Home > REPORTS > Strikeforce > ヒョードル、アントニオ・シウバに完敗し引退示唆:2.12 米国

ヒョードル、アントニオ・シウバに完敗し引退示唆:2.12 米国

Strikeforfe World Grand Prix Heavyweight Tournament
2011年2月12日(土/現地時間) 米国ニュージャージー州・IZODセンター
 世界の強豪8人が揃ったヘビー級GPが開幕。ハリトーノフは元UFC王者のアルロフスキーを1RでKOしたが、ヒョードルはアントニオ・シウバにマウントパンチの連打を浴び、2R終了時にドクターストップ負け。昨年6月のヴェウドゥム戦に続く敗北で、試合後は「今日が最後の試合かもしれない」と口にした。
  レポート:井原芳徳

  ◆スカパー!スカチャンにてペイパービュー形式でリピート放送 視聴料金3,150円/番組(税込み)


メインイベント ヘビー級GP一回戦 5分3R
×エメリヤーエンコ・ヒョードル
○アントニオ・シウバ
2R 終了時 TKO (ドクターストップ:右目の負傷)

 ヒョードルが入場すると、場内は歓声に包まれ、逆にシウバへはブーイング。米国の放送で呼びかけられた、ネットを使ったファン投票でも、過半数がヒョードル優勝を予想。ヒョードルに対するファンの期待値は高かったが、それを完全に裏切る試合展開となる。
 1R、ヒョードルは序盤から左右のフックを振り回して前に出るが、シウバはしっかり見て、スウェーやブロックで防御。逆にシウバが右ストレート、右前蹴りを当てて、ヒョードルを下がらせる。巨漢のシウバの長いリーチを前に、ヒョードルは「距離感がつかめなかった」という。それでもヒョードルはパンチを振り回し時折ヒットさせるが、クリーンヒットにはならず。これまでの試合ならヒョードルがカウンターを狙うケースが多かったが、今回はやや攻め急いでいるようにも見える。
 シウバはヒョードルを何度かケージに押し込んでテイクダウンを狙うが、ヒョードルの腰が重くテイクダウンを奪えない。中盤、シウバがテイクダウンに失敗して逆に下に。猪木アリ状態の後、ヒョードルが中に入り、アームロックを仕掛けるが、力を加えると滑ってしまいスタンドに戻される。
 シウバは離れてパンチを当てる攻撃と、ケージへヒョードルを押し込んでスタミナを奪う攻撃を繰り返す。残り30秒を切り、シウバはテイクダウンに成功。その後の攻めは無かったものの、ヒョードルのグラウンドを帳消しにする形のテイクダウンとなり、打撃の優勢でシウバがポイントを奪う形に。

 2R、開始すぐにヒョードルが右フックを振り回すと、シウバはカウンターのタックルであっさりテイクダウンに成功。リーチがあるため、ハーフガードからもパウンドと鉄槌が軽々と届き、ヒョードルは苦しそうだ。シウバは1分過ぎにパスガードに成功。肩固めを狙いながらマウントを奪うと、強烈なパウンドを連打し、ヒョードルが動けばバックマウントからのチョーク狙いへ。シウバは持ち前の柔術テクニックを駆使し、マウント、バックマウントを何度も行き来しながらパウンドを当て続け、ヒョードルを着実に痛めつける。ヒョードルの顔面は腫れ上がり、かなり苦しそうだ。
 しっかりヒョードルにダメージを与えた後、シウバは肩固めを仕掛ける。ヒョードルに防御されるが、落ち着いてハーフガードに戻して、再びパウンドを連打。セコンドにタイムを確認すると、残り40秒に膝十字固めを狙う。それでもヒョードルは動きに反応してポイントをずらし、逆にアキレス腱固めを仕掛ける、シウバは指を振って効いてないとことをアピール。その体勢のままラウンドが終了すると、パウンドのダメージでヒョードルの右まぶたがふさがってしまっておりドクターストップ。シウバが体格差を活かしつつ、テクニック、試合運びでヒョードルを圧倒し完勝した。

06年大晦日のPRIDE男祭りでのヒョードル
 シウバは4月に実施される可能性が高いアリスター・オーフレイム vs. ファブリシオ・ヴェウドゥムの勝者と準決勝で激突することに。ヴェウドゥムと戦うことになればリベンジマッチとなる。振り返ってみればシウバも過去18戦で敗れたのはこのヴェウドゥム戦と4年前のエリック・ペレ戦だけで、エリートXCとケージレイジでタイトルを取り、日本でのHERO'S、戦極では4戦とも1Rで勝利をしてきた強豪だ。ヒョードルを完封したことでより自信をつけ、この勢いのままGPを制しても不思議ではない。
 一方、ヒョードルはヴェウドゥム戦に続く敗北で、プロ初の連敗であり、通算でも3度目の黒星だが、開始早々の一本負けだったヴェウドゥム戦と異なり、今回は持ち味をずっと封じられる内容での敗戦。表情は落ち着いていたが、開始からの動きや試合運びに、過去のような冷酷なまでの落ち着きを感じることができなかった。
 試合後のインタビューでは、「今日が最後の試合かもしれない」と発言し、引退を示唆。Sherdogの記事によると、大会後の記者会見で、マネージャーのワジム・フィンケルシュタイン氏は「彼次第だ」としつつも「現役続行するだろう」と語っている。負け無しで来た選手は、負けた後の気持ちの処し方に慣れておらず、大きく戸惑うことは珍しくない。気持ちが落ち着いてから、どういう正式な判断を下すか、今後の動向も見守りたい。


ヘビー級GP一回戦 5分3R
×アンドレイ・アルロフスキー
○セルゲイ・ハリトーノフ
1R 2'49" KO (グラウンドパンチ)

 アルロフスキーが右回りで距離を取り、左ミドルから右ストレート等、手数多く攻め続ける。だが、ハリトーノフは打ち合いで左フックを当てる等して、じわじわとダメージを与え、プレッシャーを強める。そして右アッパーを効かせてケージ際までアルロフスキーを追い詰めると、さらに右アッパー、右膝、右フックを連打してダウンを奪取。さらにパウンドの連打を叩き込むと、アルロフスキーは失神。衝撃的な決着でハリトーノフが準決勝に駒を進めた。実施日は未定だが、ジョシュ・バーネット vs. ブレット・ロジャースの勝者と激突する。


ヘビー級 5分3R
○シェーン・デル・ロサリオ
×レイバー・ジョンソン
1R 4'31" 腕ひしぎ十字固め

 WBCムエタイ世界ヘビー級王者であるロサリオに対し、ジョンソンが組み付いてテイクダウンに成功。すぐに立たれたが、右ボディストレートをクリーンヒットさせ、ロサリオを苦しめる。だがロサリオは左ハイと右ストレートの連打でジョンソンを下がらせると、組んできたジョンソンをテイクダウン。あっさりマウントを奪い、パウンドを落としつづけると、残り40秒を切ったところで腕十字を極め快勝した。


ヘビー級 5分3R
○チャド・グリッグス
×ジャン・ビランテ
1R 2'49" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

 グリッグスはボビー・ラシュリーにも勝利したことのある新鋭。序盤からパンチでビランテを追い詰めたが、ビランテが右ハイを当てて、グリッグスがぐらついた後、外したマウスピースを入れるためにレフェリーが一旦ブレイク。これでダメージが回復したグリッグスが、パンチでビランテをダウンさせたて再逆転。すぐパウンドを連打して試合を終わらせた。


ヘビー級 5分3R
○ヴァレンタイン・オーフレイム
×レイ・セフォー
1R 1'37" 前腕チョーク

 セフォーはクートゥアのジムで練習し、MMAは3試合目。だが1分半過ぎ、ヴァレンタインがタックルでテイクダウンに成功。ケージに押し込んだ後、サイドポジションから袖車のような形で、前腕をのど元に当てると、セフォーはタップ。あっけない決着だった。

Home > REPORTS > Strikeforce > ヒョードル、アントニオ・シウバに完敗し引退示唆:2.12 米国

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について