Home > REPORTS > シュートボクシング > 負傷の及川、韓国新鋭にTKO負け:1.30 大阪

負傷の及川、韓国新鋭にTKO負け:1.30 大阪

SHOOT BOXING 2011 ヤングシーザー杯 OSAKA -SB165- ALPINISME vol.1
2011年1月30日(日) 大阪・IMPホール
 毎度激戦が展開され有望な若手選手を続々と輩出している大阪ヤング杯も今回で7回目を迎える。毎回、若獅子たちによる熱気あふれる前半戦とトップランカー同士のハイレベルな後半戦に分けて行われるが、今回のメインイベントには地元大阪のSB日本スーパーフェザー級王者・及川知浩が登場。その他各階級のランキング戦など見どころあるカードが組まれた。
  レポート&写真提供:シュートボクシング協会


第13試合 メインイベント 59kg契約 3分5R(無制限延長R)
×及川知浩(及川道場/SB日本スーパーフェザー級王者)
○キ・ヒュクチョイ(韓国/太雄会館/韓国ムエタイ連盟フェザー級王者)
2R TKO

 及川の対戦相手、韓国ムエタイ連盟王者・ヒュクチョイは端正な顔立ちをした18歳の若き実力者。序盤からスピードに乗ったパワフルなパンチとミドルキックを放ちポテンシャルの高さをうかがわせる。
 尚も圧力をかけて前進しようとするヒュクチョイに対し、冷静に距離を見極めキレのあるローキックを返す及川。攻撃に合わせ的確なローキックを返されるチョイだが、効いてないとばかりに笑顔で自信の太ももを叩き逆にローキックを返し及川を下がらせる。

 続く2ラウンド、同様の展開からパンチを振るうヒュクチョイに、下がりながらの左ハイキックを放った及川が突然たたらを踏み、立っていられない状態となったところにヒュクチョイが走り込んでパンチのラッシュを掛けたところでダウンの宣告。再開するが、間もなくセコンドからタオルが投入され及川のTKO負けとなった。 

 実は試合2週間前に左足の内側靭帯を損傷し歩行すら困難な状況になっており、当日は痛み止めの注射とテーピングを施しこの一戦に臨んでいた。及川は足を引きずりながら「メインイベントを任せていただいたので絶対キッチリ倒したると思ってたのに、情けないですわ…」と悔しい表情。
 一方金星を挙げたヒュクチョイは「今日はラッキーな展開で勝ってしまったが、闘っていて手応えはあった。ベルトを獲るには次に誰と対戦すればいいですか?」と継続参戦を希望している。


第12試合 フェザー級 3分5R(無制限延長R)
○ナグランチューン・マーサM16(及川道場/SB日本フェザー級1位)
×崎村暁東(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本フェザー級2位)
5R TKO

 現在空位となっているSB日本フェザー級の王座挑戦権をかけて行われた1位ナグランチューン・マーサM16と同級2位の崎村暁東のランキング戦。
 開始のゴングと同時に猛然とマーサに襲い掛かり寄りパンチ、キックを畳みかける崎村。その勢いは打ち気にはやるあまり、バッティングで注意を与えられるほど。以前、ファントム進也とSB日本スーパーバンタム級タイトルマッチの経験がある崎村は、徹底的に勝ちに徹した試合運びでペースを掴みにかかる。一瞬面食らったマーサだが、前蹴りや組みつきを利用し追撃は許さない。
 2ラウンド以降、崎村の前進にカウンターを合わせたいマーサだが、パンチの連打から不規則かつ的確に放たれる崎村の左ミドルと組みの強さで次第にスタミナを奪われていく。マーサも効果的なパンチをヒットはさせるが攻め続ける崎村を下がらせるには至らず。
 崎村優勢のまま迎えた最終5ラウンド。ポイントでリードしていることは重々承知の崎村だが、これまでのラウンド同様アグレッシブに前進しマーサを仕留めにかかる。再びコーナーに追い込まれたマーサが、首相撲から顔面に起死回生のヒザ蹴りを一閃。これがまともに顎を直撃し腰を落とす崎村に、マーサは残された力を振り絞りパンチの連打でダウンを奪う。フラフラと立ち上がる崎村だがダメージは明らか。マーサの追撃に2度目のダウンを喫したところで崎村のコーナーからタオルが投げ入れられ、マーサの逆転KO勝利となった。



第11試合 スーパーバンタム級 3分5R(無制限延長R)
○藤本昌大(龍生塾/SB日本スーパーバンタム級2位)
×尹戸雅教(立志會館/SB日本スーパーバンタム級5位)
4R 判定2-0

第10試合 87kg契約 3分3R(無制限延長R)
×伊賀弘治(龍生塾/SB日本ヘビー級3位)
○YABU(フリー)
判定0-2

 この日、SB日本ヘビー級の雄・伊賀弘治の引退試合が行われた。対するは元同門のハードパンチャーYABU。序盤から両者ともにKOを狙った駆け引きなしのパンチの打ち合いを展開。両者一歩も引かない打撃戦を繰り広げ迎えた最終ラウンド。伊賀が「よっしゃ行くぞ!」と雄叫びをあげるとゴングと同時に両者はさらに激しいド突き合いをスタート。ラウンド中も声を発しながら殴り合い終了のゴングを迎えた。
 判定でYABUが勝利を収めたが、伊賀は最後まで一歩も引かずに打ち合ってくれた後輩YABUとのド突き合いに満足げな表情で、同じくこの日が引退試合となった木田なっくる将大とともにテンカウント・ゴングを聞いた。




第9試合 61kg契約 3分3R(無制限延長R)
×木田“なっくる”将大(龍生塾)
○池上孝二(及川道場)
判定0-2

第8試合 68kg契約 3分3R(無制限延長R)
×百武政敏(誠空会)
○タップロン・FORCE GYM(タイ/元WMC世界フェザー級王者)※タップルワン・ポーチョーローソーン 改め
判定0-3
                 
第7試合 スーパーバンタム級 3分3R(無制限延長R)
○津田達也(立志会館)
×キム・ミンフ(韓国/MARC GYM)
判定3-0

第6試合 女子54kg契約 2分3R(延長最大2R)
○岡加奈子(立志会館)
×リ・ナヒ(韓国/Sky Gym/韓国キックボクシング協会フライ級王者)
判定3-0

第5試合 ライト級 2分3R(延長1R)
○平井慎介(及川道場)
×久保広太(誠空会)
判定3-0

第4試合 ミドル級 2分3R(延長1R)
○ほそえとしひろ(志真会館)
×岡本鉄也(誠空会)
判定3-0

第3試合 スーパーバンタム級 2分3R(延長1R)
○泉 元紀(立志会館)
×大樹(ARENAジム)
4R 判定2-1

第2試合 スーパーフェザー級 2分3R(延長1R)
○石塚勇史(福知山ジム)
×山室良太(寝屋川ジム)
定3-0
※石塚がヤングシーザー賞受賞

第1試合 スーパーバンタム級 2分3R(延長1R)
○秋田 匠(福知山ジム)
×二田水敏幸(NEX SPORTS)
判定2-1

オープニングファイト第2試合 スーパーライト級 2分3R(延長1R)
×トオル(ストライキングジムAres)
○上神卓也(MKHジム)
4R 判定3-0

オープニングファイト第1試合 女子55kg契約 2分3R(延長1R)
○NATSUKA(立志会館)
×ボ・キュンジャン(韓国/Rang Gym)
判定3-0

Home > REPORTS > シュートボクシング > 負傷の及川、韓国新鋭にTKO負け:1.30 大阪

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について