Home > REPORTS > 新日本キック > 石井宏樹、肘一撃で強豪カノンスックをKO

石井宏樹、肘一撃で強豪カノンスックをKO

MAGNUM 20
2009年7月12日(日) 後楽園ホール
 昨年末のTOUITSUトーナメントを制し、再びムエタイ王座奪取に始動した石井宏樹。数々の日本人トップ選手を苦しめたカノンスックを右肘一発で大の字KOし弾みをつけた。
  レポート&写真:井原芳徳


第11試合 メインイベント 63kg契約 3分5R
○石井宏樹(藤本ジム/TOUITSUライト級(62kg)王者、ラジャダムナンSライト級5位、WMC同級7位)
×カノンスック・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックスジム/M-1フェザー級王者)
3R 0'41" KO (右肘打ち)

石井が右と左のストレートを連打した後...右ミドルを放つが、カノンスックは捕まえてパンチへ

 サウスポーの構えからカノンスックが素早く繰り出す左ハイや左フックに、石井はきっちり反応。すぐさまパンチの連打から右ミドルといったコンビネーションを返せば、カノンスックも蹴り足をつかんでパンチを返す等、防御と攻撃が一体化した華麗な動きを両者とも見せる。カノンスックも左のインローや奥足狙いのローが重く、一瞬も気が抜けない攻防が続く。

左ハイの伸びとスピードは脅威的勝利への伏線となる石井の左フック

 長期戦のムードも漂ったが、3R、わずかなチャンスを石井は逃さなかった。打ち合いで左フックを連続でヒットさせた後、カノンスックが左フックを放った直後に、右肘をカノンスックのアゴに直撃。カノンスックは大の字でダウンし、そのまま立ち上がれなかった。
 ガッツポーズで四方に喜びを示した石井は、マイクを持つと「今日は肘を狙ってたんで、肘で倒せてうれしい。もっと練習して、本場のムエタイに挑戦したい」と話した。現在、ラジャとWMCのスーパーライト級でランク入りしており、カノンスックを下したことで王座挑戦にまた一歩近づいた。

フィニッシュの肘衝撃のKOに場内は大爆発

第12試合 メインイベント 72.5kg契約 3分5R
○後藤龍治(伊原道場/日本ミドル級王者)
×ゲンナロン・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックスジム/WPMF世界ミドル級4位、M-1ウェルター級王者)
判定2-1 (杉江50-49/富沢47-49/江刺家50-49)
※4R、ローブローの反則でゲンナロンに減点1

ゲンナロンが何度もパンチを当てたまさかの判定に両選手唖然

 ゲンナロンが前へ出ると、後藤はロープ際まで後退し、ゲンナロンが右肘や右フックを時折ヒットさせる展開が何度も繰り返される。3R序盤こそ、後藤がパンチのコンビネーションを決めたものの、それ以外の場面では反撃の糸口を見出せない。
 だが3〜4R、ゲンナロンの膝蹴りが再三ローブローとなったため、後藤に大きなダメージは無かったものの、ゲンナロンに減点1が宣告される。結局最後までゲンナロンが手数で優勢をキープしたが、ダメージを与える攻撃が乏しかったせいもあり、ジャッジ2者は全くゲンナロンにポイントをつけず、ローブローの減点差だけで後藤が勝利。勝ち名乗りを受ける後藤も居心地が悪そうな様子だった。


第13試合 メインイベント 日本バンタム級タイトルマッチ 3分5R
×木暮 智(ビクトリージム/王者)
○池田茂由(伊原道場/1位)
判定0-2 (杉江50-50/富沢49-50/深瀬48-49)
※池田が新王者に

挑戦者の積極性が光った列の後ろには、元バンタム級王者の深津飛成も。試合中はセコンドについた

 木暮はサウスポー、池田はオーソドックスに構え、互いにインローとミドルを単発で少しずつ打ち合う展開が2Rまで続く。3R開始すぐ、池田が右ストレートを主体としたパンチのラッシュで木暮を下がらせるが、木暮もすぐに左のミドルや顔面への前蹴りで反撃し、前に出たい池田を近づけず。4Rも静かなインローの打ち合いになるが、左ミドルを放った直後にインローをもらった池田が、一瞬ぐらつく場面も。5R、池田がパンチと右ハイでチャンスを作るが、木暮も左ハイやローを返して挽回。どちらも確実にポイントを取ったと言えるラウンドが無く、接戦のまま試合が終わったが、わずかな攻勢が評価され挑戦者の池田に軍配が上がり、王座が移動した。


新王者・緑川の剛腕が炸裂
第10試合 セミファイナル 68kg契約 3分3R
○緑川 創(藤本ジム/ウェルター級王者)
×斗吾 [とうご] (伊原道場/ウェルター級7位)
判定3-0 (28-27/28-27/28-26)
※1R左フックで斗吾に1ダウン、3R右フックで緑川に1ダウン


21歳の隼侍も最後まで勝負をあきらめなかった
第9試合 ウェルター級 3分3R
○正木和也(藤本ジム/2位)
×隼侍 [じゅんじ](伊原道場稲城/9位)
判定3-0 (30-28/30-28/30-28)
※2R左フックで隼侍に1ダウン


第8試合 ミドル級 3分3R
○喜多村誠(伊原道場/1位)
×阿久澤英一(山田ジム/3位)
判定2-0 (30-29/30-29/29-29)

第7試合 バンタム級 3分3R
×王子(横須賀太賀ジム/4位)
○拳士狼(治政館ジム/5位)
判定0-3

第6試合 ライト級 3分3R
×ジョニー・オリベイラ(ブラジル/トーエルジム/7位)
○湯澤尚矢(伊原道場)
3R 0'48" TKO (ドクターストップ:肘打ちによる顔面のカット)

第5試合 フライ級 3分3R
○江幡 睦(伊原道場土浦)
×ルクトン(タイ)
1R 0'26" KO

第4試合 フェザー級 3分2R
△伊野康弘(伊原道場稲城)
△やす吉(治政館ジム)
判定0-0 (20-20/20-20/20-20)

第3試合 フェザー級 3分2R
○小野智史(伊原道場)
×森本竜太(治政館ジム)
判定2-0 (20-18/20-18/20-18)

第2試合 フェザー級 3分2R
×川津拓也(ASSHI-PROJECT)
○橋浦 猟(治政館ジム)
判定0-3 (17-20/17-20/17-20)

第1試合 58.5kg契約 3分2R
△太田千久(伊原道場)
△金子 雄(治政館ジム)
判定1-0 (20-20/20-19/20-20)

Home > REPORTS > 新日本キック > 石井宏樹、肘一撃で強豪カノンスックをKO

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
入会金無料!入会月も月謝無料!女性会員は月謝4320円!! レディース・キッズクラスも!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について