Home > REPORTS > UFC > ローラー、死闘制し防衛。田中路教、接戦制す。金原正徳、逆転負け:1.2 ラスベガス

ローラー、死闘制し防衛。田中路教、接戦制す。金原正徳、逆転負け:1.2 ラスベガス

  • UFC
  • 更新・2016-01-03 (Sun)15:13
UFC 195: Lawler vs. Condit
2016年1月2日(土/現地時間) 米国ネバダ州ラスベガス・MGMグランドガーデンアリーナ

  レポート:井原芳徳


第12試合 メインイベント UFCウェルター級タイトルマッチ 5分5R
○ロビー・ローラー(王者)
×カーロス・コンディット(4位、元暫定王者)
判定2-1 (47-48/48-47/48-47)
※ローラーが2度目の防衛

 ローラーが昨年7月のローリー・マクドナルド戦以来となる2度目の防衛戦。この試合はオーストラリアで11月15日(現地時間)に開催されたUFC 193で組まれていたが、ローラーが指を怪我し、女子バンタム級のロンダ・ラウジーの防衛戦と入れ替わっていた。元暫定王者・コンディットは12年11月のサンピエールとの王座統一戦で判定負けして以来の王座戦。その後は2勝2敗で、最近では昨年5月にチアゴ・アウベスに2R TKO勝ちしている。
 1R、サウスポーのローラーがプレッシャーをかける状態が続くが、コンディットが前に出て左ストレートを当ててローラーをぐらつかせると、中盤からコンディットが左右のミドル、ローを駆使して圧力をかけ返すように。コンディットがポイントを先取する。
 2Rもコンディットがロー、膝を当て続けていたが、サウスポーになったローラーも距離を詰めて右のストレートを当て、一瞬コンディットをぐらつかせる。すると中盤過ぎ、コンディットが左右のパンチを振って来たタイミングでローラーが左フックからの右のフックを当て、コンディットがダウン。ローラーは上になってからの攻めは無く、1分足らずでスタンドに戻るが、このダウンで好印象を残し五分に戻す。
 3Rもコンディットのテンカオのタイミングで右フックを返したり、肘を振って来たタイミングで右ストレートを返したりして、多彩なコンディットの攻めに着実に対応する。終盤はコンディットが圧力をかけるシチュエーションに。僅差のラウンドでポイントは割れそうだ。
 4Rは時折パンチを打ち合い、均衡が崩れない状態が続くが、的確さではコンディット。終盤に差し掛かるとコンディットの右ミドルが効き目を発揮。ローラーは金網を背にして動きが止まり、コンディットの左ボディや肘をもらって守勢になる。
 5R、激闘派のローラーは序盤から前に出てパンチを連打するが、1分過ぎからはコンディットがパンチの連打で反撃。ヒット数ではコンディットが上の状態に。だが3分過ぎ、ローラーの右フックが炸裂すると、またもローラーが連打で反撃。場内は総立ちで沸きあがる。さすがのローラーも疲れ果てて来たが、それでも終盤に左ハイを当てるなど攻勢をキープ。最後にポイントを取り返す。
 やはり3Rのポイントが割れた模様で、総得点でも割れたが、ローラーの最後の巻き返しが功を奏した形でローラーの勝利となった。


第11試合 ヘビー級 5分3R
○スティーペ・ミオシッチ(3位)
×アンドレイ・アルロフスキー(2位、元王者)
1R 0'54" TKO (レフェリーストップ:スタンドパンチ連打→グラウンドパンチ)

 アルロフスキーは14年に6年ぶりにUFC復帰後4連勝と絶好調。王座奪還に近づいたが、あっけなく寸断されることに。アルロフスキーが左ジャブから飛び込んだタイミングで、ミオシッチの右フックがアルロフスキーのこめかみに炸裂。ぐらついたアルロフスキーにミオシッチが右、左のパンチを連打すると、アルロフスキーは前のめりにダウンし、パウンドを連打したところでレフェリーがストップした。ミオシッチは「僕のタイトルマッチを見たいよね?」とアピールした。


第10試合 ウェルター級 5分3R
×ロレンズ・ラーキン
○アルバート・トメノフ
判定1-2 (28-29/29-28/28-29)

 1R、スタンドの展開が続き、お互い慎重な試合運びを続けるが、トメノフが圧力をかける時間が長く、時折得意のハイキックを当て好印象を残す。2Rもトメノフのペースで、左のアッパーやボディも駆使。ラーキンの右ローを嫌って、3Rにはラーキンのローとバックスピンキックを足にもらい、サウスポーにする場面もあったが、終盤はオーソドックスに戻して左ボディを当てて反撃を最小限に封じ、スプリットながらも判定勝ちした。


第9試合 フェザー級 5分3R
×ディエゴ・ブランダオン
○ブライアン・オルテガ
3R 1'27" 三角絞め

 ブランダオンは昨年9月のさいたま大会で菊野にTKO勝ちしている選手。オルテガはホリオン・グレイシーの弟子。1R、序盤からオルテガを抱え上げて倒し、菊野を苦しめた右のパンチもスタンドで炸裂させる。
 なかなかオルテガは思うように攻められず、3R序盤にもパウンドを浴びてしまったが、スタンドに戻り、肘打ちから首を抱えると、アナコンダチョークを仕掛ける。これは極まりは不十分だったが、固執せずに外すと、ブランダオンが上になるタイミングで下から得意の三角絞めを極めタップアウト。見事な逆転勝ちでデビュー以来の無敗記録を11に伸ばした。


第8試合 ライト級 5分3R
○アベル・トルヒーヨ [Abel Trujillo]
×トニー・シムズ
1R 3'18" フロントチョークスリーパー


第7試合 バンタム級 5分3R
○マイケル・マクドナルド(8位)
×金原正徳(リバーサルジム立川ALPHA)
2R 2'09" チョークスリーパー

 金原は昨年7月のサンディエゴ大会でハニ・ヤヒーラに判定2-1で敗れて以来の試合で、9位の水垣偉弥の一つ上のマクドナルドとの試合が組まれた。
 1R、金原が序盤からテイクダウンを奪うが、マクドナルドが金網を背にして下からギロチンを極めチャンス。だが金原は外すと、ハーフガードからパウンド。セコンドの北岡悟のきめ細かなアドバイスを聞きながら、マクドナルドのサブミッションと脱出を封じコントロールする。
 2R、マクドナルドの右ローのタイミングで金原がタックルを合わせテイクダウンを奪取。1R同様に下から首を取られるが、すぐ外してサイドへ。ハーフから首を抱えつつマウントを奪い、肩固めを仕掛ける。勝利が目前に迫ったが、押さえ込みが不十分となってしまい、脱出したマクドナルドはすぐさまバックマウントを奪い返して、チョークを極めタップアウト。まさかの逆転負けを喫した金原はこれでUFC 2連敗、UFC戦績1勝2敗となってしまった。


第6試合 ウェルター級 5分3R
×カイル・ノーク
○アレックス・モロノ [Alex Morono
判定1-2 (28-29/30-27/28-29)

第5試合 女子ストロー級 5分3R
○ジャスティン・キッシュ
×ニーナ・アンサロフ [Nina Ansaroff]
判定3-0 (29-28/30-27/30-27)

第4試合 ライト級 5分3R
○ドリュー・ドーバー
×スコット・ホルツマン
判定3-0 (29-28/29-28/29-28)

第3試合 ライト級 5分3R
○ダスティン・ポワリエ
×ジョセフ・ダフィー
判定3-0 (30-26/30-27/30-27)

第2試合 バンタム級 5分3R
×ジョー・ソト
○田中路教(チーム・アルファメール・ジャパン)
判定1-2 (29-28/28-29/28-29)

 田中は14年9月のさいたま大会でカン・ギョンホに判定負けして以来の試合。ソトは昨年10月にT.J.ディラショーの王座に挑戦し5R KO負けした選手。その時は別の相手と戦う予定だったが、バラオンの欠場で前日のオファーで急きょ王座に挑戦していた。
 1R、スタンドの展開が続くが、3分過ぎにソトの右ローのタイミングで田中がタックルを仕掛けテイクダウンに成功する。だがソトが下からフットチョーク、オモプラッタを仕掛け、嫌った田中はスタンドに戻す。ポイントはソトが順当とも思えたが割れることに。
 2R、田中はガードを下げて左ジャブを突き、中盤に右のテンカオを当てた後に組んで投げに成功。下のソトは金網を背にしながらギロチンを仕掛けるが、田中は腰を上げて対処して外し、上から肘、パウンドを当てて好印象を残す。終盤、ソトが下から足を取りに来るが、田中は素早く回転してトップに戻りキープする。
 3R、スタンドの展開が続き、ソトの左ジャブが当たり出すが、もらった直後に田中がタックルでテイクダウン。これもソトがギロチンで捕まえるが、田中は外してパウンドを連打。スタンドに戻ると、ソトが右フック、左ジャブをヒットし、田中は口から出血して下がる状態が続き印象が悪い。残り20秒にはソトがタックルで倒して上になり、最後は下からギロチンを狙い好印象を残す。田中は苦戦したが、判定は割れ、田中に軍配。UFC戦績を2勝1敗とした。


第1試合 ウェルター級 5分3R
×エドガー・ガルシア
○シェルドン・ウェストコット [Sheldon Westcott]
1R 3'12" TKO

Home > REPORTS > UFC > ローラー、死闘制し防衛。田中路教、接戦制す。金原正徳、逆転負け:1.2 ラスベガス

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
入会金無料!入会月も月謝無料!女性会員は月謝4320円!! レディース・キッズクラスも!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について