Home > REPORTS > 新日本キック > 石井宏樹KO勝ち。初防衛戦は来年3.11:12.17 後楽園

石井宏樹KO勝ち。初防衛戦は来年3.11:12.17 後楽園

SOUL IN THE RING IX
2011年12月17日(土) 後楽園ホール
 石井宏樹はムエタイの2大スタジアムの一つ、ラジャダムナンスタジアム認定王座を獲得してから初の試合をKO勝ちで飾ると、「来年3月11日、後楽園ホールで初防衛戦をやらせていただきます」と観客に発表。控室でも「日本人の底力を見せないといけない日」と決意を示した。
  レポート&写真:井原芳徳


第12試合 メインイベント 64kg契約 3分5R
○石井宏樹(藤本ジム/ラジャダムナン・スーパーライト級王者)
×プラルハット・サックパンヤー(タイ)
5R 1'25" KO (左ボディフック)

 プラルハットは89戦62勝(5KO)25敗2分の27歳。石井が左ボディ、右ローを効かせ、2Rから主導権。深入りせずじっくりダメージを与えた後、3Rは左ボディで2ダウンを奪う。4Rにも左ボディでダウンを奪取。現チャンプが相手とあってか、プラルハットもしぶとく立ち上がり続けたが、5Rに通算4度目のダウンを喫したところで力尽きた。
 試合後、石井はマイクを持つと「来年3月11日、後楽園ホールでラジャダムナン王座の初防衛戦をやらせていただきます」と発表。「外国人で誰も成し遂げていないラジャダムナン王座の防衛をここで成し遂げたい」と決意表明した。控室では東日本大震災の発生した日に防衛戦を行うことについて「日本人の底力を見せないといけない日だと思います」と話した。挑戦者のタイ人は後日発表される。





第11試合 メインイベント 86kg契約 3分3R
○松本哉朗(藤本ジム/日本ヘビー級王者)
×ラックパタヤ・プムパーンムン(タイ/元ラジャダムナン・ミドル級9位)
2R 1'30" KO (右ストレート)

 ラックパタヤは戦績45戦30勝12敗3分。サウスポーで懐が深く、松本は1Rは慎重だったが、2Rに入ると左ローの連打で下がらせ、右ストレートで2ダウンを奪ったところでレフェリーがラックパタヤにKOを宣告した。
 試合後マイクを持った松本は「来年1月22日、ディファ有明(のREBELS)でIt's Showtimeの95kg級タイトルマッチをやります。藤本ジムに6本目のベルトを持ち帰ります」と発表した。





第10試合 メインイベント 52kg契約 3分3R
○江幡 睦(伊原道場/日本フライ級王者)
×タハーンエーク・パラドンジム(タイ)
2R 2'50" KO (右ボディフック)

 タハーンエークは戦績76戦53勝(6KO)22敗1分の28歳。小柄なタハーンエークの右のロングフックを時折被弾し、苦しめられた睦だったが、左右のローや左ミドルで着実にタハーンエークにダメージを与えると、首相撲から膝とフックをボディに効かせてKOした。睦は今年全4試合KO勝ちで締めくくった。





第9試合 セミファイナル 日本フェザー級王座決定戦 3分5R
×瀬戸口勝也(横須賀太賀ジム/1位)
○内田雅之(藤本ジム/3位)
判定0-2 (48-48/47-49/48-49)
※内田が新王者に

 1R、瀬戸口が左フックで内田をぐらつかせて先手を取ったが、2Rから内田が右ミドルの手数を増やして挽回し、3Rには左肘や左フックを当てて瀬戸口を苦しめる。5Rは終盤に瀬戸口が右フックを効かせ、右膝蹴りを顔面に連打してダウン寸前まで追い込むが、僅差の判定で内田が初のタイトルを獲得した。





第8試合 62kg契約 3分3R
×石井達也(藤本ジム/日本ライト級王者)
○松本芳道(八景ジム/日本ライト級3位・元王者)
2R 2'58" KO (左飛び膝蹴り)

 1Rには打ち合いで石井が右ストレートを当てて松本をひるませる場面もあり、若干優位に試合を進めていたが、2R終了間際に松本の飛び膝蹴りが石井のアゴにクリーンヒットし、石井はノックアウト。担架で運ばれた。K-1参戦後の戦績が振るわなかった松本が、現王者を下す番狂わせを果たした。




第7試合 62kg契約 3分3R
×勝次(藤本ジム/日本ライト級2位)
○モンコンデート・シットウウボン(タイ/元ラジャダムナン・フェザー級7位)
判定0-2 (29-30/28-29/30-30)

第6試合 ミドル級 3分3R
○斗吾(伊原道場/日本ミドル級2位)
×青木克眞(トーエルジム/日本ミドル級7位)
判定3-0 (29-28/30-26/30-28)

第5試合 ミドル級 3分3R
○阿久澤英一(山田ジム/日本ミドル級5位)
×松浦信次(トーエルジム/元全日本&NJKFウェルター級王者)
判定

第4試合 62kg契約 3分3R
○ジョニー・オリベイラ(ブラジル/トーエルジム/日本ライト級10位)
×木村旭洋(伊原道場)
判定3-0 (29-28/29-28/29-28)

第3試合 68kg契約 3分3R
×木村康人(山田ジム)
○後藤綾亮(藤本ジム/日本ウェルター級8位)
3R 2'25" KO

第2試合 ライト級 3分2R
×藤田裕喜(伊原道場稲城ジム)
○石垣耕平(トーエルジム)
1R 1'34" KO

第1試合 ライト級 3分2R
○羽立宏孝(伊原道場稲城ジム)
×藤田健輔(習志野ジム)
2R 1'54" KO

Home > REPORTS > 新日本キック > 石井宏樹KO勝ち。初防衛戦は来年3.11:12.17 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について