Home > REPORTS > 新日本キック > 駿太、蘇我英樹に2連勝。梅野戦に意欲:1.15 後楽園

駿太、蘇我英樹に2連勝。梅野戦に意欲:1.15 後楽園

BRAVE HEARTS 18
2012年1月15日(日) 後楽園ホール
 蘇我英樹と駿太が10年7月のビッグバン以来のリマッチ。前回は駿太が判定2-1で勝利するも、ダウンを取られ「負けたと思った」試合だったが、今回は敵地に乗り込み、ダウンを奪って判定2-0で勝利。試合後は同階級の新鋭・梅野源治との対戦にも意欲を示した。
  レポート&写真:井原芳徳


第14試合 トリプルメインイベント3 59.1kg契約 3分5R
×蘇我英樹(市原ジム/東洋スーパーフェザー級王者)
○駿太(谷山ジム/WMAF世界フェザー級王者)
判定0-2 (深瀬47-47/少46-49/杉江47-49)
※3R右フックで蘇我に1ダウン



 1R、駿太は右ローの蹴り足をつかまれてパンチをもらう状況が続いたが、中盤にカウンターの右ストレートを当て、蘇我を一瞬ひるませチャンスを作る。2Rに入ると蘇我のパンチが次第に正確さを増し、前回の対戦でダウンを奪っている左フックで終盤に駿太をぐらつかせる。
 シーソーゲームとなってきたが、3Rに入ると、駿太がコツコツ当て続けたローがじわじわ効いてきた様子で、蘇我の勢いが低下。足を止めてパンチを打ち合う場面が次第に増えてくる。すると今度は駿太のパンチの精度がじわじわアップし、残り10秒に右フックでダウンを奪うことに成功する。



 4Rも打ち合い主体の展開。蘇我は右まぶたを腫らしながらも駿太をパンチで追い詰めるが、駿太は下がりながらも回復してパンチで盛り返し、一進一退の死闘を繰り広げる。駿太は「もっと蹴りと肘を出したかったけど対策をされていた。相手の土俵に引きずり込まれた。ケンカ5割、キックボクシング5割になってしまった」と試合後反省していたが、蘇我の土俵でも強みを発揮してみせる。
 5Rになるとパンチ一辺倒の蘇我とは対照的に、駿太は右ロー、左テンカオ、左前蹴りなども織りまぜて蘇我を下がらせつつ、パンチを絡めていく。「ケンカ」よりも「キックボクシング」の割合を増したクレバーな戦いで蘇我の反撃を封じる。新日本キックの深瀬ジャッジのみドローと採点したものの、残り2者は順当に駿太を評価。駿太本人はアウェーということもあり「負けかドローかと思った」というが、蘇我相手に2連勝を果たした。



 試合後のインタビューで駿太は「最近は梅野選手とか森井(洋介)選手とかが、あっち(WPMF)はあっちでやってて、こっちとは融合していない状況だったけど、こっちとしても(蘇我に)勝たないと同じ土俵に上がれない気持ちでした。同じ階級で好調の梅野選手ともやれたらやりたいですね。でも日本人対決はいきなりやっても面白くないんで、2、3戦挟んでドラマチックな展開にしてからやりたいですね」とコメント。同時に駿太は昨年5試合はタイ人と3試合、韓国人と2試合戦ったということもあり、今年も「タイ人とやりたい」と、打倒ムエタイ路線も並行し継続したい方針を示した。梅野も昨年末に森井に完勝したことで、日本人対決に区切りをつけ、打倒ムエタイ路線一本の方針を示している。駿太と梅野が、打倒ムエタイで切磋琢磨する中で、今後どう交わっていくかが楽しみだ。


第13試合 トリプルメインイベント2 69kg契約 3分5R
×緑川 創(藤本ジム/日本ウェルター級王者)
○シリポン・ルークプラバーツ(タイ/タイ北部ウェルター級王者)
2R 0'33" TKO (レフェリーストップ:右肘打ちによる左まぶたのカット)

 シリポンはリーチを生かし、前蹴りやミドルをコツコツと当て、パンチを当てたい緑川に入らせず。2Rまで慎重な戦いぶりだったが、3Rのゴングが鳴ると別人のようにアグレッシブになり、左右の肘を何発も緑川にヒット。左まぶたをパックリと割り、あっさりと決着をつけてしまった。


第12試合 トリプルメインイベント1 55kg契約 3分3R
○江幡 塁(伊原道場/日本バンタム級王者)
×キム・サンジェ(韓国/韓国格闘技連盟バンタム級王者)
判定3-0 (30-27/30-26/29-27)
※2R左フックでキムに1ダウン

 初参戦のサンジェは20戦19勝(11KO)1敗の22歳。スピードと伸びのある右ストレート、左のミドルやハイなどで、21歳の塁を脅かす。だが塁は左の奥足狙いのローを軸に、多彩な蹴りでじわじわとサンジェを消耗させると、2R終了間際にカウンターの左フックをクリーンヒットしてダウンを奪取。3Rは重みのある左ミドルと右フックを何発も当ててサンジェを圧倒し判定勝ち。プロデビュー以来の無敗記録を18に伸ばした。




第11試合 セミファイナル ミドル級 3分3R
○宮本武勇志(治政館ジム/元日本ミドル級王者)
×キム・ヒョンス(韓国)
2R 終了時 負傷判定3-0 (20-18/20-18/20-18)
※2R左フックでキムに1ダウン
※宮本は偶然のバッティングにより右目下をカットしドクターストップ

第10試合 55kg契約 3分3R
○志郎(治政館ジム/日本バンタム級3位)
×古岡大八(藤本ジム/日本バンタム級4位)
判定3-0 (30-29/30-29/30-28)

第9試合 ヘビー級 3分3R
○柴田春樹(ビクトリー/日本ヘビー級2位)
×嚴 士鎔(伊原道場/日本ヘビー級3位)
判定2-0 (30-29/30-29/29-29)

第8試合 67.5kg契約 3分3R
○荻野兼嗣(ビクトリージム/元日本ウェルター級王者)
×アタゴンスレン・ウカスレン(モンゴル)
判定3-0 (29-27/29-27/29-27)

第7試合 62kg契約 3分3R
×ジョニー・オリベイラ(ブラジル/トーエルジム/日本ライト級10位)
○翔栄(治政館ジム/K-1甲子園2010王者)
判定0-3(29-30/29-30/29-30)

第6試合 59kg契約 3分3R
○TATSURO(ビクトリージム/日本ライト級9位)
×鈴木翔也(OGUNI GYM/NJKFスーパーフェザー級5位)
判定2-1 (30-29/29-30/30-29)

第5試合 58kg契約 3分3R
○千久(伊原道場/日本フェザー級10位)
×古谷佑太郎(揚心ジム)
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

第4試合 59kg契約 3分2R
○石原將伍(ビクトリージム)
×堀口跳二(伊原道場稲城支部)
判定2-1 (20-19/20-19/19-20)

第3試合 バンタム級 3分2R
○吉田健一郎(トーエルジム)
×海彦(伊原道場)
判定2-1 (20-19/20-19/19-20)

第2試合 フライ級 3分2R
△高松麗也(治政館ジム)
△奥脇一哉(はまっこムエタイジム)
判定0-1 (19-19/19-19/19-20)

第1試合 52kg契約 3分2R
○重森陽太(伊原道場稲城支部)
×茂木浩幸(藤本ジム)
判定2-0 (20-18/20-19/20-20)

Home > REPORTS > 新日本キック > 駿太、蘇我英樹に2連勝。梅野戦に意欲:1.15 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について