Home > REPORTS > UFC > ベンソン・ヘンダーソン、ジョシュ・トムソンとの接戦制す:1.25 シカゴ

ベンソン・ヘンダーソン、ジョシュ・トムソンとの接戦制す:1.25 シカゴ

  • UFC
  • 更新・2014-01-26 (Sun)12:34
UFC on Fox 10 : Henderson vs. Thomson
2014年1月25日(土) 米国イリノイ州シカゴ・ユナイテッドセンター
  レポート:井原芳徳


第11試合 ライト級 5分3R
○ベンソン・ヘンダーソン
×ジョシュ・トムソン
判定2-1 (48-47/47-48/49-46)

 元UFC王者で現在ライト級1位のヘンダーソンと元ストライクフォース王者で4位のトムソンによる、王座を目指しての戦い。
 1R、サウスポーのヘンダーソンがパンチで前に来ると、トムソンはタックルで組み付いて豪快に抱え上げてテイクダウンに成功。そのままバックマウントを奪いチョークを狙う。1分足らずで窮地に陥ったヘンダーソンだが、そのまま防御を続け、中盤にはオンブさせたまま立ち上がって脱出を図り、3分半すぎには足のロックを外してトムソンをケージに押しこむ展開に持ち込む。残り1分、トムソンが足を掛けて上になるが、ヘンダーソンは脱出してケージに押し込みながら肩固めを仕掛けるが。だが不完全なかかり方で、いったん倒れた後にトムソンが脱出し、終了間際にもヘンダーソンを抱えてテイクダウンを奪う。一瞬流れは傾いたが、トムソンがポイントを取るラウンドに。
 2Rは一転して静かな幕開け。ケージ際での差し合いの攻防が続きブレイクがかかる。2分半過ぎ、トムソンがまたも抱え上げてテイクダウンを奪うと、ケージ際ですぐさまバックを奪う。今度はすぐヘンダーソンがオンブの状態で立ち上がり脱出。1Rと同じ展開だが今度はヘンダーソンのピンチの時間が短い。その後はスタンドの攻防が続くが、お互い決め手に欠けるまま終了。このラウンドもトムソンか。
 3R、今度は開始すぐからヘンダーソンがスーパーマンパンチを当ててテイクダウン。逆にバックを取りに行く積極的な動きで形勢逆転を図る。だが1分足らずでトムソンは元のスタンドの状態に戻し、お互い攻めあぐねる状態が続く。終盤、トムソンがスリップしてヘンダーソンが上になりパウンドを落とす場面もあり、トムソンが左頬を出血しており、ヘンダーソンが若干優勢のラウンドか。
 4R、30秒ほどでトムソンが組み付いてテイクダウンに成功。だがヘンダーソンが下から足を登らせ肘を当てて主導権。2分半過ぎにはリバースして上になる場面も。その後はスタンドに戻るが、残り1分過ぎにトムソンがタックルからテイクダウンを奪い、バックを取りに行きチャンス。だがヘンダーソンは既に慣れた様子で、三度オンブの状態になると、長い髪をかいて余裕をアピール。背後に乗るトムソンも手を振って観客を煽り、アピール合戦を繰り広げる。このラウンドは評価が割れそうだ。
 5Rはスタンドの攻防が続き、互いに蹴りとパンチを当てるが、均衡状態が続く。3分過ぎ、ヘンダーソンの蹴り足をトムソンがつかんで倒し、またもバックを奪いに行く動きを見せるが、軽々と脱出を許す。最後もスタンドの攻防で互いに決め手の無いまま終了。このラウンドも評価が難しい内容に。予想通りジャッジは割れ、ヘンダーソンが勝利。王座奪還に前進した。


第10試合 ヘビー級 5分3R
○スティーペ・ミオシッチ
×ガブリエル・“ナパオン”・ゴンザガ
判定3-0 (30-27/30-27/29-28)

 ナパオンが時折、不意打ちの右ハイを放ったり、得意のグラウンドに引きずり込もうとする場面もあったが、ミオシッチのパンチが次第に当たりだすと、2R後半はナパオンが防戦一方に。3Rも同様で、スリップするナパオンのグラウンドに付き合わずスタンド勝負を貫くが、残り1分にはハーフで安定したポジションをキープして肘とパウンドを連打し圧倒。文句なしの判定勝ちを果たした。


第9試合 ライト級 5分3R
○ドナルド・セラーニ
×エイドリアーノ・マルティンス
1R 4'40" KO (右ハイキック)

第8試合 フェザー級 5分3R
○ジェレミー・スティーブンス
×ダレン・エルキンス
判定3-0 (29-28/30-27/30-27)

第7試合 バンタム級 5分3R
○アレックス・カサレス
×セルジオ・ペティス
3R 4'39" チョークスリーパー

第6試合 バンタム級 5分3R
○エディ・ワインランド
×イーブス・ジャボウィン
2R 4'16" TKO (レフェリーストップ:バックマウントパンチ)

第5試合 バンタム級 5分3R
○チコ・カムス
×ヤオツィン・メザ [Yaotzin Meza]
判定3-0 (30-27/29-28/29-28)

第4試合 バンタム級 5分3R
○ヒューゴ・ヴィアナ
×ジュニオール・ヘルナンデス
判定3-0 (29-28/29-28/29-28)

第3試合 ライト級 5分3R
○ダロン・クルックシャンク
×マイク・リオ
2R 4'56" TKO (レフェリーストップ:後ろ回し蹴り→パンチ連打)

第2試合 ウェルター級 5分3R
○ジョージ・サリヴァン
×マイク・ローズ
判定3-0 (29-28/29-28/29-28)

第1試合 ヘビー級 5分3R
○ニキータ・クリロフ [Nikita Krylov]
×ウォルト・ハリス
1R 0'25" KO (右ハイキック)

Home > REPORTS > UFC > ベンソン・ヘンダーソン、ジョシュ・トムソンとの接戦制す:1.25 シカゴ

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について