Home > REPORTS > シュートボクシング > サワー快勝。ゾウガリー、鈴木博昭に圧勝。清水賢吾が2冠:12.1 TDC

サワー快勝。ゾウガリー、鈴木博昭に圧勝。清水賢吾が2冠:12.1 TDC

Que Sera Japon Presents SHOOT BOXING 30th ANNIVERSARY GROUND ZERO TOKYO 2015
2015年12月1日(火) TDCホール
 年末のRIZINでのMMAデビューを控えたアンディ・サワーは、1年前に一度KO勝ちしている弘中邦佳と再戦。打撃で圧倒しつつ「ジョゼ・アルドをテイクダウンしたこともある」と自慢するタックルでテイクダウンも奪う余裕も見せ判定勝ちした。-65kgの強豪・ザカリア・ゾウガリーは宿敵・鈴木博昭から1ダウンを奪い判定勝ちした。
  レポート&写真:井原芳徳


第13試合 71kg契約 3分3R(無制限延長R)
○アンディ・サワー(オランダ/チーム・サワー/SB世界スーパーウェルター級(70kg)王者/70.95kg)
×弘中邦佳(マスタージャパン/元修斗世界ウェルター級(70.3kg)王者/70.95kg)
判定3-0 (吉田30-27/津山30-27/北尻30-27)

 両者は去年11月30日の両国国技館大会で対戦し、サワーがKO勝ちしている。サワーは暮れのRIZINでの長島☆自演乙☆雄一郎とのMMAデビュー戦を控えており、ここは危なげなくクリアしたいところだ。



 1R、サワーは左右に動いてプレッシャーをじわじわかけながら、左右のローを効かせ、伸びのある右のストレートもヒット。首相撲からの膝の連打も効かせ、中盤には弘中のパンチに合わせて片足タックルを仕掛け、MMAの予行演習のような動きも披露する。終盤はローと膝で一方的に攻める展開に。
 2Rもサワーが左ボディ、膝を連打し、ローも随所で当て、弘中はひたすら耐え続ける状態に。3Rはサワーが何度も膝を連打しつつ、中盤にコーナー際のタックルでテイクダウンも奪ってみせ、最後まで余裕を持ったまま試合終了。文句無しの判定勝ちで弘中を返り討ちした。



 サワーは「大晦日のリハーサル的な形で今日は力を尽くそうと思いましたが、怪我もあり、うまく行きませんでした。RIZINで全てを出します。RIZINでMMAをやりますので是非見に来てください」とアピールした。

◆サワー「弘中はなかなか倒れずタフな選手でした。この試合に勝てたので、次は年末に備えたいです。(両足タックルでテイクダウンを奪ったことについて)MMAの練習の成果を見せました(笑)(MMAファイターをテイクダウンした感想は?)(練習仲間のUFCフェザー級王者の)ジョゼ・アルドをテイクダウンしたこともありますよ。練習の6R目ですけど(笑)
(大晦日のRIZINに向けてのMMAの練習状況の手応えは?)新しい挑戦に毎日ワクワクしています。ただ環境が違い、マットに擦れて足の指に傷ができてしまいました。MMAに集中したため、キックボクシングの練習があまりできず、今日は十分な戦いができませんでしたが、大晦日に向けてはしっかり仕上げます。これから勝ち続けることで、色んなプロモーターから声を掛けてもらえるよう頑張ります。
(大晦日以降はMMAに専念しますか?)既に契約したキックボクシングの試合が2つありますので、それを消化した後はMMAに専念します。MMAで成功すれば自然にキックは辞めるかもしれません。必ず成功します。
(シュートボクシングはやりますか?)もちろんです。(SB協会の森谷吉博統括本部長を睨んで)彼がいますからね(笑)。
(これからオランダに戻りますか?)MMAの練習でブラジルに戻り、ラスベガスの12月12日(現地時間)のアルドのUFCの試合にも帯同します」


第12試合 65.5kg契約 3分3R(無制限延長R)
×鈴木博昭(ストライキングジムAres/SB世界スーパーライト級(65kg)王者、S-cup世界65kg'14優勝/65.5kg)
○ザカリア・ゾウガリー(モロッコ/メルヴィン・ファイト&フィットネス/SB世界スーパーライト級1位、S-cup世界65kg'14準優勝/65.35kg)
判定0-3 (津山26-30/北尻27-30/吉田26-30)

 両者は過去2度戦い鈴木がいずれも勝利。去年11月の両国のS-cupの決勝でも激突しているが接戦となり、今回完全決着の舞台が用意された。
 1R、ソウガリーが強力な右ボディストレートを序盤から叩き込み、頭部へのパンチとハイも強打。鈴木はブロックし、ゾウガリーの攻撃に反応できているものの、攻撃を返すことができず守勢が続く。
 2Rも同様の流れで、ゾウガリーが右ローのヒットを増やすと、鈴木は右のテンカオを放つが、ゾウガリーは右のフックで迎撃してダウンを先取する。鈴木はダメージはほとんど無い様子だが、その後もゾウガリーの右のパンチをもらい続けて印象が悪い。
 3Rもゾウガリーは攻撃を切らさず、豪快な回転系の蹴り技でも観客を沸かせる。パンチの打ち合いで少々もらいはするが、崩れることなく、最後まで手数を落とさないまま攻め続け試合終了。文句無しの判定勝ちで因縁対決を征すると、鈴木も潔く負けを認め、ゾウガリーの手を高く上げた。




第11試合 SB日本ヘビー級王座決定トーナメント決勝 3分3R(最大延長2R)
○清水賢吾(極真会館/RISEヘビー級王者)
×南国超人(龍生塾/SB日本ヘビー級1位)
1R 1'09" TKO (3ダウン:左フック)
※清水が王者に

 ヘビー級王座決定トーナメントは、清水がピーターソン・シャカルを1R、南国が佐藤光留を2R KOし、順当に決勝へ。清水はパンチで1ダウンを喫しており、やや不利な状況ではあったが、先に仕掛けて来た南国のラッシュをロープを背負ってブロックした後、左フックでダウンを先取することに成功する。
 すると南国は既にダメージが大きい様子で、再び打ち合いで清水が右フックを当てて2ダウン目を奪うことに成功。南国の左ローをテーピングをした右の腿にもらった際に一瞬バランスが崩れたが、直後の打ち合いでもまたも左フックをクリーンヒットし、清水をマットに沈めた。
 SBのベルトを巻いた清水は「僕自身2つ目のタイトルで、いつも以上に気合を入れて練習してきました。1試合目2試合目も1Rで勝てて、怪我も無いですし、年末も暇ですし、2本ベルトを取って日本最強を証明できたので、ぜひ年末、出させてください」と、RIZINへの参戦を熱望した。



◆清水「一回戦でダウンしたことで目が覚めて、あのおかげで落ち着いて戦えました。南国選手の圧力がヤバいと思ったんですけど、体が自然に反応して得意の左フックが出て良かったです。このトーナメントの話が来た時から凄く燃えてうれしかったですね。前からSBに出るからには、いつかチャンピオンになりたいと思っていたので、夢がかなってうれしいです。
 RIZINさんから話があればぜひ出たいです。年始に立てた目標が今年全勝で、今のところ全勝です。年末勝てば最高の締めくくりになると思うので勝ちたいですね。各団体のベルトを獲って、日本のヘビー級最強を証明したいです。(MMAでRIZINに出ろと言われたら?)ちょっと厳しいので、考えさせてほしいですけど(苦笑)」


第10試合 67kg契約 3分3R(無制限延長R)
×宍戸大樹(シーザージム/SB東洋太平洋ウェルター級(67.5kg)王者/67.0kg)
○上迫博仁(チームクラウド/和術慧舟會HEARTS/66.9kg)
判定0-3 (26-30/25-30/26-30)

 SB初参戦の上迫は専修大学時代にレスリング・グレコローマンでインカレ3位の実績があり、今はDEEPを主戦場とする選手。Road To UFC Japanにエントリーしたが、怪我でトーナメントに出られず帰国し無念の涙を流したが、10月17日のDEEPでの再起戦では大原樹理を右ストレートで1R KOし、打撃スキルの向上も印象付けていた。



 1R開始すぐ、上迫が圧力をかけて宍戸をコーナーに詰めると、アッパーとフックの連打でダウンを奪う。上迫のMMA選手特有のパンチの軌道と圧力に宍戸は対応できない。2Rには上迫が足をかけて投げを成功しシュートポイント1を獲得。宍戸も前蹴りやバックスピンキックを当てるが、パワー不足で上迫はビクともしない。
 3R、宍戸は飛び膝の奇襲をしかけるが、上迫の首を抱えた状態で捕まると、上迫はそのまま抱え上げてマットに叩きつける。すると宍戸は右腕を痛め、顔をしかめ、その後は右のパンチが打てなくなり後退する。その後も宍戸は上迫のタックルで倒されそうになると、コーナーをつかむ反則を犯し減点1。これでさらに点差が開き、上迫の完勝に終わった。





第9試合 70.5kg契約 3分3R(無制限延長R)
×坂本優起(シーザージム/SB日本スーパーウェルター級(70kg)王者/70.4kg)
○郷野聡寛(Benkei MMA System/英雄伝説アジア72kg級王者/70.5kg)
判定0-3 (津山29-30/平29-30/吉田29-30)

 7月に中国のキック大会・英雄伝説のアジア王座を獲得した郷野聡寛が3年ぶりにSBに登場。「3年前にSBに何回か上がらせてもらって、凄いみっともない姿をさらして(※ボーウィー戦で計量オーバーし1R TKO負け)、あれは本当の自分じゃないというのをずっと見せたかったので、もう1回SBに上がれてうれしいです」とカード発表会見で話していた。



 1R、郷野はいつものようにロープ、コーナーを背負いつつも、回って坂本の突進とパンチの連打ををかわし続け、フックやジャブや左ミドルをお返しする。2R序盤は坂本の首相撲に捕まり膝の連打をもらうが、すぐに1R同様のスタイルに引き戻すと、蹴り足をキャッチからのパンチも度々駆使し坂本を翻弄。3Rはボディパンチをもらって時折動きが止まる場面もあったが、スピードを落とさず坂本のパンチをかわしながら自分のパンチを着実に当て続け、主導権を維持。このスタイルもジャッジから評価され、郷野がSB現役王者狩りとSBマットへの3年越しのリベンジに成功した。


 なお、第8試合終了後の休憩明けには、シーザー会長の紹介でRIZINの榊原信行実行委員長がリングイン。カードは未定だが、12月29日か31日のRIZINでSBルールの試合が1試合組まれることが発表された。
 榊原氏は「RIZINを立ち上げるにあたって格闘技団体の中で一番最初にご挨拶に行ったのがシーザー会長です。サワー選手とRENA選手というトップ選手を送り出していただいたことに心から感謝いたします。志はシーザー会長と同じで、頑張る選手の輝ける舞台を、心のある方と共に作れればと、僭越ながらも思っています」と挨拶した。
 続いてサワーとのMMAマッチが決まっている長島☆自演乙☆雄一郎と、MMAデビュー戦が決まっているRENAがリングイン。RENAは「本来今日グレイシャア選手と試合する予定でしたが、怪我をしてしまい申し訳ありませんでした。怪我は順調に回復してしますので安心してください。SB最強を証明するために乗り込みますので、みなさん応援お願いします」、長島は「サワー選手、この後、怪我が無いようにお願いします。日本の格闘技が元気になるファイトをします」とアピールした。


第8試合 女子54kg契約 3分3R(無制限延長R)
○高橋 藍(シーザージム/SB女子バンタム級(53.5kg)1位/54.0kg)
×魅津希(空手道白心会/SB女子バンタム級(53.5kg)2位/53.8kg)
判定2-1 (津山30-29/吉田29-30/和田30-29)

 33歳の高橋は今回の試合での引退を決めており、その相手として過去3回対戦し、いずれも敗れている魅津希との4度目の対戦を志願した。



 1R、魅津希がいつものように、細かく動いてパンチやミドルを当て、すぐ離れるスタイルを貫き、高橋はなかなか攻撃を返せない状態が続くが、まだダメージをはっきり負うような攻撃は無く、均衡は崩れていない。2Rも同様ではあるが、少しずつ魅津希のスピードも低下。逆に高橋は動きに反応し続け、時折パンチとミドルを返していく。
 3Rも均衡状態が続く中、魅津希は首投げでシュートポイントを狙うが失敗。打撃戦でもなかなか高橋を崩せず、中盤過ぎに魅津希は再び組んで来るが、逆に高橋が魅津希を首相撲で捕まえ、左右の膝を的確にヒット。魅津希も一発右膝を返すが、捕まる時間が長く印象が悪い。
 結局、ジャッジは割れたものの、3R終盤の高橋の攻勢が効き、高橋に軍配。4度目の対決で魅津希から初白星を奪い、見事有終の美を飾った。現役通算戦績31戦26勝(12KO)5敗。



◆高橋「魅津希選手はいい選手です。この試合は自分でも往生際が悪く、心が何度も折れました。それでもここに戻って来れたのは、応援してくださった皆さんと、会長に気合を入れてもらったおかげです。私はリングの上だと強そうに見えるそうですけど、本当は弱気で、それでも力が出せるのは皆さんの応援のおかげです。シュートボクシングに出会えてよかったです。会場にまた来てください。みなさんに元気もらってる選手がいっぱいいます。みなさんのパワーが私たちのパワーです。ありがとうございました」


第7試合 65.5kg契約 3分3R(無制限延長R)
×MASAYA(シーザージム/元SB日本スーパーライト級(65kg)王者/65.5kg)
○水落洋祐(はまっこムエタイジム/REBELS 65kg級王者/65.4kg)
判定0-3 (28-29/28-20/28-29)

 1R、MASAYAが左ジャブを突きながら左のインローと奥ローを効かせ、左ストレート、左ボディもうまく当てて主導権。2Rには左ロー、右ボディ、左ミドル、バックハンドブロー、左ハイと自在に攻め、左ストレートで水落を下がらせたが、水落が右ストレートの連打で逆転のダウンを奪う。激闘男の真骨頂を発揮すると、3Rは焦ってパンチを振り回すMASAYAをかわしつつ、右ロー、右ボディを着実に叩き込み反撃を封じ、見事敵地で勝利をおさめた。


第6試合 女子51kg契約 3分3R(無制限延長R)
○グレイシャア亜紀(NEXT LEVEL渋谷/WMCインターコンチネンタル女子スーパーフライ級王者/50.1kg)
×Union朱里(GSB名古屋/SB日本女子ミニマム級(48kg)3位/50.5kg)
判定2-1 (和田29-28/吉田28-30/津山30-29)

 RENAが11月20日の練習中に左手中指と薬指の付け根の骨膜を損傷し、全治6週間と診断され欠場。Unionが急きょ代役として参戦した。相手がサウスポーになったこともあり、グレイシャアは少し戦いにくそうな様子。蹴りの応酬ではほぼ互角だが、パンチをもらったUnionは1Rから鼻血を出してしまい印象が悪い。2Rに入るとUnionがパンチをお返しして、グレイシャアは少し後退してしまう。3Rはグレイシャアが右のミドルとハイ、Unionがパンチで互いに一歩も引かない接戦となり、採点も割れたが、グレイシャアが2票を獲得し勝利。来年への延期の扱いとなっているRENA戦に向け威厳を保った。


第5試合 スーパーバンタム級(55kg) 3分3R(無制限延長R)
○植山征紀(龍生塾ファントム道場/SB日本1位/55.0kg)
×伏見和之(シーザー力道場/SB日本2位・元王者/54.9kg)
3R 1'18" TKO (タオル投入)


第4試合 スーパーフェザー級(60kg) 3分3R(無制限延長R)
×村田聖明(シーザージム/SB日本3位/60.0kg)
○深田一樹(龍生塾ファントム道場/SB日本フェザー級(57.5kg)2位/60.0kg)
判定0-3 (27-29/26-29/27-29)
※1R左フックで村田に1ダウン、3R首投げで深田にシュートポイント1


第3試合 SB日本ヘビー級王座決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
○清水賢吾(極真会館/RISEヘビー級王者)
×ピーターソン・シャカル [Peterson "Chacal" Almeida Vilela](ブラジル/ブラジリアン・タイ・サンパウロ支部)
1R 1'03" TKO (2ダウン:左フック)

 開始すぐ、シャカルのワンツーの左をもらってしまい、まさかのダウンを喫した清水だが、これでスイッチが入ると、左の膝を効かせた後にパンチラッシュで逆転のダウンを奪取。シャカルは苦し紛れのパンチラッシュを仕掛けるが、清水は落ち着いてブロックすると、シャカルの打ち終わりに左フックを当ててKOした。


第2試合 SB日本ヘビー級王座決定トーナメント準決勝 3分3R(延長1R)
○南国超人(龍生塾/SB日本ヘビー級1位)
×佐藤光留(パンクラスMISSION)
2R 0'43" TKO (2ダウン:左ストレート)

 1R、組み付きを狙う佐藤だが、南国の左のテンカオに阻まれる。左右のオーバーハンドフックを振り回すが南国は動きを読み、右ローを効かせた後、右ストレートでダウンを奪取する。2Rも右ロー、左ストレートを当てた後に左ハイでダウンを奪うと、最後はフラフラの佐藤を左ストレートでマットに沈めた。


第1試合 スーパーバンタム級(55kg) 2分3R(延長1R)
○笠原弘希(シーザージム/55.0kg)
×甘中雄大(橋本道場/54.8kg)
2R 2'00" KO (左フック)




Home > REPORTS > シュートボクシング > サワー快勝。ゾウガリー、鈴木博昭に圧勝。清水賢吾が2冠:12.1 TDC

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について