Home > REPORTS > Strikeforce > ヒョードル、プロ初の一本負け

ヒョードル、プロ初の一本負け

ストライクフォース&M-1グローバル "Fedor vs. Werdum"
2010年6月26日(土/現地時間) 米国カリフォルニア州サンノゼ・hpパビリオン
 アメリカに主戦場を移してからも向かうところ敵無しだったヒョードル。今回もいきなりパンチでヴェウドゥムをダウンさせチャンスを得るが、下からの三角に捕まりまさかのタップアウト。時間はわずか69秒。総合格闘技の歴史がついに動いた瞬間だった。
昨年4月、青木と日本でエキシを行ったときのヒョードル
メインイベント ヘビー級 5分3R
×エメリヤーエンコ・ヒョードル
○ファブリシオ・ヴェウドゥム
1R 1'09" 腕ひしぎ三角固め

 ヴェウドゥムが牽制の左ローを放って空振りすると、ヒョードルはじわじわ距離を縮め、パンチを連打。ヴェウドゥムもパンチを振り回して応戦するが、相手が見えていない。落ち着いて見ているヒョードルが右フックを当てると、ヴェウドゥムは尻もちをつく。すぐさまヒョードルは上になり鉄槌を落とそうとしたが、ダメージがそれほど大きくないヴェウドゥムは三角絞めを極める。ヒョードルは腰を浮かして引き抜こうとするが、ヴェウドゥムの長い足を活かしたロックは固くてはずれない。さらにヴェウドゥムがヒョードルの腕を引っ張って極めを深くすると、ついにヒョードルがタップ。時間にしてわずか69秒。プロ35戦目にしてヒョードルが初の一本負けを喫した。
 なお、大会の模様は、日本でも「MMAチャンネル」においてペイパービュー生中継が行われた。

◆その他の主な結果

ミドル級 5分3R
×スコット・スミス
○カン・リー
2R 1'46" TKO (レフェリーストップ:バックスピンキック→膝蹴り)

ストライクフォース世界女子ミドル級(145ポンド)タイトルマッチ 5分5R
○クリスチャン・サイボーグ
×ジャン・フィニー
2R 2'56" TKO (レフェリーストップ:スタンドパンチと膝蹴り)
※サイボーグが2度目の防衛

ライト級 5分3R
○ジョシュ・トムソン
×パット・ヒーリー
3R 4'27" チョークスリーパー

Home > REPORTS > Strikeforce > ヒョードル、プロ初の一本負け

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について