Home > REPORTS > 新日本キック > 石井宏樹、タイ人を1R KO。松本哉朗が防衛

石井宏樹、タイ人を1R KO。松本哉朗が防衛

Soul in the Ring VI
2009年12月13日(日) 後楽園ホール
 石井宏樹は元ルンピニー・フェザー級1位の選手を1Rに左ボディであっさりと料理。1年前のTOUITSUトーナメント優勝後、タイ人の新旧ランカー相手に4連勝と絶好調。3度目のムエタイ王座挑戦は来年3月となる模様だ。
  レポート&写真:井原芳徳


第13試合 メインイベント 63kg契約 3分5R
○石井宏樹(藤本ジム/ラジャダムナン・スーパーライト級5位・TOUITSUライト級(62kg)王者)
×シリークン・ロムシリトーン(タイ/元ルンピニー・フェザー級1位)
1R 2'38" KO (左ボディフック)

 シリークンがサウスポーの構えから左ミドルを連打するが、体格で勝る石井は落ち着いてブロックしつつ、右のインローを返していく。序盤は様子見のつもりだったという石井だが、顔面を狙ったパンチと肘の連打でシリークンをロープまで追い詰めると、右と左のボディフックを連打してあっさりとノックアウトした。石井は今年、4戦ともラジャ&ルンピニーの新旧ランカーと戦い4勝(3KO)と絶好調。ラジャダムナン王座挑戦が待ちきれないという気持ちが伝わってくる圧勝劇だった。

一発目は右ボディ続けて左ボディ

◆石井「(初来日の相手で、事前の情報は?)歳と戦績しか知りませんでした。試合前にシャドーをやっている様子がサウスポーだったという情報を聞いて、構えをやっと知りました。(対戦相手がなかなか決まらなかったが?)この世界も長いんで、動揺は無かったです。(試合プランは?)サウスポーですし、1Rと2Rは様子を見ようと思ったけど、ボディが思ったよりも効いてくれました。手応えがあったのは左でした。
(いよいよラジャのタイトル挑戦か?)伊原会長にはリング上で『お願いします。色々わがまま言ってすみません』と言ったら、『もっと言っていいんだ』と言ってもらえました。確定じゃないけど、3月ぐらいじゃないかと思います。
TOUITSUトーナメント優勝から1年を振り返って)結果的にあれから今年は全部勝って、TOUITSUで優勝したことはいいきっかけになりました。あれで結果出してなければ、もうやってない状態だったと思います。今が一番調子がいいです。誰とやっても負ける気が全くしないですね。今が一番強いと思います。ラジャダムナンを取って、期待してくれたみんなに恩返ししたいです」


第12試合 メインイベント 日本ヘビー級タイトルマッチ 3分5R
○松本哉朗(藤本ジム/王者)
×嚴 士鎔 [げん・しよう](伊原道場/3位)
2R 1'37" TKO (ドクターストップ:右肘打ちによる左まぶたのカット)
※松本が初防衛

 体格で勝る嚴が、ゴングと同時にパンチのラッシュを仕掛けるが、松本は落ち着いてブロックして左ミドルを返して勢いを止めると、フックとアッパーの連打で反撃。2Rも序盤から右フック一発で嚴をぐらつかせ、完全にペースを握ると、最後は苦し紛れにパンチを出してきた嚴の額を右肘でパックリと切り裂きTKO勝ちをおさめた。





第11試合 セミファイナル 68kg契約 3分5R
×緑川 創(藤本ジム/日本ウェルター級王者)
○クンスック・アラビアジム(タイ/元ルンピニー&ラジャダムナン・ライト級王者)
判定0-2 (江刺家50-50/ナルンチョン47-49/山根49-50)

 5月にウェルター級王座を獲得した23歳の緑川だが、31歳の古豪のテクニックに苦戦。クンスックは回りながら的確にミドル等の蹴りを当てつづける。緑川も右ローを効かせていたが、牙城を崩せなかった。


第10試合 ライト級 3分3R
○松本芳道(八景ジム/2位)
×中尾 満(伊原道場/4位)
3R 1'07" TKO (レフェリーストップ:肘打ちによる額のカット)

 試合前から激しく睨み合った両者は、試合でも観客を沸かせる。2R、ファイタータイプの松本が、ミドルを主体としたテクニシャンタイプの中尾から、右フックでダウンを奪取。さらに右肘で中尾を血だるまにする。後が無い中尾も珍しく打ち合いに付き合い、試合をヒートさせるが、出血がどんどん激しくなりレフェリーストップがかかった。松本は戦績14戦11勝(5KO)2敗1分に。5年目の来年の飛躍が期待できる。


第9試合 ミドル級 3分3R
△阿久澤英一(山田ジム/2位)    
△榊 克幸(トーエルジム/6位)
判定0-0 (29-29/29-29/30-30)

第8試合 ライト級 3分3R
×平野一誠 (トーエルジム/3位) 
○勝次(藤本ジム/6位)
判定0-3 (26-30/26-30/26-30)

第7試合 フェザー級 3分3R
△内田雅之 (藤本ジム/4位)         
△田中義人(伊原道場/5位)
判定1-0 (30-30/30-30/30-29)

第6試合 バンタム級 3分3R
×阿部泰彦(JMN/2位)
○江幡 塁(伊原道場土浦支部)
判定0-3 (29-30/29-30/28-30)

第5試合 ウェルター級 3分3R
×隼侍(伊原道場稲城支部/6位)
○後藤高志(トーエルジム/7位)
判定0-3 (27-29/27-30/27-30)

第4試合 ウェルター級 3分3R
×小川大介(トーエルジム)
○ロッキー壮大(治政館)
判定0-3 (19-20/18-20/19-20)

第3試合 フェザー級 3分2R
△森本竜太(治政館)
△平井 順(トーエルジム)
判定1-0 (20-20/20-20/20-19)

第2試合 ミドル級 3分2R
ーショウケン(山田ジム)        
ー梅崎和彦(治政館)
無効試合 (バッティングによる負傷で続行不能)

第1試合 ウェルター級 3分2R
○後藤綾亮(藤本ジム)
×林 泰倉(トーエルジム)
判定3-0 (20-17/19-17/20-18)

Home > REPORTS > 新日本キック > 石井宏樹、タイ人を1R KO。松本哉朗が防衛

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
入会金無料!入会月も月謝無料!女性会員は月謝4320円!! レディース・キッズクラスも!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について