Home > REPORTS > 新日本キック > 江幡塁、KO勝ちでラジャ再挑戦目指す決意。重森陽太、逆転勝ち防衛:3.12 後楽園

江幡塁、KO勝ちでラジャ再挑戦目指す決意。重森陽太、逆転勝ち防衛:3.12 後楽園

MAGNUM 43
2017年3月12日(日) 後楽園ホール

  レポート&写真:井原芳徳


第11試合 スペシャルメインイベント 56kg契約 3分5R
〇江幡 塁(伊原道場本部/WKBA世界スーパーバンタム級王者)
×ニランノーイ・ペップームムエタイ(タイ/元タイ・クラビー県アーウナーンスタジアム王者)
3R 1'51" KO (左ハイキック)

 ニランノーイは初来日の30歳。1R開始すぐから、塁が右ローを効かせ、終盤にはニランノーイがバランスを崩すように。ニランノーイは顔をしかめるが、蹴りを打たせないようにしようと、一気に詰めて右肘を当てようとする場面も。



 2R、ニランノーイも右のロー、ミドルを返すが、塁が右ロー、ボディ狙いのパンチを当て続けると、次第に防戦一方に。終盤には塁が左フック、右ボディ等のパンチで2ダウンを重ねて追い詰める。
 3Rも塁が序盤から左ボディでダウンを奪うと、左ハイでのダウンを狙い続ける。倒そうと力が入りすぎ、空振りも増えてしまうが、最後はきっちり左ハイで豪快にマットに沈めた。



 試合後、双子の兄の睦、斗吾、兼子ただしらもリングに上がり、塁はマイクを持つと「(伊原)会長、僕、今ならどんな男でも倒す自身があります。ラジャダムナンのベルトに挑戦させてください。僕も本当のことを言うとやりたい選手はいます。ですが、新日本で生まれ、新日本で育った僕たちにはやらないといけないことがあります。それはムエタイのベルトを取ることです。格闘技界、これから盛り上がると思いますが、その時に一番輝くのが伝統のある新日本キックだと思っています」とアピール。まずはこれまで通り、悲願のラジャダムナンスタジアムのタイトル奪取を目標にすることを改めて表明した。


第10試合 メインイベント 日本フェザー級タイトルマッチ 3分5R
〇重森陽太(伊原道場稲城支部/王者)
×瀬戸口勝也(横須賀太賀ジム/4位)
5R 2'07" TKO (レフェリーストップ:右肘打ちで2ダウン後)
※重森が2度目の防衛



 長身の重森が左ミドル等の蹴り、瀬戸口がパンチを狙う構図。2Rまで大差なかったが、少しずつ瀬戸口のフックや左ボディのヒットが増える。4Rまでほぼ五分の状態だったが、健闘している瀬戸口は5Rに左フックを当てて、重森はぐらつくように。すると重森はようやく火が付き、右肘で瀬戸口の眉間を切り裂くと、突進してくる瀬戸口に肘を何発も当てダウンを奪取。最後もフラフラの瀬戸口に右肘と右膝を連打したところでレフェリーがストップした。



 よもやのピンチを乗り越えなんとかTKO勝ちした重森は「いろんな団体が出ているところなので、ラジャダムナンのベルトを狙うと同時に、いろんな団体のチャンピオンに絡みたいと思って、今日はそのためのステップと考えていたんですけど、課題が残りました。一から出直すつもりで、より上のステップに行けるよう精進したいです」とアピールした。


第9試合 メインイベント 日本ミドル級タイトルマッチ  3分5R
〇斗吾(伊原道場本部/王者)
×今野顕彰(市原ジム/日本1位)
1R 2'26" KO (右フック)
※斗吾が初防衛

第8試合 セミファイナル 70kg契約 3分5R
〇緑川 創(藤本ジム/元日本ウェルター級王者)
×タナチャイ・ソー・ラックチャート(タイ/元ルンピニー認定ライト級7位、元ラジャダムナン認定同級9位)
3R 0'26" KO (左フック)

第7試合 59kg契約 3分3R
〇兼子ただし(伊原道場本部/日本フェザー級9位)
×タークバイ・ペップームムエタイ(タイ)
1R 2'23" TKO

第6試合 70kg契約 3分3R
×喜多村誠(伊原道場新潟支部/元日本ミドル級王者)
〇ペッパノム・ペップームムエタイ(タイ/タイ・プーケット・パトンスタジアム・ウェルター級王者)
判定0-3 (28-29/28-30/29-30)

第5試合 バンタム級 3分3R
〇HIROYUKI(藤本ジム/日本2位、元日本フライ級王者)
×若月勇磨(マイウェイスピリッツ/INNOVATION 3位)
1R 1'04" TKO

第4試合 51.5kg契約 3分3R
〇泰史(伊原道場本部/日本フライ級1位・元王者)
×萩原秀斗(エイワスポーツジム/WMC日本フライ級4位)
判定2-0 (28-27/28-28/28-27)

第3試合 ミドル級 3分3R
×青木克眞(トーエルジム/日本2位)
〇本田聖典(伊原道場新潟支部/日本3位)
判定0-3 (28-30/28-30/28-30)

第2試合 63.5kg契約 3分3R
〇春樹(横須賀太賀ジム/日本ライト級3位)
×宮良好明(BRUSH/Dreamgate 65kg級王者)
判定3-0 (30-28/30-27/30-27)

第1試合 ライト級 3分3R
×渡邉涼介(伊原道場新潟支部/日本5位)
〇大月慎也(治政館ジム/日本7位)
3R TKO

Home > REPORTS > 新日本キック > 江幡塁、KO勝ちでラジャ再挑戦目指す決意。重森陽太、逆転勝ち防衛:3.12 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について