Home > REPORTS > 蹴拳 > 啓太が白星。All Japan Jr Kick関東予選は激戦に:3.4 大森

啓太が白星。All Japan Jr Kick関東予選は激戦に:3.4 大森

蹴拳プロモーション「蹴拳V」
2012年3月4日(日)東京・ゴールドジムサウス東京アネックス
  レポート&写真提供:鈴木雄一郎



第8試合 メインイベント 67kg契約 3分3R(延長1R)
○啓太(エスジム/WPMF日本ウェルター級8位)
×サックサヤーム・ウィラサクレック(WSRフェアテックスジム)
判定3-0(30-29/30-29/30-28)

1R
どっしりと構えるサックサヤームは、いきなり左ハイを打ち、前蹴りを追撃。啓太はこれをよけて左ハイを返す。啓太はプレッシャーをかけながらジリジリと前に出て距離を詰めていき右ロー。サックサヤームはこれをかわして右ハイと右ミドル。ガードする啓太は右ローを打ってサックサヤームをロープへ詰めていく。

2R
先にサックサヤームが右ローを打つと、啓太も右ローを返す。更に啓太は右ミドルを追撃していき、ロープ際でパンチの打ち合いに。その後、プレッシャーをかけていく啓太はサックサヤームを後退させ、ロープに詰めて右ボディブローと右ストレートを打つ。サックサヤームは首相撲で応戦。単発ながらも右ロー、右ミドルを打っていくサックサヤームだが、下がる姿が目立つ。啓太は前に出ながら、距離を詰めて右ローを打っていく。

3R
前に出ながら右ローを打つ啓太。ここでもサックサヤームは下がってしまい、ロープを背にしてしまう。啓太はワンツーから右ローを打つが、サックサヤームが首相撲を仕掛ける。啓太はジャブから右ローを打ちながら距離を詰めていく。サックサヤームは下がりながらも右前蹴りで応戦。残り1分に差し掛かった頃、啓太は右ローを連打!
有効打を稼ぎ続けた啓太が判定で勝利し、今年初のメインを白星で飾ることに成功した。



第7試合 セミファイナル ウェルター級 3分3R
○星野伸行(エスジム)
×KEN山十(峯心会)
判定3-0(30-24/30-25/30-24)

1R
ゴング直後に山十がローブローを打ってしまい、試合が一時中断する事態に。その後、山十はワンツーから左ミドルを、星野はワンツーから右ミドルと、同じような攻勢を取っていく。
2R
開始早々に、星野は前に出ながら大振りのパンチをブンブン振り回していき、このパンチがヒットして山十からダウンを奪う。その後、星野は山十をロープに詰めて大振りのパンチラッシュ!ガードしながら、ロープから抜け出した山十は、再びローブローを打ってしまう。たまらず星野は前のめりに倒れこんでしまい、苦悶の表情を浮かべる。2度のローブローを打った山十に減点1が課せられ、試合再開される。直後に、ローブローを受けたダメージを感じさせない、凄まじいパンチのラッシュからの右ハイ!いったん距離をとる星野は、ロープ際でバックブローからパンチのラッシュでダウンを奪う。
3R
大振りのパンチをブンブン振り回し、時折右ミドルを混ぜて前に出る星野。下がりながらも単発で右フックを返していく山十。ガードする星野は、右ボディストレート、右ストレートを打ちながら前に出る。更に右ハイをヒットさせ、直後に右ストレートもヒットさせたところで試合終了のゴング。
ダウンを奪い、手数で圧倒した星野が判定で文句なしの完勝を収めた。


第6試合 フェザー級 3分3R
○津橋雅祥(エスジム)
×赤澤悠理(Kインター柏ジム)
2R 2'30" TKO (タオル投入:左ローキック)

1R
上背で赤澤を上回る津橋は、長いリーチを活かして左ミドルと左ハイを打つ。赤澤は下がりながらも右ローを返す。津橋はゆっくりと前進しながら左ミドルをバンバン打っていき、主導権を握っていく。赤澤は回り込んで間合いを図るのみで、手が出せない状態が続く。

2R
左ミドルに加え、左ヒザも加えながら前進していく津橋。赤澤は下がりながらも右ローで応戦。ここでレフェリーがタイムストップをかけ、消極的な赤澤に警告を与える。再開されると、津橋は左ミドルと左ローを打ち続けていく。赤澤は下がりながら回り込んでいく。津橋は左右ローを打ち分け、左ミドルにつなげていく。津橋のローをまともに受けた赤澤は効いているのか、反撃が出来ず後退してしまう。そして、ロープ際で津橋が左ローを打つと、赤澤は腰をガクンと落とす!そこへ津橋は左ローを打つと、赤澤が崩れ落ち、ダウンを奪う。レフェリーがカウントを進めた直後に、セコンドからタオルが投入。TKOにより、津橋がデビュー以来3連勝を飾ると共に、連続KO勝利を3に伸ばした。


第5試合 ウェルター級 3分3R
×宮下郁夫(躰術会館/真闘会)
○大場直明(K&Kボクシングクラブ)
判定3-0(30-28/30-29/30-28)

第4試合 スーパーバンタム級 3分3R
×TANAKA.KMG(クラミツムエタイジム)
○渡辺優太(エイワスポーツジム)
3R 2'54" TKO (パンチ連打)

第3試合 スーパーバンタム級 3分3R
○藤田直希(エスジム)
×不動 慧(翔拳道)
2R 0'33" TKO (タオル投入)

第2試合 スーパーライト級 3分3R
○Masaki ラジャサクレック(ラジャサクレックジム)
×島岡和樹(タイガージム)
3R 0'37" KO (左ストレート)

第1試合 バンタム級 3分3R
×しゅんキング(STB JAPAN)
○竹内将生(エイワスポーツジム)
1R 2'35" KO (右ストレート)


All Japan Jr Kick 藤原敏男杯 関東地区予選



 全国の中で最もジュニアの大会数が多く、ひと際選手層が厚いとされている関東地区。各団体のタイトル獲得経験者や上位ランカークラスが多数参戦。予選の組み合わせは当日に抽選で決定したのだが、初戦で同門対決や王者クラス同士といった、抽選ならではの組み合わせが相次いだ。


<関東地区予選代表>
25kg級 小宮山怜虎(尚武会)
30kg級 安本晴翔(士道館橋本道場)
35kg級 草子(フリー)
40kg級 溝口達也(尚武会)
45kg級 伊藤紗弥(尚武会)
50kg級 那須川天心(チームTEPPEN)
55kg級 城戸良星(平井)


◆25kg級
ここでは、2月26日にM-1ジュニア25kg級王者になったばかりの小宮山怜虎と、ジュニア史上初の4団体タイトルを獲得・保持し、事実上の25kg級統一王者となった松土龍冴がエントリー。準決勝で小宮山と松土が激突。ここで勝ち上がったのは小宮山。別ブロックでは、M-1ジュニアに定期参戦中の中條天晴が勝ち上がり、小宮山と中条が決勝で激突。M-1ジュニア王座を獲得した勢いで優勝か?それとも、新鋭・中条が小宮山を撃破し、金星を上げるか?結果は、小宮山が手数でやや上回り、25kg級の代表の座を勝ち取った。 M-1ジュニアに続いて、全国制覇という壮大な目標に一歩近づいた。決勝まで勝ち上がった中条の奮闘は、大躍進を遂げたと表するに値する内容であった。

◆30kg級
関東地区最激戦区となった30kg級では、優勝候補と目されている安本晴翔、侃Sit sor nong、優音がエントリー。予選の一発目は安本のオープニングファイトから始まり、安本が初戦を突破したことから予選が開幕。一回戦で侃と優音が、今年になって三たび激突。1勝1敗であることから、完全決着戦になる。侃はNJKFジュニア同級、優音はM-1ジュニア同級の王座をそれぞれ保持しており、初戦から王者対決に。3度目の両者の激突は、優音が制し、準決勝へと駒を進めた。シード権を獲得していた山本礼が安本と激突、安本が勝利し、準決勝で優音と激突。安本が判定で勝利し、決勝へ進出。安本が杉原飛宇と代表の座を争うことに。安本が杉原を2RTKOで勝利し、会心の勝利で優勝、代表の座を獲得した。

◆35kg級
ジュニアきってのインファイター・”突貫小僧”草子がエントリー。M-1ジュニア同級王座の獲得経験のある草子は、抽選でシード権を獲得、初戦で勝ち上がった湯田海斗と準決勝で激突。得意のインファイトで草子が決勝へ進出。一方、別ブロックでは、MAジュニア32kg級王者の甘中雄大、M-1ジュニア30kg級王座を獲得経験のある佐々木雄汰ら王者クラスがエントリー。甘中は初戦で同門対決となるも、判定で勝利し、勝ち上がった佐々木と王者クラス同士で準決勝が行われることとなった。ここで勝ち上がったのは佐々木。決勝でも王者クラス同士の対決となった。インファイトでガンガン攻める草子が佐々木を押し切って優勝し、代表の座を獲得した。

◆40kg級
2月26日にM-1ジュニア同級王座の防衛に成功した溝口達也が、M-1ジュニア王座獲得に続いて全国制覇へ乗り出す。溝口の同門であり、M-1ジュニア王座獲得経験のある黒木翔太も参戦。黒木は初戦でバンフース・ハンターと同門対決となるも、黒木が勝利。準決勝では茂木俊介と対戦し、判定で黒木が勝利し決勝へと駒を進めた。一方、別ブロックでは、溝口が初戦で駿斗と激突し、溝口が勝利。準決勝でも溝口の快進撃は止まらず、決勝へと駒を進めた。決勝では黒木と同門対決にして、王者クラス同士による対決で、代表の座を争うことに。同門対決は溝口が制し、代表の座を獲得した。

◆45kg級
関東地区予選の紅一点・伊藤紗弥、岩浪悠弥ら王者クラス、様々な団体を渡り歩き、実力を磨き続けてきている中野滉太がエントリー。初戦で伊藤と岩浪が激突し、いきなり王者クラス同士が激突。パワーで上回る岩浪を、伊藤はキャリアとテクニックでカバー。その結果、伊藤が勝利し、シード権を獲得している中野と決勝で代表の座を争うことに。両者は昨年4月にWINDYトーナメントの決勝戦で争っており、この時は伊藤が勝利している。一年の時を経て、両者が再びトーナメントで激突。伊藤が右ローと右ミドルをうまく使い分けながら、主導権を握り続けて勝利し、伊藤が代表の座を獲得した。

◆50kg級
ジュニア最強の名を欲しいままにし、連勝街道を爆走中の那須川天心(チームTEPPEN)が50kg級にエントリー。初戦でUKFジュニア王者の熊井亮介と激突、序盤は接戦模様であったが、中盤から那須川が猛チャージをかけて準決勝へ進出。シード権を獲得していた、M-1ジュニア同級王者の内野隼也と準決勝で激突。那須川が決勝へ駒を進めた。先に決勝戦へ勝ち上がった、NJKF同級王者の坪井優吾と代表の座を争うことに。那須川が終始主導権を握って勝利。UKFジュニア、M-1ジュニア、NJKFジュニアの3団体の王者を撃破してトーナメントを制覇して代表の座を獲得した。

◆55kg級
ジュニア重量級では随一のパンチ力を誇る城戸良星(平井)がエントリー。江川優生と代表の座を賭けて一騎打ちとなった。パンチと打点の高い前蹴りをうまく打ち分けた城戸が判定で勝利を収め、代表の座を獲得した。

Home > REPORTS > 蹴拳 > 啓太が白星。All Japan Jr Kick関東予選は激戦に:3.4 大森

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について