Home > REPORTS > シュートボクシング > 高橋藍、RENAに完勝し新王者に:6.5 後楽園

高橋藍、RENAに完勝し新王者に:6.5 後楽園

東日本大震災復興チャリティーイベント SHOOT BOXING 2011 act.3 -SB169-
2011年6月5日(日) 後楽園ホール
 13年ぶりに復活したSB日本レディース王座は、昨年Girls S-cupのファイナリストのRENAと高橋藍の間で争われ、高橋が3Rから左ジャブを連打して完勝し、リベンジにも成功。宍戸大樹は昨年S-cup準優勝のトビー・イマダにシュートポイントを奪われ、判定負けを喫した。
  レポート:井原芳徳  写真:神谷渚


第11試合 70kg契約 3分3R(無制限延長R)
○トビー・イマダ(米国/スローダウン・エリート・トレーニング・センター/S-cup2010準優勝)
×宍戸大樹(シーザージム/SB東洋太平洋ウェルター級王者)
判定3-0 (北尻28-27/津山29-27/茂木30-27)
※前方への投げでイマダにシュートポイント1が2Rに1回、3Rに2回

 1R、宍戸が時計回りで距離を取って左のインローを随所でヒット。総合格闘家のイマダは、パンチを振りながら宍戸をコーナーに詰めると、肩固めを極めるが、そのまま倒れてしまい一本にはならない。



 2R、宍戸は構えをスイッチしてからのバックキックや、左ジャブ、右前蹴り等を的確に当てるが、体格で勝るイマダの圧力は押さえることができず。イマダは片足タックルから豪快に抱え上げてから宍戸をマットに叩きつけ、シュートポイント1を獲得する。
 これでパターンを心得たイマダは、3Rにも前方への投げでシュートポイントを重ねる。宍戸も必死でパンチや前蹴りを当て反撃し、イマダから鼻血を出させるが、ダウンやKOには至らず、シュートポイントの点差で判定負けを喫した。

 試合後のイマダは「11月の大会に参戦したい」と、11月5日・6日に東京ドームシティホール大会で行われるビッグイベント「SHOOT THE SHOOTO II」への参戦を志願。シーザー武志・SB協会会長は「トビー対アンディ・サワーなんかも面白い。アンディはすぐやりたがってるので、9月ぐらいにできれば」と9月10日の後楽園大会での両者の対決の計画を明かした。宍戸に関しては「負けましたけど、相手がああいうタイプですし、(宍戸は)成長はしている」と一定の評価。「9月は(東洋太平洋王座の)防衛戦をやらせたい」と話した。


第10試合 70kg契約 3分3R(無制限延長R)
○ヘンリー・オプスタル(オランダ/TEAM SOUWER/S-cup2010 3位・WMC欧州スーパーウェルター級王者)
×鈴木 悟(Unit-K/バンゲリングベイ・スピリット/SB日本スーパーウェルター級3位・元ボクシング日本ミドル級王者)
2R 0'36" KO (右ローキック)

 1R、脇を締めてガードを固めながら前に歩み寄る鈴木に対し、オプスタルは時計回りで距離をキープし、左ハイ、右ローと対角線で蹴りを的確にヒット。ローをカットできない鈴木は足の動きがみるみる悪くなり、左ハイ、右ローで2ダウンを喫する。2Rも一方的に攻め込まれ、パンチと右ローのコンビネーションであっさり2ダウンしたところで平レフェリーが試合をストップした。




第9試合 SB日本レディース王座決定戦 51㎏契約 3分5R(無制限延長R)
×RENA(及川道場/1位・Girls S-cup2010優勝)
○高橋 藍(シーザージム/2位・Girls S-cup2010準優勝)
判定0-3 (平46-50/茂木47-50/津山47-50)
※高橋が新王者に

 開始前、歴代レディース王者の藤山照美、石本文子、中村ルミが両者を激励し、風間ルミらレディース部門で戦った選手たちもリング上に勢揃い。13年ぶりに復活するレディース王座戦のムードが高まる。

 1R、開始すぐからRENAが左の前蹴り、左ボディをヒット。前に出る高橋を左右のステップでかわし、フックから組みついてはチョークを狙う。昨年8月のGirls S-cupからの10ヶ月のブランクを感じさせない動きを見せ、順調な滑り出しだ。



 2Rに入ると、お互いに組みつき、首投げの応酬の場面が増えるが、ポイントにつながらず。3Rも同様だったが、高橋の右のショートフックや膝蹴りも当たり出し、体格差もあってか、ややRENAが組み疲れてきた様子。すると高橋の伸びのある左ジャブが度々ヒットするように。RENAは後ずさりし、鼻血を出して苦しそうで、一気に劣勢に陥る。
 4R以降は高橋の一方的な試合展開。左ジャブだけでなく、右アッパー、右前蹴りも的確に当て、再三組み倒す。RENAは倒されてから立つのがどんどん遅くなり、ダウンを宣告されても不思議ではないほどのダメージだ。
 結局、高橋が3R以降の全ジャッジのポイントを取り、文句なしの判定勝ち。平直行ジャッジは5Rに10-8と1ダウン相当の採点をした。リングサイド席では4月大会でRENAとエキシビジョンマッチを行った神村エリカも観戦していたが、念願の公式戦での再開から大きく遠ざかった。
 
 ベルトを巻いた高橋は「皆さんの声援の後押しで、本当に一人じゃないと感じました。まだまだ未熟なチャンピオンなんで、もっともっと強くなります」とマイクで語った。大会後のシーザー会長は「RENAはまだ若いし、負けることで強くなれば新しいドラマができる。今まで何人も女子の選手を育てたけど、高橋は男でいえば侍。武士道を持っている」と語り、「どうせなら頂上決戦で」と高橋×神村実現にも意欲を示した。
 なお、「Girls S-cup 日本トーナメント」が8/21(日)東京・銀座のベルサール汐留で開催されることも発表された。




第8試合 70kg契約 3分3R(無制限延長R)
○金井健治(ライトニングジム/SB日本スーパーウェルター級2位)
×百武政敏(誠空会/TEAM吉鷹)
判定3-0 (28-27/28-27/28-27)

 1R、サウスポーの百武が左ミドルでペースをつかみ、左フックでダウンを奪取。いきなり窮地に立たされた金井だが、以降は前に出て右ストレートで反撃。2Rには右ミドル、右ボディストレートも絡めて一方的に攻め、終盤には首投げでシュートポイント1を奪い、ポイントを五分に戻す。3Rは右のインローを効かせつつ、右ストレートと度々クリーンヒットさせて圧倒し、苦しみながらも勝利。連敗を3でストップした。
 試合後、金井はマイクを持つと、「9月の日本スーパーウェルター級のタイトルマッチに自分も名乗りを上げたいんですけど、お客さん、どうですか?」とアピール。この日、鈴木は敗れたものの、シーザー会長も鈴木と金井の間で王者決定戦を行う考えを大会後明かしている。



第7試合 60kg契約 3分3R(無制限延長R)
○歌川暁文(UWFスネークピットジャパン/SB日本フェザー級2位)
×島田洸也(シーザー力道場/SB日本フェザー級4位)
4R 判定3-0 (10-9/10-9/10-9)
3R 判定1-0 (30-29/30-30/30-30)

 1R、ミドルの応酬が繰り広げられるが、ヒット数ではサウスポーの歌川が上。2Rに入ると島田がステップをうまく使い、パンチとミドルのヒットを増やす。3Rには右ハイと右フックをクリーンヒットさせるが、歌川も耐えて打ち合いに応じ、一歩も引かない。延長に突入すると、歌川の右アッパーが当たり出すように。島田も必死で右フックを返すが、歌川の右アッパーが決め手となり、歌川の勝利となった。


第6試合 55kg契約 3分3R(無制限延長R)
×津田達也(立志会館/SB日本スーパーバンタム級4位)
○大桑宏章(シーザージム渋谷/SB日本スーパーバンタム級5位)
判定0-3 (28-29/28-29/28-29)
※3R大桑にシュートポイント2

第5試合 55kg契約 3分3R(無制限延長R)
×尹戸雅教(立志会館/SB日本スーパーバンタム級2位)
○伏見和之(シーザー力道場/SB日本スーパーバンタム級3位)
判定0-3 (29-30/29-30/29-30)

第4試合 62kg契約 3分3R(無制限延長R)
○菅原悠二(シーザー力道場)
×山村教文(グラップリングシュートボクサーズ)
1R 2'20" KO

第3試合 70kg契約 3分3R(最大延長2R)
○坂本優起(シーザージム)
×塩崎達也(シーザージム新小岩)
1R 1'51" KO

第2試合 65kg契約 3分3R(最大延長2R)
○松花征也(グラップリングシュートボクサーズ)
×山本隆太(フリー)
2R 0'45" TKO (タオル投入)

第1試合 女子51kg契約 2分3R(延長1R)
○吉田実代(BLUE DOG GYM)
×NATSUKA(立志会館)
判定3-0 (30-24/30-25/30-24)

Home > REPORTS > シュートボクシング > 高橋藍、RENAに完勝し新王者に:6.5 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village

MW 水道橋・なんば・名古屋・博多の店舗へGO!

BoutReview Onlineshopなら5%ポイント還元!

Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

はまっこムエタイジム
京急本線「能見台」徒歩3分
タイ出身の会長が本場のムエタイの技と心を伝えます。 日本チャンピオンをはじめプロ選手多数在籍。健康維持・ダイエットにも最適。 見学はお気軽に!

さらに詳しく

Gym Village おすすめジム最新ブログ記事
now loading...

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

ジュニア格闘技・武道「安心安全」強化書 二重作拓也・著

広告掲載について