Home > REPORTS > 新日本キック > 石井宏樹KO勝ち。10月、4度目のラジャ挑戦:7.24 後楽園

石井宏樹KO勝ち。10月、4度目のラジャ挑戦:7.24 後楽園

MAGNUM-26
2011年7月24日(日) 後楽園ホール
 石井宏樹は3月5月の試合に続き、タイ人に3連勝。試合後、10月2日の後楽園大会でラジャダムナン・スーパーライト級王座に挑戦することが発表された。昨年3月以来で通算4度目のラジャ挑戦となる石井は「命を賭けてリングに上がります」と表明した。
  レポート:井原芳徳


第13試合 メインイベント4 63.5kg契約 3分5R
○石井宏樹(藤本/元日本ライト級王者)
×チャイナローン・オーシン(タイ)
2R 1'03" KO (左ボディフック)

 今回の石井の相手、チャイナローンは、89戦56勝(8KO)33敗の27歳。実績はまずまずだが、石井より二回りほど小柄。開始すぐから石井が左右のしなるようなロー、重みのある左ミドル、伸びのある左ボディを的確に当て続け、チャイナローンを圧倒する。2Rには左ボディを効かせると、コーナーに詰めてのパンチと縦肘のラッシュでダウンを奪取。最後は左ハイと左ボディの連打でマットに沈めた。



 試合後、新日本キックの伊原信一代表の口から、石井が10月2日の後楽園大会で、タイの2大王座の一つであるラジャダムナン王座に挑戦することが発表された。石井は「命を賭けてリングに上がります。10月2日、ベルトを巻いている姿を見に来てください」とファンに呼びかけ、暖かい拍手を浴びた。

 石井はラジャ挑戦について今回の試合前から話を聞いていたが、正式に伝えられたのは今回のリング上だったという。控え室で石井は「今日は結構何でも入ってしまった。いろんなことをやろうと思ったけど、やる前に終わっちゃった」と語ったが、「去年(7月のKO負け)のようなこともあるので、今日勝つことに集中した」といい、その集中した意識が今回の圧勝につながったとも考えられる。王座戦に向けては「これまで3回失敗して、次が4度目なので、命を賭けて後楽園のリングに上がりたい」と改めて強い決意を表明。スケジュールが合えばタイで調整する考えもあるという。


第12試合 メインイベント3 日本ウェルター級タイトルマッチ 3分5R
○緑川 創(藤本/王者)
×渡辺健司(伊原稲城/1位)
判定2-1 (50-48/48-49/49-48)
※緑川が2度目の防衛

 緑川は2Rから左右のフックのヒットを増やし、終盤には右ローの連打で渡辺を痛めつける。3Rもパンチを的確にヒット。一発狙いではなく、右のフェイントから左、左のフェイントから右といった入り方がうまく決まる。4Rは右ハイや肘も駆使し優勢をキープ。5R、渡辺もハイを当てるなどして果敢に反撃したが、緑川はパンチ、肘、ミドルを返し続けて渡辺を封じ試合終了。サミー中村レフェリーのみなぜか渡辺にポイントをつけたが、緑川が完勝で防衛に成功した。




第11試合 メインイベント2 日本フライ級タイトルマッチ 3分5R
○江幡 睦(伊原/王者)
×越川大樹(市原/1位)
1R 1'10" KO (右フック)
※江幡が初防衛

 昨年3月の初対決は睦が判定勝ちし越川から王座を奪取したが、再戦は1年の成長差を見せ付ける短時間決着に。1R、開始すぐから睦が重みのある右ローをヒット。越川の右ミドルをつかむと、右ストレートを叩き込む。スリップ気味ながらレフェリーはダウンを宣告。越川は立ち上がったが、これで睦は勢いづき、左ミドルを当てた後、右フック一撃で越川をノックアウト。わずか70秒で、初防衛に成功した。

写真左が兄の睦、右が弟の塁

第10試合 メインイベント1 日本バンタム級タイトルマッチ 3分5R
○江幡 塁(伊原/暫定王者)
×古岡大八(藤本/4位)
2R 0'47" TKO (ドクターストップ:左肘打ちによる眉間のカット)
※江幡が初防衛

第9試合 ライト級 3分3R
○石井達也(藤本/1位)
×湯澤尚矢(伊原/4位)
判定2-0 (29-29/29-28/30-29)

第8試合 70kg契約 3分3R
○竹若佑輝(八景/ウェルター級2位)
×阿久澤英一(山田/ミドル級4位)
2R 1'44" TKO

第7試合 ミドル級 3分3R
×ショーケン(山田/2位)
○斗吾(伊原/5位)
1R 2'20" KO (右フック)

第6試合 フェザー級 3分3R
○瀬戸口勝也(横須賀太賀/2位)
×田中義人(伊原/7位)
判定3-0 (30-29/29-28/30-29)

第5試合 68kg契約 3分3R
×後藤貴司(トーエル/ウェルター級5位)
○ロッキー壮大(治政館/ウェルター級6位)
判定0-3 (28-29/28-30/28-30)

第4試合 フェザー級 3分3R
×古河たすく(トーエル/6位)
○拳士浪(治政館/8位)
判定0-2 (28-30/29-29/29-30)

第3試合 ライト級 3分2R
×井上昌彦(宮川)
○木村旭洋(伊原)
判定0-3 (17-20/18-20/18-20)

第2試合 59kg契約 3分2R
-三木雄亮(治政館)
-馬場ワタル(横須賀太賀)
1R 1'01" 無効試合 (ドクターストップ:馬場の目にオイルが入る)

第1試合 63kg契約 3分2R
×ソクラテス伊藤(野本塾)
○藤田裕喜(伊原稲城)
1R 1'54" KO

Home > REPORTS > 新日本キック > 石井宏樹KO勝ち。10月、4度目のラジャ挑戦:7.24 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について