Home > REPORTS > 修斗 > 山上幹臣が初防衛。石渡伸太郎、宇野薫に判定勝ち:9.30 後楽園

山上幹臣が初防衛。石渡伸太郎、宇野薫に判定勝ち:9.30 後楽園

プロフェッショナル修斗公式戦 ~東日本大震災復興支援チャリティ~
2012年9月30日(日) 後楽園ホール
 修斗世界フライ級王者の山上幹臣は、猿丸ジュンジとの初防衛戦でチョークで一本勝ち。セミファイナルでは元ウェルター級王者の宇野薫が8年半ぶりに修斗参戦。同じく修斗出身で現パンクラス王者の石渡伸太郎と対戦したが、石渡の打撃とテイクダウンに苦しみ判定負けに終わった。
  レポート:井原芳徳  写真:久保与志


第8試合 メインイベント 修斗世界フライ級チャンピオンシップ 5分3R
○山上幹臣(総合格闘技道場STF/王者)
×猿丸ジュンジ(シューティングジム横浜/世界1位)
2R 1'34" 一本 (チョークスリーパー)
※山上が初防衛



 1R、サウスポーでリーチで勝る山上が左ジャブ、ストレート、右前蹴りをヒット。オーソドックスの猿丸も左ストレート、右フックをお返しする。山上は猿丸のインローを2度ローブローとしてもらって苦しむが、体力回復休憩後は通常通り動き、ラウンド終盤には左のテンカオもヒットさせる。
 1Rは終始スタンドの攻防となったが、2Rは一転。序盤、山上は猿丸の左フックをもらってしまったものの、すぐさま脇を差して組み倒すと、サイドポジションをあっさりと奪うことに成功。いったん立たれた後も、猿丸が体勢を整える前にタックルを仕掛け、すぐにグラウンドに引きずり戻す。それでも立とうと動く猿丸を潰してパウンドを当てて苦しめた後、バックに回り込んでチョークをガッチリと極めタップアウト。一本勝ちで初防衛を果たした。



 ベルトを巻いた山上は「相手も寝技に来ると思わなかったと思うので、意表を突きました。僕は打撃がメインですけど、寝技も全然できるんで」とアピール。さらに「次は来年、UFCに挑戦できればうれしいです。海外でも戦いたいです」と話した。




第7試合 セミファイナル ライト級 5分3R
×宇野 薫(UNO DOJO/第4代修斗世界ウェルター級王者)
○石渡伸太郎(CAVE/バンタム級キング・オブ・パンクラシスト)
判定0-3 (28-29/27-30/27-30)



 宇野は8年半ぶりの修斗参戦。入場時から一際大きな歓声を浴びる。セコンドには阿部裕幸、植松直哉の姿。1R、宇野は石渡のパンチをもらうも、すぐさま低空タックルを仕掛け、切られた後もバックに回り込む得意パターンを仕掛けるが、石渡は宇野を抱え上げると、背中からマットに叩きつける。スタンドに戻っても右ジャブを効果的に当て、右フックで宇野をダウンさせる。宇野が立ち上がった後も、左フック、右ボディフック等をヒット。終盤にはバックドロップも決め、階級を上げての試合とは感じさせないパワフルなファイトを展開する。

 2Rも石渡がスタンドの打撃で優勢。左のスーパーマンパンチを2発当てる。二段蹴りに失敗しタックルを仕掛けられるが、潰して上になると、得意のパウンドを的確にヒット。スタンドに戻りしばらく攻防が続いたが、ラウンド終盤にも喉輪のような形で押し込んでテイクダウンを奪う。



 3Rも序盤から、石渡がテイクダウンを決め、左フックも当てるなど優勢。だが宇野も勝負をあきらめず、石渡のテイクダウンを潰すと、バックに回り込んでチョークを狙い、場内は宇野コールに包まれる。スタンドに戻ってからも右ストレートを当てるが、チャンスはここまで。その後は石渡が左ストレート、二段膝蹴り、右フックなどを当てて宇野の反撃を封じ、判定勝ちを果たした。



 石渡は「宇野選手の声援が大きくて、3Rは疲れたけど、みんなの応援のおかげで勝てました」と喜びのマイクアピール。パンクラスの酒井正和代表もリングに上がると、「チャンピオンありがとう。パンクラスは強いです。今後もバチバチやっていきたいですが、(今大会主催のサステインの)坂本さん、どうですか?よろしくお願いします」と、さらなる対抗戦実現に意欲を示した




第6試合 ミドル級 5分3R
○田村ヒビキ(パラエストラ大阪)
×高木健太(PUREBRED川口REDIPS)
判定3-0 (29-28/29-28/29-28)



 1Rはスタンドで打撃とコーナー際の押し込んでの攻防の繰り返し。高木が左ストレートやバックハンドブロー、田村がフロントチョークを仕掛けるが、主導権はどちらにも傾かず。2Rも同様で、高木がアームロックを仕掛け、田村が左ローを当てるが、静かな攻防が続く。3Rも脇の差し合いのまま膠着状態が続いたが、残り1分、田村が左の膝を高木の足に当てた後、テイクダウンに成功。そのままマウントを奪うと、パウンドを的確に当ててポイントを奪い、判定勝ちを果たした。


第5試合 ライト級 5分3R
×阿部裕幸(AACC)
○大澤茂樹(フリー)
1R 4'12" KO (左ストレート)



 5年7ヶ月ぶりに修斗のリングに上がった阿部兄。ノーガード戦法で観客を湧かせるが、大澤の動きに反応できない。大澤は落ち着いて下に打撃を散らしながら左ストレートを的確にヒットし続ける。最後は右の前蹴りを当てた後、左ストレートをクリーンヒットし阿部をマットに沈めた。


第4試合 インフィニティトーナメント2012準決勝 バンタム級 5分2R
×ランボー宏輔(パラエストラ千葉)
○戸澤真澄美(GRABAKA)
判定0-3 (18-20/19-20/19-20)

 1R、序盤からランボーに倒され、下になり続けた戸澤だが、3分半過ぎに脱出。足を掛けてきたランボーを潰し、今度は上になる。サイドポジションまで行ったあとにスタンドに戻されるが、左ストレートをうまく当てて優勢を印象付ける。
 2Rも先に下になってしまった戸澤だが、オモプラッタでランボーをコントロール。3分過ぎにスタンドに戻り、残り1分にもタックルでテイクダウンに成功する。ランボーのブリッジを潰しつつ、ランボーがパウンドを落としてきた隙を突いて腕十字を極める。直後に時間切れのゴングが鳴ったものの、これでポイントを奪い、判定勝ちで決勝に進出した。




第3試合 バンタム級 5分2R
○阿部マサトシ(AACC)
×斉藤健史(K'z FACTORY厚木)
1R 4'37" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)



 斉藤の片足タックルに再三捕まり、防戦状態が続いたマサトシだが、テイクダウンを許さず。すると残り1分、コーナー際でがぶった状態で鉄槌を連打し続けていると、斉藤の力が弱っていくのがわかり、動きが止まったところでレフェリーストップ。マサトシがチャンスを逃さず勝利をもぎ取った。


第2試合 2012年度新人王決定トーナメント ウェルター級準決勝 5分2R
○榊 真嗣(KRAZY BEE)
×小西謙太(KING GYM)
判定3-0 (20-18/20-18/20-18)


第1試合 2012年度新人王決定トーナメント ライト級準決勝 5分2R
×斎藤 裕(パラエストラ小岩)
○ユータ&ロック(秋本道場Jungle Junction)
判定0-3 (19-20/18-20/18-20)

Home > REPORTS > 修斗 > 山上幹臣が初防衛。石渡伸太郎、宇野薫に判定勝ち:9.30 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について