Home > REPORTS > 戦極 > 横田がライト級王座挑戦へ。サンドロ、星野をKO

横田がライト級王座挑戦へ。サンドロ、星野をKO

戦極 〜第十一陣〜
2009年11月7日(土) 東京・両国国技館
  レポート&写真:井原芳徳  コメント編集:久保与志


横田と光岡が打撃戦
第6試合 ライト級 5分3R
○横田一則(日本/GRABAKA)
×光岡映二(日本/フリー)
判定3-0 (松本29-28/大橋30-29/木村30-29)

 1R、横田の蹴り足をすくって、光岡が持ち上げてテイクダウンを奪おうとするが、横田がこらえて得意の腰投げに成功。その先の攻めは乏しかったものの、2Rも投げに成功すると、逃げる光岡をパンチで追い詰める。光岡もスタンドでパンチを返すが、スタミナの消耗が早く、3Rは横田がパンチ、テイクダウン、踏みつけ等で主導権を維持し、ポイントを奪って勝利した。
 大会後、WVRの國保取締役は、大晦日大会での廣田瑞人の王座挑戦者について「横田選手になると思います」と話した。

◆光岡映二

──試合の感想は。
初めに組んだときに僕の方が大きいなと感じて、力で行こうと思った。それで3Rまでにちょっとスタミナを使ってしまったかもしれない。戦極では今まで1Rで決まる試合ばかりだったけれど、今日は削り合いになると思ってやってました。接戦だと下になるのは不味いと思っていたけれど……。吉田道場での練習などのおかげで、投げ技への対処は出来ていたとは思うけれど、今までやったことがないような相手でちょっと戸惑った部分はありました。負けはしょうがないですね。今日の他の試合を見てもわかるように、ライト級は日本人も外国人も良い選手が一杯いる、紙一重の戦いだと思う。去年、悪かった選手で這い上がってきた選手もいるし、来年這い上がれるように頑張りたいです。

◆横田一則

──今日のマイクはどうでしたか?
マイクは……、失敗ですね。「俺はハゲです」で止めれば良かった。
──郷野選手は褒めていましたよ。
ちょっと長かったですね。
──試合の感想を。
どうしようかな、また言い訳しようと思ったけど言わないでおきます。今日の試合はきつかったです。もっといけるかなと思ったけど、ちょっと色々あってそれが大変だった。判定だったけど勝ちは勝ち。それが良かったです。
──次はタイトルマッチに挑戦できると思いますか?
ここでもう一回スルーされたら結構きつい(苦笑)。レオ・サントス、ライアン・シュルツ、今日の光岡選手とこれだけの相手に勝ってきたのだから。
──大晦日にタイトルマッチだと3大会連続の参戦になりますが。
結構しんどい。その間にキックの試合もやったので。だけどタイトルマッチが決まったら、そこは切り替えてやります。


ネドコフのトランクスが破れる
第5試合 ライトヘビー級 5分3R
×ケビン・ランデルマン(米国/タップアウト・トレーニング・ファシリティ)
○スタニスラブ・ネドコフ(ブルガリア/ブルガリアン・ブシドー・フェデレーション)
判定1-2 (礒野27-28/大橋○29-29/松本28-28○)
※3R消極ファイトで両者にレッドカード減点1

 互いにグラウンドで上になるが、その先の攻め手に欠ける。2R中盤にはネドコフのトランクスの後ろが破れ、新品に履き替えるアクシデント。以降は両者ともスタミナを切らし、スタンドでもグラウンドでも膠着状態に。テイクダウンの数で上回ったネドコフが勝ったが、課題の残る内容だった。


郷野がコーナーに辛を詰める
第4試合 ウェルター級 5分3R
○郷野聡寛(GRABAKA)
×辛 拉麺 [シン・ラーメン](韓国/CMA KOREA チーム・ブルードラゴン)
判定3-0 (芹澤30-26/大橋30-27/礒野30-28)

 コスプレ入場キャラを卒業し、Tシャツ姿で普通に登場した郷野。1R、スタンドでもグラウンドでも攻めあぐねた郷野だが、2Rは開始すぐからタックルで上になるとパスガードに成功して膝を当てるなど攻勢。3RはKOこそできなかったものの、パンチや膝蹴りで圧倒し、日本復帰後2戦目で初白星をもぎ取った。試合後は英語でマイクアピールを繰り広げた。

◆郷野聡寛

──今回は入場パフォーマンスを封印していましたが、今日の勝ちで今後は入場は復活ですか?
うーん、どうだろう。今日の試合は固かったというか、3連敗中で負けない戦い方をしてしまった。でもアレが俺の原点。自分の原点に戻っただけ。
──リーチ差のある相手でしたがやりにくさはありましたか?
ここ1、2年はそんな奴とばっかりやっている。階級を落としたのに自分よりデカい奴とばっかりやっているという(苦笑)。慣れがあるのでやりにくさなどは感じなかった。
──試合後のマイクは、通訳では「大晦日にホーンバックル選手とやりたい」と訳されていましたが。
そうなんですか? 通訳は聞いてなかったです。「ホーンバックルに大晦日に瀧本選手に勝ってもらって、その最初の挑戦者になりたい」と言いました。あのKO負けのおかげで、今は試合が終わっても速く練習に戻りたいと思えるようになりました。
──野木トレーナーから何かアドバイスはもらいましたか?
俺は打ちに行く時に隙ができるから気をつけろと。構えに隙がある時は心に隙があるという名言をいただきました。


第3試合 フェザー級 5分3R
×星野勇二(日本/和術慧舟會GODS/ケージフォース同級王者)
○マルロン・サンドロ(ブラジル/ノヴァ・ウニオン/パンクラス同級王者)
1R 2'33" KO (右フック)

サンドロのパンチがヒット勝ち誇るサンドロ

 開始まもなくから、サンドロがフェイントを駆使したフックで主導権。コーナーの差し合いでブレイクがかかった後、星野が右ミドルを放つと、サンドロが左右のフックをヒット。星野をロープに詰めると、右フックをクリーンヒットさせマットに沈めた。

◆マルロン・サンドロ

──入場の時のスーパーマンの子供服は何だったのですか?
世界中の子供たちにこの勝利を奉げたかった。がんばれば夢が叶うと伝えたかった。特に自分の息子にこの勝利を奉げたい。
──パンクラスとケージフォースのチャンピオン対決でしたが。
そういうことは意識せずに戦った。実際に戦ってみて、スピードのある強い選手だと思った。
──小見川戦の直後はかなり激昂していましたが、改めて見直してみてあの試合はどう思いましたか?
改めて見直して振り返っても自分が勝った、負けてはいないと思っている。
──次の試合は誰とやりたい?
自分の目標はタイトルを獲得すること。小見川とも再戦したいし、日沖も強い選手なので機会があればやりたいが、あくまでタイトルを獲得するのが目標なのでチャンピオンの金原選手とやりたい。

◆星野勇二

──初めての戦極のリングでしたが。
初めて戦極のリングに上がって、お客さんの熱も伝わってきたし今日は勝ちたかった。……残念です。
──久しぶりの試合でしたが。
そんなに気負いはなかった。今日は相手が強かっただけです。
──金網とリングの違いに戸惑いは?
金網とは雰囲気は違ったけど、相手が強かった、それだけです。
──サンドロと戦ってみて。
テイクダウンしようと思ったが、相手も足腰が強くて、そこで中々チャンスを見出せなかった。今日の試合はこういう形で終わってしまったけれど、また一から練習して戦極に帰ってこれるように頑張りたい。

ハーマンのカカトがヨークの顔に
第2試合 ヘビー級 5分3R
×ビッグ・ジム・ヨーク(ニュージーランド/チーム・ビッグ・ジム/116.3kg)
○デイブ・ハーマン(米国/F1ファイトチーム / ナッシュビルMMA/108.7kg)
1R 2'25" KO (グラウンドでのカカト落とし)

 スタンドを得意とするヨークは、パンチで優勢に試合を進めた後、倒れたハーマンになんとアキレス腱固め。しかしハーマンはカカト落としの連打でヨークをひるませて脱出すると、ダメ押しのパウンドをまとめて逆転勝ち。ヨークの戦略ミスが勝敗を分けた。


大澤が後ずさり
第1試合 フェザー級 5分3R
×大澤茂樹(日本/吉田道場 / 戦極育成選手)
○ロニー・牛若(英国/チーム・トロージャン)
判定0-3 (松本30-30○/大橋29-30/礒野28-30)

 本戦デビューの大澤だったが、1Rにパンチをもらった際に目を負傷。試合後の検査で眼窩底骨折が判明し「相手が3重に見えた」といい、1Rにはバックからチョークを狙われ、スタンドでも主導権を奪われ、プロ初黒星を喫した。

Fight of the Soul フェザー級 5分2R (※休憩時間に実施)
×BULL(日本/BLUE DOG GYM)
○上山知暁(日本/U-FILE CAMP 町田)
1R 4'29" TKO (レフェリーストップ:チョークスリーパー)

オープニングファイト バンタム級 5分2R
×矢島雄一郎(日本/禅道会総本部 / チームZST)
○RYOTA(日本/キングダムエルガイツ)
2R 1'06" タップアウト (アームロック)

劉徳利
 大会の休憩明け、突如リング上に謎の長身の男がリングイン。観客が呆気に取られる中、リング上で上着を脱いで筋肉美をアピールした。北京五輪レスリング・グレコローマン120kg級9位の劉徳利(リュウ・トクリ)といい、身長208cm、体重125kg。まだ総合の練習はしていないが、SRC参戦を目指すという。

Home > REPORTS > 戦極 > 横田がライト級王座挑戦へ。サンドロ、星野をKO

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
入会金無料!入会月も月謝無料!女性会員は月謝4320円!! レディース・キッズクラスも!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について