Home > REPORTS > 修斗 > マッハ道場の中村好史、大澤茂樹に判定勝ち:10.27 新宿

マッハ道場の中村好史、大澤茂樹に判定勝ち:10.27 新宿

SHOOTO GIG TOKYO Vol.12 ~東日本大震災復興支援チャリティ~
2012年10月27日(土) 新宿フェイス
  レポート&写真:久保与志


第7試合 ライト級 5分3R
×大澤茂樹(フリー)
○中村好史(マッハ道場/2011年度ライト級新人王)
判定0-2(29-29/28-29/29-30)



 1R、強い右インローを見せた中村はパンチから距離を詰めてタックルに入る。これを切った大澤は、体勢を入れ替えて中村にロープを背負わせると、離そうとした中村にタックルを決めてテイクダウンを奪う。中村がすぐに立ち上がってスタンドに戻り、中村が頭を低くして右フックから前に出て先手を取っていく。大澤はタックルはしっかり切っているが、手数に押されて後手に回る場面が多く、距離が空くと右インローで体を流される。記者採点は9-10で中村。
 2R、開始すぐに左ボディストレートを見せた大澤だが、中村はかまわず右フックで前進し、タックルから大澤の足を引いてテイクダウンに成功。中村はハーフガードでパンチを入れながら肩固めの体勢に。コーナーが邪魔になってパスガードに手間取るが、ようやくサイドに出たところで大澤が暴れて何とか抜け出す。記者採点は9-10で中村。



 3R、明確に取られた2Rのポイントを挽回したい大澤だが、既にスタミナをロスしたかほとんど手数が出ず、中村が右フックとインローで前に出て行く。バッティングからの再開後、中村の右フックがヒットして大澤が後退し、さらに左右のフックで追撃するが、脇が開いたところに大澤がカウンターでタックルに入りテイクダウンを奪う。ハーフガードからほとんどパンチは落とさずに押さえ込みに終始する大澤。中村も立ち上がることは出来ず、残り1分を切ったところで大澤が細かいパンチを入れてタイムアップ。記者採点は10-9で大澤、トータルスコアは28-29で中村。判定は0-2、中村が僅差の判定を制して大澤に競り勝った。


第6試合 ウェルター級 5分3R
○小知和晋(和術慧舟會東京本部/世界8位・環太平洋3位)
×松本光史(MASTER JAPAN/環太平洋9位)
2R 0'36" KO(右ストレート→グラウンドパンチ連打)



 1R、いきなりタックルに入った松本だが、小知和はしっかりと切って離れ際にパンチを狙う。松本は何度もタックルをしかけて徹底的にテイクダウンを狙っていくが、小知和がことごとく切っていく。離れて打撃の攻防に戻ると、小知和の左ジャブが徐々にヒットし始める。さらにそこから右ストレートも狙っていく小知和だが、松本がパンチで前に出てきた小知和を足払いで倒すと、下からの蹴り上げを捌きながらグラウンドでトップをキープしてパンチを落としていく。記者採点は10-10のイーブン。
 2R、松本がパンチで距離を詰めていくが、小知和はカウンターの右フックから返しの左をクリーンヒットして松本をグラつかせる。小知和はさらに右ストレートで追撃してダウンを奪うと、タックルで組みつきに来た松本を立たせ、強烈な右ストレートを見舞って松本が再びダウン。追撃のパウンドを入れたところでレフェリーが試合をストップし、小知和が得意の強打で会心のKO勝ちを収めた。




第5試合 ウェルター級 5分3R
○下石康太(MMA 修斗ジムBLOWS/環太平洋8位)
×太尊伸光(総合格闘技津田沼道場)
2R 4'56" フロントスリーパーホールド



 1R、太尊の強打を警戒してかサークリングして距離を取る下石に対し、太尊もほとんど手は出さずに、ガードを降ろして下石に手を出させようとするが、下石は誘いに乗らない。太尊が右インローを見せ、左フックを振るい始めると、下石はバックステップで外しながら右フックをヒットさせる。タックルはフェイントのみでテイクダウンにはいかず、太尊のパンチに右フックを被せて前に出る下石。太尊も鋭い左右のフックを出して、下石の右目尻をかすめて腫れさせるが、下石はアームブロック、バックステップで巧みにディフェンスしてクリーンヒットは許さない。記者採点は10-10のイーブン。
 2R、太尊のパンチを警戒しながらも、右フックで前に出て行く下石。太尊も左右のフックを見舞って押し返すが、下石は左ミドルで太尊の動きを止め、直後にタックルに入りテイクダウンを奪う。ハーフガードから細かいパンチ、鉄槌を落としつつサイドについた下石。太尊はブレイク待ちなのか、立ち上がろうとする動きをほとんど見せずに、下石がパウンドを落とし続ける。残り1分を切ったところでようやく太尊がタックルから立ち上がろうとするが、下石は待ってましたとばかりに太尊をフロントチョークに捕らえる。何とか耐えようとする太尊だが、下石は体勢を整えながら絞めつけを強め、残り時間4秒のところでついに太尊がタップ。巧みな試合運びで太尊の強打を封じ込めた下石が、鮮やかなフロントチョークで一本勝ちを収めた。




第4試合 バンタム級 5分2R
△のぶ渡辺(roots)
△萩原幸太郎(パラエストラ八王子)
判定0-1(19-20/19-19/19-19)

 萩原が開始すぐに右ストレートからタックルに入りテイクダウンを奪うが、バックからチョークを狙ったところでのぶが立ち上がりスタンドに戻す。のぶは組みついてテイクダウンを狙っていくが、萩原は倒されてもすぐに立ち、左ミドル、リードジャブをヒットさせるなどスタンドで優位に進めて1Rを終える。2Rはのぶがパンチで前に出てタックルに入り、しっかりと寝かせることは出来ないまでも、積極的に仕掛け続けて盛り返し、2Rを取り返してドローに持ち込んだ。


第3試合 2012年度新人王決定トーナメント準決勝 ライト級 5分2R
×岡田秀人(K'z FACTORY)
○佐久間健太(パラエストラ柏)
判定0-3(18-20/18-20/18-20)

 シングルレッグでテイクダウンを狙う岡田だが、佐久間はこれを潰して上になると、ハーフガードから体を起こして強烈なパウンドを落とす。佐久間の鋭い左右のパウンドに場内からどよめきも起こる。 2Rも佐久間が岡田のタックルを潰しながら攻勢をキープし、右ストレートでダウン気味にトップを奪う。その後も佐久間が岡田の仕掛けを潰しながら強いパンチを落とし続け、KOこそならなかったものの完勝で岡田を下して新人王決勝に駒を進めた。


第2試合 71kg契約 5分2R
○coba(SHOOTO JAM WARTER)
×藤石義和(ピロクテテス新潟)
2R 4'05" スリーパーホールド

 1Rからアームロックなどでグラウンドで優勢に試合を進めたcobaが、2Rも反り投げからテイクダウンに成功。ハーフガードからパスガードを狙い、立ち上がろうとした藤石のバックについてチョークを極めて一本勝ちを収めた。


第1試合 フライ級 5分2R
○太田トモアキ(パラエストラ小岩)
×ふじい☆ぺりー(総合格闘技道場BURST)
判定3-0(20-18/20-18/20-18)

 太田が1、2R共にテイクダウンからパウンド、バックチョークを仕掛けるなどして主導権を握り、試合終了間際にはマウントからのパウンドで攻勢を印象付け、フルマークの判定で勝利した。

Home > REPORTS > 修斗 > マッハ道場の中村好史、大澤茂樹に判定勝ち:10.27 新宿

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について