Home > REPORTS > 新日本キック > 江幡睦、タイ人に1R KO勝ち。斗吾が日本ミドル級王者に:9.20 後楽園

江幡睦、タイ人に1R KO勝ち。斗吾が日本ミドル級王者に:9.20 後楽園

TITANS NEOS 18
2015年9月20日(日) 後楽園ホール
  レポート&写真:井原芳徳


第12試合 WKBA世界バンタム級王座決定戦 3分5R
○江幡 睦(伊原道場本部/WKBA世界バンタム級1位・元王者)
×モンコンチャイ・ソー・ミージャン(タイ/元タイ北部フライ級王者)
1R 1'53" KO (左フック)
※江幡が新王者に

 江幡兄弟の兄・睦は3月にラジャダムナン王座に挑戦した際に自身の持つWKBA世界バンタム級王座を賭けていたが、勝って睦のベルトを奪ったフォンペート・チューワッタナが防衛戦を行わず返上。睦はベルトを取り戻すべく、王座決定戦をタイ人選手と行った。



 モンコンチャイは80戦60勝(8KO)18敗2分の19歳でサウスポー。1R、ローとミドルの応酬が少し続くが、睦がじわじわとコーナーまで下がらせると、右フックでぐらつかせる。モンコンチャイは追撃を耐えて回って動くが、ロープを背にした状態が続き、睦が右ミドル、右ボディフック、左フックを連続でクリーンヒットすると、モンコンチャイはうずくまるようにダウン。マウスピースを吐き出して亀になったまま立ち上がれず、睦のKO勝ちとなった。



 盤石の強さを見せつけた睦は「ベルトを取り戻しました。10月25日はここで今度は(双子の弟の)塁が試合をします。僕たち二人で新日本キック、キックボクシング全体を盛り上げて行きます」とアピールした。


第11試合 日本ミドル級王座決定戦 3分5R
○斗吾(伊原道場本部/1位)
×今野 明(市原ジム/4位)
3R 2'59" KO (右フック)

 休憩明け、喜多村誠(伊原道場新潟支部)がベルトを返上。「今後はスーパーウェルター級に階級を下げます。個人的には緑川創(藤本ジム/元日本ウェルター級王者)さん、他団体のチャンピオンクラスとやってみたいと思います」と語った。斗吾と今野は初対決。斗吾は今年に入り青木克眞ら相手に3連勝。今野は前回7月の本田聖典戦で判定で敗れている。
 1R、中盤まで右ローキックの応酬が続くが、圧力で勝る斗吾が終盤から詰め、右フックを主体としたパンチの連打で今野を追い詰める。2Rには右ローを効かせた後、右ストレート、左ハイ、右フックの連打でダウンを奪取する。
 3R、後の無い今野も足を止めて打ち合うが、斗吾が左フックでダウンを奪う。今野の右ボディストレートをもらって後退する場面もあったが、左ストレートで再びダウンを奪うと、最後はコーナーに詰めての左ボディフックと右フックの連打でマットに沈めた。初のベルトを巻いた斗吾は涙を流し、最後は母親に感謝の言葉を述べて、一緒に記念撮影した。





第10試合  68kg契約 3分3R
○渡辺健司(伊原道場稲城支部/日本ウェルター級王者)
×ATSUKI(SFKキックボクシングジム)
判定3-0 (30-28/30-29/30-28)

 ホーストカップやREBELSに参戦しているATSUKIは5戦5勝(2KO)の25歳。前に出てくるATSUKIを渡辺はステップでかわしつつ、左右のローを何発も当て続ける。ATSUKIも大半はカットできるものの攻撃を返せず印象が悪い。最後までこの構図は崩れず、渡辺が完勝した。


第9試合 63kg契約 3分3R
○勝次(藤本ジム/日本ライト級王者)
×ジェーレー・ポー・アリパーイ(タイ/元タイ・ヤソートーン県ライト級王者)
1R 2'58" KO (右フック)

 勝次は3月にライト級王者になった後、7月大会で元ルンピニースタジアムのランカーに判定負けし、タイ人と連戦。ジェーレーは19歳の選手。左右のミドルを強打し、勝次はなかなか詰めきれずにいたが、1R終盤に右ローを当ててコーナーまで下がらさせた後、右ミドルを強打してからの右フックでマットに沈めた。


第8試合 バンタム級 3分3R
○HIROYUKI(藤本ジム/元日本フライ級王者)
×石川直樹(治政館ジム/日本バンタム級2位)
判定3-0 (30-28/30-29/30-28)

 HIROYUKIは麗也に敗れベルトを失い、階級をアップし、麗也と同じ治政館の選手を相手に再起戦。石川の蹴り足をつかんで何度も倒し、距離ができればローを的確に当て、3Rには重みのある左ボディをはじめ、左ミドル、左フック等を当て続け、石川を封じた。



第7試合 ヘビー級 3分3R
○マウロ・エレーラ(アルゼンチン/伊原道場アルゼンチン支部/世界極真空手連盟ワールドカップ2013 3位)
×山崎泰意(宮川道場/ザ・マーシャルアーツドリーム2012国際大会スペシャルグローブマッチ優勝)
1R 1'11" KO (左フック)


第6試合 ミドル級 3分3R
×本田聖典(伊原道場新潟支部/日本ミドル級3位)
○小林 準(RIKIX/元MA日本スーパーウェルター級4位)
判定0-3 (27-28/27-29/27-30)


第5試合 63.5kg契約 3分3R
×春樹(横須賀大賀ジム/日本ライト級3位)
○夢・センチャイジム(センチャイムエタイジム
判定0-3 (28-29/28-29/28-29)


第4試合 バンタム級 3分3R
×AKIHIRO(ビクトリージム/日本バンタム級5位)
○勝岡 健(伊原道場稲城支部/日本バンタム級6位)
判定0-3 (28-29/29-30/29-30)

第3試合 59kg契約 3分3R
○里見柚己(横須賀大賀ジム/日本ライト級7位)
×下東悠馬(藤本ジム)
1R 0'29" KO

第2試合 ライト級 3分3R
×和己(伊原道場本部/日本ライト級8位)
○藤野伸哉(RIKIX/WPMF日本スーパーフェザー級9位)
判定0-3 (26-30/26-30/26-30)
※1R左ストレートで和己に1ダウン

第1試合 ライト級 3分2R
○渡邉涼介(伊原道場新潟支部)
×龍斗(横須賀大賀ジム)
判定3-0 (20-19/20-19/20-19)

Home > REPORTS > 新日本キック > 江幡睦、タイ人に1R KO勝ち。斗吾が日本ミドル級王者に:9.20 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について