Home > REPORTS > 蹴拳 > 松田玲奈&TOMOYUKI、タイ人選手をKO。長嶋大樹が引退エキシ7.22 後楽園

松田玲奈&TOMOYUKI、タイ人選手をKO。長嶋大樹が引退エキシ7.22 後楽園

蹴拳26
2015年7月22日(水) 後楽園ホール
  レポート&写真:井原芳徳


第11試合 メインイベント 蹴拳インプレッションルール 女子50kg契約 3分3R
○松田玲奈(y-park/蹴拳女子&J-GIRLSフライ級王者)
×マリサレック・ペッノンセン(タイ/元イサーン・フライ級王者)
2R 0'31" KO (右ストレート)
※蹴拳インプレッションルールは肘無し、首相撲禁止、つかんでの膝は1回まで

 松田は初のタイ人との対戦。1R開始すぐから左右のストレート、ミドル、ロー等を当てると、体格差もある分さっそく効き目を発揮し、マリサックレックは何度も半身になったり背中を向けて嫌がるように。松田は左ハイやバックスピンキックといった大技も決めてみせ、2Rに入ると早々に右ローでダウンを奪取。最後は右ストレートで豪快にKOし快勝した。




第10試合 セミファイナル 70kg契約 3分3R(延長1R)
○TOMOYUKI(センチャイムエタイジム/ムエタイオープン・スーパーウェルター級王者、ラジャダムナン7位)
×セイサック・エスジム(タイ)
2R 1'42" KO (左膝蹴り)

 1R、前蹴りの応酬でバランスを崩してしまう場面もあったTOMOYUKIだが、2Rに入ると序盤からロープに詰めると、左アッパーをクリーンヒットしてダウンを奪取。その後のラッシュで左ミドルを当てた後にセイサックの右ストレートをもらってしまう場面もあったが、TOMOYUKIの勢いは止まらず、左ボディも効かせつつ、ロープに詰めて左アッパー、右ストレートを当てた後にボディ狙いの不意打ちの左膝をクリーンヒットし、豪快にマットに沈めた。



第9試合 蹴拳インプレッションルール・スーパーフェザー級王座決定戦 3分5R
○田中雄士(RANGER GYM/WBKF世界王者、GRACHANフェザー級王者)
×シンリーテック・ポー・ポンサワン(タイ/元ラジャナムダン認定スーパーバンタム級5位)
1R 1'03" KO (右ハイキック)
※田中が王者に


第8試合 蹴拳ムエタイ・スーパーライト級タイトルマッチ 3分5R
×RYOTA(777GYM/王者)※初の防衛戦
○平野将志(インスパイヤード・モーション/挑戦者、REBELS-MUAYTHAI 10位)
判定0-3 (シーナ47-50/和田47-49/仲48-50)
※平野が新王者に

 両者は4月の王座決定戦で戦ったが判定1-2の接戦に終わったため再戦が組まれた。1R、リーチで勝るRYOTAがサウスポーの平野に対し、伸びのある右のパンチ、ミドルをヒットし若干優位。1R終盤から首相撲になると、2Rは大半の時間が首相撲の展開となり、3Rに入ると平野の膝のヒットが増えてくる。4Rには左ストレート、左膝蹴り、崩しの流れを綺麗に決める場面も。5Rは左右の膝も当てつつ、左ミドル、左肘も絡めてRYOTAを圧倒し、文句なしの判定勝ちでベルト奪取に成功した。


第7試合 蹴拳ムエタイ・ウェルター級タイトルマッチ 3分5R
○虎宇輝(Y'ZD GYM/王者)
×喜入 衆(フォルティス渋谷/挑戦者、ムエタイオープン王者)
2R 2'27" TKO (ドクターストップ:右肘打ちによる左眉のカット)
※虎宇輝が初防衛

 1R、右ロー主体の喜入に対し、虎宇輝も右ローを返しつつ、左右の肘も振り、終盤には左フックで喜入をぐらつかせ、飛び膝で襲い掛かり勢いの良さを印象付ける。2Rに入ると、喜入が距離を作って左のインローを度々当てて主導権を握りかけたかに見えたが、喜入がパンチで出てきたタイミングで虎宇輝が肘を当てて喜入の左眉付近を切り裂き大流血に追い込み、見事TKO勝ちで初防衛に成功した。



 虎宇輝は「喜入選手は僕がアマチュアの時から活躍していて、尊敬している選手なので、勝ててうれしいです。これからもっと強い選手と戦って勝てるよう頑張ります」とマイクを持って話した。




長嶋大樹引退記念エキシビションマッチ 2分1R
―長嶋大樹(ONE'S GOAL/元WPMF日本フェザー級王者)
―立嶋篤志(ASSHI-PROJECT/元全日本フェザー級王者)
勝敗無し

 長嶋が引退エキシの相手に憧れの立嶋を指名。長嶋がミドルやボディパンチをクリーンヒットさせると、立嶋がニコリと笑う場面も何度かあった。立嶋は「少し前にご指名をいただきまして、どうしようか考えたんですけど、光栄な一言をいただきまして、受けることにしました。長嶋選手、お疲れ様でした」とこれまでの労をねぎらった。



 長嶋は「2008年7月にデビューして7年間、勝ったり負けたりで心が折れそうになることもありましたが、ここまでやって来れたのは、支えてくれたのはファンの人、不器用な自分を育ててくれた会長がいたからだと思います。ありがとうございます。もちろんジムの仲間にも支えられました。引退試合を用意してくれた蹴拳関係者の皆さん、拳を合わせてくれた立嶋選手、ありがとうございました。7年間、本当にありがとうございました」と、最後は少し涙声になりながら感謝の言葉を述べた。最後はかつて王座を争った森井洋介、清川祐弥らが花束を贈呈した。長嶋の通算戦績は26戦16勝(8KO)9敗1分。




第6試合 蹴拳ムエタイ・バンタム級暫定王座決定戦 3分5R
×勝也(JTクラブジム/蹴拳2位、WPMF日本6位)
○土橋義之(マイウェイジム/INNONATION 7位)
判定0-2 (和田48-48/少48-50/櫻井48-49)
※土橋が暫定王者に

 勝也は王者の林敬明に挑戦予定だったが、林の都合で防衛戦ができず、暫定王座戦に変更。1Rは勝也が右ロー主体の攻めでやや優勢だったが、2Rに入ると土橋が圧力を強めてパンチと左膝を度々当てて反撃する。3R以降は両者ともパンチ、ミドル、膝を積極的に出し合い、なかなか均衡が崩れない状態が続き、ジャッジの採点もばらついたものの、若干手数で上回った土橋に軍配が上がった。



第5試合 蹴拳ムエタイ初代スーパーフェザー級王座決定戦 3分5R
○津橋雅祥(エスジム/WPMF日本5位)
×山元幸也(アカデミア・アーザ/J-NETWORKフェザー級6位)
5R 1'16" TKO (レフェリーストップ)
※津橋が王者に

 両者サウスポーに構え、蹴り主体の攻防で、2Rに入ると山元の左ローのヒットが増えて、津橋の足が流れるようになるが、3R終盤に津橋の左ストレートが連続でヒットすると形勢逆転。4Rは首相撲からの崩しを多用して山元の体力をじわじわと奪い、5Rに上体から乗るように倒すと、頭をマットに打った山元が立ち上がれなくなりレフェリーストップ。津橋がタイトルを獲得した。




第4試合 蹴拳インプレッションルール 65kg契約 3分3R(延長1R)
×ひろき☆感激(エスジム)
○千野陽祐(Kインター柏)
2R 1'18" KO

第3試合 ライトヘビー級 3分3R
×SHOHEI(フリー)
○サッシス・ゴンザレス(カンボジア)
判定0-2 (29-30/29-29/28-29)

第2試合 女子ライト級 2分3R
○高田 結(峯心会)
×ペッワーリー・モークンテープ(タイ)
3R 1'59" KO (ボディへの左膝蹴り)

第1試合 蹴拳インプレッションルール スーパーライト級 3分3R
×中村政人(RANGER GYM)
○HIROMASA(正心会)
判定0-2 (28-28/28-29/28-29)


オープニングファイト第2試合 65kg契約 3分3R
YUJI(Y'ZD GYM)
浅見 剛(正心会)

オープニングファイト第1試合 スーパーライト級 3分3R
岩橋伸太郎(エスジム)
トモヤ(正心会)

Home > REPORTS > 蹴拳 > 松田玲奈&TOMOYUKI、タイ人選手をKO。長嶋大樹が引退エキシ7.22 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について