Home > REPORTS > シュートボクシング > 緒形KO負け。梅野&鈴木が王者喰い

緒形KO負け。梅野&鈴木が王者喰い

武志道 -bushido- 其の参
2009年6月1日(月) 後楽園ホール
 昨年11月のS-CUP決勝でサワーに敗れて以来の試合となったベテラン緒形健一だったが、米国のMMA選手トナーに右ハイ一発でKOされ担架で退場。一方、梅野孝明が9戦無敗で日本Sウェルター級王座を獲得し、7戦目の鈴木博昭も及川知浩をKOと、若手の台頭が光った。
第9試合 メインイベント 71kg契約 3分5R(無制限延長R)
×緒形健一(シーザージム/S-cup 2008 世界2位、2006 世界王者)
○テイラー・トーナー(米国/ROF米国ライト級(70.3kg)王者)
1R 3'00" KO (右ハイキック)



 開始すぐ、緒形が左フックを放った際、カウンターでトーナーの右フックが炸裂。緒形がぐらつくと、トーナーは膝蹴りで追い討ちをかけて早くもダウンを奪う。立ち上がった緒形は落ち着いた様子で右ローや左フックを返して流れを引き戻すと、左ミドルの連打でトーナーを後ずさりさせるが、1R終了間際、右のパンチを放とうとして左のガードが下がったところ、トーナーに右ハイを完璧に合わせられノックアウト。ピクリとも動かなくなった緒形に、半年ぶりの試合を楽しみにしていた満員の観客は凍りついた。緒形の意識は回復したものの、担架で運ばれた。



第8試合 SB東洋太平洋ウェルター級(67kg)王座決定戦 3分5R
○宍戸大樹(シーザージム/前SB日本同級王者・S-cup 2008 世界3位)
×ルーク・メイトランド(オーストラリア/ジャブアウト/WKBA豪州ウェルター級王者)
2R 1'25" KO (フロントチョークスリーパー)
※宍戸が初代王者に

 ボクシングがベースのメイトランドは、ステップを駆使しつつ、ボディへの連打から右フックにつなげるコンビネーションを多様。左ミドルや左ハイも駆使し、なかなか手強そうな動きを見せる。宍戸は距離を取ってインローや前蹴り主体でじっくり攻めていたが、2R中盤、後方への投げを狙うと、SB初参戦のメイトランドが防御し一安心した隙を突いてギロチンへ。これが深く極まり、メイトランドがタップした。



第7試合 SB日本スーパーウェルター級(70kg)タイトルマッチ 3分5R
×金井健治(ライトニングジム/王者)
○梅野孝明(シーザージム/1位)
5R 2'02" TKO (ドクターストップ:右肘打ちによる頭部のカット)
※梅野が新王者に



 1R、金井は構えをスイッチしながらローを着実に当て、綺麗に弧を描くバックドロップで2ポイントを先取する。しかし梅野は持ち前のパワーを活かしたフックとアッパーと肘のラッシュであっさりと主導権を奪い、金井を圧倒する。だが梅野はモーションが大きいため、金井はポイントをずらしてクリーンヒットを防ぎ続け、逆に右ロー、左フック、左ボディと攻撃を上下に散らし応戦。どちらも一歩も引かない熾烈な打撃戦に場内は大いに湧き上がる。4R、梅野は金井のパンチで口と鼻から出血するようになるが、それでも攻め手は緩まず。金井も必死に応戦し続けるが、5R残り1分、ようやく梅野が肘打ちで金井の頭部を切り裂くことに成功し、TKO勝ちをおさめた。
 プロ9戦全勝で念願の初ベルトを巻いた梅野は「まさか自分がこのベルトを巻けるようになるとは思わなかったけど、僕の欲しいベルトはこのベルトじゃない。アンディ・サワー選手が持っているS-CUPのベルトが欲しい。今のままでは足元にも及ばないけど、緒形さんみたいに巻きたい」と、来年のS-CUP制覇を早くも目標に掲げた。



第6試合 グローブハンデマッチ スーパーフェザー級(60kg) 3分5R
×及川知浩(及川道場/日本王者)
○鈴木博昭(ストライキングジムAres/2位)
3R 3'00" KO (パンチ連打)

 当初は及川の防衛戦の予定が、鈴木の契約体重オーバーにより中止に。鈴木は一回目の計量で1.4kgオーバーで、その後2度の計量を行うも61kgまでしか落とせなかった。そのため今回の試合は及川6オンス、鈴木8オンスのグローブハンデマッチとして行われ、開始時点で鈴木に減点1に。鈴木と所属ジムへのペナルティは後日発表される。
 試合は2R序盤まで、キャリアで勝る及川が多彩な攻撃で手数多く攻めていたが、体格で勝る鈴木は下がることなく、次第にローをヒットを増やしていく。そして3R、鈴木が上段回し蹴りの奇襲を仕掛けると、すぐさま組み付いた及川はバックへの投げで応戦するが、鈴木も負けじと前方への投げを放つ。
 これで勢いづいた鈴木は、左のボディ狙いの膝を効かせた直後、左の顔面狙いの膝蹴りでダウンを奪取。さらに鈴木はポイントはつかないながらも強引なジャーマンで及川を揺さぶり、さらに左の膝の連打から顔面へのパンチ連打へとつなげダウンを奪う。及川はゆっくりと立ち上がろうとしたが10カウントに間に合わず、まさかの敗北を喫した。
 大喜びの鈴木は、減量失敗を謝罪した後、「これからは甘い気持ちを捨てて、シュートボクシングに青春を賭けたい」と宣言。シーザー会長もペナルティが先決としながらも、「減量の仕方を覚えれば、60kg級ですごい選手になる」と太鼓判を押し、「及川とはちょっと間を置いてもう一回やらせたい」と話した。




第5試合 56kg契約 3分3R(無制限延長R)
×ナグランチューン・マーサM16(及川道場/SB日本フェザー級1位)
○マモル(シューティングジム横浜/修斗バンタム級(56kg)世界5位・元王者)
4R 判定0-3 (9-10/8-10/9-10)
3R 判定1-0 (30-29/30-30/30-30)

第4試合 スーパーフェザー級  3分3R(無制限延長R)
○石川剛司(シーザージム/1位)
×島田洸也(シーザー力道場/4位)  
1R 1'26" TKO (ドクターストップ)

第3試合 87kg契約 3分3R(無制限延長R)
×伊賀弘治(龍生塾/SB日本ライトヘビー級3位)
○清水賢吾(極真会館東京城北支部)
1R 2'41" KO

第2試合 スーパーバンタム級(55kg) 3分3R(無制限延長R)
○伏見和之(シーザー力道場/4位)
×大桑宏彰(シーザージム)
判定3-0 (30-25/30-25/30-24)

第1試合 スーパーバンタム級 2分3R(延長1R)
×鈴木友則(湘南ジム)
○高嶋龍弘(シーザー力道場)
3R 1'40" KO (フロントチョークスリーパー)

Home > REPORTS > シュートボクシング > 緒形KO負け。梅野&鈴木が王者喰い

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について