Home > REPORTS > 修斗 > 佐藤洋一郎がKO勝ち。菅原、勝ってコミッションに要求

佐藤洋一郎がKO勝ち。菅原、勝ってコミッションに要求

SHOOTING DISCO 10 〜 TWIST & SHOOTO 〜
2009年9月20日(日) 東京・新宿FACE
  レポート&写真:久保与志

佐藤 vs. 新美
第9試合 メインイベント ミドル級 5分3R
○佐藤洋一郎(グレイシー・バッハ東京/世界6位・環太平洋2位)
×新美吉太郎(ALIVE/環太平洋3位)
2R 2'16" KO (レフェリーストップ:右ストレート)

 1R、左ジャブを突きながらプレッシャーをかける佐藤。佐藤はさらに右ストレートから右ローにつなげる。新見は打撃を掻い潜り、組みついてテイクダウンに成功。新見がガードから体を起こしてパウンドを繰り出すと、佐藤が蹴り離してイノキアリ状態に。佐藤が立ち上がろうとしたところを狙って新見が左フックを放つが、逆に連打をもらってコーナーに詰められ、強烈な右ローを浴びてしまう。佐藤は右ストレートから、弧を描くような返しの左フックを何度もヒットさせて、新見はダウン寸前の状態に。新見は何とか組みついてテイクダウンを奪うが、佐藤はすぐに立ち上がると強烈な右ストレート、左フックを新見の顔面に叩き込む。
 何とか1R終了のゴングに救われた新見だが、2Rも佐藤の強打を浴び続け、タックルも力なく切られてしまう。防戦一方の状態でパンチをもらい続け、佐藤の右ストレートが新見の顎を痛打したところでついにレフェリーが試合をストップ。佐藤が圧巻のKO劇で連勝を4に伸ばした。

菅原 vs. 田中
第8試合 セミファイナル バンタム級 5分3R
○菅原雅顕(和術慧舟會Duro/世界10位)
×田中寛之(直心会格闘技道場)
判定2-1 (若林29-28/鈴木28-30/菅野30-28)
 1R、プレッシャーをかけながら右ストレートで前進する菅原に対し、田中はカウンターの左フックで迎え打ち、菅原の動きが止まると右ハイを放っていく。田中はテイクダウンに成功すると、間髪入れずに鋭いパウンドを落とす。菅原もすぐに立ち上がりパンチをで距離を詰め、奥足への左ローを当てていくが、田中もしっかりとパンチを返して応戦する。
 2R、菅原はパンチで圧力をかけ続けるが、田中はしっかりとガードして受け返しの左フックをヒットさせる。菅原もカウンターをもらっても一歩も引かず、互角の攻防が続く中、菅原の右ストレートがヒットして田中が後退。菅原は膝蹴りで追撃して田中をコーナーに追い詰めると、一気に手数を増やして激しいラッシュを浴びせる。田中もガードを固め、タックルで流れを変えようとするが、菅原はこれを切って再びパンチをまとめる。

菅原がアピール
 3R、田中の右ストレートがヒットして菅原が後退するが、続けざまにきた田中のタックルをしっかりと切ると、逆にロープに詰めてパンチの連打。ロープ際から抜け出した田中にテンカオを当ててコーナーに追い込むと、猛烈なラッシュを浴びせる。田中もしっかりとガードを固めつつ、左フックで応戦。両者、額をつけるようにして激しく打ち合い、場内から歓声が上がる。
 その後も菅原が手数で圧倒するが、田中も最後までパンチを返す展開が続き試合終了のゴング。判定はスプリットながら、驚異的なスタミナで手数を出し続けた菅原に軍配が上がった。マイクを渡された菅原は「生意気かもしれないけど、コミッションの方たちに言いたいことがあるんですけど、僕はあんまり負けてないのにランキングが10位というのは納得がいかないです。なので、次は上位ランカーの選手とやらせてもらえると嬉しいです」と世界ランカー上位との対戦をアピールした。

ヒート vs. カツヤ
第7試合 フライ級 5分2R
×ヒートたけし(和術慧舟會RJW/世界4位)
○室伏カツヤ(roots)
判定0-2 (19-19/19-20/18-20)
 1R、室伏を距離を詰めて右フック、さらに組みついて両者テイクダウンを試みるが、ブレイクがかかる。パンチの打ち合いから、バランスを崩したヒートが引き込み気味に下になる。足関節で煽るヒートに対し、室伏もヒールホールドで応戦する。体を回転して上になりながら逃れようとするヒートだが、室伏はしつこくヒールを狙い続ける。ヒートは上からパンチを落としつつ脱出に成功する。
 2R、ヒートがパンチで距離を詰めると、脇を差して室伏をコーナーに押し込み、足をかけてテイクダウンを奪う。ヒートをパウンドを落としつつパスガードを狙うが、室伏はパスに合わせて体を起こしタックルを仕掛けて上になる。ブレイクがかかりスタンドから再開後、室伏がヒートの右ストレートを掻い潜りタックルでテイクダウン。ヒートは下からオモプラッタ、三角絞めを仕掛ける。室伏がしっかりと潰して、バスターでヒートをマットに叩きつけたところでタイムアップ。室伏が僅差の判定をものにして、弟シンヤの雪辱を晴らすと共に、世界ランカーを下す金星を挙げた。

細井 vs. 直撃
第6試合 フェザー級 5分2R
△細井鷹飛呂(パラエストラ松戸)
△直撃我聞(PUREBRED大宮)
判定0-1 (19-20/19-19/19-19)

 直撃は細かくステップを刻みながら、飛び込んで右フックから左ストレートを放っていく。ラウンド中盤に右フックで距離を詰めたところに、細井のカウンターがヒットして直撃がフラッシュダウン気味に尻餅をつく。
 2R、1Rのダウンを取り返そうと直撃がプレッシャーを強める。細井は徹底的にサークリングして右フックのカウンター狙い。1Rのダウンでポイントをリードしていると判断した上での戦法だと思われるが、カウンターを狙うあまり手数が極端に減ってしまう。直撃もアウトボックスする細井を捕まえきれず試合終了。両者共に決め手に欠き、判定はドローとなった。

杉浦 vs. 高木
第5試合 ミドル級 5分2R
×杉浦“C坊主”博純(シューティングジム大阪)
○高木健太(PUREBRED川口REDIPS)
2R 3'30" KO (レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)

 高木が強烈な左右のアッパー、首相撲から顔面への膝蹴りなどで攻勢に出るが、杉浦も首相撲の離れ際に右フックをヒットさせ、高木の左フックにカウンターの右クロスを合わせ反撃する。2Rに入ると、杉浦の右クロスが幾度も顔面を捉え、高木は鼻から出血。動きの止まった高木に杉浦は右ロングフックから連打を浴びせ、高木が首相撲に持ち込もうとしても、クラッチの上からパンチを叩き込む。
 しかし、試合を決めようとパンチで距離を詰めたところに、高木の右フックがヒットして杉浦がダウン。杉浦は追撃のパウンドをもらいながらも何とか立ち上がるが、高木がコーナーに追い詰めてパンチの連打を浴びせたところでレフェリーストップ。高木が2R序盤の劣勢を挽回して、見事なKO勝利を飾った。

第4試合 バンタム級 5分2R
△細谷健二(和術慧舟會東京本部)
△井島裕彰(GUTSMAN・修斗道場)
判定0-0 (19-19/19-19/19-19)

第3試合 バンタム級 5分2R
×ナカシ(和術慧舟會トイカツ道場
○高野祥之(シューティングジム八景)
判定0-2 (18-19/18-19/19-19)

第2試合 フェザー級 5分2R
×安永有希(東京イエローマンズ)
○河野啓太(GUTSMAN・修斗道場)
判定0-3 (18-20/18-20/18-20)

第1試合 ウェルター級 5分2R
○大宮ハント(PUREBRED大宮)
×作田啓司(パラエストラ千葉)
判定3-0 (20-18/20-18/20-18)

Home > REPORTS > 修斗 > 佐藤洋一郎がKO勝ち。菅原、勝ってコミッションに要求

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について