Home > REPORTS > UFC > ウェルター級2位のトンプソン、1位のマクドナルドを完封:6.18 オタワ

ウェルター級2位のトンプソン、1位のマクドナルドを完封:6.18 オタワ

  • UFC
  • 更新・2016-06-20 (Mon)13:11
UFC Fight Night 89 : MacDonald vs. Thompson
2016年6月18日(土/現地時間) カナダ・オンタリオ州オタワ・TDプレイス・アリーナ
  レポート:井原芳徳  Photos : (C) Zuffa, LLC / gettyimages
  中継:ニコニコ生放送(6/21(火)23:59までタイムシフト視聴可)


第13試合 メインイベント ウェルター級 5分5R
×ローリー・マクドナルド(1位)
○スティーブン・トンプソン(2位)
判定0-3 (45-50/45-50/47-48)

 マクドナルドは昨年7月にロビー・ローラーの王座に挑戦し5R TKO負けして以来の試合。母国カナダでの試合から再浮上を狙う。対するトンプソンは2月に元王者のジョニー・ヘンドリックスに1R TKO勝ちし6連勝中だ。

 1R、マクドナルドはオーソドックス、トンプソンはサウスポーに構え、お見合い状態が続く。マクドナルドは時折、今成正和のようにスライディングして足関を狙うが、トンプソンは落ち着いてかわす。ほどんど差が無いが、ケージ中央に立つ時間の長いトンプソンが少し優勢か。
 2Rもお見合いが続き、互いに慎重なファイトが続く。やや積極的に蹴りを出すのはトンプソンのほう。マクドナルドにポイントをつける要素が乏しい。
 3R、1分半過ぎにトンプソンがテイクダウンを奪取。だがマクドナルドが下から足関を狙い、スタンドに戻る。その後もスタンドでお見合い状態が続く。テイクダウンを奪った分、ポイントをつけるならトンプソンか。


 4Rになるとようやく距離が詰まってパンチで打ち合う場面もあるが、中盤からはまたお見合い状態に戻る。その中でも的確にパンチをヒットし続けるのはトンプソンのほうだ。
 5Rはトンプソンがパンチのヒットを増やし、マクドナルドが出血。中盤にはマクドナルドを倒してサイドポジションをキープ。スタンドに戻ってもパンチや蹴りを当てて主導権を維持し終了。終始慎重な試合運びだったが、マクドナルドにほとんど何もさせず王座挑戦につなげ、試合後のインタビューでは「タイトルベルト、ベイビー!」と叫んでアピールした。



第12試合 ウェルター級 5分3R
○ドナルド・セローニ(ライト級4位)
×パトリック・コーテ
3R 2'35" TKO (レフェリーストップ:右ストレート→グラウンドパンチ)

 セローニはライト級で8連勝後、昨年12月にハフェエル・ドス・アンジョスの王座に挑戦し、わずか66秒でTKO負け。続く2月のペンシルバニア大会2でウェルター級に階級を上げ、アレックス・オリヴェイラに1R三角絞めで勝利している。今回はカナダ大会常連ともいえるコーテと対戦した。

 1R、セローニが開始まもなくからテイクダウンし上に。だが攻めあぐねスタンドに戻ると、コーテのパンチに合わせて再びテイクダウン。すぐハーフガードを取ると、コーテのブリッジのタイミングでバックを取り、チョークを狙い続ける。最後は猪木アリ状態でコーテが寝ころび終了。セローニがポイントを先取する。



 2R、スタンドの展開でもセローニが右ローを的確に当てて主導権。パンチの打ち合いでもしっかり左ストレートを叩き込む。コーテが下がり始めると、3分半過ぎ、接近戦での左フックでダウンを奪いパウンドラッシュ。スタンドに戻ってからもパンチと蹴りを当て続けコーテを圧倒する。
 3Rも序盤からセローニが右ロー、左フックを的確に当て、左右のハイも放ってKOを狙う。最後は右ストレートの連打でコーテをダウンさせると、うずくまったコーテにダメ押しのパウンドを連打したところでレフェリーがストップ。セローニの完勝に終わった。


第11試合 ミドル級 5分3R
○スティーブ・ボッセ
×ショーン・オコンネル
判定3-0 (29-28/29-28/29-27)

第10試合 ライト級 5分3R
○オリビエ・オービン・メルシエ
×ティボー・グティ [Thibault Gouti]
3R 2'28" チョークスリーパー

第9試合 女子フライ級 5分3R
×ヴァレリー・レターノー(ストロー級5位)
○ジョアンナ・カルダーウッド [Joanne Calderwood](ストロー級12位)
3R 2'51" TKO

第8試合 ライト級 5分3R
○ジェイソン・サッゴ
×レアンドロ・シウバ
判定2-1 (28-29/29-28/29-28)

第7試合 ライトヘビー級 5分3R
○ミーシャ・サークノフ [Misha Cirkunov]
×イオン・クテラバ [Ion Cutelaba]
3R 1'22" 肩固め

第6試合 ミドル級 5分3R
×タムダン・マックローリー
○クリストフ・ヨトゥコ [Krzysztof Jotko]
1R 0'59" KO

第5試合 バンタム級 5分3R
×クリス・ビール
○ジョー・ソト
3R 3'39" チョークスリーパー

第4試合 ミドル級 5分3R
○エリアス・セオドル [Elias Theodorou]
×サム・アルビー
判定3-0 (29-28/30-27/30-27)

第3試合 女子117.5ポンド契約 5分3R
○ランダ・マルコス
×ジョセリン・ジョーンズ・ライバーガー [Jocelyn Jones-Lybarger]
判定3-0 (30-27/29-28/29-28)
※マルコスの計量オーバーでストロー級から変更

第2試合 ウェルター級 5分3R
○コルビー・コビントン
×ジョナサン・ムニエ [Jonathan Meunier]
3R 0'54" チョークスリーパー

第1試合 フライ級 5分3R
○アリ・バガウティノフ
×ジアン・エレーラ [Geane Herrera]
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

Home > REPORTS > UFC > ウェルター級2位のトンプソン、1位のマクドナルドを完封:6.18 オタワ

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について