Home > REPORTS > UFC > アンデウソン、左足骨折から1年ぶり復帰戦は5R判定勝ち:1.31 ラスベガス

アンデウソン、左足骨折から1年ぶり復帰戦は5R判定勝ち:1.31 ラスベガス

  • UFC
  • 更新・2015-02-01 (Sun)14:47
UFC 183: Silva vs. Diaz
2015年1月31日(土/現地時間)米国ネバダ州ラスベガス・MGMグランドガーデンアリーナ

  レポート:井原芳徳
  

第12試合 メインイベント ミドル級 5分5R
○アンデウソン・シウバ(1位、元王者)
×ニック・ディアス(元ストライクフォース・ウェルター級王者)
判定3-0 (49-46/50-45/50-45)

 無敵の16連勝、10度防衛を果たしていたアンデウソンが、13年7月12月と、クリス・ワイドマン相手にまさかの2連敗。リベンジマッチでは左ローキックをカットされた際に骨折し、リハビリを経て13ヶ月ぶりにオクタゴンに戻ってくる。対するニックは13年3月にUFCウェルター級王者のサンピエールに挑むが判定で敗れ、一時は引退を口にしたが、タイトルマッチができるならと階級を上げて復帰。今回の勝者が王者ワイドマンに挑むことが決定している。
 
 1R、両者サウスポーに構え、ニックは中央に立ってノーガードで構えたり、マットに寝転んだり、尻を向けたりと、挑発行為を繰り返す。アンデウソンは時計回り主体で距離を取って表情を崩さず、時折伸びのあるパンチをヒット。アンデウソンもノーガードで付き合い出すと、ニックのパンチを連打でもらうが、冷静さを装う。終盤に入ると、アンデウソンは右ジャブを高速で繰り返してニックをじわじわ下がらせ、左ストレートや左の関節蹴りを放ったりと手数を上げてくる。終盤に手数をまとめたアンデウソンがポイントを取るラウンドに。アンデウソンは左足の負傷を感じさせない動きだ。
 2R、お見合い状態が続き、時折アンデウソンはハイキックや肘を放つが、完全に打ち抜こうという放ち方をせず、寸止めのような状態。1分を切り、アンデウソンは右ミドルを強打。終盤にアンデウソンはノーガードでニックのパンチの連打を受けてみせる。お互い手数が乏しいラウンドだったが、いつでも仕留める準備はできているといった様子のアンデウソンが主導権をキープしている印象だ。
 3R序盤、アンデウソンは関節蹴りやローキックでニックの右足に攻撃を集中。中盤、右のストレート、左の飛び膝を命中させるなど、少し手数を上げる。終盤、回転蹴りのような大技も見せつつも、ローとジャブを随所で絡め、着実にニックにダメージを与えている。ニックは左まぶたをカットする。
 4R、動きに遊びが減ってきたニックに対し、アンデウソンが自分の距離をキープ。ニックのパンチや肘をもらっても、プレッシャーの強度を緩めない。終盤はお互いあまり攻撃を出さず、フェイントで挑発しあう状態ばかりが続き、場内からブーイングが飛び出す。主導権を握っていることに変わり無いが、アンデウソンからはこのラウンドで仕留めに行こうという様子は無く、フルラウンド動いて、来たるべきワイドマンとのリベンジマッチに向けて、できるだけ多くのことをオクタゴンの中で試そうとしているようにも見えてくる。あえてニックの攻撃を受ける場面も、劣勢の予行演習のようにも思えてくる。
 5Rもそういった光景は変わらず、アンデウソンが飛び膝や回転蹴りといった大技を絡めつつも、猛獣のように狩りに行くような動きは見せない。随所で右ジャブを絡め、ニックの左まぶたからの出血を増やすだけで、ジャッジに印象付ける差は十分だとでも言わんばかりだ。試合終了後、ケージを乗り越えてジョン・ジョーンズと抱擁。ジャッジ2者が50-45のフルマークをつける完勝が告げられると、マットに寝転び涙を流した。
 アンデウソンは「再びチャンスを与えてくれた神に感謝します」と話し、「蹴りもパンチもハートも強いニックと復帰戦を戦えてうれしいです。ニックは悪者ではありません。彼も素晴らしい勝負をしてくれました」とニックに敬意を表した。敗れたニックは「顔を傷つけられたが、俺が勝っていたと思う」と相変わらずの強気のコメントで、今後については「これから考える」と話した。


第11試合 ウェルター級(180ポンドキャッチウェイト) 5分3R
○タイロン・ウッドリー(3位)
×ケルヴィン・ガステラム(7位)
判定2-1 (29-28/28-29/30-27)
※計量でガステラムが10ポンド(約4.6kg)オーバー

第10試合 ライト級 5分3R
×ジョー・ローゾン
○アル・アイアキンタ
2R 3'34" TKO (レフェリーストップ:右ストレート→パンチ連打)

第9試合 ミドル級 5分3R
○ターレス・レイチ(11位)
×ティム・ボッシュ(13位)
2R 3'45" 肩固め

第8試合 ウェルター級 5分3R
×ジョーダン・ミーイン [Jordan Mein](13位)
○チアゴ・アウベス
2R 0'39" TKO (レフェリーストップ:右ミドル→グラウンドパンチ)

第7試合 女子バンタム級 5分3R
○ミーシャ・テイト(2位)
×サラ・マクマン(3位)
判定3-0 (29-28/29-27/29-28)

第6試合 ミドル級 5分3R
×エド・ハーマン
○デレク・ブランソン [Derek Brunson]
1R 0'36" TKO (レフェリーストップ:左ストレート→グラウンドパンチ)

第5試合 フライ級(130ポンドキャッチウェイト) 5分3R
×イアン・マッコール(3位)
○ジョン・リネカー(6位)
判定0-3 (28-29/28-29/28-29)
※リネカーが5ポンド(約2.3kg)オーバー

第4試合 ミドル級 5分3R
○ハファエル・ナタル [Rafael Natal]
×トム・ワトソン
判定3-0 (30-27/30-27/30-26)

第3試合 フェザー級 5分3R
-ディエゴ・ブランダオン [Diego Brandão]
-ジミー・ヘッテス [Jimy Hettes]
中止 (ヘッテスの体調不良)

第2試合 ミドル級 5分3R
×ヒカルドソン・モレイラ [Richardson Moreira]
○イルデマール・アルカンタラ [Ildemar Alcântara]
判定1-2 (28-29/29-28/28-29)

第1試合 ミドル級 5分3R
○チアゴ・サントス
×アンディ・エンズ [Andy Enz]
1R 1'56" TKO

Home > REPORTS > UFC > アンデウソン、左足骨折から1年ぶり復帰戦は5R判定勝ち:1.31 ラスベガス

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について