Home > REPORTS > シュートボクシング > 海人、鈴木博昭を縦肘で1R葬。深田一樹、内藤大樹の野望阻止:6.16 後楽園

海人、鈴木博昭を縦肘で1R葬。深田一樹、内藤大樹の野望阻止:6.16 後楽園

SHOOT BOXING 2017 act.3
2017年6月16日(金) 後楽園ホール
  レポート&写真:井原芳徳


第9試合 メインイベント 63.5kg契約(肘有り) 3分3R(無制限延長R)
×鈴木博昭(ストライキングジムAres/SB世界スーパーライト級(65kg)王者/63.5kg)
○海人(TEAM F.O.D/SB日本ライト級(62.5kg)1位/63.4kg)
1R 2'18" TKO (ドクターストップ:右肘打ちによる額のカット)

 鈴木は4月大会ではWBCムエタイ日本&INNOVATIONスーパーライト級王者・山口裕人と対戦。KNOCK OUT参戦を見据え、SBでは通常反則となる肘有りのルールで対戦し、5R肘打ちでKO勝ちした。今回はSB側から“新旧エース対決”をテーマにした試合が用意されたが、鈴木は今回も肘有りルールを要求し、海人も承諾。試合前日に正式に肘有りに変更となった。
 海人は19歳ながら4月大会でS-cup65kg世界トーナメント2016優勝ザカリア・ゾウガリーの相手に抜擢され、敗れはしたものの好勝負を繰り広げて評価を高めたが、今回はルール変更を活かして金星をつかむことになる。



 1R、いつものように鈴木がサウスポーに構え、海人と蹴りの応酬。海人は左のテンカオも鋭く、うまく渡り合っている印象だ。すると海人は左ジャブのフェイントから右の縦肘。鈴木のブロックの隙間から額にクリーンヒットし、鈴木は大量に血を流す。海人が切ったとアピールし、クリンチになって再び右肘を放ちかけたところでブレイクがかかるが、焦った様子の鈴木はブレイクの後も負けじと肘を振り回してしまう。
 すぐさまドクターチェックが入り、再開すると、鈴木はタックルを仕掛けて投げようとするが、海人は対応してブレイク。鈴木は作戦を切り替え、なりふり構わず勝とうとしている様子だったが、再びドクターチェックになると、すぐストップ。鈴木は悔しさのあまり膝から崩れ落ち、海人はコーナーに登って大喜びした。



 マイクを持った海人は「シュートボクシング新エースの海人です」と第一声。続けて「鈴木さんに勝ったけど本物のエースと言えるかまだわからないので、65kgに強い選手はいっぱいいるんで、その人たちを倒して僕が本物のエースになります。ザカリアさんに負けているので、それまで勝ち続けてリベンジします」と話し、他団体も視野に入れて「新エース」として活躍する決意を示した。

 試合後のインタビューで海人は、今後の目標について聞かれると「-65kgのベルトを獲りに行きたい」と話し「今回、階級が違うんで(※63.5kg契約)、鈴木さんの階級でもう1回やらせてもらえれば、ベルトも取りに行きたいです。肘無しでも無かった無いで倒しに行くだけです」と、鈴木の世界王座を賭けての再戦にも前向きだった。
 肘の練習状況については「肘有りになるかもと言われて、急きょ練習に入ったんで、10日も無かったんですけど、タイミングはバッチリやったってだけですね。肘有りの試合は初めてで、それまで正直あんま練習したことが無かったんですけど、記者の人に『肘有りだったらどうですか?』と聞かれて、『あったらできないです』とは言えないんで、『あっても問題無いです』と答えてしまったんで、吐いた唾は飲まれへんっていうか」「肘の練習はもう追い込みも終わった時期から、体重の調整の時に、動かしながらやってた感じですね」と語り、「鈴木さん、ブロックが多い印象があったんで、その間の縦肘を入れていこうかなと思ってたのが入った感じですね」と、作戦の一つがハマったことを明かす。
 さらに海人は「肘できるんやと他団体に思われて、肘有りの試合に声掛けられたら問題無いんでやります」とも話し、この日の第3試合でKO勝ちしたSB日本ライト級2位の西岡蓮太が王座挑戦要求をしたことについても「正直、62.5kgの減量はしんどくて、65kgでやっていきたいんですけど、タイトルマッチって言われるんやったら落としてでもやろうかなと思いますけど。全然負けないです」と話していた。


第8試合 SB日本フェザー級(57.5kg)タイトルマッチ 3分5R(無制限延長R)
○深田一樹(龍生塾ファントム道場/王者/57.35kg)
×内藤大樹(ストライキングジムAres/挑戦者、SB日本スーパーバンタム級(-55kg)王者/57.25kg)
判定2-0 (津山48-47/茂木48-48/若林48-47)
※深田が初防衛

 1R、サウスポーの深田に対し、内藤が序盤から右インローを連打。左ジャブ、右ミドルも絡め、深田の大振りのパンチも軽々とかわす。まだ大差はないが主導権は握っている。
 2R、内藤は右ミドルを強打するようになり、場内がどよめくが、中盤、内藤が右ローを当てた直後、深田がオーソドックスにスイッチしつつ距離を詰めながら右ストレートをねじ込むように当てて、内藤が一瞬ひるむ。深田はさらに左ストレートも当てて内藤をひるませる。内藤はすぐに持ち直すが、印象を悪くしてしまう。



 3Rも深田はスイッチしながら入ってパンチを当てようとする場面があるが、内藤は対応するようになり、右ミドル、右ロー、右テンカオ、右フックを強打。このラウンドは内藤が優勢だ。
 4Rも内藤が随所で右ロー、右ミドルを当てて主導権を握っていたが、中盤過ぎにまたも深田が距離を詰めると、右ストレートをクリーンヒット。内藤は腰から崩れダウンする。内藤はパンチの打ち合いで当て返し、なんとか持ち直すが、10-8と2点差をつけられたことには変わりない。



 5R、後の無い内藤は首投げで1ポイントを取ろうとするが、持ち上げきれず失敗。以降は打撃専念に戻り、パンチ、右ミドルを随所で当てて反撃するが、1ポイントを取り戻すに留まる。ジャッジ1者は2Rの深田のパンチを評価せずドローとしたが、順当に2者が深田を支持し、深田の防衛成功。内藤の2階級制覇の野望を打ち砕いた。



 深田は「内藤選手、スーパーバンタム級のベルト、うちの植山(征紀)と賭けてまたやってください。僕もスーパーフェザー級でもやらせください。フェザー級のベルト賭けてもいいんで」と、内藤同様に2階級制覇を新たな目標に掲げた。


第7試合 スーパーウェルター級(70kg) 3分3R(無制限延長R)
○坂本優起(シーザージム/元SB日本王者)
×小林 準(RIKIX/元MA日本スーパーウェルター級4位)
判定2-0 (若林29-28/茂木29-29/津山30-29)

 坂本は2月の北斗拳太郎との3度目の対戦でも敗れて以来の試合。今回は同じ84年生まれの小林との一戦に。坂本は前に出てのパンチ、小林は右ローキックでひたすら削り合う展開となり、両者ともほとんど崩れず、1者はドローとしたが、坂本のパンチのほうが評価され判定勝ちとなった。




第6試合 スーパーバンタム級(55kg) 3分3R(無制限延長R)
○植山征紀(龍生塾ファントム道場/SB日本1位)
×竹野元稀(風吹ジム/SB日本8位)
判定3-0 (30-29/30-28/30-28)

 1R、植山は右ロー主体で攻め、2Rは終盤に左ボディを連打してからの左フックを当てると、竹野が後退するように。3R、竹野も序盤の打ち合いではパンチを当てていたが、植山はひるまず前に出続けてパンチ主体で竹野を圧倒。内藤とのタイトルマッチでの再戦実現に向け一歩前進した。


第5試合 61kg契約 3分3R(無制限延長R)
○村田聖明(シーザージム/SB日本スーパーフェザー級(60kg)2位)
×MASATO(3POUND/RISEスーパーフェザー級(60kg)5位、2016年RISING ROOKIES CUP優勝)
判定3-0 (30-28/30-29/30-29)


第4試合 フェザー級(57.5kg) 3分3R(無制限延長R)
×元貴(立志会館/SB日本1位)
○笠原弘希(シーザージム/SB日本2位)
判定0-3 (29-30/29-30/29-30)


第3試合 ライト級(62.5kg) 3分3R(無制限延長R)
○西岡蓮太(龍生塾/SB日本2位)
×YUSHI(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本3位)
2R 1'01" KO (膝蹴り)

第2試合 スーパーウェルター級(70kg) 3分3R(無制限延長R)
×マツシマ タヨリ(シーザージム/SB日本4位)
○奥山貴大(ブラジリアンタイ/GSB/SB日本スーパーライト級4位)
3R 2'00" KO (左フック)
※奥山がマウスピースを忘れ、用意のため元貴 vs. 笠原弘希の後に実施。遅延行為で奥山に減点1

第1試合 68kg契約 2分3R(延長1R)
○チングン新小岩(モンゴル/シーザージム新小岩)
×キム・ジミン(韓国)※一休みそうじゅん(ゴリラジム)の負傷欠場で変更
4R 開始前 TKO (タオル投入)
3R 判定0-0 (28-28/28-28/28-28)




 休憩時間前にはGirls S-cup 7.7 TDCホール大会に出場するRENAとMIOが大会をアピールした。

Home > REPORTS > シュートボクシング > 海人、鈴木博昭を縦肘で1R葬。深田一樹、内藤大樹の野望阻止:6.16 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
新規入会キャンペーン。入会金無料!!入会月も月謝無料!!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ