み続ける。残り90秒、足を掛けて倒そうとして失敗して逆に下になるが、すぐ返して金網に押し込む状態を続け、このラウンドもポイントを取る。

 3R、ボクシングの展開で両者パンチを当てた後、またもガデーリャがタックルでテイクダウンを奪い、立たれても2Rまで同様に押し込んで主導権。ところが押し込まれたイェンジェイチックが右肘を当てて突き放し、再び右肘を当てると、蹴りやパンチのヒットも増え、流れが変わる。中盤過ぎ、ガデーリャがタックルを仕掛けるが、今度はイェンジェイチックが切ることに成功。終盤、ガデーリャも右肘でイェンジェイチックをぐらつかせるが、イェンジェイチックも肘を返し、激しい打撃戦に。打撃のヒット数で上回ったイェンジェイチックがようやくポイントを取り返す。
 4R、イェンジェイチックは構えを何度もスイッチし、声を上げながらパンチとローを連続で当てて主導権。持前のスタミナがここで活き始め、逆にガデーリャは息が上がり、受けに回ってしまう。イェンジェイチックはミット打ち状態で何発も攻撃を当て続け、残り1分には左ハイもヒット。イェンジェイチックが2ポイントを取っていても不思議では無い内容だ。

 こうなると完全にイェンジェイチックのゲームで、5Rも序盤からパンチの連打をヒット。ガデーリャのタックルを切り、突き放して軽快にステップしながらジャブ、ストレート、前蹴り、ローを当て続ける。中盤過ぎには組んできたガデーリャを逆に倒してみせ、終盤もスタンドでパンチを当て続け試合終了。判定はもちろん3者ともイェンジェイチック。3R序盤まで手を焼いたものの、持前の打撃技とスタミナで見事ポイントを逆転し、3度目の防衛に成功した。




第11試合 TUF 23 ライトヘビー級トーナメント決勝 5分3R
○アンドリュー・サンチェス
×ハリール・ラウンツリー [Khalil Rountree]
判定3-0 (30-25/30-25/30-26)
※サンチェスが優勝

第10試合 TUF 23 女子ストロー級トーナメント決勝 5分3R
○タチアナ・スアレス [Tatiana Suarez]
×アマンダ・クーパー
1R 3'43" ダースチョーク
※スアレスが優勝


第9試合 ライト級 5分3R
×ロス・ピアソン
○ウィル・ブルックス
判定0-3 (28-29/28-29/28-29)

 ブルックスは名門ATTに所属し、12年大晦日のDREAMで北岡悟をKO。その後ベラトールでライト級王座を2度防衛し、今回がUFC初参戦。09年のTUFウィナーのピアソンが最初の相手に用意された。
 1R、スタンドの展開で、ブルックスは時折左の膝蹴りを的確にヒット。だがピアソンの左フックも当たり、一瞬ブルックスの腰が落ちる場面も。ブルックスは中盤と終盤にタックルから押し込むが、ピアソンは倒れない。僅差だがポイントをつけるなら主導権を握る時間の長かったブルックスか。
 2Rもスタンドで僅差の展開が続くが、中盤にようやくブルックスが胴タックルでテイクダウンに成功。パウンドを落とし、足を登らせるピアソンをかわしてバックに回り込む。ピアソンが立った後も背後でしがみつく。金網際のスタンドレスリングの展開でもコツコツと左膝や右肘をヒットしてて痛めつけ、離れれば右ボディ、左テンカオも叩き込む。
 3R、ピアソンもスタンドで左右のフックや左膝を当てるようになり、じわじわと反撃。ブルックスは次第に動きが粗くなり、ピアソンがブルックスを金網まで詰めてボディ狙いのパンチ連打と左ミドルで追い詰める。残り1分、ブルックスもテイクダウンを奪うが、トップキープできず。その後は金網際でのクリンチの展開で互いにパンチと膝を打ち合い終了。
 3Rはピアソンが取り返したが、2Rまでのポイントを取ったブルックスが苦しみながらもUFC初戦を白星で飾った。試合後のインタビューでは、前日にUFCライト級王者となったエディ・アルバレスとの再戦を熱望した。


第8試合 フェザー級 5分3R
○チェ・ドゥホ
×チアゴ・タバレス
1R 2'42" KO (右ストレート)

 日本のDEEPで活躍したドゥホが、UFC 9年目のベテラン・タバレスと対戦。開始間もなく、タバレスのタックルで倒され、いったん立った後も倒されるが、再び立ち上がり突き放すと、金網を背にしたタバレスにじわじわとプレッシャーをかけて、ジャブ気味の左ストレートからの右ストレートをクリーンヒット。ダウンしたタバレスにダメ押しのパウンド一発を叩き込んだところでレフェリーがストップし、これでUFC参戦から3戦連続で1R KO勝ちとなった。
  ドゥホは試合後のインタビューで、8月6日(現地時間)のユタ大会のカブ・スワンソン(6位)と川尻達也(14位)の一戦の勝者と戦いたいと話した。


第7試合 ライト級 5分3R
○ヨアキム・シウバ [Joaquim Silva]
×アンドリュー・ホルブルック [Andrew Holbrook]
1R 0'34" KO (右フック→グラウンドパンチ)

第6試合 フェザー級 5分3R
○グレイ・メイナード
×フェルナンド・ブルーノ
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

第5試合 フライ級 5分3R
×ジョン・モラガ
○マテウス・ニコラウ [Matheus Nicolau]
判定1-2 (28-29/29-28/28-29)

第4試合 ライトヘビー級 5分3R
×コリー・ヘンドリックス
○ジョシュ・スタンスブリー [Josh Stansbury]
判定0-2 (27-29/27-29/28-28)

第3試合 ミドル級 5分3R
○セザール・フェレイラ
×アンソニー・スミス
判定3-0 (29-28/29-28/29-28)

第2試合 ライト級 5分3R
×ジェイク・マシューズ
○ケビン・リー
1R 4'06" TKO

第1試合 ウェルター級 5分3R
○リー・ジンリャン [Li Jingliang]
×アントン・ザフィア [Anton Zafir]
1R 2'46" KO

Home > REPORTS > UFC > ヨアンナ、3度目の防衛。ウィル・ブルックス、UFC初戦は辛勝:7.8 ラスベガス

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について