Home > REPORTS > UFC > GSP、暫定王者コンディット破り8度目の防衛:11.17 カナダ

GSP、暫定王者コンディット破り8度目の防衛:11.17 カナダ

  • UFC
  • 更新・2012-11-18 (Sun)14:51
UFC 154 - St. Pierre vs. Condit
2012年11月17日(土/現地時間) カナダ・ケベック州モントリオール・ベルセンター
  レポート:井原芳徳


第12試合 メインイベント UFCウェルター級 5分5R
○ジョルジュ・サンピエール(王者)
×カーロス・コンディット(暫定王者)
判定3-0 (49-46/50-45/50-45)
※サンピエールが8度目の防衛

 GSPは昨年4月、元ストライクフォース王者のジェイク・シールズに勝利して以来、8度目の防衛戦。膝前十字靭帯の手術明けの試合となる。対するコンディットは今年2月にニック・ディアスを破り暫定王者となり、今回が王座統一戦となる。
 1R、コンディットが構えをスイッチしながらケージを背負って左右に動くが、1分半過ぎ、GSPが左ジャブからのタックルでテイクダウンに成功。時折ハーフガードになりながら、スペースができるとパウンドと肘を落とす。コンディットは右眉尻をカット。コンディットは下から腕十字を狙い、柔術世界王者のカイオ・テハとの練習の成果を見せようとするが、GSPは対処。ブランクを全く感じさせない動きを見せる。
 2Rもコンディットがケージを背負う展開が続き、パンチの有効打ではGSPが上。2分半過ぎ、コンディットの右ローキックをすくってテイクダウンに成功する。1R同様上からパウンドを落とし続け、優位をキープする。
 だが3R、コンディットが左右のフックで前に出て、そのあとに頭を下げるフェイントを見せた後、左ハイキックをクリーンヒット。GSPはまさかのダウンを喫する。コンディットはここぞとばかり上になり、パウンドラッシュで追い詰める。だがGSPのダメージは小さく、1分半過ぎに立ち上がると、パンチの連打でコンディットを下がらせ、タックルから豪快に抱え上げてテイクダウンに成功する。パウンドを落とした後、ケージを背にしたコンディットが立とうとするが、再びグラウンドに引きずり戻す。
 4RもGSPが30秒ほどでタックルでテイクダウンに成功。コンディットが下から執拗に関節技を狙うが、GSPは対処しパウンドを落とす。一瞬コンディットがリバーサルに成功しかけるが、上をキープしきれず、再びGSPが上になる。
 5Rもスタンドの攻防の後、GSPがタックルを仕掛けるが、すぐにコンディットがスタンドに戻す。だがコンディットは反撃の緒がつかめず、2分半過ぎにGSPが再びパンチからタックルでテイクダウンを仕掛けると、今度は成功。4分頃には一瞬バックマウントを奪いかける場面も。結局最後も上をキープしたまま試合終了。3Rのピンチ以外はコンディットを圧倒し、8度目の防衛に成功した。
 GSPは「カーロスは今までで一番厳しい試合をさせてくれた。この感触を待ってた」と喜びを語り、ズッファが計画しているミドル級王者・アンデウソン・シウバとの階級を超えた戦いについては「カーロスとの試合のことしか考えていなかった。しばらく休んで、ファンのためにも最高で正しい選択をするためにも、トレーナーとこれから一緒に考えたい」と話した。


第11試合 ウェルター級 5分3R
×マーティン・カンプマン
○ジョニー・ヘンドリックス
1R 0'46" KO (左ストレート)

 ジョン・フィッチに12秒でKO勝ちしているヘンドリックスが、再び衝撃のKO劇を繰り広げる。一瞬頭を下げて前進し、右のフックのフェイントを見せた後、左ストレートをカンプマンのアゴにクリーンヒット。マットに後頭部を叩きつけるようにダウンしたカンプマンに、駄目押しのパウンド一発を叩き込んだところでレフェリーがストップした。試合後、ヘンドリックスはベルトを腰に巻くジェスチャーを見せ、「ベルトを挑戦させてください」と勝利者インタビューでもアピールした。


第10試合 ミドル級 5分3R
○フランシス・カーモン
×トム・ローラー
判定2-1 (29-28/28-29/29-28)

第9試合 ライト級 5分3R
×マーク・ボチェック
○ハファエル・ドス・アンジョス
判定0-3 (27-30/27-30/27-30)

第8試合 フェザー級 5分3R
×マーク・ホーミニック
○パブロ・ガーザ
判定0-3 (27-29/26-30/28-29)

第7試合 ミドル級 5分3R
○パトリック・コーテ
×アレッシオ・サカラ
1R 1'26" 反則 (後頭部へのパンチ連打)

第6試合 ライトヘビー級 5分3R
○シリル・ディアバテ
×チャド・グリッグス
1R 2'24" チョークスリーパー

第5試合 ライト級 5分3R
×サム・スタウト
○ジョン・マクデッシ
判定0-3 (27-30/28-29/27-30)

第4試合 フェザー級 5分3R
○アントニオ・カルバーリョ
×ホドリゴ・ダム
判定2-1 (29-28/28-29/29-28)

第3試合 ウェルター級 5分3R
○マシュー・リドル
×ジョン・マグワイア
判定3-0 (30-27/30-27/29-28)

第2試合 バンタム級 5分3R
○アイヴァン・メンジヴァー
×アズマット・ガシモフ
1R 2'44" 腕ひしぎ十字固め

第1試合 フェザー級 5分3R
×スティーブン・サイラー
○ダレン・エルキンス
判定0-3 (27-30/27-30/27-30)

Home > REPORTS > UFC > GSP、暫定王者コンディット破り8度目の防衛:11.17 カナダ

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について