Home > REPORTS > 修斗 > 土屋大喜、門脇破り環太平洋ライト級王者に

土屋大喜、門脇破り環太平洋ライト級王者に

The Way of SHOOTO ~ Like a Tiger, Like a Dragon ~
2010年1月23日(土) 東京・後楽園ホール
  レポート&写真:久保与志


第9試合 修斗環太平洋ライト級王者決定戦 5分3R
×門脇英基(和術慧舟會東京本部/世界2位・環太平洋2位)
○土屋大喜(roots/環太平洋7位)
判定0-3 (鈴木28-29/浦28-30/渡辺27-30)
※土屋が王座獲得。第4代環太平洋ライト級チャンピオンに

 1R、土屋は細かくステップを刻みながら右ロー、機を見て右のスーパーマンパンチを放つが、深追いはせずにすぐに距離を取る。門脇が片足タックルで捕まえると、しつこくしかけ続けてテイクダウンを奪う。土屋は上手くコーナーを利用し、背中をつけずに体を起こすと、ガブりの体勢をキープしてブレイクがかかる。スタンドからリードジャブの差し合い。門脇の左ジャブが土屋の顔面を捉えるが、土屋は激しく出入りを繰り返しながら右オーバーハンドをヒットさせて門脇を後退させる。記者採点は手数と右のパンチを評価して土屋の10-9。

 2R、門脇が右テンカオを土屋のボディに突き刺すが、土屋はカウンターで右オーバーハンドをクリーンヒット。動きの止まった門脇にパンチをまとめるが、門脇は片足タックルでグラウンドに持ち込み難を逃れる。門脇はハーフガードから、右手を枕にして土屋の頭を固定して左のパンチを落としていく。残り時間わずかのところでブレイク。土屋が右のパンチを振るってプレッシャーをかけ、終了間際に右ハイをヒットさせる。記者採点はラウンド序盤の土屋の右オーバーハンドからのパンチの連打と、門脇のテイクダウンからのパウンドを同等と見て10-10のイーブン。

 3R、土屋は右スイングフックをヒットさせて、後退した門脇にパンチをまとめる。タックルに来た門脇の顔面を土屋の膝蹴りが捉えるが、門脇はそれでもなお片足タックルをしかけて土屋をコーナーに押し込む。門脇はそこからバックに周こむと、腹固めに捕らえてそこからスリーパーを狙う“門脇スペシャル”の体勢に。首は取らせまいと必死にディフェンスする土屋。門脇はスリーパーの機会を伺いながら、右腕を固められて身動きの取れない土屋に鉄槌を落としていくが、残り1分足らずのところでブレイクがかかる。
 このままでは3Rを奪われる土屋はここから猛反撃。膝蹴りで門脇をコーナーに追い込むと、左右の連打に膝を交えながら怒涛のラッシュを浴びせる。門脇は頭を下げながらも必死にガードをしながらディフェンス。何とかコーナーから脱出した門脇は左ジャブ、さらにテンカオで反撃を試みるが、土屋が膝に合わせて右フックを強打。門脇のタックルも切り、土屋が最後までプレッシャーをかけ続けて試合終了。記者採点は門脇の腹固めと鉄槌・パウンドと、土屋のラウンド終盤のラッシュを同等と見て10-10のイーブン。トータルスコア29-30で土屋の勝利。

 オフィシャルの判定は28-29、28-30、27-30の3-0で土屋。3R序盤の劣勢を凌ぎ、渾身のラッシュで勝利を手繰り寄せた土屋が、師匠・佐藤ルミナも手にした環太平洋のベルトを自らの腰に巻いた。

[各レフェリーに聞いた採点基準]
鈴木利治レフェリー:28-29
1R9-10:土屋の手数、アグレッシブさ、右のパンチのクリーンヒットを評価
2R10-9:門脇がグラウンドでのパウンドなどでラウンドの大半を支配していた
3R9-10:ラウンド前半は門脇が腹固めから鉄槌を落とすなど優勢に試合を進めていたが、ラウンド後半の土屋のラッシュで門脇は頭を下げて防戦一方になり、明確にダメージを与えていた土屋を評価

浦僚克サブ・レフェリー:28-30
1R9-10:鈴木レフェリーの1Rと同様
2R10-10:門脇がグラウンドで優勢にラウンドを進めていたが、土屋がラウンド終盤の攻撃で挽回してイーブンと判断した
3R9-10:鈴木レフェリーの3Rと同様

渡辺恭介サブ・レフェリー:27-30
1R9-10:鈴木レフェリーの1Rと同様
2R9-10:門脇がグラウンドで優勢に試合を進めていたが、終了間際に右ハイをクリーンヒットさせるなど土屋の方がダメージを与えていた
3R9-10:鈴木レフェリーの3Rと同様


第8試合 ライト級(ノンタイトル戦) 5分3R
○リオン武(シューティングジム横浜/世界王者)
×ジェラルド・ロバート(米国/Fit NHB)
3R 4'11" 一本 (腕ひしぎ十字固め)

 リオンは1Rからロバートの打撃をしっかりとディフェンスしつつ、的確に右ローをヒットさせていくと、2Rにはロバートの左フックをかわしてテイクダウンに成功。細かいパンチを落としつつ、パスガードからサイド、マウントと移行するが、残り時間が少なく、仕掛ける前にラウンド終了のゴング。
 3R、KO勝利の可能性は薄いと見たか、リオンは開始早々に組み付いてテイクダウンを奪う。リオンは時折体を起こして強いパウンドを落としながら、機を見てパスガードに成功し、サイドからマウントを奪取する。リオンはそこから徐々にロバートの頭の方に上っていくと、万全の体勢で腕十字。これががっちりと極まり、リオンが残り時間僅かのところで一本勝ちを収めた。
 前日計量をパス出来ず、当日計量となってしまったリオンは「減量に失敗しちゃってすいません。やっぱり力入んなかったです」と苦笑いを浮かべながら減量苦を反省しつつ「5月はちゃんと仕上げて日沖選手とやりたいです」と、以前から希望していた日沖発との対戦を改めてアピールした。



第7試合 フライ級 5分3R
×ATCHアナーキー(パラエストラ東京/世界1位)
○阿部博之(SHOOTO GYM K'z FACTORY/世界9位)
判定0-3 (鈴木27-30/菅野27-30/渡辺28-30)

 阿部が積極的にタックルをしかけていくが、ATCHはこれを切って距離を取る。阿部のテイクダウンを警戒するあまり、ATCHは手数が出ない。阿部がフェイントを入れながら、距離を詰めて右フックをヒット。ひるんだATCHをタックルでテイクダウンすると、パスガードしてサイドに。阿部はアームロックを狙いつつ、ATCHの頭を洗濯挟みのような形で捕らえるが、ATCHは脱出して立ち上がると、飛び込むように左のパウンドを打ち込む。
 2Rもスタンドでの右フック、テイクダウンからのパウンドで主導権を握り、3Rも阿部優勢のままラウンド終盤へ。ポイントでは明らかに劣勢なATCHだが、前に出来れず下がりながらカウンターを返す。阿部がパンチでATCHをコーナーに詰めたところ、阿部がカウンターをヒットさせて連打をまとめるが、阿部は冷静にディフェンスして腰投げでテイクダウン。阿部がマウントから腕十字を狙ったところでタイムアップ。阿部が完封に近い試合内容で、世界ランク1位のATCHを下した。


第6試合 ウェルター級 5分3R
×ウエタユウ(PUREBRED京都/世界10位・環太平洋3位)
○児山佳宏(パラエストラ松戸/環太平洋9位)
判定0-3 (鈴木24-30/菅野26-30/渡辺25-30)

 1R、児山のタックルを警戒しつつ、鋭いローを放っていくウエタ。児山はタックルしかけつつ距離を詰めると、コンパクトな左のショートフックをクリーンヒット。この一撃でダウンを奪うと、覆いかぶさる様にして左のパンチを落としていく。ウエタは何とか立ち上がるが、児山はさらに首相撲から膝蹴りを連打。ウエタは何とか離れて距離を取ると、時折鋭い右ストレートを放つ。児山が幾度もタックルをしかけテイクダウンを試みるが、ウエタの上手くこれを防ぎ中々グラウンドに持ち込ませない。ラウンド終盤に児山の左ショートが再び顔面を捉えウエタはフラッシュダウン気味に尻餅をつく。
 2R、児山はウエタの右ストレートをダッキングでかわすと、カウンターでタックルを決めてテイクダウン。イノキアリ状態からウエタの蹴り上げを捌きつつ、飛び込んで強烈な左のパンチをヒットさせる。ウエタが立ち上がりスタンドに戻ると、ウエタが右ストレートをヒット。児山は片足タックルで組み付きテイクダウンを奪い、連打を許さない。
 3R、ウエタが飛び膝蹴りをしかけるが、児山は左手でウエタの顔を抑えバランスを崩すと、蹴り足を掴んで倒しテイクダウン。ウエタは蹴り放して強引に立ち上がると、逆転のKOを狙って右ストレートを放っていく。児山は冷静にウエタの右をダッキングでかわすと、そのまま組み付いて再びテイクダウン。すぐに立ち上がろうとするウエタのしかけを潰しながら、細かいパウンドを落としていく。ウエタが何とか立ち上がったところで試合終了。1Rに2度のダウンを奪った児山が大差の判定でウエタを下し、磐石の強さを見せ付けた。


第5試合 ミドル級 5分3R
○佐藤洋一郎(グレイシー・バッハ東京/世界6位・09年度新人王)
×佐藤拓也(PUREBRED京都/環太平洋5位・08年度新人王)
1R 2'25" スリーパーホールド

 拓也が開始直後から、積極的にステップインして右フックから返しの左ストレートを放っていく。洋一郎も右ストレートで応戦するが、拓也の攻撃に戸惑ったか圧力に押されてしまう。拓也が飛び込んでの右フックで入ってきたところ、洋一郎が下がりながらの右ストレートをヒット。前のめりにダウンを喫した拓也からマウントポジションを奪うと、ダメージの残る拓也にパウンドを浴びせる。拓也がパウンドを嫌い背中を見せたところで、洋一郎はバックからスリーパー。これが深く入り拓也はたまらずタップ。洋一郎が一本勝ちで新人王対決を制した。


第4試合 ライト級 5分2R
○美木 航(和術慧舟會RJW)
×ジョン・ジンソク(韓国/パラエストラ清州)
1R 3'15" KO (ボディへの膝蹴り)

 お互いにリードを差して様子見といった展開から、美木が片足タックルでテイクダウンを奪う。すぐにブレイクがかかりスタンドに戻ると、美木がじりじりと圧力をかけて距離を詰めて左ストレート。さらにテンカオをボディに突き刺すと、ジンソクは苦悶の表情を浮かべながらうずくまる。これを見たレフェリーがすぐに試合をストップ。美木が得意の膝蹴りで鮮やかなKO勝利を飾った。


第3試合 バンタム級 5分2R
○戸澤真澄美(GRABAKA)
×小泉慶嗣(和術慧舟會東京本部)
判定3-0 (若林20-18/菅野20-18/鈴木20-18)

第2試合 ミドル級[2010年度新人王決定トーナメント1回戦] 5分2R
○岡野裕城(マッハ道場)
×瀬戸哲男(極真会館浅草道場)
判定3-0 (若林20-18/菅野20-18/鈴木20-18)

第1試合 バンタム級[2010年度新人王決定トーナメント1回戦] 5分2R
△ランボー宏輔(パラエストラ千葉)
△金内雄哉(グレイシー・バッハ東京)
判定0-0(鈴木19-19/菅野19-19/渡辺19-19)
※優勢ポイント2-1(鈴木:ランボー/菅野:金内/渡辺:ランボー)でランボーが二回戦進出。公式記録はドロー

※当初、第4試合に予定されていたウェルター級2回戦 小知和晋(和術慧舟會東京本部)対 キム・ホズン(韓国/グリ・チョンム)の一戦は、前日計量の後に小知和が脱水症状から一時意識を失う状態となり病院に搬送される事態が発生。診断の結果異常なしと判断されたが、主催者とマネージメントサイドの協議で中止となった。

Home > REPORTS > 修斗 > 土屋大喜、門脇破り環太平洋ライト級王者に

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について