Home > REPORTS > Survivor > 久保優太、TSUYOSHIに勝利。KENJIは瀧谷に敗れる

久保優太、TSUYOSHIに勝利。KENJIは瀧谷に敗れる

M&J Presents Survivor 〜Round.2〜
2009年12月9日(水) 東京・新宿FACE
  レポート&写真:井原芳徳


第7試合 メインイベント 62kg契約 3分3R(延長1R)
○久保優太(アンリミテッドジム/Krushライト級GP準優勝、元NJKFフェザー級王者・元WPMO世界スーパーフェザー級王者)
×TSUYOSHI(チームドラゴン/J-NETWORKスーパーフェザー級1位)
判定3-0 (梅木30-28/久保坂30-28/勝本29-28)



 サウスポーに構える久保が重みのある左ミドルを当てると、時計回りでステップするTSUYOSHIは右のインローをお返し。この攻防が続き、消耗戦の様相を呈してくるが、先に動きが落ちてきたのは久保のほう。2R終盤、久保が頭から突っ込むように組み付く場面が増えてくると、TSUYOSHIはパンチをヒットさせ、久保がニヤリと笑う場面も。Krushライト級GPの水落戦と似たような苦しい展開となる。
 だが3R序盤、TSUYOSHIが右眉尻から出血。朝武レフェリーは左ハイキックによるカットだと判断する。ドクターチェックを受けたTSUYOSHIは、試合再開後、ドクターストップを警戒しすぎてか、一発狙いのパンチが増え、ボディの防御が甘くなる。その隙を逃さず、久保は左のテンカオの連打でTSUYOSHIを後ずさりさせ、パンチやハイキックも混えてラッシュ。倒しきれなかったものの、苦境を乗り越えホームリングでの勝利をもぎ取った。


第6試合 セミファイナル バンタム級 3分3R(延長1R)
×KENJI(アンリミテッドジム/元NJKFフライ級王者・元WPMO世界スーパーフライ級王者)
○瀧谷渉太(桜塾/元全日本バンタム級1位)
判定0-2 (朝武29-30/久保坂29-29/梅木28-30)



 1Rから両者とも、パンチとミドルと膝を交互に打ち合う場面が多く、意地と意地のぶつかり合いになるが、圧力で勝るのは瀧谷のほう。2R終盤、左フックをもらったKENJIの腰が一瞬落ちる。KENJIも最後まで必死でパンチと蹴りの打ち合いを繰り広げるが、あと一歩及ばなかった。勝った瀧谷も「KENJI選手の勝ちたいという気持ちが凄かった。自分の甘さを思い知らされた一戦だった」と反省。「来年はバンタム級でチャンピオンベルトを取りたい」と目標を語った。


Krush Presents スペシャルエキシビジョンマッチ 2分2R
─石川直生(青春塾/元全日本スーパーフェザー級王者)
─山本優弥(青春塾/K-1 WORLD MAX '09 世界3位)
勝敗なし

エキシビジョンでの石川の飛び膝ラウンドガールと記念撮影


第5試合 60kg契約 3分3R
○才賀紀左衛門(アンリミテッドジム / 大誠塾)
×KO-ICHI(新宿レフティージム/J-NETWORKフェザー級3位)
2R 2'31" KO (左ハイキック)

第4試合 ウェルター級 3分3R
×YOSHI(M&Jキックボクシングジム)
○大石駿介(OISHI/J-NETWORKスーパーライト級2位)
1R 2'12" KO (右ハイキック)

第3試合 55kg契約 3分3R
×将大(M&Jキックボクシングジム)
○伊澤波人(チームドラゴン)
判定0-3 (勝本27-30/久保坂27-30/和田27-30)
※3Rつかみ多用の反則で将大に減点1

※第1~2試合は新空手K-4小学生マッチ

Home > REPORTS > Survivor > 久保優太、TSUYOSHIに勝利。KENJIは瀧谷に敗れる

 - PR - Martial World presents Gym Village

MW 水道橋・なんば・名古屋・博多の店舗へGO!

BoutReview Onlineshopなら5%ポイント還元!

Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

習志野ジム・スポーツクラブ
京成線「八千代台」徒歩2分
キックボクシング、総合格闘技(修斗)を指導。女性フィットネスクラス、小学生クラスも設置。「運動なんてここ数年したことがない」という初心者も大歓迎!

さらに詳しく

Gym Village おすすめジム最新ブログ記事
now loading...

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

ジュニア格闘技・武道「安心安全」強化書 二重作拓也・著

広告掲載について