Home > REPORTS > 修斗 > 岡嵜、逆転KO勝ちで初代環太平洋フェザー級王者に

岡嵜、逆転KO勝ちで初代環太平洋フェザー級王者に

SHOOTO GIG TOKYO Vol.3
2009年10月18日(日) 東京・新宿FACE
  レポート&写真:久保与志


扇久保がチョークでキャッチ
第10試合 メインイベント 修斗初代環太平洋フェザー級チャンピオン決定戦 5分3R
○岡嵜康悦(フリー/環太平洋1位・世界4位)
×扇久保博正(パラエストラ松戸/環太平洋2位・世界2位)
2R 2'08" KO (右ストレート→グラウンドパンチ)
※岡嵜が初代王者に
※1R扇久保のスリーパーホールドで2度のキャッチ

 1R、扇久保はいきなり強い右ローを見せる。岡嵜はバックステップを交えて慎重に距離を測りながら、時折鋭い左ジャブを突き刺していく。左の突き合いが続く中、扇久保が右ロングフックで飛び込んで、猛烈なパンチのラッシュを浴びせて岡嵜をコーナーに釘付けにする。さらにそこから投げでテイクダウンを狙い、岡嵜が立ち上がったところをバックに回ると、細かいパンチを入れながら背中に飛び乗るようにしてスリーパーをしかける。扇久保が首をロックしたまま岡嵜を倒したところで、レフェリーからキャッチが入る。岡嵜は苦悶の表情を浮かべながらも、扇久保の腕を外して向き直ろうとするが扇久保は逃がさず。再びスタンドでバックを奪い、スリーパーに捕らえると2度目のキャッチがコールされる。1R終了のゴングまで何とか凌ぎきった岡嵜だが、2度のキャッチを奪われ、ポイントでは大きくリードを許してしまう。


岡嵜が反撃の鉄槌
 2R、岡嵜は後がない状況だが焦りは窺えず、丁寧に左リードを刺しながらプレッシャーをかけていく。岡崎は距離感が掴めてきたのか、扇久保のフックとローに合わせて、大きく回す左フックを多用し始める。扇久保はこれをもらって真っ直ぐ下がってしまい、カウンターを恐れてか手数もほとんど出なくなってしまう。岡嵜は左リードパンチでプレッシャーをかけてロープに追い込むと、左フックから狙い澄ましたような右ストレート。これがクリーンヒットして扇久保は後方に大きくダウン。岡嵜が追撃の鉄槌を連打したところでレフェリーが試合をストップ。岡嵜が見事な逆転勝ちで初代環太平洋フェザー級チャンピオンとなった。

三島と中蔵も岡嵜を祝福


風田×デルモ
第9試合 ウェルター級 5分2R
×風田 陣(ピロクテテス新潟)
○ガイ・デルモ(米国/TEAM BLAZE脇町)
判定0-3 (18-20/19-20/19-20)

 1R、ガイはいつも通りスタートからフルパワーでタックルをしかけていく。風田はロープ際まで吹っ飛ばされながらも何とか立ち上がろうとするが、ガイはしつこくタックルをしかけてテイクダウンに成功する。風田が蹴り離してスタンドに戻ると、ガイが左右のフックから右アッパーをヒット。下がった風田をタックルでテイクダウンしてパンチを落としていく。風田は何とか立ち上がり、タックルにきたガイのボディに膝蹴りを合わせるが、ガイはかまわず組み付いてテイクダウンを奪う。

 2R、ガイはパンチで距離を詰めて右のショートアッパー。これで再び風田を下がらせると1R同様にタックルをしかけていく。風田はこれを切りながら首相撲に捕らえ、ボディに膝蹴りを入れていく。膝蹴りでスタミナを削られたか1Rのようなタックルの切れはなくなったガイだが、それでもしつこくしかけ続けて要所でテイクダウンを奪い、風田に反撃の機会を与えず。1Rのアドバンテージを守って僅差の判定を制した。


伊藤×柳澤
第8試合 ライト級 5分2R
×伊藤一宏(TKエスペランサ)
○柳澤雅樹(パラエストラ東京)
2R 1'07" 一本 (三角絞め)

 1R、スタンドの攻防から柳澤がタックルをしかけ、倒せないと見ると引き込んで下から足関節をしかける。伊藤はこれをディフェンスしながら、体を起こして強烈なパウンドを落としていく。伊藤はスタンドに戻ってもタックルに合わせた膝蹴り、距離が出来ると右ハイなどで攻勢をかけてペースを握る。2R開始直後、柳澤のパンチが浅くヒットすると、柳澤はすぐにタックルへ。これは伊藤に切られるが、引き込みに移行して間髪入れずに三角絞めをしかけると、これががっちり極まってタップアウト。柳澤が鮮やかな一本勝ちで1Rの劣勢を覆した。


根津×ハヤカワ
第7試合 フェザー級 5分2R
○根津優太(和術慧舟會東京本部)
×マイク・ハヤカワ(シューティングジム大阪)
2R 4'38" TKO (ドクターストップ:膝蹴りによる右目上のカット)

 1R、根津は左インローなど蹴りを中心に攻撃を組み立てる。マイクは根津の蹴りに合わせてカウンターの右クロス、左フックを狙いながら、距離が詰まると組み付いてテイクダウンの機会も伺っていく。首相撲の攻防から離れたところ、マイクの左フックがヒットして根津が後退。さらにマイクは右クロスを放ちながら組み付くが、根津がアームロックをしかけつつ引き込んであわやの場面を作る。

 2R、マイクが左インローに左フックを合わせて幾度か根津の顔面を捉える。根津は下がりながらテンカオで迎撃するが、マイクはかまわず右クロスで距離を詰めて組み付いていく。マイクがパンチで根津をコーナーに詰めてタックルに行ったところを、根津が膝蹴りを合わせてマイクの右目の上をカットする。ドクターチェックが入るが再開となり、マイクが右クロスから返しの左フックをヒットさせ、さらにパンチをまとめるが距離が詰まり両者組み付いたところで出血がひどくなり再びドクターチェック。今度はすぐにストップがかかり、根津が得意の蹴り技でTKO勝ちを収めた。


マテウス×高橋
第6試合 ミドル級 5分2R
○マテウス・イリエ・ネキオ(ブラジル/PUREBRED大宮)
×高橋圭典(マッハ道場)
1R 2'58" 一本 (チキンウイング・アームロック)


山内慎人
第5試合 フェザー級 5分2R
○山内慎人(GUTSMAN・修斗道場)
×石橋佳太(和術慧舟會Duroジム)
1R 3'09" 一本 (腕ひしぎ十字固め)


喜多×沖喜
第4試合 ライト級 5分2R
×喜多浩樹(パラエストラ東京)
○沖喜祥尚(シューティングジム八景)
1R 3'28" 一本 (腕ひしぎ十字固め)


松本×MIKE
第3試合 ウェルター級[2009年度新人王決定トーナメント準決勝] 5分2R
○松本光史(マスタージャパン)
×MIKE(BLUE DOG GYM)
1R 4'28" 一本 (スリーパーホールド)
※1Rローブローによる反則で松本に減点1


飛猿×永添
第2試合 バンタム級[2009年度新人王決定トーナメント準決勝] 5分2R
○飛猿☆No.2(PUREBRED川口 REDIPS)
×永添 潤(ゼロ戦クラブ)
判定3-0 (20-17/20-17/20-17)


天風×キューピー
第1試合 フライ級[2009年度新人王決定トーナメント 準決勝] 5分2R
○天風ゆうすけ(ピロクテテス新潟)
×佐藤“キューピー”友和(RJW G2)
判定3-0 (19-18/19-18/19-18)
※1Rローブローによる反則で天風に減点1

Home > REPORTS > 修斗 > 岡嵜、逆転KO勝ちで初代環太平洋フェザー級王者に

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
5月は入会金無料!フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニン...

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について