Home > REPORTS > 修斗 > 竹中大地、プロ10戦無敗で修斗環太平洋フェザー級王者に:3.21 後楽園

竹中大地、プロ10戦無敗で修斗環太平洋フェザー級王者に:3.21 後楽園

サステイン主催 プロフェッショナル修斗公式戦
2016年3月21日(月/祝) 後楽園ホール
  レポート&写真:井原芳徳


第11試合 メインイベント 修斗環太平洋フェザー級(-61.2kg)チャンピオン決定戦 5分3R
○竹中大地(パラエストラ和泉/環太平洋1位、世界2位)
×小蒼卓也(スカーフィスト/環太平洋5位、世界7位、インフィニティリーグ2015優勝)
1R 2'41" 一本 (チョークスリーパー)
※竹中が新王者に

 竹中はMMA 9戦8勝1分、修斗5戦4勝1分、VTJ 2勝の25歳の新鋭。2013年修斗新人王で、昨年11月の修斗後楽園大会では佐藤将光を寝技で完封し判定勝ちしている。
 対する小蒼は昨年はインフィニティリーグに参戦。初戦は岡田遼と引き分けてしまったが、以降3試合は誠、前田貴史、金海裕輝を相手に3試合連続1Rチョークスリーパーで一本勝ちし、12月の最終戦で見事逆転優勝を果たした。11月に前田に勝った時点で12月度ランキング入り。竹中も過去2度の一本勝ちは1Rチョークスリーパーによるもので、試合は短時間ながらも濃密な寝技合戦となる。

 開始すぐ、先手を取ったのは竹中。サウスポーからの左ミドルを強打した後、左ハイもヒットすると、小蒼がダウンする。小蒼はすぐに立ってタックルに行きテイクダウンを奪取。しかし竹中はすぐ立ち、小蒼が竹中をコーナーに押し込む。
 いったん離れると、竹中が組み付いてテイクダウンを奪うが、小蒼は下から両足で竹中を抱え上げて綺麗にリバーサルに成功する。だがこれも長くトップキープできず、スタンドに戻ると、再び竹中が組み付いてテイクダウンを奪う。今度はすぐマウントになると、パウンドを当てつつバックマウントへ移行。すると休まず仕掛けを続けてチョークを極め、小蒼からタップを奪った。



 無敗でベルトを巻いた竹中は「僕は格闘技で上目指して戦ってます。勝ちにこだわってやっています。修斗フェザー級には強い選手がいっぱいいて、誰が一番強いねんって話ですけど、生き残って上に上がりたいです。環太平洋王座を取ったんですけど、世界王座を狙ってるんで、世界タイトルマッチを組んで欲しいです」とアピールした。現在同級世界王座は空位で、世界2位の竹中の上の1位には根津優太がいる。




第10試合 セミファイナル フェザー級(-61.2kg) 5分3R
○岡田 遼(パラエストラ千葉/世界6位、環太平洋4位)
×徹肌ィ郎(和術慧舟會東京道場)
判定3-0 (渡辺30-27/片岡30-27/浦30-27)

 岡田は昨年のインフィニティリーグで小蒼に判定勝ちしたが、小蒼に逆転優勝を許し、今年一発目の試合では知名度で勝る徹との試合が用意された。グラップリングの試合に積極的に出場している徹だが、MMAは13年1月の修斗で佐々木憂流迦に敗れて以来となる。入場ではマッドマックスのコスプレで観客を楽しませる。



 1R、岡田が左ジャブをじわじわ効かせ、パンチの連打で徹を下がらせると、右の膝蹴りを顔面に叩き込みダウンさせる。だが徹は組み付いて下になって足関を狙い、スタンドに戻されてもしがみついてアームロックを仕掛けて極めかけ、寝業師ぶりを発揮する。だが岡田は防御して外すと上からパウンドを連打して徹を痛めつける。
 2Rと3Rは、徹がパンチを打ちながら組んで倒そうとするが、岡田は防御を続け、ラウンド終盤にパンチの連打を当てて徹を痛めつけてポイントを重ねる展開となり、岡田が判定勝ち。徹のランキング復帰を阻止した。




第9試合 フェザー級(-61.2kg) 5分3R
○安藤達也(TRIBE TOKYO M.M.A/世界10位、環太平洋8位)
×海老原洋輔(パラエストラ松戸)
1R 1'07" KO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

 安藤はRoad to UFC Japan フェザー級トーナメント一回戦で石原夜叉坊に敗れたが、素質を高く評価されている選手。11月大会では修斗2014年新人王の服部賢大をパンチで1R KOし、修斗初戦を白星で飾っている。
 1R、両者サウスポーに構え、海老原がインローを当て、安藤がパンチのプレッシャーをかけ、海老原が組み付いてアームロックを仕掛け、そのままグラウンドに引きずり込む。だがそのまま下になって外されると、安藤が上からパウンドを連打。一発一発が重く、効き目を発揮し、数十発当てると海老原の動きが止まり、レフェリーがストップした。
 快勝の安藤はマイクを持つと「どうでしたか?」と話してニヤリと笑い、「この後、面白い試合が待ってるんで、ブチ上げる試合をするんで、安藤達也、よろしくお願いします」とアピールした。ランキングはまだ下位だが、今回環太平洋王者となった竹中ら上位勢との試合が楽しみだ。




第8試合 バンタム級(-56.7kg) 5分3R
×大里洋志(スカーフィスト/世界8位)
○田丸 匠(NASCER DO SOL/2015年同級新人王&MVP)
1R 3'13" 一本 (腕ひしぎ十字固め)

 田丸は昨年デビューし3戦3勝(2KO)でバンタム級新人王と新人王全階級のMVPも獲得した20歳の注目株。開始すぐからパンチと蹴りで勢いよく攻め、組み付いて倒すと、ハーフからパウンドを強打。大里が脱出を狙う隙にギロチンを仕掛ける。これは脱出されたが、再びギロチンを狙うと、固執せずに動きながらコントロールし、腕十字をガッチリ極めタップを奪った。
 田丸は「新人王MVPに選出してもらいましたが、強いと評価していただけるに自分がを値するか考えていて、今日答えが出て良かったです。今年もっとランキング上げて、もっともっと大物になって強くなります」とアピールした。


第7試合 フライ級(-52.2kg) 5分3R
×マッチョ“ザ”バタフライ(総合格闘技道場コブラ会/世界8位)
○ジェットタテオ(和術慧舟會HEARTS)
判定0-3 (礒野26-30/松根27-30/横山27-30)

 両者は2014年のインフィニティリーグで戦う予定だったが、ジェットの眼窩底骨折で幻となっていた。1R、ジェットが再三テイクダウンを奪うが、マッチョの下からの仕掛けがうるさく、なかなかトップキープができない状態が続く。2Rもジェットが寝技で攻め続けた末にバックを奪うが、マッチョが終盤に上になるとバックを取り返す。3Rは序盤からバックマウントをキープ。その先の攻めにはつなげられなかったが、点差を広げ判定勝ちした。


第6試合 ライト級(-65.8kg) 5分3R
×太田拓己(PUREBRED鳥取/世界7位)
○平川智也(久我山ラスカルジム)
2R 1'17" KO (左フック)

 3連勝中の平川がランキング入りを目指す戦い。37歳のベテラン・太田にタックルで倒されるが、脱出するとコーナーに詰めて右フックを当て、ダウン気味にぐらつかせる。その後もパンチを当て続け、2Rに左フック一発で豪快にマットに沈めた。


第5試合 インフィニティリーグ2016 バンタム級(-56.7kg) 5分2R
○北原史寛(パラエストラ札幌/世界6位/勝ち点0→2)
×梶川 卓(スカーフィスト//勝ち点0)
判定3-0 (20-18/20-18/20-18)

 パンチや蹴りを狙う梶川に対し、北原が何度もテイクダウンを奪い、サイド、マウント、バックマウントと自在に攻め続け、チョークを狙いパウンドを当て梶川を圧倒し判定勝ちした。だがインフィニティリーグでは1Rで一本、KOで勝つことが一番高得点の4点になるため、優勝するにはフィニッシュ力が課題となるだろう。


第4試合 フライ級(-52.2kg) 5分2R
○猿田洋祐(和術慧舟會HEARTS/バンタム級(-56.7kg)世界3位)
×前山哲平(AACC)
判定3-0 (20-18/20-18/20-17)

 猿田はバンタム級で世界王座に挑んだことがあるトップ選手。昨年11月に元フェザー級世界王者の扇久保博正に敗れ、1月は六本木洋にKO勝ちしたが、今回はフライ級に階級を下げての初戦。修斗2戦2敗の前山をタックルで倒すと、サイドなどに移ってパウンドを連打する攻撃を両ラウンド続け完勝した。


第3試合 2016年度新人王決定トーナメント・フライ級(-52.2kg)1回戦 5分2R
△新井 丈(キングダム立川コロッセオ)
△小川竜輔(パラエストラ八王子)
判定0-1 (18-20/19-19○/19-19○)
※トーナメントは小川が0-3で勝ち上がり。公式記録はドロー


第2試合 2016年度新人王決定トーナメント・ライト級(-65.7kg)1回戦 5分2R
×葛西 達(ブレイブハート)
○SA$KE(MASTER JAPAN)
判定0-3 (18-20/18-20/18-20)


第1試合 2016年度新人王決定トーナメント・バンタム級(-56.7kg)1回戦 5分2R
△輝龍(roots)
△榎木勇介(TURNING POINT MMA)
判定0-1 (19-19○/19-19○/19-20)
※トーナメントは榎木が0-3で勝ち上がり。公式記録はドロー

Home > REPORTS > 修斗 > 竹中大地、プロ10戦無敗で修斗環太平洋フェザー級王者に:3.21 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について