Home > REPORTS > 新日本キック > 江幡睦、ラジャダムナン王者にノンタイトル戦でリベンジ:9.13 後楽園

江幡睦、ラジャダムナン王者にノンタイトル戦でリベンジ:9.13 後楽園

TITANS NEOS 16
2014年9月13日(土) 後楽園ホール
 江幡睦はラジャダムナン認定バンタム級王者のフォンペート・チューワッタナと対戦。両者は過去2度戦い、4年前に睦が判定勝ちしたが、昨年のラジャダムナン王座決定戦では睦が判定負けしている。今回はノンタイトル戦で、睦はリベンジに成功したが、試合後は「でもまだまだだと思います」と謙虚に語った。
  レポート&写真:井原芳徳


第14試合 54kg契約 3分5R
○江幡 睦(伊原道場/WKBA世界バンタム級王者)
×フォンペート・チューワッタナ(タイ/ラジャダムナン認定バンタム級王者)
判定3-0 (中村50-48/櫻井49-48/少50-47)

 睦は2010年にフォンペートと対戦し、ダウンを奪って3R判定勝ち。弟の塁も昨年7月にフォンペートに3R KO勝ちしている。だが昨年9月、ラジャダムナン王座を賭けての睦とフォンペートの再戦では、フォンペートが本気モードを全開し判定勝ち。フォンペートはその後もベルトを保持し、ノンタイトル戦ながらも3度目の対戦が睦に用意された。



 1R、睦は左のインローを多用し、右のボディフックもヒット。フォンペートは1Rから首相撲を多用するが、睦は膝をなかなか打たせず、レフェリーのブレイクを誘う。ムエタイ基準ならやや早めだが、日本のキック基準なら妥当なタイミングのブレイクだ。並大抵の選手ならすぐ膝を打たれていそうだが、睦は捕まりっぱなしにならず防御しており、首相撲への対応能力も1年前より上がっている。
 2Rも睦は左インロー主体で、中盤から右ローの比重も上げる。フォンペートも時折重みのある右ミドルを当て、睦の脇の下を腫れ上がらせるが、睦は動きを止めず、連打を許さない。終盤に右のボディフックをクリーンヒットさせると、フォンペートはクリンチで休み、効いていることを伺わせる。
 3Rもフォンペートは右ミドル主体。時折組んではレフェリーのブレイクの後も膝蹴りを放ち、いらだちを隠せない。睦は変わらずロー主体だが、パンチは右ボディだけでなく左のジャブストレートもうまく当て、少しずつ使える技のバリエーションを増やしていく。



 4Rも互いに同様の攻撃パターン。フォンペートの右ミドルの威力は落ちず、クリーンヒットすれば場内は相変わらずどよめくが、睦は崩れることなくこれまで通りの攻撃を貫く。そして最終ラウンド、さすがに疲れが見えてきたフォンペートに対し、睦は左の捨てパンチを振りつつ右のストレートを度々ヒット。左ジャブ、ローも随所で当て続け、主導権をキープし試合終了。明確な差をつけるラウンドは無かったため、採点に若干ばらつきはあったものの、ジャッジ3者から支持され、判定勝ちでリベンジに成功した。
 試合後のマイクで睦は「KO勝利できませんでしたが、一生懸命やりました。でもまだまだだと思います」とコメント。睦の成長は十分確認できたが、完全なムエタイルールで、タイトルに懸かった試合なら様相が変わる。そのことを当人も十分わかっている様子の言葉だった。


第13試合 ヘビー級 3分3R
○松本哉朗(藤本ジム/日本王者)
×天田ヒロミ(デジタルスピリッツ/元HEATキックルール王者)
判定3-0 (椎名29-28/櫻井29-28/中村29-28)

 睦の試合同様、この試合も再戦の構図で、両者は10年4月に対戦し天田が2R KO勝ちしている。
 1R、天田はいつものように距離を詰めると上下にパンチを散らして松本を脅かす。松本はブロックして耐えると、左のインローをコツコツとお返し。2Rに入ると右ローのヒットを増やして天田の突進を封じ、右ハイ、右の飛び膝も当てて、手数多く攻めて主導権を握る。天田の左ボディをもらっても、ガードを下げることなく顔面へのパンチを封じ、3Rもロー、飛び膝等を当て続けて優位をキープ。最後まで己の戦い方を崩さず、見事天田へのリベンジに成功した。




第12試合 73kg契約 3分3R
○喜多村誠(伊原道場新潟支部/日本ミドル級王者)
×イ・ジフン(韓国/ジュンウジム)
判定3-0 (中村30-26/椎名30-28/和田29-28)

 1R、喜多村が右ローを連打し効かせた後、左ジャブでダウン気味にジフンをスリップさせ、終盤にも顔面狙いの右前蹴りでジフンを吹き飛ばし主導権を握る。2R、ジフンがマウスピースをつけ忘れ、イエローカードをもらうと、減点と勘違いしたか?パンチと肘のラッシュで喜多村を追い詰めるが、喜多村は肘、前蹴り、膝、ローをお返しして反撃。3Rには右肘でジフンの頭部を切り裂きドクターチェックを受けさせ、その後も右の前蹴り、ハイキック等を何発も当てて優位をキープ。連勝を6に伸ばした。


第11試合 58.5kg契約 3分3R
○内田雅之(藤本ジム/日本フェザー級王者)
×森下翔陸(CRAZY WOLF GYM)
判定3-0 (30-27/30-28/30-28)

 森下は正道会館の全日本ジュニアで優勝経験もある17歳で、キック戦績は7戦5勝2敗。36歳・キャリア10年のベテラン・内田に対し、左ジャブで距離を作りつつ、前蹴りやミドルをコツコツと当て続け、巧さを印象づける。だがまだパワー不足で、ポイントにはつながらず。なかなか攻めにくそうな内田だったが、3Rに入ると首相撲で活路を見出し、崩しと膝蹴りを多用して主導権。顔面への膝でダウンを奪い、かろうじて勝利をもぎ取った。




第10試合 54kg契約 3分3R
○重森陽太(伊原道場稲城支部/日本バンタム級王者)
×パク・キヒョン(韓国/スタージム)
判定3-0 (29-28/29-28/29-28)

 19歳の重森、17歳のキヒョンによるフレッシュな顔合わせ。細かく素早くステップするキヒョンをなかなか捕まえきれず、左ボディやバックスピンをもらってしまう重森だったが、2R終盤からようやく右ローを連打して効かせるとペースをつかみ、3Rには右肘でキヒョンの頭部を切り裂き、右ハイ、ミドルも連打しキヒョンを苦しめ、判定勝ちを果たした。




第9試合 71kg契約 3分3R
○TOMOYUKI(センチャイムエタイジム/元NJKFスーパーウェルター級王者)
×斗吾(伊原道場/日本ミドル級1位)
判定2-0 (和田30-28/中村30-29/椎名29-29)

 TOMOYUKIはいつものように圧力をかけてコーナーに追い詰め、左右のフック、ボディフックをヒット。1Rは左ミドルやテンカオをもらう場面もあったが、2Rはほぼ一方的にパンチを連打して斗吾を追い詰める。3R前に伊原会長に檄を飛ばされた斗吾は、打ち合いでパンチや肘を返して挽回したものの、TOMOYUKIがパンチの手数で上回る状況は変わらず、判定勝ちを果たした。


第8試合 ウェルター級 3分3R
○栄基(MTOONGジム/元NKB王者)
×ロッキー壮大(治政館ジム/日本2位)
判定3-0 (30-28/30-28/30-29)

 開始すぐから栄基が左右のミドル、ハイ、首相撲からの膝蹴りを何発も当てて主導権。1R終盤こそロッキーのパンチを浴びたものの、以降はミドル主体の蹴りを当て続けてロッキーを完封した。


第7試合 63.5kg契約 3分3R
○勝次(藤本ジム/日本ライト級2位)
×夢・センチャイジム(センチャイムエタイジム/元NJKFスーパーライト級5位)
判定3-0 (30-26/30-27/30-27)

 蹴り主体の攻防で、勝次が2Rから左右のローを少しずつ効かせ、終盤に飛び膝で下がらせた後、右フックを当ててダウンを奪取。3Rもパンチ、ロー、飛び膝、顔面狙いの前蹴り等を手数多く当て続け完勝した。


第6試合 ヘビー級 3分3R
○嚴 士鎔(伊原道場/日本2位)
×怒火鞭(MTOONGジム)
1R 2'25" KO (右ローキック)

第5試合 ウェルター級 3分3R
○木村旭洋(伊原道場/日本4位)
×福田裕介(PLACE-K/REBELS-MUAYTHAI 7位)
判定2-0 (29-28/28-28/29-28)

第4試合 ウェルター級 3分3R
○大槻翔太(伊原道場/日本ウェルター級3位)
×前田将貴(RIKIX)
1R 2'48" KO (3ダウン:パンチ連打)

第3試合 ライト級 3分2R
○森本“狂犬”義久(BRING IT ONパラエストラ葛西)
×長谷川健(RIKIX)
判定3-0 (20-19/20-19/20-18)

第2試合 バンタム級 3分2R
×海彦(伊原道場)
○KOTA(K-MAGUS)
1R 1'31" KO (左フック)

第1試合 フェザー級 3分2R
○本間博行(伊原道場新潟支部)
×海斗(西田道場)
判定3-0 (20-18/20-18/20-18)

Home > REPORTS > 新日本キック > 江幡睦、ラジャダムナン王者にノンタイトル戦でリベンジ:9.13 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について