Home > REPORTS > 新日本キック > 緑川創、ラジャのランカーをKO。麗也、山田航暉との好勝負制す:5.15 後楽園

緑川創、ラジャのランカーをKO。麗也、山田航暉との好勝負制す:5.15 後楽園

治政館「WINNERS 2016 2nd」
2016年5月15日(日) 後楽園ホール
 1月大会でISKAムエタイ世界バンタム級王座を獲得した志朗は、同級欧州王者のアイルランド人・ライアン・シェーハンと対戦したが、膝と肘に手を焼き3Rドローという結果に。瀧澤博人は飛び膝蹴りで2RにKO勝ちし日本バンタム級を2度目の防衛。緑川創はラジャダムナンのランカーの猛攻をしのぎ、ボディから顔面につなぐパンチで4R KO。麗也は17歳の山田航暉とのミドルの応酬で観客を驚かせた。
  レポート&写真:井原芳徳


第13試合 メインイベント 55kg契約(ノンタイトル戦) 3分3R
△志朗(治政館ジム/ISKAムエタイ世界バンタム級(55kg)王者)
△ライアン・シェーハン(アイルランド/サイアム・ウォリアーズ/ISKAムエタイ欧州バンタム級(55kg)王者)
判定1-0 (少29-29/宮沢30-29/櫻井29-29)

 志朗は1月の後楽園大会でダニエル・マッグヴォーン(英国)とのISKA世界王座決定戦で勝利。その後2月末にタイのMAXムエタイの3R制の試合で引き分け、再びホームリングに戻ってきた。
 1R開始すぐ、志朗は右のローと右ボディを強打するが、シェーハンは首相撲に持ち込み、膝を放つ。志朗はしっかり組み付いて膝を最小限に封じ、肘を打たせないよう対応。離れれば右ロー、左ボディを返すが、すぐに組み付かれる状態が繰り返され、攻撃が寸断される。



 2Rになると志朗の右ローが効き目を発揮してくるが、首相撲の展開でリーチの長いシェーハンの肘が当たり、志朗は出血。その後もシェーハンは肘で志朗を脅かし、好印象を残す。
 3R、志朗は序盤から右ボディを当て、右ローを当てるとシェーハンははっきりとぐらつく場面があったが、志朗はローの連打につなげられず、ダウンを奪うチャンスを逃す。ならばとパンチを振り回すが、なかなかうまく当てられず、シェーハンもパンチと肘で応戦を続け試合終了。志朗はポイントを取り返せたものの、引き分けに持ち込むに留まった。


第12試合 メインイベント 日本バンタム級タイトルマッチ 3分5R
○瀧澤博人(ビクトリージム/王者)
×勝岡 健(伊原道場稲城支部/1位)
2R 2'45" KO (飛び膝蹴り)
※瀧澤が2度目の防衛

 1月大会のバカイペット戦で完敗した瀧澤は「格闘技に向き合う姿勢を教わった」「(練習内容が)ガラリと変わりました」と大会前のインタビューで明かし「『瀧澤は変わった』と思っていただけると確信しております」とコメント。試合はその気持ちが反映される内容に。
 1R、お互い距離を探り合う慎重な試合運び。攻撃は少なく、ジャッジ3者とも10-10の展開だが、勝岡がしつこく右ローを当て続けていると、2Rには瀧澤の左足が赤くなり、少し印象が悪い。勝岡ペースになりつつあるようにも見えたが、瀧澤が右ミドルを強打すると勝岡の動きが一瞬止まり、瀧澤が圧力を強め、ロープ際まで下がらせると右の飛び膝を勝岡の顔面に当てダウンを奪う。勝岡はなんとか立ち上がったが、足元がふらついており、仲レフェリーがストップ。瀧澤のKO勝ちとなった。



 2度目の防衛に成功した瀧澤は「53.5kg肘有りバンタム級、俺が日本最強でしょ。ルンピニーの王者になって600年の歴史を変えます」と宣言。さらに「蘇我さん、僕がこれからキックボクシングを引っ張っていきます」と、この日引退式を行った蘇我英樹にアピールした。


第11試合 メインイベント 70kg契約 3分5R
○緑川 創(藤本ジム/元日本ウェルター級王者)
×パッカオ・ダポンヌンガヌウン(タイ/ラジャダムナン認定スーパーウェルター級8位、オムノーイ認定同級6位)
4R 2'32" TKO (タオル投入:右フックでダウン後)

 パッカオは6年前に石井宏樹に肘でTKO勝ちしている選手。現在は26歳でスーパーウェルターまで階級がアップし貫禄がついた印象だ。開始すぐからサウスポーからの左ハイを放ち、左ミドルでも緑川を脅かす。だが緑川は2Rに入ると、右のテンカオで距離を詰めつつ、パンチと肘のヒットを増やして、終盤には右肘でパッカオの頬を切り裂く。



 すると3R、危機感を持った様子のパッカオは、圧力を強めてパンチと肘を増加、左ミドルにも力が入る。緑川は下がる展開となってしまうが、終盤、パッカオが飛び膝を放ってきたところでパンチで迎撃しぐらつかせると、コーナーに詰めて右フックでダウンを奪うことに成功する。
 それでもパッカオは4R、しぶとくパンチと肘を連打し、ラジャダムナンのランカーとしての意地を見せつけ、観客を沸かせるが、緑川はパンチを随所で効かせると、最後はロープに詰めてから左ボディを連打した後の右フックをクリーンヒット。パッカオが大の字に倒れると、セコンドがタオルを投入し、緑川のTKO勝ちとなった。



 これでラジャのランキング入りの可能性が高まった緑川はマイクを持つと「3週間前に肩を脱臼し、不安があったんですが勝てて良かったです」と明かし「肘有りだろうが肘無しだろうが俺がこの階級最強です。俺は肘にこだわります。タイのチャンピオンになります」と宣言した。


第10試合 セミファイナル 52.5kg契約 3分5R
○麗也(治政館ジム/元日本フライ級王者)
×山田航暉(キング・ムエ)
判定2-0 (少49-48/シーナ48-48/仲49-48)

 最近3試合はタイのルンピニー、ラジャダムナンで戦ってきた17歳・高3の山田が、1年ぶりの日本での試合。もちろん新日本には初登場だ。1月大会では山田の同門の先輩の伊藤勇真に麗也が完勝したが、今回は接戦となる。



 1Rは互いにパンチとローを当てるが、まだ均衡状態。2Rに入るとミドルを蹴り合う場面が増えるが、最後に打ち、ヒット数で上回るのは山田のほう。普通の日本人では打たないようなタイミングでも右ミドルをうまく入れてきて、17歳とは思えない巧さを見せつける。
 3Rも山田が左右のミドルをうまく当て、首相撲になれば膝も当てて好印象。だが麗也は受けに回ってもひるんだり止まることはなく、ラウンド終盤には左ボディフックや右のテンカオをヒット。ヒット数では負けても、攻撃のパワフルさでは麗也が上という印象で、ポイントを簡単には譲らない。



 4Rもミドルの応酬となり、ハイレベルな蹴り合いに両選手のファン以外も魅了されている様子。麗也もこの攻防を楽しんでいる様子で、5Rのミドルの蹴り合いでは笑顔を浮かべる場面も。ミドルのラリーは4Rまで以上に長期化し、意地と意地、スキルとスキルのぶつかり合いに観客はどよめく。だがさすがの山田も中盤過ぎには疲れが見えてきて、パワーで勝る麗也の蹴りのヒット数が少し増える。

 裁定は判定に持ち込まれ、1者がドローだったが、2者が1点差で麗也を支持。だが勝った麗也に笑顔は無く、苦戦を物語っていた。筆者の採点は2Rと4Rが山田で、5Rが麗也ではあったが、2Rと4Rはドローにすべきか悩んだ。敗れはしたが、山田は素質の高さを十分に印象付ける試合内容だった。


第9試合 セミファイナル 73.5kg契約 3分5R
○斗吾(伊原道場本部/日本ミドル級王者)
×イ・ジフン(韓国/仁川市原ジム)
判定3-0 (30-26/30-26/30-26)

 1R、斗吾が中盤に右フック、終盤に左フックでダウンを奪い、ジフンを圧倒。2R以降はやや荒くなって攻めあぐねてしまうが、3Rにはパンチでぐらつかせる場面を何度か作り完勝した。


 第9試合前には蘇我英樹(市原ジム/元WKBA世界スーパーフェザー級王者)の引退セレモニーが行われた。蘇我は「最後、大月(晴明)選手に負けちゃったんですけど、精一杯自分らしい試合ができました。楽しいキック生活ができました。皆さんのおかげです。これからも頑張って行きます」と最後のメッセージを残し、10カウントゴングを聞いた。
 また、今大会では熊本地震の義援金のチャリティーオークションが行われ、新日本所属の王者がトランクスなどを出品した。




第8試合 59kg契約 3分3R
×内田雅之(藤本ジム/元日本フェザー級王者)
○デンサイアム・ルークプラバーツ(タイ/ウィラサクレックジム/元ルンピニー認定バンタム級王者)
2R 3'05" TKO (レフェリーストップ:肘打ちと膝蹴りによる左眉と頭部のカット)

 38歳の内田、37歳のデンサイアムのベテラン対決では、デンサイアムが衰え知らずの巧さを存分に見せつける。1R、左ミドルを随所で当てた後、右肘で内田の左眉をカット。2Rには崩しを度々決め、崩した後に膝を頭に叩き込み、2か所目の傷をつくる。ここでようやくドクターチェックが入り、その後もデンサイアムが内田を転がし続け、出血が激しくなったところで、ゴングとほぼ同時にシーナ・レフェリーがストップした。公式発表タイムは2R3分5秒となっている。


第7試合 ライト級 3分3R
△永澤サムエル聖光(ビクトリージム/日本1位)
△直闘(治政館/日本2位)
判定1-1 (シーナ29-28/宮沢29-30/櫻井29-29)

 1R、永澤が左の奥足狙いのローをうまく当て続け主導権を握っていたが、2Rに入ると直闘がローをあまり打たせなくし、左ボディや右ストレートをお返しして挽回。3Rは時間が進むにつれてパンチの打ち合いが激しくなるが、どちらも一歩も譲らず、判定が割れドローとなった。


第6試合 58.5kg契約 3分3R
○石原將伍(ビクトリージム/日本フェザー級1位)
×モンコンスック・パンダラッタナブックリー(タイ)
判定2-0 (宮沢30-29/仲29-29/シーナ29-28)


第5試合 53kg契約 3分3R
○石川直樹(治政館ジム/日本フライ級1位)
×ファン・ヒョシク(韓国/仁川市原ジム)
判定3-0 (30-28/29-28/30-28)


第4試合 ミドル級 3分3R
○今野 明(市原ジム/日本1位)
×齋藤智宏(Ys.kキックボクシングジム)
3R 1'31" TKO (レフェリーストップ:右肘打ちによる額のカット)


第3試合 フェザー級 3分3R
○高橋亨汰(伊原道場本部)
×田中亮太(市原ジム)
判定3-0 (29-28/30-28/30-28)
※1R左ハイキックで田中に1ダウン

第2試合 53kg契約 3分2R
×馬渡亮太(治政館ジム)
○坂入康晴(市原ジム)
2R 1'55" KO (右フック)

第1試合 54kg契約 3分2R
×内田 晶(治政館ジム)
○佐野佑馬(創心會)
判定0-3 (19-20/19-20/19-20)

Home > REPORTS > 新日本キック > 緑川創、ラジャのランカーをKO。麗也、山田航暉との好勝負制す:5.15 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニング大歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について