Home > REPORTS > TRIBELATE > 園田顕悟がTRIBELATE王座、石井一成がPhumpanmuang王座獲得:3.21 有明

園田顕悟がTRIBELATE王座、石井一成がPhumpanmuang王座獲得:3.21 有明

TRIBELATEvol.42×SUK Phumpanmuang
2014年3月21日(金/祝)東京・ディファ有明


  記事提供:鈴木雄一郎


第27試合 メインイベント Phumpanmuangライト級初代王座決定戦 3分5R
チャイチョン・プンパンムアン(タイ)
vs
晃希(Team S.R.K feat 悪羅スタ埼玉/DBS認定ライト級王者、UKFイーストアジアスーパーフェザー級王者)
勝者:チャイチョン・プンパンムアン
判定:3-0 49-46 50-46 50-44
※チャイチョンが王座に就く。

1R
互いに右ローを打ちながら様子をみる状態が続き、晃希がワンツー連打から左フックを被せ、首相撲に持ち込んでいくが、逆にチャイチョンに崩されてしまう。その後、晃希は左フックを打ち、右ロー。チャイチョンは左右ミドル。

2R
このラウンドは首相撲が目立った。リーチが長いチャイチョンに臆することなく、晃希はパンチを打ちながら右ロー、首相撲からヒザと果敢に前に出る。チャイチョンは首相撲で晃希をガッチリつかんで強引にヒザ。

3R
ようやくエンジンがかかったのか、チャイチョンは首相撲に徹し、ヒザを叩き込み続けていく。そして、晃希をロープに詰めてヒザを連打し、ダウンを奪うチャイチョン。終止首相撲からヒザに徹したチャイチョンペースのラウンドに。

4R
開始早々、パンチを振り回す晃希だが、チャイチョンの首相撲につかまり、ヒザを連打。首相撲を仕掛けたまま、チャイチョンは晃希をニュートラルコーナーに詰めてヒザを連打し、ダウンを奪う。

5R
晃希がパンチと右ミドルを仕掛けると、チャイチョンはしつこく首相撲を仕掛け、ヒザを連打。踏み込んで左フックと右ストレートを打つが、チャイチョンのしつこい首相撲で動きを封じられてしまう。

判定の結果、チャイチョンが勝利し、初代王座に就いた。


第26試合 セミファイナル TRIBELATEキックルール スーパーライト級王座決定戦 3分3R
園田 顕悟(園田道場)
vs
新垣 竣太(Top Fighter)
勝者:園田 顕悟
判定:3-0 30-28 30-28 30-29
※園田が王座に就く。

1R
互いにローとミドルを打ち合い、手を止めずに打ち合う展開が続く。中盤に、新垣が左ハイをとらえると、お返しにと言わんばかりに、園田が右前蹴りをクリーンヒット。1Rからアグレッシブな展開に。

2R
サウスポーに構える新垣に、園田は左ローを打つ。新垣はパンチから首相撲へ持ちかけ、回りながら左ミドルを打っていく。中盤には、新垣が放った左ミドルを園田がキャッチし、派手にコカす場面が見られた。その後園田は右ローとパンチ連打で前に出るが、新垣は回りながら左ローを打っていく。

3R
新垣が左ミドルを打ったところに園田がまたもキャッチしてコカし、首相撲の応酬に。園田は左ローからワンツーのスタイルを貫き、前に出て手数を増やしていく。これを受け、新垣は後退する姿が目立つ。

判定の結果、園田が勝利し、王座を獲得した。


第25試合 Phumpanmuangミニフライ級王座決定戦 3分5R
カイチョン・カイッカンポン(タイ)
vs
石井 一成(Exsindecon Gym Japan)
勝者:石井 一成
TKO 3R1:39 飛びヒザ→レフェリーストップ
※石井が初代王座に就く。

1R
しばらく様子見の状態が続くが、石井は右ローキックを打ち、カイチョンは突き刺すような右前蹴りを返し応戦。中盤にカイチョンは左ミドルをすばやく繰り出すと、石井は右ミドルを返し、互いに切り返しの早いやり取りがなされていく。終盤はムエタイ特有の技である首相撲の応酬が続き、このラウンドは終了。

2R
ミドルの応酬の後、中盤はまたも様子見の状態が続く。石井は、一瞬の隙をついて、足払いでコカし、素早く距離を詰め、右ミドルを左ハイ。カイチョンも左ミドルを返し、首相撲からヒザを打っていく。

3R
序盤は、ミドルと首相撲の応酬が続き、その中で石井は組んで回して崩す。その後、距離を取りながら間合いを図る石井は、豪快に飛びヒザを見舞い、カイチョンの額にヒット。バッタリ倒れるカイチョンにレフェリーがストップ。石井が王座を獲得することに成功した。


第24試合 TRIBELATEキックルール スーパーヘビー級王座決定戦 3分3R
天承山(ハイボルテージ)
vs
島虎(トム技研ジム)
勝者:天承山
TKO 2R1:40 ※レフェリーストップ
※天承山が王座に就く。

1R
右ローと右ミドル連打で前に出る天承山。カットをしない島虎は、天承山の右ローをモロに被弾し続けてしまう。後半には天承山の右ローが効き始めたのか、ほとんど防戦一方になってしまう。

2R
天承山は、1Rの右ロー連打に加え、組んでモモへのヒザを連打。明らかなダメージを顔に出して苦悶の表情を浮かべる島虎。その後も天承山は右ローを連打し続け、島虎をロープに詰めて右ローからパンチ連打。崩れ落ちる島虎に、レフェリーはカウントなしでストップ。天承山がヘビー級王座に続いてスーパーヘビー級王座を獲得し、二階級制覇を達成した。



第23試合 TRIBELATEキックルール ウェルター級 3分3R
酒井 秀信(PROJECT NY)
vs
TAKEDA(B-FAMILY NEO)
勝者:TAKEDA
TKO 1R2:46 ※レフェリーストップ(酒井が有効打により、額をカット。その傷口が開いたことによるレフェリーストップ)

第22試合 TRIBELATEキックルール スーパーウェルター級王座決定戦 3分3R
YOSHIAKI(土浦ジム/MA日本キックボクシング連盟)
vs
巻割るぞう(チームレッド)
勝者:YOSHIAKI
TKO 0:36 ※右ヒザ
※YOSHIAKIが王座に就く。

開始と同時に、ミドルを蹴りながら前に出るYOSHIAKI。後退した巻に、パンチを浴びせてダウンを奪うと、巻をニュートラルコーナーに詰めてラッシュを仕掛け、最後は右ヒザで巻の顔面をヒットさせ、巻をマットに沈めて、今大会最短記録となる36秒という秒殺KO劇をやってのけた。空位となっていた王座をYOSHIAKIが獲得し、自身初のタイトルを手中に入れた。

第21試合 キックボクシングエキシビションマッチ 2分2R
バイソン守(ネクサスジム)
vs
モンスタービーン(ネクサスジム)
エキシビションマッチのため勝敗なし

第20試合 TRIBELATEキックルール 58kg契約 3分3R
田中 章一郎(フリー/TRIBELATEキックルールフェザー級王者)
vs
ATSUSHI(小比類巻道場)
勝者:ATSUSHI
判定:3-0 30-28 30-28 30-27

第19試合 TRIBELATEシニアリーグライト級初代王座決定戦 2分3R(延長1R)
田口 雅一(ストライカー宇都宮)
vs
浅井”D”勉(SONIC SQUAD)
勝者:田口 雅一
判定:3-0 30-29 30-29 20-28
※田口が初代王座に就く。

第18試合 ボクシングルール 60kg契約 2分3R
AKIRA(小比類巻道場)
vs
江川 優生(パワーオブドリーム)
勝者:AKIRA
判定:3-0 30-29 30-29 30-28

第17試合 TRIBELATEキックルール 51kg契約 3分3R
中野 こうた(パワーオブドリーム)
vs
内山 友太(MKSキックボクシング)
勝者:内山 友太
KO 2R1:08 ※右ローキック

第16試合 TRIBELATEシニアリーグミドル級初代王座決定戦 2分3R(延長1R)
川辺 克実(PHOENIXファンキーガッツメン)
vs
左 禅丸(アカデミアアーザ水道橋ジム)
勝者:左 禅丸
KO 1R1:48 ※左ストレート
※左が初代王座に就く。

第15試合 TRIBELATEキックルール スーパーライト級 3分3R
ひとヤン(Team S.R.K)
vs
拓海(TSKjapan)
勝者:拓海
判定:3-0 20-18 20-17 20-17

第14試合 TRIBELATEキックルール 65kg契約 2分3R
幸一郎(晴山塾)
vs
TAKAHIRO(小比類巻道場)
勝者:幸一郎
判定:3-0 29-28 30-28 29-28

第13試合 TRIBELATE10周年記念エキシビションマッチ
スチュワート・フルトン(スコットランド)
vs
金野 俊憲(TRIBELATE)
エキシビションマッチのため勝敗なし

第12試合 TRIBELATE10周年記念エキシビションマッチ 3分1R
安川けん(SONIC SQUAD)
vs
Mr.X
エキシビションマッチのため勝敗なし

第11試合 ど素人マッチ 90秒2R
田中くん(クリニカルトライアル・副社長)
vs
朱田くん(クリニカルトライアル・入社2年目)
ドロー
判定:1-0 20-19田中くん 20-20 19-19

第10試合 TRIBELATEキックルール グループ会社下克上マッチ 3分2R
戸上 祐一(ルーチェ/親会社社長)
vs
三浦 拯司(クルーガ/子会社平社員)
勝者:戸上 裕一
KO 2R1:03 ※右ストレート

第9試合 TRIBELATEキックルール 67kg契約 3分2R
HIRO(小比類巻道場)
vs
関川 和将(アイアンアックス)
ドロー
判定:1-1 28-28 28-27関川 29-28HIRO

第8試合 TRIBELATEキックルール 55kg契約 3分3R(延長90秒)
糸久 貴哉(MKSキックボクシング)
vs
NESMITH(小比類巻道場)
勝者:糸久 高哉
TKO 1R1:09 ※レフェリーストップ

第7試合 TRIBELATEキックルール 67kg契約セミプロマッチ 3分3R(延長90秒)
ヴァンダレイ中井(TSKjapan)
vs
YOSHNOBU(B-FAMILY NEO)
勝者:ヴァンダレイ中井
TKO 2R1:53 ※レフェリーストップ

第6試合 ど素人マッチ90秒2R
佐村☆河内くん(奇跡の作曲家ジム)
vs
新☆垣くん(ゴーストライタージム)
試合中止

第5試合 TRIBELATEキックルール 65kg契約 3分2R(延長90秒)
勝俣 裕基(SHINWA)
vs
金子 大輝(リバーサルジム川口REDIPS)
勝者:金子 大輝
判定:3-0 三者共に20-18

第4試合 TRIBELATE女子キックルール 57kg契約 2分3R
浅井 春香(Kick Box)
vs
伊達 華麗(Team DATE)
勝者:浅井 春香
判定:3-0 三者共に30-28

第3試合 TRIBELATE女子キックルール 51kg契約 2分3R
中山 ひとみ(Kick Box)
vs
伊達 第一(Team DATE)
勝者:伊達 第一
TKO 1R0:47 ※パンチ連打→肩の脱臼によりレフェリーストップ

第2試合 TRIBELATE女子キックルール 50kg契約 2分3R
横田 香織(Kick Box)
vs
伊達 連珠(Team DATE)
ドロー
判定1-0 29-28横田 30-30 29-29

第1試合 TRIBELATEキックルール 80kg契約 3分3R(延長90秒)
トリー・ミー(ハイボルテージ)
vs
EXIT正蔵(部屋コン)
勝者:EXIT正藏
TKO 1R2:14 レフェリーストップ

Home > REPORTS > TRIBELATE > 園田顕悟がTRIBELATE王座、石井一成がPhumpanmuang王座獲得:3.21 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について